プロが教えるわが家の防犯対策術!

1週間や一週間とか3日間や三日間などは基本的にブログなどに綴る場合は漢字とひらがなのどちらを使うのが基本なのでしょうか?

くだらない質問で恐縮ですがよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。



>>>漢字とひらがなのどちらを使うのが基本なのでしょうか?

ひらがなですか!(笑)

どんな場合にどういう表記が適切かを列挙しますので、参考にしてください。

【漢数字が適切なもの】
一人きりでいる
彼女と二人きりで過ごした
サケの一本釣り
これが本日のおすすめの一品です
あの名人戦の一局は、将棋史上に残る名局だ

【アラビア数字が適切なもの】
期日まであと1週間だ
3日間遊んでばかりで過ごした
今日は2人のゲストがいらっしゃっています
ゴールまであと2周だ

【どちらでもよいもの】
昨年のゴールデンウィークは、思い出に残る一週間/1週間だった

以上のように、通常、特定のものを表す場合は漢数字、数量を表す場合はアラビア数字を用います。


【番外】
○僕がいちばん好きな映画は「ターミネーター」です。
△僕が一番好きな映画は「ターミネーター」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>>>漢字とひらがなのどちらを使うのが基本なのでしょうか?

ひらがなですか!(笑)



自分でも笑ってしまいました(笑)





とても具体的で大変参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/21 17:59

ブログは基本横書きだから数字のほうがいいと思います。



私は小学校の時国語で縦書きは漢数字、横書きは数字で書くと教わりました。

確かに横書きの時に一とかくと「いち」なのか伸ばし棒なのか分かりづらいことありますよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

勉強になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/21 17:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「一日」と「1日」の違い

職場の休暇届に「一日」と書いたら、上司に「1日」と書きなさいと言われ訂正印まで押すことになりました。横書きなのですが、何か横書き表記に決まりがあるのでしょうか。私は「日」が漢字なので、「いち」も漢字で書きましたが、どちらでもいいのではないでしょうか。

Aベストアンサー

くだらない嫌がらせにすぎません。嫌な野郎ですな。一を1にするべき合理的理由なんてどう考えても出てきません(大きな桁の数字を扱うのに漢数字がふさわしくないのは確かでしょうが四桁くらいまでならアラビア数字は不要です)。

地位の上下がある以上、ここで逆らっても更なる不快を招くだけですが、喧嘩をなさるなら、まともな日本語のために一肌脱がれた義士とお見立てして庭に咲く花を一本手折ってよそながら捧げます。

テレビのアナウンサーはたいがい馬鹿を揃えているので、「十一人が焼け死にました」を「土人が焼け死にました」と読んだもんがあったとツルベがいつか言ってました。これは原稿が縦書きだったってことですな。言葉ないがしろにする者、きちんとその伝えんとするところを読みとろうとしない者に限って、無用の規則にこだわるのです。

Q縦書きの文章を横書きにする場合

縦書きの文章を横書きにする場合の数字の書き方で迷っています。
横書きでも、こういう場合は漢数字を使わなければならないというようなのがありますでしょうか?
横書きで、三名、一ヶ月、とあり、これを横書きにすると、3名、1ヶ月で良いのでしょうか?
お願いします。

Aベストアンサー

ご質問がどのような文書を想定したものかわかりませんが、質問者さんが公務員で、公文書を作成する立場にあるなら、以下のことを守る必要があります。公務員でなくても、企業のビジネス文書なら、これに準じるのがよいでしょう。
文学作品や歴史その他専門的な学術分野における表記は、この限りでありません。
私的な手紙・日記に制約を及ぼすものでもありません。

――――――――――――――――――――――――

『公用文作成の要領』(昭和27年4月4日 内閣閣甲第16号依命通達)には、次のように書かれています。

左横書きの場合は、特別の場合を除き、アラビア数字を使用する。
(1) 横書きの文章の中でも「一般に、一部分、一間(ひとま)、三月(みつき)」のような場合には漢字を用いる。
「100億,30万円」のような場合には、億・万を漢字で書くが、千・百は、たとえば「5千」「3百」としないで、「5,000」「300」と書く。
(2) 日付は、場合によっては、「昭和24.4.1」のように略記してもよい。
(3) 大きな数字は、「5,000」「62,250円」のように三けたごとにコンマでくぎる。

――――――――――――――――――――――――

また、『公用文の書式と文例』(昭和49年3月 文部省編)には、上記と重複する点を除いて、次のような記載があります。

(1)~(4) ―略―
(5)-ア ―略―
-イ 「ひとつ」「ふたつ」「みっつ」などと読む場合
例 一つずつ、二間続き、三月ごと、五日目
(6)-ア ―略―
-イ 概数を示す場合
例 数十日、四,五人、五,六十万

――――――――――――――――――――――――

> 3名、1ヶ月で良いのでしょうか?

『現代仮名遣い』(昭和61年7月1日 内閣公示第1号)には、「は」を「wa」と読む場合があることは記載されていますが、「ケ」を「ka」あるいは「ga」と読んでもよいような規定はありません。「3名、1カ月」と書きます。

ご質問がどのような文書を想定したものかわかりませんが、質問者さんが公務員で、公文書を作成する立場にあるなら、以下のことを守る必要があります。公務員でなくても、企業のビジネス文書なら、これに準じるのがよいでしょう。
文学作品や歴史その他専門的な学術分野における表記は、この限りでありません。
私的な手紙・日記に制約を及ぼすものでもありません。

――――――――――――――――――――――――

『公用文作成の要領』(昭和27年4月4日 内閣閣甲第16号依命通達)には、次のように書かれています。

左横書きの...続きを読む

Qヵ月?ヶ月?正しい使い方は?

1ヵ月 ・ 1カ月 ・ 1ヶ月 ・ 1ケ月、どの表記が正しいのでしょうか。
「カ」「ケ」は大文字、小文字、どちらでもかまわないのでしょうか。

あまりに情けない質問かもしれませんが、ご教授いただけたら幸いです。

Aベストアンサー

 どれも正しいです。数を勘定するときに使う「カ」というのは箇(カ)という漢字がもとではないかと言われています(別の説もある)。ただ、ごらんになってわかるように、この字ははなはだ画数が多い。急ぐときに不便である、というわけで、さまざまな略字や略表記が生まれました。
 略表記がかたかなのカを添える方法です。送り仮名の一種のようなものだとお考えください(添え仮名という人もいます)。江戸時代ごろまで、このような「添え仮名」は小文字で右上隅に書くのがふつうでしたので「ヵ」という表記もあります。
 略字がケで、これはカタカナのケではなく、箇の竹冠です(これも別な説があり、箇ではなくて个という字であるとも言われる)。ちょうど門を |~~| と書くようなものです。読みはむろんケと書いてカと読む。これも「添え仮名」の一種ですので、小文字で書くこともありました。
 つまり、1ヶ月は列挙されたどれでもかまいませんし、一箇月と書いてもかまいません。文章に凝る人は一箇月をとる人が多いようです。

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む

Q始めとする、初めとする どちらが正しいのでしょうか?

日本をはじめとするアジア諸国は。。。
のような使い方をする際の「はじめとする」は
「始めとする」と「初めとする」のどちらの表現の方が正しいのでしょうか?
日本語に詳しい方がおられましたら教えていただきたくお願いいたします。

Aベストアンサー

どちらでもOKです。
NHKではこうした揺らぎのある表現については
ひらがなが望ましいとして、ニュースの字幕など
ではそのように取り扱っています。

Q「わかりづらい」  と  「わかりずらい」

「わかりづらい」  と  「わかりずらい」
漢字にすると(判り辛い、解り辛い)なのかと思います。

「わかりづらい」が正しいとおもって使っていたのですが、
最近「わかりずらい」もよく目にします。

二者択一だったら皆様はどちらを使うべきですか?

アドバイスを頂きたいと思います。

Aベストアンサー

goo 辞書より

づら・い 【▽辛い】
(接尾)
〔形容詞型活用([文]ク づら・し)〕動詞の連用形に付いて、その動作をすることに困難を感ずる意を表す。…にくい。
「老眼で辞書が見―・い」「読み―・い本」「無愛想で話し―・い」
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

ずらい
検索結果に該当するものが見当たりません。
キーワードを変更して再度検索をしてみてください。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%BA%A4%E9%A4%A4&jn.x=29&jn.y=11&kind=jn&mode=0

私は辛い(つらい)→づらい、と考えて「づらい」を使っています。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

goo 辞書より

づら・い 【▽辛い】
(接尾)
〔形容詞型活用([文]ク づら・し)〕動詞の連用形に付いて、その動作をすることに困難を感ずる意を表す。…にくい。
「老眼で辞書が見―・い」「読み―・い本」「無愛想で話し―・い」
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

ずらい
検索結果に該当するものが見当たりません。
キーワードを変更して再度検索をしてみてください。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%BA%A4%E9%A4%A4&jn...続きを読む

Q「一つひとつ」とどうして前は漢字で書くのか?

よく文章を読んでいると、「一つひとつ」という表現のように、前の方は漢字、後の方はひらがなで書いてあるのを目にします。これはどうしてなのか、知っている方、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

良く似た言葉で、「ひにち」を「日にち」と書くというのがありますね。

とある国語学者のサイトに、以下のような記述がありました。

(引用開始)
現代の日本語の表記は、概念や内容を表す部分(=活用語の語幹・自立語)を漢字で書き、文の中での働きを表す部分(=助詞・助動詞など。接続詞も?)を平仮名書きするのが大体の傾向である。だから、書かれた文は「漢字ではじまり、平仮名で終わる」という目印を手掛かりに、より小さい単位に分けて認識されることになる。私たちは、その単位を(半ば以上、無意識のうちに)認識しながら読み進めている。
(引用終了)

漢字ではじまり平仮名で終わる表記が、日本語として読みやすいということのようです。

http://www.gifu-u.ac.jp/~satopy/kini060.htm#4

Q「取組」と「取り組み」の違い

文章の校正をしているのですが、「取組」と「取り組み」と「取組み」の使い分けがわかりません。名詞と動詞で区別するというようなことを聞いたこともあるのですが、名詞と思しき箇所にも「取り組み」とあり、迷ってしまいます。
どなたか、違いのわかる方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本語の書き表し方は、『常用漢字表』をはじめいくつかの基準が国によって定められています。
そのうち、送りがなに関しては、「一般の社会生活において現代の国語を書き表すための送り仮名の付け方のよりどころ」として,昭和48年に内閣から発表されています。

【通則 6】
本則は「取り組み」
複合の語(通則7を適用する語を除く。)の送り仮名は,その複合の語を書き表す漢字の,それぞれの音訓を用いた単独の語の送り仮名の付け方による。

許容は「取組み」
読み間違えるおそれのない場合は,送り仮名を省くことができる

【通則 7】
「取組」
複合の語のうち,次のような名詞は,慣用に従って,送り仮名を付けない。
(1)特定の領域の語で,慣用が固定していると認められるもの。

詳しくは、文化庁の『国語施策情報システム』をどうぞ。
「参考資料」→「国語表記の基準」→「送りがなの付け方」
http://www.bunka.go.jp/kokugo/

Q算用数字と漢数字の使い分け

日本語の小説は普通右から縦書きで書いてあり、数字は漢字で書かれてあると思います。

しかし、科学論文などでは、左から右に横書きで書かれており、算用数字(1、2、・・・)と漢数字(一、二、・・・)の二種類があります。
この使い分けは、どういう根拠でなされているのでしょうか。

ご存知の方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

原則は、
(1)縦書きは、漢数字
(2)横書きは、算用数字です、
但し、固有名詞や慣用的なものは、横書きでも漢数字です。
例)四国、九州⇒4国、9州 とはせないでしょう。
又、第3四半期のように読み易さも考慮して行う場合もあります。
⇒第34半期では、半期の34回目だか、四半期の3番目だか判り憎い。(ちなみに「四半期」は普通1年を一期(通期)とする場合の4分の1で英語のクォーターの訳です)

なお、例外的に法律の文章を横書きにする場合に全て「原文」どおりと云う事で漢数字になっているなどの例外はあります。
縦書きの文章に数式などを書く時に横書きを其の儘挿入している例もありますが、これは例外です。
なお、最近は箇条書きなどの番号を縦書きでも算用数字を振っている例もありますが、正式の文章では止めた方が良いでしょう。

Q「充分」と「十分」の使い分け教えてください

題名のとおりですが、どう使い分けるのか知りたいです。

たとえば、「私はじゅうぶん満足した」のときは、十分でいいんですよね???

どちらをどう使い分けるのか教えてください。

Aベストアンサー

そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。

国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。
私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。
☆「十分」「充分」の意味が混同される原因は(推測です)、
 ・漢字本来の発音の違いが日本語では区別し難いため、便法で漢字音を決めた。
 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。
 ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。
☆この二つの文字の違いは何か?
【十】:1・2・・・・・・と来て数が満ちる。
  原意:古代に枝や縄の結節で数字を示した方法の延長が現在の字形。
     九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。
     更に9+1は十分大きい ⇒ 数が足りている状態。 
  ☆数詞、段階を踏むデジタルな思想です。
【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。
  原意:長い、高い から 成長した大人、肥満、肥大、振る舞う、 
     などを意味するようになり、現在に至っています ⇒ 充ちる(満ちる)。
  ☆基本は動詞、切れ目なく満ちる、満たす、果たす、アナログ的思想です。
【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。
  【十分】の発音はshi2fen1   【分】fen1の意味は 部分、分割したもの など。
  【十分】の発音はchong1fen4 【分】fen4の意味は 成分、本分、職責 など。 

さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。
 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。
 ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。
    としたいところです。
  
【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。
 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc)
ついでに、
  「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。

いまや、【十分】【充分】を使い分けるか否かは個人の好みです、読む人の感性に合わなければそれまでのこと、自己満足の域を出ません。いずれにせよ、公式文書や事務的文書では、好悪を捨てて、国語辞典を標準とするに越したことはありません。

そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。

国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。
私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。
☆「十分」「充分」の意味が混同される原因は(推測です)、
 ・漢字本来の発音の違いが日本語では区別し難いため、便法で漢字音を決めた。
 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。
...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング