・関税は、勘定科目何になるのでしょうか?
私は、租税公課か運賃かな?と思うのですが・・・
また、その内訳に関税0円、消費税 10,000円、地方消費税 2,500円とありましたが、これは課税区分でいうと課税になるのでしょうか?

・輸送に掛かる費用は何の科目になるのでしょうか?
1.現地、コンテナからトラックに詰め替える作業料
2.船会社に支払う手数料(別途、船輸送代有り)

・これは、原材料の輸入ですので、それに掛かる費用は
関税や輸送料は全て製造経費になるのでしょうか?
それとも、関税は一般管理費になるのでしょうか?

ご意見お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

NO-1です。



税抜きで処理なら、特別、国内と同じ処理で良いと思いますが。
仕入先に払うか、税関に払うか、だけの違いですから。
本体(商品)の支払いと、タイミングがずれているだけ、と、理解すればいかがでしょうか

>仮払金と同じ分類に「輸入消費税」
概算で、先払いするわけではないでしょうから。その必要は無いと思いますよ。
決定の通知書で支払いがたちますから、
    • good
    • 0

>私は、租税公課か運賃かな?と思うのですが・・・


また、その内訳に関税0円、消費税 10,000円、地方消費税 2,500円とありましたが、これは課税区分でいうと課税になるのでしょうか?

通常の税務処理が税込みで処理されているなら、仕入れ商品の勘定科目に入れてください。
たとえば、国内業者から買うと、税込みで仕入れを、立てますね、
輸入品のインボイスの、商品単価は 税別単価ですから、それに、税関が消費税を乗せただけですから。分かり易く、仕入れ商品処理のすぐ下にでも、処理すれば宜しいかと。

>関税や輸送料は全て製造経費になるのでしょうか?
材料にかかわる経費ですから、製造で宜しいかと、そうしないと、商品の製造原価や、仕掛品の コスト計算が、狂います。


>・輸送に掛かる費用は何の科目になるのでしょうか?
運賃で宜しいかと。
考え方は、分析する時に次の考え方が重要です。
仕入れた量に比例する経費と、回数で発生する経費と、勘定科目を分ける。です。
科目名称は、社内で分かれば宜しい。言葉にルールはありません。

この回答への補足

>通常の税務処理が税込みで処理されているなら、仕入れ商品の勘定科目に入れてください。
たとえば、国内業者から買うと、税込みで仕入れを、立てますね、
輸入品のインボイスの、商品単価は 税別単価ですから、それに、税関が消費税を乗せただけですから。分かり易く、仕入れ商品処理のすぐ下にでも、処理すれば宜しいかと。
・当社は、税抜き経理です。その場合は、どうすればいいでしょうか?
 また、仮払金と同じ分類に「輸入消費税」という資産科目が存在しま す。これに該当しないでしょうか?

補足日時:2007/07/31 08:40
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q通関の関税について

はじめまして。
いきなりですが、バターとチーズの輸入に関してですが、バターとして輸入する場合とチーズとして輸入する場合の違いというのは乳脂肪分の割合(例えば乳脂肪分51%以下はバターとみなされ、52%以上はチーズとみなされる)で関税が5倍以上も変わってくるなどありますが、
機械の部品の場合はどうなんでしょうか?
例えばネジなら1kgあたり関税5円、あるモジュールとしてなら1kgあたり関税30円、製品としてなら、1つ当たり関税100円となるのでしょうか?
具体例でお教えいただければ幸いです。
もし、さらに知りたい場合は通関に足を運べば具体的な数値などがわかるのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

質問者さんなら(どうやらご自分でかなり調べられているようなので)わざわざ税関に行かなくても、資料があれば十分かと思いますので、参考URLに税関の関税率表のページを貼っておきます。まずはそちらを参考にしてみて下さい。
チーズのように重さに対して課税されるものもあれば、個数にかかるものもあります。
ご質問の機械だと、普通は機械本体(84類)は無税、部品(鉄製品なら73類)などの一時製品だと多少関税がかかるかな?
いずれにしても品物次第なので、都度調べるしかないですね。
また、人によって解釈で変わる事もありますので、商売を考える場合は、税関の事前教示精度をご利用ください。

参考URL:http://www.customs.go.jp/tariff/2005/index.htm

Q納税証明等の勘定科目。租税公課、支払手数料?

いろいろな証明を取ったときの勘定科目を教えてください。 例えば、納税証明(収入印紙を貼る国税や、現金で払う県税)、 いろいろな申請料(現金の場合や、県証紙を買って貼る場合)、個人の住民票や印鑑証明(現金)、法人の印鑑証明や資格証明(登記印紙)などです。印紙等を買って貼った場合は租税公課、という感覚があるのですが、、。

Aベストアンサー

印鑑証明、住民票、納税証明、申請手数料は現金で納めたりします。
一方、国に納める手数料は収入印紙を貼り、地方自治体に納める手数料は「収入証紙」を貼ります。
これらの費用は「租税公課」(又は「公租公課」)で処理するのが一般的です。

収入印紙を購入した場合と同じです。

Qアメリカ入国時の関税申告書について

アメリカ在住(ビザ所持)のものです。
今度母がアメリカに1週間ほど遊びにきます。
せっかくだからと制限重量(23kg)ギリギリの食べ物をお土産に持ってくるようです。
(持ち込みが規制されているもの(肉類など)は一切持ってきません。
お菓子(せんべい、チョコ菓子、おつまみチーズなど)や子供の離乳食
また既製品のお漬物が中心になります。

関税申告書ですが、食べ物をもっているの項目に『はい』を当然つけます。

質問
1、米国内に残してくるものの総額欄に金額は空欄にして、質問されれば
   『アメリカに住んでいる家族と一緒に食べる(からアメリカに残してくるものはない)』と
   返答すれば関税の対象にはならないのでしょうか。

2、一緒に食べると説明することで、これらの品は『贈与品=関税対象』
   とみなされてしまうのでしょうか。

3、『品目の説明』の欄に書くのは、スナック(クッキー、チョコレート)や
  ベビーミール、ピクルス、チーズとざっくりとした内容で良いのでしょうか。
  説明はもちろん英語で書きます。

今まで自分が持ち込む分には、アメリカで全て食べてしまうので、『アメリカに残しておく品』
のことは考えたこともありませんでした。
1つ1つは安いものですが、何分量が多くなると思うので、関税がかからないか
心配になり質問した次第です

詳しい方がいらっしゃいましたら教えていただけましたら助かります。
よろしくお願いします。

アメリカ在住(ビザ所持)のものです。
今度母がアメリカに1週間ほど遊びにきます。
せっかくだからと制限重量(23kg)ギリギリの食べ物をお土産に持ってくるようです。
(持ち込みが規制されているもの(肉類など)は一切持ってきません。
お菓子(せんべい、チョコ菓子、おつまみチーズなど)や子供の離乳食
また既製品のお漬物が中心になります。

関税申告書ですが、食べ物をもっているの項目に『はい』を当然つけます。

質問
1、米国内に残してくるものの総額欄に金額は空欄にして、質問されれば
   ...続きを読む

Aベストアンサー

所用があり回答が遅くなりました。
補足質問を拝見しました。

>訪問者の場合はアメリカにおいてくるものが100$以上であれば関税がかかると読んだことがあるのですが、申告書の表面『アメリカに残してくるもの』の金額を100$以下とすれば、裏面の『品目の説明』に記載する金額が例えば合計で300$になったとしても問題はないということでしょうか?
税関申告書(Form 6059B)への申告価格の記入方法については、
=========================
If you are a visitor (non-U.S. Resident), print the total value of all goods (including commercial merchandise) you or any family members traveling with you are bringing into the United States and will remain in the United States.
Note: Visitors (non-U.S. Residents) are normally entitled to an exemption of $100.
=========================
http://www.cbp.gov/xp/cgov/PrintMe.xml?xml=$/content/travel/pleasure_vacation/sample_declaration_form_.ctt&location=/travel/vacation/sample_declaration_form.xml
と説明されているので、アメリカへ持ち込むもの全ての価格を申告する必要があると思います。気になるのは「will remain in the United States」の部分の解釈ですが、これは「とにかくアメリカに持ち込む物=アメリカ国内で消費する物」と解釈すべきだと思います。では「アメリカに持ち込むけれどアメリカに残さない物」とはどんなものか?ということなんですが、例えば日本出国時に免税店で購入してそのまま日本に持ち帰る物品など、アメリカ国内で消費しない物を指していると思うんですよね(商業貨物の輸入通関ではその様に解釈されます)。よって「アメリカに住んでいる家族と一緒に食べる(からアメリカに残してくるものはない)」ということにはならないのではないでしょうか?

100ドルを超えるものの課税(関税の支払い)については、自身(僕の場合は800ドルまで免税ですが)や家族・友人知人のケースから鑑みて「そうだった」という経験談でのお答えです。また、旅行者の持ち込む物品の課税については上記URLで
=========================
The U.S. Customs officer will determine duty. Duty will be assessed at the current rate on the first $1,000 above the exemption.
=========================
と賦課課税方式である旨が書かれています。賦課課税方式は税関職員が課税非課税や課税の場合の関税額を決定しますので、持ち込む物品の金額合計が100ドルを超えていても税関職員が「課税しなくても構わない」と判断すれば納税義務が無いはずです。
すべての旅行者が持ち込む物品の価格や内容を審査して課税することは実務的に不可能なので、税関職員が納税の必要なしーーと判断していたので今までも課税されなかったんだと思います。

>23kgの食品の他にプリンターのインクも10本ほど持ってきてもらうことになったので、荷物を開封された時に『残してくるもの』が100$を超えてしまうと思われてしまうのではないかとも心配してしまいます。
   もし課税されることになる場合には現在の関税率が適用されますが、プリンターのインク(インクカートリッジにはいった一般的なものですよね?)の関税率はFree(0%)ですので納付すべき関税も発生しません。
ウチの会社(国際物流会社です)の通関担当者はインクカートリッジは「8443.99」に分類されるーーと解釈しています。そうであれば、 http://www.usitc.gov/publications/docs/tata/hts/bychapter/1301c84.pdf の50ページ目中段の「8443.99」はすべて関税Freeとなっています。
 

所用があり回答が遅くなりました。
補足質問を拝見しました。

>訪問者の場合はアメリカにおいてくるものが100$以上であれば関税がかかると読んだことがあるのですが、申告書の表面『アメリカに残してくるもの』の金額を100$以下とすれば、裏面の『品目の説明』に記載する金額が例えば合計で300$になったとしても問題はないということでしょうか?
税関申告書(Form 6059B)への申告価格の記入方法については、
=========================
If you are a visitor (non-U.S. Resident), print the to...続きを読む

Q事業税の勘定科目は、租税公課と法人税等のどちらが良いのか?

事業税を支払った時には、租税公課勘定で処理するやり方と、法人税・住民税及び事業税で処理するやり方と2通りあるようです。
しかし、租税公課勘定で処理すれば販売費及び一般管理費で計上されることになり、営業利益や経常利益、税引前当期純利益に影響が出るでしょう。これに比べ、法人税・住民税及び事業税で処理すれば、営業利益や経常利益、税引前当期純利益には影響が出ないでしょう。
決算にも違いが出てくるのでは?という気もします。
租税公課勘定と法人税・住民税及び事業税で処理するのでは、どちらが(決算においても)解りやすく、賢いやり方なのでしょうか。また、一般的には実務においてどちらのやり方がとられているのでしょうか?
この様なことに詳しい方がおられましたら、ご回答の程宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.1の者です。

ご質問内容が
> 租税公課勘定と法人税・住民税及び事業税で処理するのでは、どちらが(決算においても)解りやすく、賢いやり方なのでしょうか。また、一般的には実務においてどちらのやり方がとられているのでしょうか?
とのことだったので、先のようにお答えした次第です。(minosenninさん、ctaka88さん、フォローありがとうございました。)

「支払った時」の仕訳を問題にするのであれば、No.5のご回答のとおりです。

それから、2005年の質問については、この時点で既に、現行と同様、所得割とそれ以外について分けて表示することとされていました。そのため、リンク先のご回答は、いずれも分けていない点で正確ではありません。

最後に、No.1の回答中、「(利益に関連する金額を課税標準として課される所得税)」としたのは「(利益に関連する金額を課税標準として課される事業税)」の誤りです。お詫びして訂正いたします。

Q輸出関税について

貿易関税についてですが、
輸入関税は輸入業者が輸入国の政府に払うと思うのですが、輸出関税は誰が誰に払うのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

輸出関税は輸出業者が輸出国政府に払います。例えばトヨタは自動車をアメリカに輸出する。日本政府が輸出関税をかけるとするなら、トヨタが日本政府に輸出関税を納めることになります。トヨタは支払った輸出関税分の金額をアメリカでの売却単価に載せますから、結局はアメリカの消費者が日本政府に納めていることになります。トヨタは関税を代行して納めていることになるのです。

輸出関税をかける目的は、トヨタの輸出に価格面でのハンディを負わせることで、日本市場での販売を推進させようとするものです。企業が国内市場を軽視して、海外市場への輸出を優先させれば、国内市場は品薄になる場合があります。そうした異常事態を是正する目的で政府は輸出関税をかける場合があるというものなのです。

輸入関税は、輸入品が洪水のように国内市場を荒らして、国内企業が壊滅する事態を防ぐことが目的なのに対して、輸出関税は、国内資源が国内で消費されずに、全部海外に持ち出されて、国内市場が空洞化してしまう事態を防ぐことが目的です。

言葉の表面上の字だけにとらわれず、経済的な本質を理解する努力をしてください。

輸出関税は輸出業者が輸出国政府に払います。例えばトヨタは自動車をアメリカに輸出する。日本政府が輸出関税をかけるとするなら、トヨタが日本政府に輸出関税を納めることになります。トヨタは支払った輸出関税分の金額をアメリカでの売却単価に載せますから、結局はアメリカの消費者が日本政府に納めていることになります。トヨタは関税を代行して納めていることになるのです。

輸出関税をかける目的は、トヨタの輸出に価格面でのハンディを負わせることで、日本市場での販売を推進させようとするものです。企...続きを読む

Q勘定科目で前払費用と未払費用の違いはなんでしょうか?

勘定科目で前払費用と未払費用の違いはなんでしょうか?

Aベストアンサー

前払費用
・貸借対照表の資産に区分
・既に対価の支払いは済んでいるが、用役の提供等が翌期において行われるもの
・例として前払家賃とか

未払費用
・貸借対照表の負債に区分
・既に用役の提供等は済んでいるが、対価の支払いが翌期において行われるもの
・例として未払利息とか

#簿記3級にて説明がありましたよ。
#「用役(ようえき)」とはサービスのこと

Q日本の自動車の輸出関税について

日本の自動車業界が米豪などに、輸出関税として1,300億円以上の輸出関税を納めたとの新聞記事について質問します。
日本が、海外に自動車等を輸出する場合には、関税が掛るのでしょうか?また掛るとしたら、その支払った関税は、何処の収益になるのでしょうか?教えて下さい。
因みに、HPで調べた所、日本では、輸出には関税は掛らないと記載されていましたが、違うのでしょうか?

Aベストアンサー

何度もすみません。

訂正の方が間違いですね。

No1の方でお願いします。

Q租税公課と法人税等の使い分け

すいません。たぶん皆さんが常識のようにお知りのことだと思いますが

法人税等と租税公課の科目の使い分けが良くわかりません。

法人税・都道府県民税・事業税などは全部 法人税等で
計上して

租税公課は
印紙代・とか消費税とかで今はつかっています。
課税所得に関するものと定義すれば

消費税も 法人税等で処理するように感じるのですが・・・

すいません。ごちゃごちゃになっています。

Aベストアンサー

 消費税の会計処理には、税込方式と税抜方式があります。同じ会社でも、決算時に税抜方式から税込方式に変更するだけで、売上高が5%増加できます(経費も消費税分だけ増えますが・・・)。さらに、消費税を租税公課ではなく、法人税等で処理してしまうと、税込か税抜というだけで、経常利益等の金額が全く違ってきてしまいます。
 事業税については、昔は租税公課で処理しましたが、租税公課で処理すると、その分、外見上、経常利益が減ってしまうので、不況の時代の決算書の見栄えをよくするために、法人税等で処理するように会計基準が変更されたと記憶しております(もちろん、建前は立派な会計学上の理由でしたが)。
 日本税理士連合会等で、「中小企業の会計に関する基準」を配布していますので、会計処理の参考にして下さい。

参考URL:http://www.nichizeiren.or.jp/taxpayer/chusyo.html

Q政府は関税を誰から徴収するのか?

誰から関税を徴収しているかという問題です。国内産業保護のために関税を政府が徴収するのはわかりました。ただし、政府は関税を1輸入業者から徴収するのか、2外国企業から徴収するのか、どちらでしょうか?

税関などのホームページを見ると、輸入業者が関税を払っているとあります。

しかし、幕末の日米間の条約では、関税自主権がなく協定関税制のため、外国の圧力のもとに関税率を下げられてしまった。そして日本は国内産業を保護できずにいたという事実があります。

外国との間で関税率を協議していたことを考えると、やはり政府は外国企業から税をとっていないとおかしくないでしょうか?

構造がわかれば、理解できると思うのです。どなたか、政府が関税を徴収しているのが、1輸入業者と2外国企業のどちらなのか、教えてください。また、できれば参考URLなどもご提示していただければと思います。

Aベストアンサー

当然、関税は輸入業者が支払います(個人輸入の場合でも、品目が関税対象なら支払います)。外国企業の支社・子会社・関連会社が輸入業者であることもあるので、輸入業者と外国企業という区別よりは、輸入者と輸出者という区分のほうがいいかもしれません。

関税の問題で、諸外国から引き下げを求められるのは、それを払うのがイヤだからではありません。
輸入品を国内で販売する場合は、当然品物の代金や輸入にかかった経費に、利益を上乗せした価格で販売します。
関税が高ければ、輸入した商品の輸入国内での価格が上がり、商品としての競争力がなくなります。
幕末の頃の欧米諸国の貿易政策は、基本的に「いかに途上国にたくさん売りつけて、自国の利益を確保するか」というところにありましたから当然、相手国にはたくさん輸入してほしい=商品の競争力を確保するために値段はあまり高くないほうがいい=関税を下げろ、という議論になってくるわけです。

ですから、関税を支払うのは輸入業者で、関税の引き下げを外国が求めるのは流通を促進するため、ということになります。

Q逆仕訳の結果、租税公課がマイナスに

前年度の申告書作成中、
さらに前の年度の経理ミスを発見しました。
未払消費税を消し忘れていたのです。

2006/3 租税公課/未払消費税
と仕訳し、本来は
2006/5 未払消費税/現金
とするところを、
2006/5 租税公課/現金
としていました。

そこで、打ち消すために、
2008/4 未払消費税/租税公課
という逆仕訳を入れました。
その結果、前年度の租税公課がマイナスになってしまいましたが、
これで正しいのでしょうか?

また、逆仕訳したことを、申告書の別表に記す必要があるでしょうか。

ご教示よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

2008/4 未払消費税/租税公課は、未払消費税/雑収入とします。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング