『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

現在高校3年生で
進学先の大学について悩んでいます

青山学院 文学部 英文科or仏文

学習院大学 文学部 独文

で悩んでいます。


やりたい言語のところにいけばいいというのはもっともですが
どれもやりたいのでいってから後悔はしないと思います。
語学面では青山に分があると思うのですが
遊んでいる人ばかりだという話も聞きます(根拠がないとはおもうのですが・・・)

ぜひ両大学の雰囲気の話やアドバイスを頂ければとおもいまして投稿しました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

学習院は学風として割とまじめ。

友人の兄弟が通っていますが、面倒見もいいそうです。

青学は、もちろんまじめに勉強している学生もいるでしょうが、学風はあまり勉学をしっかり・・・という感じではないと思います(あくまで個人的見解ではありますが)。
土地柄、オシャレなひとが多いのも確かでしょう。
男性はそうでもないですが、たしかに女子は派手な感じの人が多く見受けられます。


落ち着いた空気の中で勉学をというのであれば、わたしなら学習院かなっておもいます。

個人的な意見に終始してしまい申し訳ありません;;
すこしでも参考になれば嬉しいです。
    • good
    • 0

好きなところでいいと思いますが、



老婆心ですが、もし万一あなたが語学(会話)が身につくと思ったら頭切り替えてください。大学の課程では会話は身につきません。サークル、専門学校、留学や独学が必要になります。
    • good
    • 0

あくまで個人的な話をするね。


青学はちょっとダメ、と言う気がする。キャンパスに行ったことあるけど、オシャレな人は少なくて
「田舎者が頑張って冬でも穴あきジーンズはいてます」って感じだった。
青学がオシャレだ、ってこはなく、あんなもんは超一部のリーダーが目立ってるだけって感じなんだろう。

あと完全に勉強にベクトルが向いていないと思う。
青学は過去にはスポーツが強かったり、優秀なビジネスマンを排出してた時期もあったわけ。そういうの含めて青学の評価だったと思うし、大学の任務として勉強とか就職は必須だろうに。
もしそれを否定するなら、とっとと美容師とかになるか、専門行ったらいいでしょうが。
これは立教もないんだけど、

これだけ帰国や留学者が増えて、彼らは英語に加え、工学や経済学もやってたりする。
それでは「日本で英語ちょっと齧りました」みたいな人材はどんどん価値を失ってくわけ。もちろん英語をがんがんやって翻訳家とかなるレベルまで持ってけばいいけど、ほとんどが英語教師ぐらいしか先無いんじゃないかな、と。
アパレルとかそっちにしろ、専門卒の「ぷろ」と戦って勝てんのかなあ?と。


上智とかだと結構真面目に勉強してる。
もちろん個人差が大きいはずなんだけど。

GMARCHでは、学習院と明治が就職がいい。
どうせ入学して2年半したらシュウカツすることになるんだろ?
そのときにより評価されやすい基軸を描いてくのはトウゼンのことだと思うけど・・・
外資とか英語を生かすにせよ、そっちの方がいいんじゃないかと思う。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較