人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

給水管と給湯管(70度一定)の更新工事を考えています。マンションの理事会推奨の業者は、一方はポリブデン管、もう一方の業者は架橋ポリエチレン管を使うと言っています。ほかに材料費は高くなるものの
フレキシブルなステンレス管という選択もあるようです。工事をしたら今後20年間は安心できて、孫の健康にも何の心配も無いようにしたいのです。アドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

架橋ポリブデンはポリエチレンより、高温にたいして弱い部分が若干あるので、架橋ポリエチレンにすれば安心なことは安心ですがね。

70度だとどちらも大丈夫でしょうが、安全ならポリエチレンでしょうね。
    • good
    • 0

はじめまして,


質問内容から住戸専用部のメーターボックス(MB)以降の水廻り台所流し台,洗面化粧台,ユニットバス(UB)洗濯機,トイレ等の給水管,給湯管更新工事と思います。
既設管が銅管かと思いますが,最近の更新工事の管材仕様には架橋ポリエチレン管の採用が多いと思います。水廻りへの配管方法はMBから床内部転がし主給水給湯更新管にて洗面化粧台内部床内,又は洗濯機防水盤下部床内に給水,給湯ヘッダー(又は分岐管ヘッダー)を設置して,当ヘッダーから各水栓へ枝管更新すのがよろしいかと思います。(床空間ある場合)
若し,既設管が床埋め込み配管に成っている場合,床空間がないので天井内更新管になると思います。
(梁との絡みがあります。)
床更新管では洋室,下駄箱等の床内部を通る様に成ると思われます。
依って,内装工事も要します。
主に更新管施工の為に床開口が必要に成りますので洋室床カーペットの場合,更新後,元に復旧します。
床フローリングの場合は床点検口にて仕上げます。
洗面化粧台下部,防水盤下部も開口してどちらかに両ヘッダー,更新管施工の開口,更新後,復旧します。
UBの浴槽置型の場合,一旦浴槽取外して壁面開口,更新後,樹脂版接着,コーキング防止処理します。
浴槽一体型の場合はカガミ取外して裏側開口,復旧します。
洗濯機水栓には壁面開口復旧,トイレ水栓管床開口復旧します。
台所流し台への更新管には内部床,背面壁開口,更新後,復旧します。
更新管工事,内装工事には品質,安全,工程,コスト等の管理にて対処して1日(通水可),2日(内装)にて完了可能と思われます。
留意点は架橋ポリ管の保温付きは施工時,被覆部分が破損しますので管表面が緩衝材付きがよろしいです。
出来れば先行タイプ数戸,床内部を透視鏡にて事前調査診断をおすすめします。
上記の内容にて実際,施工実施しております。ご検討してはいかがでしょうか。
よろしくお願い致します。
    • good
    • 3

#2です。


お返事が遅くなってしまったこと、お詫びいたします。

ポリブデン管の寿命ですが、メーカーは設計寿命34年、とパンフレットに書かれていました。設備担当に聞いたところ、40年は大丈夫だろう、と言う返事でした。
    • good
    • 2

こんばんは! 回答遅れて申し訳ないです。

共有部分に使う管材はステンレス鋼管+ステンレス継手がよろしいのかなと思います。管材自体が丈夫であり、故障(漏水など)した場合に継ぎ手の交換が比較的容易であり、かつ施工が簡単であるという点(一部の管継ぎ手は専用の工具が必要ではありますが)。あとは共有部分は人が出入りできるという点で管および継ぎ手の交換が容易に出来るということ。(あくまでもパイプ用スペースがあるとゆうことが前提ですが)。施工の際は、管が貫通する部分に上下どっちでも良いのでフランジまたはユニオンを使用すること。管の一番最初の部分に補修用バルブを取り付けることですね。
居室部分は、継ぎ手の使用がない架橋ポリエチレン管をおすすめします。継ぎ手の部分での漏水の心配がなく施工も比較的短時間ですみます。また、居室に配管する場合もその配管系にもそれぞれバルブを取り付けることです。その部屋だけ止水することが出来ますからね。ステンレス管と架橋ポリエチレン管を接続する場合は絶縁継ぎ手を使用してください。これを使用しないと異種管接合による電蝕が発生し管(ステンレス管のほう)が腐食しピンホールが発生、漏水するので必ず使用することですね。あとそれぞれの管継ぎ手は色々とありますのでお好みで決めてもらっても結構だと思います。
    • good
    • 1

こんにちは!


一応、三種類とも現在の配管設備の管材としては一般的(一部地域によってはまだ鉄管や銅管というところもありますが)なもので、どれも一長一短、施工方法もさまざま(管種1種類につき、三種類程度の配管のやり方)ですので、業者側からの詳しい説明と施主側のお好みで良いのではと思います。
どの管材にしても鉄さびによる赤水や青水、白水などの心配はないのですが、使う継ぎ手の材料などによっては電蝕(異なる管材を絶縁しないでつなぐと電気が発生し腐食します)が起こる場合もありますので、管材だけではなく、管と管をつなぐ継ぎ手自体もよく選んでおくと、配管設備の寿命も長くはなると思います。
まずはご参考程度に・・・。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

早速のご解答を有難うございます。配管設備の寿命が継ぎ手によって変わるというのは大変貴重なアドバイスです。小生のマンションでは、共有部配管は、給水が鉄管、給湯は銅管です。占有部配管として、ポリブデン管または架橋ポリエチレン管を選択するとした場合、継ぎ手材質や構造に関しては、どのような観点で業者さんの話を聞けば良いか、さらに教えていただければ有難く存じます。

お礼日時:2010/05/14 10:37

管理会社の社員です。



質問文を拝見すると、専有部分の給水関係の管の更新を行われるのでしょうか。
管理組合は専有部分には基本的ににノータッチですから、業者の紹介と言う形になっていると思われますが・・・。

まず、今回書かれている3種類の配管材料、これはいずれも現在ごく普通に使用されているものです。安全性や耐久性については、ほぼ安心してよいと思います。また、施工についても、3種類ともそれほどの差は有りません。まぁ、あえて言うのであれば、化学物質などが出ない、と言う点ではステンレスが一番でしょう。ただ、他の2種についても、厳しい基準をクリアしているので、それほど心配されることはないと思います。

後は値段と施工方法(室内に開口が必要です)によって業者を選択してはいかがでしょうか。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速のご回答を有難うございます。高分子樹脂のパイプでも厳しい基準をクリアされているとのことで一安心しましたが、その基準値は厚生労働省のどこかのホームページで見ることができるものなのでしょうか。ついでながら、ポリブデン管と架橋ポリエチレン管は、今現在、それぞれどれくらいの寿命実績があると業界で考えられているのかを教えていただければ有難く存じます。

お礼日時:2010/05/14 10:45

共用管 → 各住戸内配管全部一律ですか


受水槽 → 高架水槽 OR 直結ですか
全体計画:給湯機器・端末機器類・施工工程(方法)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の貴重なご指摘を有難うございます。マンションの各住戸内の配管は、このたびの配管リフォーム推奨では各住人が選択するので全戸一律ではなくなります。電気的腐食の可能性を心配してのご指摘なのでしょうか?
給水は高架水槽経由です。配管材料の許容内圧を考慮せよとのご指摘なのでしょうか?
全体計画との関連については未考慮でした。共有部配管の更新は近年中に行われるとのうわさです。拙宅内の風呂や台所のリフォームも近年に予定しています。給水管や給湯管の更新と時期を合わせたほうが良いとのご提案でしょうか?施工方法は、可とう性のある配管材料を選択して最小限の数の開口部を設けることを予定しています。

お礼日時:2010/05/14 11:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマンションの給湯用銅配管の寿命は通常どのくらい?

築25年のマンションに住んでいます。

建築当初からの給湯用銅配管を利用していますが、他の同様質問を見てみるとやはり、給湯用銅配管は寿命がありそうです。

そこで、同様に築相当年数の経つマンション、団地に住んでいる方で、給湯用銅配管の交換工事をした方、何年くらいの使用で不具合が出て給湯配管の交換工事をしましたか?また、その時の工事費用はどれくらいだったか。教えてください。

また、自分の家では給湯配管の交換工事はしていないが、寿命はこれくらいの期間、交換工事費用はこれくらいと言う情報をご存知の方おしえてください。

Aベストアンサー

やはり一概に寿命何年と言えないですね、いろいろな条件があります。

銅管更新の事例はありますが、給湯器には給水管・ガス管が同時に接続されていて、給水管がまずやられますので給水管更新時に銅管の不具合があれば交換するケースが多いです。

水質(地下水含め)・異種金属管接続・電車の線路脇とかが意外に不具合・腐食劣化が発生するようです。

PS(パイプシャフト)の土間に埋設してる所は、ハツリ工事が伴うので、新設配管を露出でやることもあります。

既存の銅管配管をそのまま更新するときは、台所・洗面器・風呂場2箇所、床下配管+壁埋込配管すれば、配管工事よりも内装補修費が膨大になります。
ましてタイルの浴室でしたら40~50万円は掛かるのではないでしょうか。

銅管はお止めになり新しい方法(サヤ管工法)等で計画した方が、安く上がります。将来更新にも対応出来ます。天井・床の関係で一部露出配管になる事もありますが見栄を取るか実を取るか掛ける費用の問題です。

一度専門業者と打合せてみては如何でしょうか。

Q給水管の工事費用、13.5万円って高くないですか?

銅管が腐食し、床への水漏れが激しかったため、給水管の工事をしました。住まいはマンションの1階です。

いざ工事を頼み、来てもらうと見積もりなど詳しい話もなく、工事が始まりました。
いくら位かかりそうかこちらから尋ねたところ「銅管を切ってみないとわからないが5万円位、フレキ管も替えるともう少し高くなる」と言われました。

しかしいざ修理が終わり請求された金額は13万5000円でした。(1時間くらい、お一人での工事でした。)
高いとは思いましたが見積書にサインをしてしまいました。
この工事の金額は、一般的に見て高すぎませんか??

工事内容は、
・湯沸かし器連結の銅管、30cm取替え工事
・湯沸かし器連結のフレキ管、約20cm取替え工事
・フレキ管、銅管の保温材による保護(フレキ管、銅管に巻きつけてました)
以上です。

詳しい方、ご意見お願いします。。。

Aベストアンサー

>まさに全国チェーンの業者です。。。
やはりそうですか、支払いを済まされたそうですが、その金額でおつりが来る内容の工事だと・・・(はっきりとは断言できないのですが)

電話帳見て、依頼したのでしょうか?

>見積書にサインしていても料金支払いの抗議を出来るものなのでしょうか?
その場で支払いをしたのでしょうか?
その業者に、適正な見積もりかどうか、違う業者に調べてもらうといえば、もう連絡が来なくなるか、そんな感じだと。

あとは先ほど書いたように水道局が一番確実な方法だと思いますので。

それにしても余りにもひどすぎる、金額ですよね。

Q今現在、銅管以外で主流な給湯管の管種

一昔前は給湯管といえば銅管でしたが、最近いろいろな管種も出てきています。銅管以外で今主流な管種は何でしょうか?

ちなみに温度は60℃程度、径は20~50A、屋内露出、屋外露出部分があります。もちろん保温その他の保護等は行います。また、ヘッダー方式ではありません。

Aベストアンサー

病床数19床以下にしては、シャワー数が多いですね。
建物の規模を明示されないと、回答は見合わせてしまいますよ。
RC造なのか、S造なのか、何階建てで延べ床面積位書いて欲しいですよ。
また、改修範囲も既存のボイラーを使用するのかどうかとか、全面改修なのかによっても、アドバイスなどの内容が違ってきてしまいますよ。

防火区画を貫通することがあるのであれば、水道用耐熱性硬質塩化ビニルライニング鋼管を使用する(但し、埋設部分に関しては内外面ライニングを使用のこと)
既存管との接続が異種金属ならば、電蝕防止用に絶縁継ぎ手を明記しておく。

ステンレス管はバルブもすべてステンレスにする必要があり、イニシャルコストがかかりすぎます。また、管厚を明記しないと積算不能です。

Q架橋ポリエチレン管の正確な耐用年数

床暖房は床材の下に敷き込みます。今回床材を無垢材で仕上げたいと思っています。したがって、耐用年数の永いものを選択したいのです。しかしメーカーからは正確な解答が帰ってきません。ホームズ君の別の質問や解答の中にも30年とか書かれていました。いったい、なにを根拠にされたのですか?また温度についても40度だから永く使えるとか?また、ガス会社や床暖房のメーカーによって温水の温度が60℃や80℃とまちまちの床暖房ですが温度によっても耐用年数が違うのでしょうか?また実際に使っている方で架橋ポリエチレン管について保証書をもらえた方はいますか?

Aベストアンサー

全く詳しくありませんが、架橋ポリエチレン管工業会というのがあるようです。
もしかしたら、正確な解答が得られるかもしれません。
問い合わせてみてはどうですか?

参考URL:http://www.jxpa.gr.jp/

Q水道工事の見積り単価について

水道工事業者から見積りを取りました。
水道用ライニング鋼管20A 8m 3400円 計27200円
同継手 1式 16700円
給水・給湯配管 架橋ポリ管 φ13 36m 500円 計18000円
ワンタッチ継手材14個 2400円 計33600円
配管工129000円

などなどすべて書くには大変なので書きませんが、給水・給湯工事のみで合計で60万円です。
器具は含みません。
この単価は、適正でしょうか。

Aベストアンサー

戸建住宅の設備工事でしょうか?それとも店舗、工場でしょうか?工事内容のイメージがつかめませんが、純粋な配管だけなのか、器具の設置も含むのか、重機使用の土工事も含むものかで、工事ボリュームはかなり変わります。
ちなみに40坪くらいの家の住宅設備工事
排水工事 給水工事 給湯工事 雨水工事 設備機材取り付け設置(機材別)
土工事(重機使用、残土処分含む) 上水下水申請費 (メーター別)  
以上の内容で 我々はゼネコンより65~70万で受けます。
ご参考までに。。。
配管工129000円とありますが、m施工単価じゃない分まだ分かりやすいじゃないですか。職人日当が1.5万だとすると1人で9日間かかるといったところが、納得できるかどうかだと思います。
上記材料代としては無茶なものではないと思います。仕入れに2~3割は載せますから。。。 
水道工事なんてものは、基本的に簡単なんです。ただ他の建築業に比べて現場での守備範囲が広いですから、専用工具、重機、ダンプ車両といった設備投資にかなり費用を割いています。その辺を料金に添加せざるを得ないところがあります。
   

戸建住宅の設備工事でしょうか?それとも店舗、工場でしょうか?工事内容のイメージがつかめませんが、純粋な配管だけなのか、器具の設置も含むのか、重機使用の土工事も含むものかで、工事ボリュームはかなり変わります。
ちなみに40坪くらいの家の住宅設備工事
排水工事 給水工事 給湯工事 雨水工事 設備機材取り付け設置(機材別)
土工事(重機使用、残土処分含む) 上水下水申請費 (メーター別)  
以上の内容で 我々はゼネコンより65~70万で受けます。
ご参考までに。。。
配管工129000円とあり...続きを読む

Qマンション給湯配管のリフォームで・・・

マンション専有部分の給湯配管(床下)で湯漏れが発生し、応急処理してもらいましたが、湯漏れした給湯管は銅管で、肉厚 0.7ミリ、電蝕によるピンホールだと、修理業者の話。

経年劣化で今後も別の箇所が破れる心配があります。そこで配管の交換を考えていますが、修理業者に詳しく問うても、「ウニャムニャ」言っていて頼りになりません。

1.銅管で新しく給湯配管するとした場合、もっと肉厚が厚い管はありませんか?

2.銅管以外の材質の給湯管はありませんでしょうか?ポリブテン管があると聞いたのですが、業者は施工経験がないとのことで渋っているようです。

3.給湯配管のリフォームで気をつけねばならぬことは、どんなことでしょうか?

給湯配管をリフォームした方、新施工技術に詳しい施工業者の方、どうか教えてください。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

補足です
HTは一般住宅ではあまり使いません
店舗など施工のスピードを求められたりプラント設備
など腐食の対策として使うケースがほとんどです
誤解を招く表現と思いましたので
付け加えます

>「いまも銅管を使う:塩ビなんかは熱にもたねえ:ブテンなんかは接続が面倒だし、接ぎの部品が高いよ。扱える職人なんて少ない」と、

現在主流の管を扱うのは職人でなくとも
適切な接続法を取得すれば誰でも出来ます
少なくともこの発言をするレベルの職人は
私に言わせれば大したことの出来ない素人職人です
熱に関しては一般家庭で使われる給湯器は
故障しても100℃以上お湯の温度が上がる事はあり得ません(ボイラーのように圧力をかければ別ですが)
ので熱には十分耐えられる素材で出来ています
また接続の金具は確かに高いですが
銅管を使った工法のいわゆる手間賃を考えると
トータルでは安いものになります そのため一般に
浸透してきたのです

配管のい径についてですが
ポリデン管を使った場合通常13Aになります
樹脂ですので腐食の問題はありません
これは配管の取り回しに起因し
通常ヘッダー方式と呼ばれる接続法を用い、
ある部分に集中した分岐継ぎ手を使いそこから
各水栓に送ります
銅管の場合の例はこの方式はまず
使いません メイン管が進むにつれて
1こずつ分岐していくのです
このメイン管が13aを使われる事があり
これがいけないと言っているのです

補足です
HTは一般住宅ではあまり使いません
店舗など施工のスピードを求められたりプラント設備
など腐食の対策として使うケースがほとんどです
誤解を招く表現と思いましたので
付け加えます

>「いまも銅管を使う:塩ビなんかは熱にもたねえ:ブテンなんかは接続が面倒だし、接ぎの部品が高いよ。扱える職人なんて少ない」と、

現在主流の管を扱うのは職人でなくとも
適切な接続法を取得すれば誰でも出来ます
少なくともこの発言をするレベルの職人は
私に言わせれば大したことの出来ない素人職...続きを読む

Qマンション専有部工事について

長文でのご質問、恐れ入ります。
私は積算、営業、一部施工までを行う設備業です。

数年前に遡るのですが、自宅マンションで共用部(排水立管)の工事を行うこととなり、また同時に同じく劣化していると思われる専有部給湯管、給水管の工事を組合主導で行う議案が審議されました。私は共用部に関しては何ら異存はないのですが、専有部分に関して組合が介入するのは行き過ぎではないか、せめて共用工事のオプション工事の一環として行う程度にしておいてはどうかと異議をとなえたところ、一部の理事(修繕委員)より反発、いやがらせをされ、また当マンション規約にある条文から建物で重要な構造を為す部分は組合主導で工事を進めていくことができる内容のものがあることから、専有部工事も組合主導でお任せすることにしました。この工事の際に工事費がけっこうかかるとのことで、組合主導で積立を行うことになったのですが、参加は任意でこの件に関しては私は見送ることにしました。(とりあえず一括で支払う準備を自分たちでしようと家内と決めました)

そして今年に入り、この件が本格化し、年明けに最終確認として専有部工事に改めて参加するかしないかのアンケートが届きました。その文中に「あくまで専有部分ですので最終決定は自己責任で」のニュアンスの一文が入っており、なにも強制ではないとの解釈と、組合としての一括発注なので、各戸(参加住戸)の個別の見積は出せないと何とも腑に落ちない回答から、自分たちで工事をしようと(設備業者なので)組合主導での専有部工事の参加はしないことにしました。

しばらくして専有部内に入る工程表がとどき、全6日間の工程で私が参加しなかった専有部内の給水、給湯管の更新工事の部分が「作業なし」として空白になっていました。これは私も同業に携わる者なので予測できており、この「作業なし」の日に自分の納得する工法で、自分の監督のもと、信用のできる職人さんを入れて作業をしようと考えておりました。別に今回入る業者さんが信用できないというわけではなく、私が気兼ねなく「ここはこうして」といえる間柄の職人さんをいれたかったからです。

共用部排水立管工事の準備作業として初日に専有部内の壁、床、その他水回り器具を一部解体して仮復旧をします。その翌日が本来であれば組合が主導する専有部給水、給湯管の工事日なのでそこに自前の手を入れて作業するという算段をたてました。

ところが、先日工事業者さんとの打ち合わせ時に上記の意向をお伝えしたところ、組合さんからどうも「待った」がかかった状態となりました。「なるほど」と思った理由もあれば、「は?」と思うような理由も。

1. 工事業者が複数入ると責任の所在がはっきりしなくなってしまい、万一下階漏水してしまった場合の保証の仕方に困る。
2. 工事期間に支障がでる。いくら1日空いた日に施工を終えるといっているが、果たしてできるのか?
3. 私のところを「特例」として認めてしまうと他の居住者が「それは可能なんだ」と解釈してしまい、それに倣ってキャンセルと言い始める可能性がある。

このことを理事長さんとよく話し合って施工の是非を決めてくれとのことでした。

1はごもっとも。なので自分の保険、会社の保険を確認し、個人賠償責任保険など、下階への漏水被害を出してしまった場合の保障を確認、問題ないことを確認しました。万一瑕疵があっても、法的に定められている瑕疵担保責任は全うするつもりです。事前の調査の費用のでどころですが、私自身が漏水調査をできるので、工事業者さんに一報がなくてもこちらである程度の対応は可能です。

2は私が考えている工法だと工期は1日かかりません。それは私たちも、工事業者さんも同じ考えだから業者さんとしてはこの「1日」を空白としており、わたしはその「1日」に施工をしたいと思っています。

問題は3。これは私ではどうにもならないことです。話によれば、参加住戸は組合として工事業者さんと一括契約を済ませているとのこと。当然私はこの一括契約に入っておらず、一部のハードルを越えれば施工は問題なくいくと考えています。私がそれを行うことによって他の住戸がキャンセルするかもと心配し、それを理由に待ったがかかることが理解できません。他の住戸の方は納得して組合に委任し契約をしたわけですから、私はこれまでの経緯を踏まえて納得できなかったから同意しなかっただけのこと。私が納得できなかったのは以下の理由からです。

・ お金を事前に集めていざ施工・・・という段になっても施工の内訳が一切でてこず、「余れば返金する」との回答だけ。
・ 「一緒にやれば安く済む」とのお触れのもとに話が進みましたが、私のやりたい工法は高価だが施工性、メンテナンス性に長けた工法。組合側(コンサルの出した案)は、工法、材料的にも安価にも関わらず、費用が高い。私も馬鹿なくらい愚直なもので、お客さんに出す金額で積算しましたが、(社員の特権などを取っ払って積算)それでも今回の徴収額が満額かかると仮定した場合(この部分がダークなのでホントに何とも言えない)自分の出した金額の1.5倍ほどの値段。この部分に関してはそれぞれ金額の出し方が業者さんによって違うと思うので深く触れるつもりはありませんが、与えられた施工条件が同じでここまで開いてしまうと少し考えてしまいます。
・今回の専有部工事の第一義は「下階への漏水被害を事前に防ぐ」ことです。その主旨に背いて話を進めているわけでありません。この機を逸したらまた自前で床、壁を解体して・・・と考えるとやる気もそがれてしまいます。共用工事に乗っかって安くやりたいというのは組合斡旋の業者を使う他の居住者も自前でやる私も考えは同じですが・・・(手段は違いますが)

このことは知り合いのマンション管理士に以前から相談しておりました。当初議案が出た時点での相談は「規約によってはあなたが降りなきゃいけない」とのアドバイスをもとに一旦従ったのですが、今年に入ってからの話を相談すると「嫌がらせによる部分が大半のよう。落ち着いて話をしてそれでも話を聞いてくれないなら訴訟もやむを得ないのでは」とのアドバイスをもらいました。

でも相談した方も私も「訴訟は最終手段」であり、持ち回り理事長さんを相手に設備の知識もないまま矢面に立たされてしまう方とお話するのもどうかと。以前に修繕委員と揉めた経緯があり、それを避けての今回の「理事長に丸投げ」のことだと思いますが、こういうときだけ「理事会の従属の修繕委員だから」と雲隠れする修繕委員のやりかたが腑に落ちません。自分がお付き合いさせていただいている修繕委員の方はこのようなやり方する委員の方と付き合ったことがないため困惑しております。

私も相談できる有識者の方が廻りに限られており、少しでも知識、見聞を広げておこうと投稿させていただきました。アドバイスよろしくお願いいたします。

長文でのご質問、恐れ入ります。
私は積算、営業、一部施工までを行う設備業です。

数年前に遡るのですが、自宅マンションで共用部(排水立管)の工事を行うこととなり、また同時に同じく劣化していると思われる専有部給湯管、給水管の工事を組合主導で行う議案が審議されました。私は共用部に関しては何ら異存はないのですが、専有部分に関して組合が介入するのは行き過ぎではないか、せめて共用工事のオプション工事の一環として行う程度にしておいてはどうかと異議をとなえたところ、一部の理事(修繕委員)よ...続きを読む

Aベストアンサー

NO.2です。
お礼ありがとうございました。

事実関係によるあなたのお考え、計画は至極まっとうなもので、ただただ感心するばかりです。
このような方がうちのマンションにも・・・、と思ってしまいました。

極論すれば、管理組合はマンションの正常な維持・管理ができれば良いのです。
今回の件に限れば、漏水事故が発生しなければ良いのです。
その意味で、専有部の工事は誰がやっても問題ないのです。
ただし、万一漏水事故が発生した場合は、原因如何によっては専有部の施工業者が責任を問われる。
それだけのことです。

「特例」であろうがなかろうが、「専有部の工事も全戸で実施すること」が重要だからです。

この視点に立てば、管理組合としてはあなたに対して「どうぞご自由に」ということになるはずですし、あなたの方も「はい分かりました」で終わりです。

管理組合の意味、総会決議の意味を説明されれば理事長さんも理解されるのでは、と思います。
うまく話し合いが進められることをお祈りします。

ご質問からは離れますが、今年度は理事とのこと。

そちらのマンションの議事録には総会での質疑応答は記載されているのでしょうか。
具体的には、あなたの過去の総会での質問・意見・提案やそれに対する理事会の回答などは、匿名だとしても記載されているのでしょうか。

議事録は最終的に全区分所有者に配布されますから、そこで質疑応答の記載があれば、誰の発言かは分からないまでも、総会に直接出席されなかった方からすれば、質疑応答内容が分かることになります。
正論であるのかないのかの判断もできることになります。

総会決議としての結論はでていますが、おかしいと思う方が増える可能性があります。
全ての方が理事会任せで良い、とは考えていないと思います。

築年数が進んだマンションほど維持・管理に関する様々な問題が出てきますし、それに伴う支出も多くなります。
ということは、それだけ各区分所有者の方々の負担が増えることを意味しますので、それだけマンションの維持・管理に対する関心は高くなるはずです。

そこで、おかしいと考える方が増えていれば、よりよい管理の方向が見えてくるはずです。
「自分たちの財産ですから無条件では人任せにできない」
これこそが管理組合の原点なのです。

理事ということになれば、個人というよりも「マンション全体としてどうか」という視点が求められます。
専門家としての知識、経験をより多くの方々に理解していただけるよう発信を続けられることを望みます。

20年ほど2カ所の役員をしておりますが、大変勉強になりました。
ありがとうございます。

NO.2です。
お礼ありがとうございました。

事実関係によるあなたのお考え、計画は至極まっとうなもので、ただただ感心するばかりです。
このような方がうちのマンションにも・・・、と思ってしまいました。

極論すれば、管理組合はマンションの正常な維持・管理ができれば良いのです。
今回の件に限れば、漏水事故が発生しなければ良いのです。
その意味で、専有部の工事は誰がやっても問題ないのです。
ただし、万一漏水事故が発生した場合は、原因如何によっては専有部の施工業者が責任を問われる。
それだけ...続きを読む

Q築25年の中古マンションのリフォーム。水道管交換?

 築25年の中古マンションを購入し、これからリフォームをしようと思っています。
 管理人の紹介で、同マンションに居住しているリフォーム会社(個人)の方に見積りを依頼しましたが、”室内の水道管を交換したほうが良い”とのことでした。
 中古マンションやリフォーム会社(個人含む)についてお詳しい方にご意見を戴きたいと考えています、よろしくお願いいたします。
1.築25年ですから水道管も傷んでいると思いますが、水道管の寿命(室内ので  す)はどれくらいになるのでしょうか?
2.管理人と住人のリフォームの方の癒着を正直疑っています。
  ”リフォームの見積りのために度々来ます”と管理人に挨拶したところ、管理  人が”水道管の交換”を切り出してきました。
  住人のリフォームの方に下見してもらったところ、口裏をあわせたように水道  管の交換を薦めてきました。
  一方、他のリフォーム会社に見積りを依頼したところ、”見てみないと判らな  いが交換の必要はないのでは”とのこと。
  一戸建てのシロアリと同様な、リフォームの方の切り口だ、とのこと。
  シロアリのように、”水道管の交換”を薦められた方はいらっしゃいますか?
  または、本当に交換すべきなのでしょうか?

 10階建ての6階の南東の角部屋、200戸のマンションで、水道管は玄関のほうからベランダの給湯器まで繋がっています。
 よろしくお願いします。 

 築25年の中古マンションを購入し、これからリフォームをしようと思っています。
 管理人の紹介で、同マンションに居住しているリフォーム会社(個人)の方に見積りを依頼しましたが、”室内の水道管を交換したほうが良い”とのことでした。
 中古マンションやリフォーム会社(個人含む)についてお詳しい方にご意見を戴きたいと考えています、よろしくお願いいたします。
1.築25年ですから水道管も傷んでいると思いますが、水道管の寿命(室内ので  す)はどれくらいになるのでしょうか?
2.管理...続きを読む

Aベストアンサー

マンション等の共同住宅で起こりうる
重大なトラブルとして水漏れがあります。
居住部分であるトイレなどから水が漏れて
下の部屋が水浸しになってしまったりしたら
損害を賠償しなくてはならなくなると思われます。
そのような事態を避けるためには
まめな更新
水漏れ保険に加入する
などが必要です。
業者としては水漏れが起こっても責任がとれません。
たとえ「交換しなくても大丈夫ですよ」と業者が言ったとしても、
水漏れが起こった場合、助けてはくれないでしょう。
助けることができないのに、安易に「大丈夫」と言っていたとしたら
その業者には注意する必要があります。
自己責任でしっかりと判断する必要があります。

25年なら交換しておくのが無難だと思われます。
配管自体は安いものなのですが、
配管を取り替えるために床をはがしたりするので
工事費がかさみやすく、なかなか取り替えにくいものです。
ですから、入居の際の大規模なリフォームなどの
取替えられるチャンスに取り替えておくのが無難です。

リフォームするのであれば、
紹介された業者だけにこだわらず、
平行して別な業者にも相談してみるのが良いと思います。
二つの業者の見積もりを見てから決定するのが自然です。

マンション等の共同住宅で起こりうる
重大なトラブルとして水漏れがあります。
居住部分であるトイレなどから水が漏れて
下の部屋が水浸しになってしまったりしたら
損害を賠償しなくてはならなくなると思われます。
そのような事態を避けるためには
まめな更新
水漏れ保険に加入する
などが必要です。
業者としては水漏れが起こっても責任がとれません。
たとえ「交換しなくても大丈夫ですよ」と業者が言ったとしても、
水漏れが起こった場合、助けてはくれないでしょう。
助けることができないのに...続きを読む

Q専門的な質問で申し訳ないのですが、給湯管を埋設する時の管は何を使用した

専門的な質問で申し訳ないのですが、給湯管を埋設する時の管は何を使用したらよろしいでしょうか?
HTVPは使用しても問題はないでしょうか。
教えて頂けると大変助かります。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

埋設しないのが正解です
鋼管類:サビで漏水
HTVP:給湯の運転/停止で管の温度が上下しパイプが伸縮しますが、逃げ場がないため継手からパイプがすっぽぬけます。浴室の洗い場の腰壁に打ち込んだHTVPの漏れること漏れること。

管サイズがわかりませんがポリブテン管のような樹脂管をサヤ管に通して施工ではいかがですか?

Q給水工事の工法は分岐工法かヘッダー工法か?

現在、新築一戸建てを検討中で給水工事の工法で迷っています。
4LDKで2階建てですが、2階に水周りはありません。給湯はエコキュートです。
お風呂使用中に台所やトイレを使用したときに水量が減ったりしないようにしたいのですが、この場合さや管ヘッダー工法がいいでしょうか?
HM標準は分岐工法でヘッダー工法にすると15万のコストアップになります。
分岐工法でも、樹脂管のサイズを大きくすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

理想はヘッダーでしょうね。

でも予算等当然あることなので先分岐工法でも問題ないかと思います。
従来の配管はすべて分岐工法ですよ。

メインの樹脂管を16Jで配管してもらいましょう。(20mm相当とメーカーは言っています。ただしチーズ等がない場合ですが)あくまで水道メーターが20mmという前提です。

ヘッダー 先分岐工法どちらも施工していますが、先分岐工法で苦情等在ったことは無いです。
理屈上はヘッダーと比べれば確かに同時使用率において流量の変化は激しいですが・・・特に水圧が落ちるエコ給湯みたいなので。
あくまで個人的にですが気にならないと思います。(シャワーについては、台所等の同時使用の場合は気になる場合もあるかもしれません)
どこまで質問者様が気にするかだけの問題です。

※ヘッダーにしたからといって水量の変化は必ずあります。あくまで少ないということだけです。メンテも床下は入れるなら特に問題なしと考えます。
気になるならシャワーだけ簡易ヘッダーみたいに一番手前で分岐をして配管してもらっては?どうなるかはわかりませんが・・・。

理想はヘッダーでしょうね。

でも予算等当然あることなので先分岐工法でも問題ないかと思います。
従来の配管はすべて分岐工法ですよ。

メインの樹脂管を16Jで配管してもらいましょう。(20mm相当とメーカーは言っています。ただしチーズ等がない場合ですが)あくまで水道メーターが20mmという前提です。

ヘッダー 先分岐工法どちらも施工していますが、先分岐工法で苦情等在ったことは無いです。
理屈上はヘッダーと比べれば確かに同時使用率において流量の変化は激しいですが・・・特に水圧...続きを読む


人気Q&Aランキング