税法で7年の保管が定められている「送り状」とは何が該当するのでしょうか?

法人税法で、7年の保管期間が定められているものに、
「注文書、契約書、送り状、領収書、見積書その他これに準ずる書類」
とあるかと思いますが、ここでいう「送り状」とは、宅配業者に依頼して、
送る箱に貼ったりするものも含まれるのでしょうか?

例えば、送る中身がパンフレットや招待状など無料のものの場合にも
保管しなければならないものなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

送り状保管対象は商品・棚卸資産です。


あなたが印刷業者で配送するパンフレットが印刷注文を受けたもの
であれば保管義務がありますが、パンフレットが商品でなければ
保管義務はありません。

それから送り状というのは商品引渡確認の書類です。
受け取った相手が段ボールに貼ったものでも構わないというのであれ
ば問題ないかもしれませんが、普通は相手が書類として保管できる
状態で渡すと思います。
外箱に貼るにしても、ビニール袋に入れて貼るとか。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

今回ご質問したかったのは「配送伝票」といった方が一般的でしょうか。
「箱に貼る」と書いたのですが、正確にいうと箱に貼ったものは
相手に送られるので、その写しとして手元に残ったものを保管しなければ
いけないかどうかの疑問でした。

商品の引渡し確認に関する書類の場合に保管必要ということですね。

お礼日時:2010/10/16 19:48

>配送伝票の写しの他に、その配送料金に関する請求書、領収書などがあれば、そちらが保管されていれば配送伝票自体は保管不要でしょうか。



税法では「保存しなければならない」としか規定されていませんので、保管不要ということはないでしょう。実務上は弊害がないとしても、税務調査で「保管していません」と回答すれば、法に定める保存義務に違反しているということで青色申告が取り消される可能性があります。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答おそれいります。

保管義務には変わりないということですね。
ご丁寧にどうもありがとうございました。

お礼日時:2010/10/19 12:22

ここでいう「送り状」は売買取引において商品を送る際に売り手が買い手に渡す書類のことです。

貿易(国際取引)ではINVOICE、国内取引では納品書がそれに当たると思います。国内取引では領収書や請求書が送り状を兼ねる場合もあります。
宅配業者が箱に貼り付けるものは、一般的には宅配業者と依頼主との間の運送契約に関する書類であって、売買当事者間の書類ではないので送り状ではないでしょう。ただ、その書類を確認したわけではないので、送り状でないと結論付けることはできません。
なお、「注文書、契約書、送り状、領収書、見積書その他これに準ずる書類」はその頭に「相手から受け取った」と付くので、「宅配業者に依頼して送る箱に貼るもの」は当然これには含まれません。ただし、宅配業者に依頼した際に宅配業者から受け取る書類は、運送契約に関する「契約書その他これに準ずる書類」に該当し、保管の義務があります。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

今回ご質問したのは、宅配業者に出すいわゆる「配送伝票」です。
正確にいうと送った後、手元に残るその写しになります。

売買当事者間のものでなく、宅配業者との間のものになると思いますので、
「送り状」ではなく運送契約についての「契約書その他これに準ずる書類」
と考えていいでしょうか。

また、配送伝票の写しの他に、その配送料金に関する請求書、領収書などが
あれば、そちらが保管されていれば配送伝票自体は保管不要でしょうか。

補足日時:2010/10/16 19:59
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q見積書と請求書の違いに・・

ぜひ知識ある方々のアドバイスよろしくお願いします。
今年の台風15号で瓦が破損し修理を頼みました。 支払い額が心配だったので見積を頼んだのですが、他での作業帰りで脚立が無かったらしく外から見て「大した事無いんで3万もあれば」と言われました。
一応見積書を頼んだら後日、約4万との見積書が届き「3万って言ってたが仕方ないかな?」と・・
そして「それでお願いします」と連絡し作業を依頼しました。
そして作業当日に屋根に登って修理箇所を見てから「どうやら予想以上に破損してて見積の倍くらいかかりそうです」と言われてビックリ!!
直さない訳にもいかず、とにかく直して下さいと頼みました。
そして届いた請求書が約8万。 内容を見たら見積書には瓦10枚と書かれてるトコが請求書には瓦54枚となってました。
余りにもいい加減な見積書だったせいで予定の倍も払わされるのに納得出来ません。
うまく交渉して支払い額を下げさせる方法ありましたら教えて下さい。
ちなみに請求書には支払い日や支払い方法など何も書かれていません。

Aベストアンサー

業者が悪かった所…現状を調査せず想定で見積もりをした事。見積外の想定していなかった作業が増える可能性がある事を説明していなかった事

貴方が悪かった所…「倍ぐらい掛かりそう」と言われた時に、再見積もりをお願いして納得してから工事をしなかった事


工事単価が妥当か?は判断できませんので、仮に妥当であったとするならば

先の回答にもあるように補修作業はやってみないとわからない事が多々あります。
「予想以上に破損してて見積の倍くらいかかりそうです」と言うのもそういう事です。(今回の場合はちょっと違いますが…)

ただ、貴方も倍の値段の8万円で了承しているのだから、今更値切られても困るでしょう?

見積では10枚で4万円であったなら、54枚で8万なら業者も勉強しているのではないでしょうか?


勝手な想像ですが、作業費3万+材料費+諸経費=8万なら安いくらいでは?とも思います。

Q宅配便の送り状の情報でDMが送られてきました。

先日、ある生鮮食品店からDMが送られてきました。
確かに以前その店で商品を購入しそこから宅配便を使って商品を発送したのですが、それ以外には住所等を記載していませんでした。
不審に思って、その店舗に確認したところ、送り状の控えから情報を集めてDMを発送してるとの回答でした。
他の宅配業者の送り状などは発送店には情報が残らない工夫がされているので、そういうもんだと安心していたのですが。
こういう行為って個人情報保護法に抵触するのではないでしょうか?
私も個人情報に触れる機会の多い職業なので気になっています。
ご回答をお願い致します。

Aベストアンサー

送り状がその店独自のもので、そこにDMを送付する際に利用する旨の記載が無い場合
もしくは発送手続きの中で利用者に了解を得ていなければ、個人情報の目的外利用にあ
たりますので、個人情報保護法に抵触する行為になります。

そういったお店は個人情報の扱いが雑になっていますので、他に漏れないとも限りませ
んので、早めに指摘して個人情報は削除させたほうがよいと思います。

Q見積書と請求書の金額が違いすぎる場合の支払いは?

今月、庭の垣根を業者に依頼して建ててもらいました。
事前の見積もりでは約17万円で、3日後に工事の依頼をしました。
工事が終わり、昨日届いた請求書を見ると、約30万円の金額が!
見積額と請求額に13万円もの開きがあるのです。
このような場合でも30万円支払わなければならないのでしょうか。
※工事を依頼した時は、金額の話は全くなく、工事中も追加でお金がかかるというような事も一切言われませんでした。
※この業者は以前にも1回使っており、その時は見積と請求額がほぼ同じだったので信用していました。

Aベストアンサー

工事業です。
ウチでは、見積りで足が出たりしても絶対に余分には払ってはもらえませんし、払うお客もいません。
私も、見積りとはそういうものだと認識しています。
実際、やってみないと判らない、最低現このくらい~という見積りもありますが、そういう場合はお客様に十分お話するか、見積もり書にはっきりと明記します。
また、工事途中で問題が発生して余計お金が掛かるなどの場合はよくあります、その場合、やはりお客様(決定権のある人)と相談して方法を決めます。
工事業の場合はそういうのが常識かと思います。
今回、正式な見積もり書で何の話も無く、請求金額が違うというなら論外でしょう。
見積り金額のみの支払いでいいと思います。
また、業者に説明する義務があると思います。

念のため、誰か他の人が業者から何か話を聞いていたとかがあるかないか確認しておきましょう、いいかげんな業者だと、近くにいた人に話しをしてOKをもらった、などと認識する場合もあるます。
  

Q損害賠償_診断書・領収証は加害者が保管するものですか?

派遣先でセクハラ被害に遭い、加害者本人に損害賠償(通院費と欠勤日当のみ)を派遣会社を通して請求し、加害者は支払いに応じると言っていると派遣会社から言われています。

診断書と領収証の原本の提出は理解しています。

ただ、診断書には私の住所が記載されています。
また、領収証に記載されている病院名や住所が加害者に知られる事で、その後病院で待ち伏せされたり、自宅に来て危害を加えられる事を危惧しています。

派遣会社は、合意書を作成するのだから、加害者は今後危害を加えたりしない。事件を早く解決したいから支払いに応じるのだから、私の住所を知る必要もない。と言っています。

加害者の謝罪文は、私にとっては反省の度合いが低く感じられ、こちらの質問にも回答がなく、誠意も感じられません。
私にとっては今後私に危害を加えない保障はないと思えます。

損害料金と引き換えに、診断書・領収証を開示するから、その場でシュレッダー処理をしてもらいたいと思っているのですが、可能な事でしょうか?

診断書・領収証は加害者が保管するものですか?
そうだとしたら、ストーカーされる事を防ぐ方法はあるのでしょうか?

派遣先でセクハラ被害に遭い、加害者本人に損害賠償(通院費と欠勤日当のみ)を派遣会社を通して請求し、加害者は支払いに応じると言っていると派遣会社から言われています。

診断書と領収証の原本の提出は理解しています。

ただ、診断書には私の住所が記載されています。
また、領収証に記載されている病院名や住所が加害者に知られる事で、その後病院で待ち伏せされたり、自宅に来て危害を加えられる事を危惧しています。

派遣会社は、合意書を作成するのだから、加害者は今後危害を加えたりしない。...続きを読む

Aベストアンサー

目の前でシュレッダー処理するのなら、コピー文書ならいいと思います。
原本だと無くなると後々困りますから。
シュレッダー以外なら、コピーしたものの相手に知られたくない部分を
黒ペンで塗りつぶしておくのはどうでしょうか。
ただし、黒ペンで塗りつぶしているからと領収書や診断書が
偽造だと主張されかねないので、やはり塗りつぶさないことをお勧めします。

いずれにせよ、弁護士を間にまじえないと、
加害相手が家や職場まで押しかけて威圧することは良くあります。
そういうことが不利に働くとして弁護士が自制をさせることが有効ですが、
当事者間で交渉するとなると、歯止めかけるのは、自制心しかありません。
そうはいっても弁護士がいたとしても、
弁護士から住所を聞きだして、加害者本人や加害者友人、奥さんなどが
被害者の原告や原告側証人の立ち回り先にストーキングして、
「裁判取り下げてくれ」「証言しないでくれ」と威圧したりして、
もめることが多々ありますけれど・・・

情報が漏れることは仕方ないことです。
未然に防ぐことも大事ですが、相手が尋ねてきたときに、
その証拠をテープなどで録音するなどの準備をしておく必要はあるかもしれません。

いつくるかも知れないという不安な気持ちがあるとは思いますが、
ないと信じるしかありません。
シュレッダーや黒塗りで情報源をとめる努力をしても、
専門機関に頼めば一発で居住地などは知られてしまいます。
住所知られるのはしょうがない、来られたときにどうするか。
この対策が重要だと思いますよ。

目の前でシュレッダー処理するのなら、コピー文書ならいいと思います。
原本だと無くなると後々困りますから。
シュレッダー以外なら、コピーしたものの相手に知られたくない部分を
黒ペンで塗りつぶしておくのはどうでしょうか。
ただし、黒ペンで塗りつぶしているからと領収書や診断書が
偽造だと主張されかねないので、やはり塗りつぶさないことをお勧めします。

いずれにせよ、弁護士を間にまじえないと、
加害相手が家や職場まで押しかけて威圧することは良くあります。
そういうことが不利に働く...続きを読む

Q【重症です】見積書も契約書もないままに着工・・・工事が頓挫しました。

私の知人の件ですが、みなさんのお知恵をお貸しください。

夫がある離島で喫茶店を始めようとしました。
夫自らが建築会社を探し、設計依頼をかけ、着工にこぎ着けました。
が、今現在、問題が山積しています。
(1)当初は小さな建物を予定していましたが、建築会社の営業マンにうまくいわれて予定していた敷地めいっぱいに大きな建築物が建ってしまいました。
(2)気付いた奥様が状況を確認しようと建築会社にかけあいましたが、担当営業マンはこの案件以外にもトラブルを起こし、懲戒解雇同然で退職していました。
(3)地方の小さな建築会社で、建築地が離島ということもあり、その後の対応はいたってずさんで、膨れあがった建築費用を予算通りに納めるため、内装工事をとにかくはしょりまくりましたが、それでも工事が一向に進まず、GWのオープンには間に合わなくなりました。
(4)契約書を確認してみると、契約書の書面には2通とも施主捺印がされてなく、見積書はなく、着工・竣工の期日も明記されていない・・というずさんなものでした。

建築の知識もないのに事を進めてしまった夫が一番悪いのはわかっているのですが、事、ここに至っては建築会社と交渉し、なんとか予算を超えずにきちんと建築を完了させ、ずさんな対応とオープンに遅れた事に対する損害賠償を取りたいとの奥様の意向です。
弁護士にも相談するつもりでいますが、なにぶん離島なので、すぐに動けない状態です。
その上、今日、設計師がやってくるとの事です。
今日の打ち合わせでどんな交渉、どんな手を打つべきでしょうか?

そもそも、契約書の捺印もされていない状況で始まってしまったこの建築工事、今後、建築会社にはどのような要求・交渉をしてゆくべきでしょうか??
専門知識をお持ちの方のご意見を伺えたらうれしいです。

私の知人の件ですが、みなさんのお知恵をお貸しください。

夫がある離島で喫茶店を始めようとしました。
夫自らが建築会社を探し、設計依頼をかけ、着工にこぎ着けました。
が、今現在、問題が山積しています。
(1)当初は小さな建物を予定していましたが、建築会社の営業マンにうまくいわれて予定していた敷地めいっぱいに大きな建築物が建ってしまいました。
(2)気付いた奥様が状況を確認しようと建築会社にかけあいましたが、担当営業マンはこの案件以外にもトラブルを起こし、懲戒解雇同然で退職してい...続きを読む

Aベストアンサー

まず元担当営業マンが懲戒解雇同然で退職して工事が滞っている、という事実。それから捺印がないままに勝手に始まってしまった工事、この2点を建築会社がきちんと認めるかどうかを確認しましょう。(最終的には「その事実責任は会社側にある」という内容の書面に捺印させたい)

次はその事実経緯と奥様の意向(損害賠償請求)を文書化し、内容証明便でその会社社長宛にダイレクトに出すことになります。

その時点で会社側が誠意を持った対応をする意向があれば良いのですが、いずれにせよ前述の内容証明の書き方もありますし、弁護士に早めに相談することをお勧めします。

たぶん状況からすると被害額は数万円単位であるはずがありませんから、弁護士に依頼して公の場に出る価値は十分にありますよ。

それで一番怖いのは、その前に建設会社がつぶれて社長さんもろともドロン(古い表現!)、あるいは「お金ないから払えない」とか「そんなこと言うと破産するぞ」というような開き直りでしょう。先方の日々の動向はよく見ておいたほうがいいですよ。下請けさんが工事をやっているからといって、当該建設会社は既につぶれていたということは十分あり得ることですから。

いずれにしてもプロに任せたほうがいいと思います。

まず元担当営業マンが懲戒解雇同然で退職して工事が滞っている、という事実。それから捺印がないままに勝手に始まってしまった工事、この2点を建築会社がきちんと認めるかどうかを確認しましょう。(最終的には「その事実責任は会社側にある」という内容の書面に捺印させたい)

次はその事実経緯と奥様の意向(損害賠償請求)を文書化し、内容証明便でその会社社長宛にダイレクトに出すことになります。

その時点で会社側が誠意を持った対応をする意向があれば良いのですが、いずれにせよ前述の内容証明の...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報