よく親しい人が事故に遭ったり、亡くなる時に「ムシのしらせ」があると言いますが、実際どういう感じなのでしょうか?又、本当に現実として起こる事なのでしょうか?

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (10件)

私は2通りあります。



1.お線香の匂いがする。(別にお葬式の前を通っているわけではない。)
2.頭のてっぺんのやや後ろに「ピンッ!」と電気みたいなものが走る。

どちらも悪い知らせです。(自分への悪い知らせもありました。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

buranさん、ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/11 09:18

私の旧先生(中1)のお母さんは元々身体が弱く、先生が5、6歳のとき


病状が酷くなり、先生は福岡のお母さんの実家へ
面倒をみてもらいにいきました
そして、数日経ったある日、先生はお母さんとよく遊んだ大きな大木に毎日
来ていたのですが、その日は来てみると
妙に涙が出てきてずっとそこにただずんで、泣いていました
やっと陽が暮れて、帰ってみたとき
お母さんが死んだと云う知らせが入ったそうです
・・・・・とまあ、摩訶不思議な先生の体験ですが、幽霊がいるとかいない
とか、と同じじゃないでしょうか?
でも、こんな不思議な体験もあったらいいですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

akane cookieさん、ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/11 09:20

私の場合は姉がそういう体質らしくて、大地震とか、近所の知り合いが亡くなったとか、大事故があったなど何かが起こる前に、必ず姉がずっと身に付けている金のペンダントが自然にはずれます。

毎年神棚を掃除するのが子供の頃から姉の役割で、去年掃除していて突然神棚にお供えする御神酒が割れてしまい、初めての事だったので姉は「なんかやだなー」と少し気にかけながらその後初詣に神社へお参りに行ったとき、今年が厄年だったとわかり慌てて神社の厄払いに参加したそうです。

もう一つのエピソードでは、普段は仕事でお互い忙しいのに突然平日の夜に姉が私のマンションに訪ねてきて、私は「なんでこんな時に!?」とすごくビックリし「ただなんとなくぅ~」と姉はヘラヘラしてました。私はしょうがないなーと思いながらも、仕事で疲れていたのでムッとしながら相手しました。次の日朝疲れがとれず体調がよくないので少し遅れて会社に出勤しようかどうか迷っていて、すぐそこで寝ている姉の顔みて「もう少しがんばってみようかな」と思いいつも通りに出勤しました。そうしたら私が乗った電車の何本か後に、あの大惨事になった日比谷線脱線事故が起こっていた事を会社帰りに知り、私はなぜ姉が来たのか直感で理解できたし、お互いゾーっとしましたね。昔私がアメリカに居て電車の大事故に巻き込まれそうになったときにも、姉の金のペンダントがはずれていたんですが、今回ではもう怖いからとペンダントは外していた時だったそうです。これじゃあ「ムシのしらせ」というか「アネのしらせ」ですよねぇ~。

あとは、実家で飼い犬が逃げると必ず近所で葬式があるとか、身の上の不幸の話が来たりすることがよくありました。私自身も、実母が亡くなる数年前に実母が亡くなる夢をはっきりと見ていたことがあるし、まさか自分があっという間に他界するなんて思いもよらなかった母自身も、随分前に亡くなっている祖父が夢に出てきて白い着物て「こっちへおいで」と手招きしていたとか、亡くなる前に母が活動していたボランティアのIDカードに付いている母の写真の部分から水がにじみ出てきてしょうがなかったと父が話してくれました。

偶然が重なってそれを「ムシのしらせ」と呼ぶのかもしれませんが、私の家族では、何かがあったり「おかしい!?」と感じたときは疑わずに結構注意を払っていますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

pinkyMadamさん、ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/11 09:22

他の方のそういう話はよく聞きますが、私の場合父が数年前になくなりましたが、全くそういうことはありませんでした。

逆に幸運という意味では、なんとなくいいように受け取っていたことが結果的に「ムシが知らせた」と結びつけたことがありましたが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

sally-mさん、ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/11 09:27

曾祖母の夢を見ていたら夜中に起こされて亡くなったと知らされました。


母方の祖父が亡くなったときは、ちょうどその時に私自身ひどい怪我をして、父方の祖父が亡くなるときは、病院で病室からちょっと離れた廊下にいたんですが、亡くなった瞬間って判りましたね。なんかフワっと来ました。

だいたい突然くるので、そのときは判らなくても後から「あぁあれがそうだったのか」って思うことが殆どじゃないですかね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

shigatsuさん、ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/11 09:28

私の場合、伯父が肝臓ガンで亡くなった時の事です。


朝まだ布団の中にいました。横に寝返りをしたとたん金縛りにあってしまったん
です。枕にあたっている方の耳に念仏を唱える声が・・。しかも伯父の声のようでした。うなっている私を見た子供に声をかけられやっと金縛りがとけました。その直後、母からの電話で伯父の死をしらされました。

また祖父が亡くなった時は、実家の家の屋根の上を人魂が回りながらとんでいたと言う事です。

私は「ムシの知らせ」はあるとおもいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

lovers404さん、ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/11 09:30

大昔に読んだ本ですが、ご参考までに


I・スティーヴンソン(1981)『虫の知らせの科学』叢文社
事例がどっさり載っていた...ような記憶があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

zoracさん、ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/11 09:30

私も経験があります。


ちょうど1年前になるのですが、私の祖父が亡くなった日、電話が何度も鳴る夢を見ました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

moomin×2さん、ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/11 09:31

学生時代、下宿先に祖父(だと思われる)からの電話がありました。

第一声以外応答のない電話だったので、変だなぁ。。。と思っていると、母から祖父の様態が急変し、亡くなったとの連絡が入りました。

母は、高校生の時、登校の途中、お弁当用バッグの持ち手が「ブチッ」と切れたそうです。バッグを変えようと家に戻ると、自宅療養中の母の母が亡くなるところだったそうです。

父は外出予定だったが、なぜか気分がのらず家にいたら、母の死に目にあえたそうです。

とまぁ、ムシの知らせかどうかかわりませんが、こんな体験があります。
「伝えてくれたんだなぁ~」というのが、みなの感想です。気持ち悪いとか、怖いとかいう気持ちはなかったですねぇ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kuniuniさん、ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/11 09:32

私の場合は近親者が無くなる前後に足がつることがよくあります


この10年程の間に親族が8人亡くなっていますが、そのうちの6人の時に足がつってしまいました
父の時は気になって寝つきが悪い状態で半分夢の中にいるような感じで 呼ばれているような、なんとも言えない変な感じでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kenntyaさん、ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/11 09:34

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ