色彩検定とカラーコーディネーターの違いは何ですか??

色彩検定とカラーコーディネーターではどちらが就活や就職後に有利になりますか??

教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

色彩検定・カラーコーディネーター両方持っています。



細かい違いはいくつかあります。色彩検定はどちらかというと純粋に色彩感覚や色彩文化などを問うのに対し、カラーコーディネーターは商工業的・科学技術的な内容にも重点を置いたりします。
しかし、決定的な違いはカラーチャートの違いです。
色彩調和などの問題で、色彩検定はPCCSという学校教育などでも使われる色彩系を使用します。教材も豊富で、画材店や書店などで容易に手に入ります。
一方でカラーコーディネーターはCCICという東京商工会議所オリジナルの色彩系を使います。オリジナルなので、教材も少なく、公式テキストやカラーコーディネーター準拠の参考書などに掲載されています。
PCCSとCCICはよく似ていますが、同じ記号で表す色がちがったりするので、注意が必要です。(ただ、カラーコーディネーターの方は、試験の時にはCCICカラーチャートが配布されます。)

将来の進路・就職等ですが、どちらもあまり違いは出てきませんが、一般に言われるのは色彩検定は試験団体がもともとファッション教育が母体だったこともあり、ファッションなどのクリエート系などに力があると言われます。
一方でカラーコーディネーターは商工会議所が実施ということで、商品開発など商工業系に強いとも言われます。
しかしあくまで、色彩の技術はプラスアルファの技術とも言われているのが現状です。会社等での色彩単独での評価は乏しく、土台となる知識技術があって、そこに色彩に関する内容が付加されて評価されているのが現状です。単に色彩だけでなく、ベースになる技術にも力を入れることが必要です。
    • good
    • 2

色彩検定は、文科省認定の試験


カラーコーディネーターは、商工会議所認定の試験です。
検定2級までは、さほど大きな違いはないです。
称号の呼び方が多少異なる程度だと思います。
色彩検定とは「ファッションコーディネート色彩能力検定」の略で、出題もファッション、アパレルに関するものの割合が多いので、アパレル関係に進むのであれば、こちらの方を受けられたらいかがだしょうか。
    • good
    • 1

主催者が違うのは当然ですが、色彩検定は服飾系の団体の検定なので、


ファッションに絡んだ問題や写真を見て答える問題も出題されるのが
特徴です。ただ、基本は「色彩」ですから、カラコと基本的な部分は
重複します。検定の有利、不利は2~3級では、あまり遜色ないと思
いますが、ご自身が服飾やファッション業界を希望されるのであれば、
「色彩検定」の方がいいかもしれません。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q色彩検定とカラーコーディネーターの違いは何ですか??

色彩検定とカラーコーディネーターの違いは何ですか??

色彩検定とカラーコーディネーターではどちらが就活や就職後に有利になりますか??

教えてください。

Aベストアンサー

色彩検定・カラーコーディネーター両方持っています。

細かい違いはいくつかあります。色彩検定はどちらかというと純粋に色彩感覚や色彩文化などを問うのに対し、カラーコーディネーターは商工業的・科学技術的な内容にも重点を置いたりします。
しかし、決定的な違いはカラーチャートの違いです。
色彩調和などの問題で、色彩検定はPCCSという学校教育などでも使われる色彩系を使用します。教材も豊富で、画材店や書店などで容易に手に入ります。
一方でカラーコーディネーターはCCICという東京商工会議所オリジナルの色彩系を使います。オリジナルなので、教材も少なく、公式テキストやカラーコーディネーター準拠の参考書などに掲載されています。
PCCSとCCICはよく似ていますが、同じ記号で表す色がちがったりするので、注意が必要です。(ただ、カラーコーディネーターの方は、試験の時にはCCICカラーチャートが配布されます。)

将来の進路・就職等ですが、どちらもあまり違いは出てきませんが、一般に言われるのは色彩検定は試験団体がもともとファッション教育が母体だったこともあり、ファッションなどのクリエート系などに力があると言われます。
一方でカラーコーディネーターは商工会議所が実施ということで、商品開発など商工業系に強いとも言われます。
しかしあくまで、色彩の技術はプラスアルファの技術とも言われているのが現状です。会社等での色彩単独での評価は乏しく、土台となる知識技術があって、そこに色彩に関する内容が付加されて評価されているのが現状です。単に色彩だけでなく、ベースになる技術にも力を入れることが必要です。

色彩検定・カラーコーディネーター両方持っています。

細かい違いはいくつかあります。色彩検定はどちらかというと純粋に色彩感覚や色彩文化などを問うのに対し、カラーコーディネーターは商工業的・科学技術的な内容にも重点を置いたりします。
しかし、決定的な違いはカラーチャートの違いです。
色彩調和などの問題で、色彩検定はPCCSという学校教育などでも使われる色彩系を使用します。教材も豊富で、画材店や書店などで容易に手に入ります。
一方でカラーコーディネーターはCCICという東京商工会議所...続きを読む

Q色彩検定、色彩士検定、カラーコーディネーター検定の違いが分かりません。

色彩検定、色彩士検定、カラーコーディネーター検定の違いが分かりません。
この資格を取得した方や、詳しい方、
ぜひ教えていただきたいです。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

色彩検定1級取得者です。
主催団体が異なる関係から、一般的に次のような特徴があるといわれています。

■色彩検定(社団法人全国服飾教育者連合会)...服飾&コスメ系 寄り
■カラーコーディネーター検定(東京商工会議所)...製造業・環境色彩系 寄り
■色彩士検定(全国美術デザイン専門学校教育振興会)...美術&デザイン系 寄り


参照URLのサイトも、ご覧になってみてください。

参考URL:http://shikisaikentei.konjiki.jp/data/data_g/g007_colorkentei.html

Qカラーコーディネーターになりたいのですが・・。

こんにちは!私は高校2年生で、そろそろ自分の進むべき大学を決めなければならない期間になってきました。いろいろ悩んでいたのですが、今とてもカラーコーディネーターに興味を持っています。しかしなかなか情報がえられません。なので、カラーコーディネーターになるとどういう仕事が就けるのか、カラーコーディネーターになるためにはどの大学(東京都の中の専門大学以外で)を受ければ良いのかを教えてください!よろしくお願いいたします。注文が多くて申し訳ありません!

Aベストアンサー

>カラーコーディネーターになる
とはどういうことですか?
単に、「カラーコーディネーター検定試験」に合格する、ということですか?
だったら別にその資格を持っていても仕事はありません。

>カラーコーディネーターになるためには
今言ったように、単に資格を取得するだけなら、別に大学に行く必要もないし、専門学校に行く必要もありません。明日にでも申し込みをすれば、高校生のあなたでも受験ができます。

おそらく、何かしら「カラーコーディネーター」という職業があると思われているのでしょうが、、、それは、一般的に世間で言われるような『職業』ではありません。(銀行員、とか公務員みたいな。)
仕事上、何かしら「色のバランス」に対してセンスを要求される場面があって、特にそれに対して自信を持っている人が、都合上、「カラーコーディネーター」と『名乗っている』だけだと思います。(例えば、インテリアを扱う仕事などで。)

まず、カラーコーディネーターは職業ではない、ことを理解してください。

Q色彩検定とカラーコーディネーター検定の違い

色彩検定とカラーコーディネーター検定の違いについて
個人的に調べてみたのですが、

違いといえば...AFTか東京商工会議所の主催ということしか
イマイチわかりませんでした。。

わかる方教えて頂けないでしょうか?

私は仕事ではないんですが、個人的に
洋服のコーディネートで色の組み合わせ方を上手にできるようになりたいと
思っております。

このような場合、どちらの検定を受けた方がいいでしょうか?
経験者の方教えて頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

服飾系であれば、A・F・Tの色彩検定の方が向いています。服飾系の教育団体の
検定ですし、カラーコーディネーター検定より配色、色自体の事を系統だてて、し
かもセンスの向上に着目して学習することができます。一方、カラコは商工会議所
の検定なので、どちらかというと商工業的に応用の利く視点の出題で、理論や数値
を重視した堅いというか、無機質な出題の割合も結構あるので、ご質問の用途に合
うかはやや微妙です。とはいえ近年、どちらもお互いの検定の要素を取り入れた出
題も増えてきているみたいですよ・・・

http://www2u.biglobe.ne.jp/~color/all/n_kentei_t.htm

Qカラーコーディネーターの資格取得でインテリアの仕事に就けるでしょうか?

現在カラーコーディネーターの資格取得のため勉強中で、年内に1級まで(環境色彩)取得する予定です。
出来ればインテリア関係の仕事に就きたいと思っているのですが、カラーコーディネーターだけでは厳しいでしょうか?来年にはインテリアコーディネーターの方も勉強して受験する予定ではあるのですが、、、。

Aベストアンサー

カラーコーディネーターの1級はレベルも高く、簡単に取れる資格ではないのですが、仕事への直結という点では厳しいと思います。

同じ勉強に専念するのであれば今年インテリアコーディネーターを目指した方がいいと思います。願書の提出もこれからですし、勉強次第ではまだまだ間に合いますよ。

参考URL:http://www.interiorsinteractive.com/

Qカラーコーディネーター検定試験と色彩能力検定の違い

タイトル通りカラーコーディネーター検定試験と色彩能力検定の違いは何なんでしょうか?分かる方は詳しく教えて下さい。

またファッションに活かすにはにはどちらの資格を取ったらよいでしょうか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

ファッションに生かしたいなら「色彩能力」でしょう。
カラーコーディネーターは主として建材、住宅、建物方面でしょうか。
両方共に検索でいろいろ出て来ますよ。

Qカラーコーディネーターだけで転職?

一般事務からの転職で、カラーコーディネーターの資格だけでの転職は、やっぱり狭き門でしょうか…
実務経験もないので、アルバイトや派遣でその業界へ入り込むのが無難でしょうか…

「カラーコーディネーター」としてお仕事されている方、またカラーコディネーターの資格を生かして仕事されている方など、ご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>ちなみにaquaquaさんはどんなお仕事されてますか?

 私の現在の職業はデザイナーです。しかし工業・アパレル・広告・建築などと違いそれほど色彩の知識を必要としないデザイナーです。クリエイターといった方が良いのかもしれません。

>1級もってるのですか?

 はい。持っています。東商の商品分野の1級です。

>どのように勉強されましたか?

 他の板にも書きましたが、東商の1級の問題は特殊です。3級,2級の試験とは異質のものです。合格率10%以下の数字だけみれば難関だと感じてしまいますが試験は簡単です。2級以下もしくは同等の難易度だと思います。合格率が低いのは勉強方法が難しいというのかわからないからです。1級の教科書を見ればわかりますがいったい何を勉強していいのかわからないのです。3級,2級は問題集も販売されており勉強方法がわからないというようなことはありません。ようするに勉強方法がわかれば1級は簡単な試験ということです。3~4ヶ月の勉強で充分合格ラインまでいけるでしょう。また1級にはかなりの高確率で合格できる勉強方法があります。この方法を使えば「シアンってどんな色?」「トーンって何?」といようなカラーの知識がほとんどない人でも2ヶ月程度で合格するでしょう。このようなことから考えるとこの資格には未来がないと思います。試験の体制がずさんです。カラーコーディネーターは認知度が低い資格です。この体制では今後の成長も期待できないでしょう。AFTはその範疇ではありません。AFTは有望ではないかと思います。

カラーコーディネーター資格オンリーでの転職

フリー:かなりの実務経験、人脈、能力がないと難しいでしょう。
デザイン(広告系):ソフト(フォトショップ・イラストレーター・クオークなど)を自由に操る
ことができれば転職は可能だと思います。私が1年程前にアルバイトをしていたデザイン事務所にカラーコーディネーター1級の方が面接に来ましたが不採用という結果でした。ソフトの知識不足というのが理由でした。ちなみにその人のかわりに採用された人はカラーコーディネーター無資格のソフトの知識が有る方でした。
設計:建築士・インテリアプランナーの資格がないと厳しいです。未経験者は不可能といっても過言ではないでしょう。
工業デザイナー:実務経験・専門知識は必須でしょう。大学などで専門に勉強をしたなら有利であると思います。
販売・アドヴァイザー:これが最も可能性があると思います。例えばカーテン、アパレルなどの販売にはカラーの資格取得者は優遇されます。またインテリアコーディネーターなどは無資格でも募集しているところがあります。私は一度だけ職安でカラーコーディネーター募集(2級以上)の記事を観たことがありますがその業務内容は家屋の外壁のカラーコーディネート及びアドヴァイスというものでした。

その他、パタンナー・照明などカラーの知識が役立つ職種がいろいろありますが経験がありませんのでお答えしかねます。

>ちなみにaquaquaさんはどんなお仕事されてますか?

 私の現在の職業はデザイナーです。しかし工業・アパレル・広告・建築などと違いそれほど色彩の知識を必要としないデザイナーです。クリエイターといった方が良いのかもしれません。

>1級もってるのですか?

 はい。持っています。東商の商品分野の1級です。

>どのように勉強されましたか?

 他の板にも書きましたが、東商の1級の問題は特殊です。3級,2級の試験とは異質のものです。合格率10%以下の数字だけみれば難関だと感じてしま...続きを読む

Q「カラーコーディネーター」と「色彩検定」の違いについて。

色について非常に興味があるので、資格を取得したいと考えているのですが、「カラーコーディネーター」と「色彩検定」との違いを教えてください。自分でも資格についての書籍などで調べてみたのですが、結局分かりませんでした。また、私は百貨店や化粧品の販売員を目指そうと考えておりますので、そのような職業に就くにはどちらの方が役に立つか、ご回答をお待ちしております。

Aベストアンサー

カラーコーディネーターの資格を認定するのは2箇所あります。(全国美術デザイン教育振興会主催の色彩士を入れれば3箇所になります)
東京商工会議所の主催のカラーコーディネーターと社団法人全国服飾教育連合会が主催するカラーコーディネーターです。

推測の域をでないのですが、
紛らわしいので、後者を別名で『色彩検定』と呼んでいるようです。

また、色彩検定の正式名称は「文部省認定ファッションコーディネート色彩能力検定」というそうです。

どちらがどうかというのは、下記のURLを参考にしてください。

参考URL:http://www.fan.hi-ho.ne.jp/hsugino/intro.html

Qカラーコーディネーターの資格について

 残業規制により時間があるのでカラーコーディネーターの資格取得を考えています。
 目的は生涯学習です。
 色々調べたところカラーコーディネーターの資格はいくつか種類があるよう
 なのですが、どれが一番為になりますでしょうか?
・TOCOL
・カラーコーディネーター検定
・A・F・T 色彩検定

 ポイントとしては、製造業(商品企画)で役に立つものがいいです
 仕事がらアパレルやインテリアは関係ない為・・・・・・・

Aベストアンサー

印刷関係でしたらADEC色彩士検定というものもあります。
http://www.colormaster.org/
ですが、かなり専門的です。。。(昔デザイン系の学校で取らされましたがすっかり忘れてしまいました。。。難しいです)

質問で挙げられた資格はどちらかといえばアパレル・インテリア系で、商品企画にはあまり必要ありません。
暇つぶしに取ってもいいですけど。

資格を取るより、色見本帳を購入して己のセンスを磨いた方がいいです。
資格の知識はあくまで一般論で、品物のデザインは結局はセンスがものを言います。

Q色彩検定とカラーコーディネーター、どっち?

現在プロダクトデザインの勉強をしていて、ゆくゆくは雑貨屋での販売員かバイヤーになりたいと考えています。このような場合はどちらの資格が適正ですか?

Aベストアンサー

色彩検定とは
http://www.aft.or.jp/about/index_1.htm

カラーコーディネーターとは
http://www.fan.hi-ho.ne.jp/hsugino/intro.html

こちらのサイトを参考にして見てください。

私が思うには・・・色彩検定でいいと思います。

参考URL:http://www.aft.or.jp/about/index_1.htm,http://www.fan.hi-ho.ne.jp/hsugino/intro.html,


人気Q&Aランキング

おすすめ情報