プロが教えるわが家の防犯対策術!

はじめまして。よろしくお願いします。

会社で、とある書類を作成していて、「タオルをたたみます」を「タオルを畳みます」と表記したところ、上司より「畳、の漢字は和間の畳のことだから、たたみ、と直しなさい。」と注意を受けました。
私は違うと思うのですが、どう思いますか?
また、別の書類に「その都度、注意します」と記載すると、その、を消されて「都度、注意します」と校正されました。
どうなのでしょうか?
色々な本を読んでいて、その、を省いた文章に出会ったことがありません。それとも、ビジネス文章ではこういった使い方をするのでしょうか?

A 回答 (4件)

まず貴方に・・・


貴方は正しい・・辞書を開いてくださいまさに答え一発です。
1)広げてあるものを折り重ねて小さくする。
「着物を・・・む」
「布団を・・・む」

(2)開いていたものを閉じる。
「傘を・・・む」

(3)それまでの商売・暮らしなどをやめて家を引き払う。
「店を・・・む」
「家を・・・む」

(4)心中に秘める。
「その思を我胸一つに・・・んで/雁(鴎外)」

(5)道に敷石などを敷く。
「石を・・・んで庫裡(くり)に通ずる一筋道/草枕(漱石)」

(6)殴ったり蹴(け)ったりしてやっつける。殺す。
「・・・んでしまえ」

(7)幾重にも折り重なる。
「用ガ・・・ンデキタ/ヘボン(三版)」
「氷の上に・・・む白波/山家(秋)」

可能動詞 たためる
    • good
    • 0

常用漢字表より。


畳(疊)│ジョウ   │畳語,重畳
    │たたむ   │畳む,折り畳み
    │たたみ   │畳,畳表,青畳
    • good
    • 1

まず貴方に・・・


貴方は正しい・・辞書を開いてくださいまさに答え一発です。
1)広げてあるものを折り重ねて小さくする。
「着物を—・む」
「布団を—・む」

(2)開いていたものを閉じる。
「傘を—・む」

(3)それまでの商売・暮らしなどをやめて家を引き払う。
「店を—・む」
「家を—・む」

(4)心中に秘める。
「その思を我胸一つに—・んで/雁(鴎外)」

(5)道に敷石などを敷く。
「石を—・んで庫裡(くり)に通ずる一筋道/草枕(漱石)」

(6)殴ったり蹴(け)ったりしてやっつける。殺す。
「—・んでしまえ」

(7)幾重にも折り重なる。
「用ガ—・ンデキタ/ヘボン(三版)」
「氷の上に—・む白波/山家(秋)」

可能動詞 たためる
    • good
    • 0

その上司の方は、新聞社や 通信社で利用されている、「用字・用語の手引」を基本に添削を行っていらっしゃるような気がします。


(※ たたむ の件 )


 また、"その都度" の表記に関しては、この前後の文面しだいでは、
"その" が付くことによって、不自然に感じる場合もあると思います。
 (※ "その" は、指示代名詞なので、その対象が明確になっていない状況で、
使用した場合には、不自然に感じます。 )
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!