初歩的な質問なのかもしれませんが・・・

例えば、貯蔵品として5万円で購入したものを、業者に返品したときの経理を教えてください。その際、業者には4万円で引き取ってもらっています。
どのように仕訳をすればよいでしょうか?

ちなみに、購入時は(貯蔵品/現金)5万円 でいいですよね。

A 回答 (3件)

はじめまして。

貯蔵品についての質問について、疑問点があります。
いろいろな経理方法があると思いますが、一般的に「貯蔵品として購入」
はあり得ないと思われます。

貯蔵品については、例えば 1本100円のボールペンを
10本 1,000円で購入したとします。(消費税は考慮してません)

(借)経費(消耗品費等) 1,000/(貸)現金 1,000

期末に 4本が未使用で残っていた場合

(借)貯蔵品 400/経費 400  として、

期首に
(借)経費 400/(貸)貯蔵品 400 とします。

つまり、費用の発生主義に基づいて期中に費消した600円だけを
費用計上するために貯蔵品勘定は使われます。従って、貯蔵品勘定からの
資産減耗は通常発生し、期中での残高はあり得ません。

従って、御質問のケースですと、

(購入時)経費 50,000/現金 50,000
(返品時)現金 40,000/経費 40,000
となり、より厳密に経理するならば
雑損(評価損) 10,000/経費 10,000
となり、10,000円は特殊な費用として営業外費用か特別損失に経理
するべきと思われます。
御質問の50,000円が製造業における原材料の場合は
貯蔵品勘定ではなく原材料勘定を用い、その場合は
評価損として、製造原価或いは、一般管理費の内訳項目として
経理する方法も正しいかと思います。
    • good
    • 0

下の文中の13行目


「通常発生し」→「通常発生しないし」です。
    • good
    • 0

購入時は(貯蔵品/現金)5万円 で結構です。



返品時は (現金/貯蔵品)4万円
       (雑損/貯蔵品)1万円
と、処理します。

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございます。
ちなみに「雑損」の部分を「資産減耗費」などにするのは間違いなのでしょうか。
もし良かったら、教えてください。

補足日時:2001/03/30 12:38
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q5万円のPCや10万円未満の周辺機器

は経理処理として

費用
管理費
事務所費
PC関連費

としていいのでしょうか?

Aベストアンサー

>9台パソコンがルータでつながれば9台パソコン+その周辺機器
>ということでしょうか?

あっ、いえ、パソコン自体は1台でも機能するのでしょうから、1台プラス周辺機器の価格を合理的に按分して判定すればよいかと思います。

Q貯蔵品について

貯蔵品についての認識が社内でもあいまいでよくわからないので教えてください。
貯蔵品とは経費で購入したもののうち期末時点で未使用のものについて、当期の費用という認識をとりやめ、一旦貯蔵品という資産に計上し、使用した時点で経費として認識するもの、と認識しており金額については余り気にしていなかったのですが、
過去の部内の資料を見ると(5年位前に作成のもの)、注意事項の中に
(1)10万円以上20万円未満のもの:一旦貯蔵品として計上し、使い始めた時点で貯蔵品からはずす。
(2)20万円以上のもの:廃却するまで計上する。

とありました。私は(1)は一括償却資産か固定資産に計上し、(2)は固定資産にするので(1年以上使用する場合ですが)、貯蔵品に計上する必要がないのでは、と思っていました。

これはどういう意図で貯蔵品にする必要があるのか、よくわからないので教えてください。
私自身の認識が曖昧で、知識不足のためうまく説明できていない部分もあるかと思います。その点はご質問ください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

貯蔵品とは、消耗品をはじめ包装材料、広告宣伝用印刷物、見本品その他これらに準ずる棚卸資産となります。切手やパンフレットなどがこれにあたりますね。法人税の取扱いでは、原則、購入したときではなく、実際に使用したときに損金算入するため、未使用分は貯蔵品処理をします。ただし、次の3つ要件をすべて満たせば、購入したときに損金算入が認められ在庫計上(貯蔵品計上)を省略できます(法基通2-2-15)。
(1)各事業年度ごとに、おおむね一定数量取得する
(2)経常的に消費する
(3)継続して取得(購入)時に損金算入をしている。
したがって、各期末の在庫量に相当な増減があったり、期末直前に大量な購入をするような場合や、事業年度によって処理方法を変えるような場合は、認められないようです。

Q貯蔵品か否かの判断

親会社より事業の移管をすることとなり、工場棟の建造を行い、親会社より設備を借り受けました。
この設備には20tonの充填油が必要で、年内に購入し充填しなければなりません。

我が社の決算期は12月で、移管ラインの製造開始は年明けからとなります。

この他にも備品関係や資産購入を年内にしなければならず、これらも費用として購入するもの、
資産として購入したものの償却開始日など、生産開始との因果関係が曖昧なため、質問させていただきました。

こういったケースの場合、

(1)充填油は今期の損金として認められるか
(2)備品購入は今期の損金に充当可能であるか
(3)今期購入した資産(ラインにて年内に使用あり)の減価償却は今期始めてよいのか

この件に関して、お分かりになる方がいましたらご教授下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

追加回答です。
実際に稼働した月数で計算します。たとえば3ヶ月ならば年額の3/12とかです。
1事業年度が1年未満は計算方法が通常と異なるので注意して下さい。

また、かなりの規模の会社と思われますが顧問税理士はいないのですか?

Q収入印紙の貯蔵品計上について

早速ですが、期末に未使用の収入印紙等が残っていた場合、貯蔵品に計上することになっておりますが、その際、金額の制限(いくら以上の場合計上する等)は税務上明記されておりますでしょうか?
また貯蔵品に計上する趣旨はどういった理由からでしょうか?
お手数ですが、回答をお願いいたします。
なお、その辺りの内容が記載された文面等があれば併せて添付していただければ幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは。

>税務上明記されておりますでしょうか?

貯蔵品の計上には、会計上も税務上も金額的基準はございません。
法人税法においても、第2条第二十号において「棚卸資産とは 商品、製品、半製品、仕掛品、原材料その他の資産で棚卸しをすべきものとして政令で定めるものをいう」と棚卸資産の範囲を定めるのみです。

>計上する趣旨はどういった理由からでしょうか?

会計上の確定決算も税務上の正確な所得計算も、全ては適正な期間損益計算をもとに行われます。
その適正な期間損益計算において大切な事は、収益及び費用の期間帰属です。売上と直接対応する売上原価も、期間対応される販売費及び一般管理費もともに計上するに相応しい期に載ってはじめて正確な業績を反映する事が出来ます。

消耗品であれ切手・印紙等であれ「貯蔵品」となるものであれば、使用してはじめて経費とすることが出来ます。使用することなく単に所持・保有しているだけのものを費用及び損金にすることは、適正な期間損益計算という会計の大前提に反する事になってしまいます。ましてそれが、会社決算に多少なりとも影響を与える金額であれば尚更です。

このような理由から貯蔵品の計上が求められる訳ですが、計上自体は金額的重要性にもとづいて判断される事になります。
ですので貴社においての貯蔵品の認識基準は、決算に与える影響などを総合的に判断して決定なさって下さい。


財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則 
 第15条第十号 (流動資産の範囲) 
 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S38/S38F03401000059.html
財務諸表等規則ガイドライン15-10(10ページ)
 http://www.fsa.go.jp/common/law/kaiji/04.pdf
貯蔵品
 http://123k.zei.ac/kamoku/bs/ryuudou-sisan/tyozouhinn.html

ご参考にしていただけましたら、幸いです。

こんにちは。

>税務上明記されておりますでしょうか?

貯蔵品の計上には、会計上も税務上も金額的基準はございません。
法人税法においても、第2条第二十号において「棚卸資産とは 商品、製品、半製品、仕掛品、原材料その他の資産で棚卸しをすべきものとして政令で定めるものをいう」と棚卸資産の範囲を定めるのみです。

>計上する趣旨はどういった理由からでしょうか?

会計上の確定決算も税務上の正確な所得計算も、全ては適正な期間損益計算をもとに行われます。
その適正な期間損益計算に...続きを読む

Q期末棚卸し時の貯蔵品の仕分

期末棚卸し時に貯蔵品の仕分けが分からなくなりましたので質問です。
今まで
 ○○○○期首商品棚卸高  貯蔵品○○○○
 
 ○○○○ 貯蔵品     期末商品棚卸高○○○○

 という仕分けをしてきました。
今期 40万ほどの包装材料を購入して消耗品として仕分けました。

棚卸し時にどうすればよいのでしょうか
○○○○ 貯蔵品  消耗品費○○○○
 と 仕分けるとありましたが 今まで間違った仕分けをしていたのでしょうか
 似たような質問を読んでも分からなかったのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

今まで間違った仕分けをしていたのです。正しくは、

期末決算で、
(1)商品の在庫は、
〔借方〕商品○○○○/〔貸方〕期末商品棚卸高○○○○
(2)貯蔵品の在庫は、
〔借方〕貯蔵品☆☆☆/〔貸方〕消耗品費☆☆☆
と仕訳します。

今期、40万円の包装材料を購入して消耗品費として仕分け、
〔借方〕消耗品費400,000/〔貸方〕現金400,000

期末に15万円の包装材料の在庫があるのなら、

〔借方〕貯蔵品150,000/〔貸方〕消耗品費150,000
と仕訳します。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報