出産前後の痔にはご注意!

今回、事務所の移転に伴い、新しい事務所の契約のために下記の金額を支払いました。
仕分け科目をどのように伝票をきれば良いか教えてください。

9月分日割り賃料 8,666円
9月分日割り共益費 533円
10月分日割り賃料 65,000円
10月分日割り共益費 4,000円
敷金 130,000円
礼金 65,000円
保険料:2年 25,000円
鍵交換代 21,000円
仲介手数料 68,250円
合計 387,449円

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

以下、ご参照下さい。


新事務所の経理処理より、旧事務所の経理処理が面倒な場合もありますが、頑張って下さい。

<敷金 or 保証金>
敷金 130,000円

<地代家賃>~販売費一般管理費
9月分日割り賃料 8,666円
9月分日割り共益費 533円
10月分日割り賃料 65,000円
10月分日割り共益費 4,000円
礼金 65,000円

<保険料>~販売費一般管理費
保険料:2年 25,000円・・・正確には月割りで前払保険料計上

<雑費 等>~販売費一般管理費
鍵交換代 21,000円

<支払手数料>~販売費一般管理費
仲介手数料 68,250円
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても早い回答ありがとうございました。
ただ、礼金の取り扱いがよく分かりません。

繰延資産にして5年ないし契約期間内で償却する様に書かれている物もありますが
地代家賃に一括で計上して問題ないのでしょうか?

お礼日時:2010/09/29 19:33

No1です。



すみません。
保険料のほうにだけ補足を書いて、礼金のほうを書き忘れました。
確かに、細かく言えば原則はおっしゃるとおりです。
しかし、資産計上の原則は20万円以上です。
従いまして正しくは、

20万円以上の礼金は 「繰延資産」として5年、もしくは契約期間での減価償却。20万円未満であれば支払時の一括経費に出来ます。

となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当にありがとうございます。
すっきり理解できました。

お礼日時:2010/09/30 09:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング