昨年中の未払い給与の手取り額をいただくことになりましたが
「現金で渡すので領収書をください」と言われました。

領収書のテンプレートでは内税や税抜金額、消費税額を記載する項目がありますが
消費をしたわけでは無いですし、昨年度中に給与明細や源泉徴収票もいただいていて、
その中には今回いただく貰ってない給与も含めて所得税として計算して既に納税済みです。
「後で必ず払うから渡す源泉徴収票で確定申告してもOK」という説明でした。

会社としては現金で手渡すので支払ったという証拠が必要だと思いますし、
私としても領収書が出せないと言って給与をまた延ばされると生活できないので困っています。
消費税の表記は無くてもよい(?)とか、受領書(?)なら解決できるのでしょうか?
どうすればよろしいでしょうか..よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 給与には消費税は掛かりません。

したがって消費税はありません。
 また領収書の印紙税も掛かりませんので貼らなくて良いです。必ず但し書きに給料と書いておきましょう。
    • good
    • 0

あなたは未払い給与を戴く立場の人ですね?私の経験から個人別(氏名入り)一覧表に現金を受取ったら押捺する事で済みです。


現金で渡すと言う事からですが,もしそうだとしたら渡す側も現金封筒切手代等々が掛かります。この事から,現金を受取りに行くと判断しての回答です。
給与は消費税は関係ない。それから,買い置きの領収書がない場合は,わざわざ領収書を買わなくても,便箋に,受取る所で現金を受取ったら住所氏名を記入して押捺して済みです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q4文字の掛軸の意味。 掛軸に書かれている意味が解らずにいます。茶掛け

4文字の掛軸の意味。 掛軸に書かれている意味が解らずにいます。茶掛け軸でない御軸と思います。

文字は以下のとうり。 堅正不即 です。禅語から出典と思います。

くずし字で4文字目が即でなく却なら真宗の経典にありますが禅宗の僧侶の方の書ですので即と読みます。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「堅正不却」でないとするならば、「堅正不動」と読めないでしょうか。

大正新脩大蔵経のサイトで、「堅正不」で検索をかけましたら、『華厳経』の中に、「堅正不傾動」という句が出てきました。

http://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/SAT/ddb-sat2.php?mode=detail&useid=0278_,09,0669&key=%E5%A0%85%E6%AD%A3%E4%B8%8D

「堅正にして傾動せず」
つまり「しっかりとしていて傾いたり動いたりすることがない」というような意味合いです。
この句を、お軸にするために一文字減らして書いたのかもしれません。こういう多少の文字の増減はよくあることだと思います。

禅宗の考え方と『華厳経』の思想は繋がる部分が多いので、『華厳経』の句ならば、全く違和感はないと思います。

ただ、禅宗の方は「これはどこどこ宗の経典だから」というようなことを言う方は少ないと思います。
そんな偏狭なことを言う坊さんは禅宗の坊主ではないでしょう。禅宗の坊さんなら、自身の心に響くよい言葉であれば、真宗の経典であろうと、キリスト教の聖書であろうと、どこからでも字を引っ張ってくるはずです。
実際、禅宗の高僧と言われる方で「南無阿弥陀仏」の軸を残していらっしゃる方は、少なからずいらっしゃいます。
ですから、「禅僧だから真宗のお経の文言を書いているのはおかしい、“却”ではなく“即”ではないか」という考えはいったん頭から外して、文字そのものを見てどのように読むか判断なさった方がいいと思います。

もしそのお軸の字が読めないのであれば、写真を貼付して皆さんに見ていただけば、きちんと読んでくださる方がいらっしゃると思います。

「堅正不却」でないとするならば、「堅正不動」と読めないでしょうか。

大正新脩大蔵経のサイトで、「堅正不」で検索をかけましたら、『華厳経』の中に、「堅正不傾動」という句が出てきました。

http://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/SAT/ddb-sat2.php?mode=detail&useid=0278_,09,0669&key=%E5%A0%85%E6%AD%A3%E4%B8%8D

「堅正にして傾動せず」
つまり「しっかりとしていて傾いたり動いたりすることがない」というような意味合いです。
この句を、お軸にするために一文字減らして書いたのかもしれません。こういう多...続きを読む

Q手取り45万にするための総支給額は?

手取り45万にするには、総支給がいくらになればいいのでしょうか?( 健康保険・厚生年金・所得税をいくらに設定するのかも教えてください。)

Aベストアンサー

ご質問者様の知識レベル(適切な用語が思い出せなかったので・・)不明なので、入門レベルから書いていきます。

1 給料は次のような感じで計算されます。(細かい事は無視してください)
 基 本 給 500,000
 時 間 外  10,000
 諸 手 当  50,000
 通勤費用  300,000 ←6箇月分を現物[定期券]支給したと仮定
--------------
 支給額合計 860,000 ・・・(1)

 健康保険料  26,544←標準報酬月額×保険料率
 介護保険料       0←同上。但し、40歳未満には適用されないので、ゼロにした
 厚生年金保険料44,962←同上
 雇用保険料   5,160←支給額合計×料率6/1000
--------------
 社会保険料等 76,666
 非課税分  300,000←通勤費用30万円は非課税所得に該当と仮定
--------------
 控除額合計 376,666 ・・・(2)

課税対象額  483,334 (1)-(2)

 所 得 税  26,400
 住 民 税       0 ←不明なのでゼロとした
 その他控除       0
--------------
 税金等控除合計26,400

差引 支払額 456,934[手取り額]

※健康保険及び介護保険は「協会けんぽ(東京)」に加入としています。
 基本的に、健康保険・介護保険・厚生年金保険の計算に用いられる「標準報酬月額」は共通であり、この例示の場合には、
 50万円+1万円+30万円÷6=「報酬月額」56万円
  ⇒ 表により、「標準報酬月額」56万円
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/resources/content/61982/ryougakuhyou-ippan.pdf
※所得税は、扶養親族等の数と課税対象額を↓の表に当て嵌めて算出する。今回は扶養親族等の数はゼロ名とした。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2010/data/02.pdf

偶然にもご質問の要求に近い数値が出てしまいましたが、飽くまでも仮定によるものなので、気にせずに次のステップ。

2 と言う事は、逆算していけば良い。だけど、必要な情報が開示されていないから、計算できません。
  ですので、1での仮定を踏襲したらどうなるのかを書きます。
 手取り額    450,000
 所得税      24,960[解説1]
 ---------------
 課税対象額   474,960
 通勤費用          0[解説2]
 ---------------
 社会保険料控除後474,960

 健康保険料    26,544[解説3]
 厚生年金保険料  44,962
 ---------------
 2つの保険料合計 71,506

 仮 合 計   546,466

 仮の支給額合計 549,765[解説4]  

 
解説
1 「手取り+所得税」が課税対象額のどのランクになるのかを表から判断
2 本当は、通勤費用を支給した月で考えるのが良いが、面倒なので。
3 標準報酬月額を推測する。
  今回の保険料率は次の通りなので、保険料率合計は133.58/1000
   ・健康保険47.40/1000 
   ・厚生年金80.29/1000
   ・雇用保険 6.00/1000
  課税対象額は「支給額合計×(1-133.58/1000)」⇒「支給額合計×866.42/1000)」。だから、推定される支給額合計は課税対処額×0.86642≒548,000
  548千円は標準報酬月額560千円に該当
4 雇用保険料は健康保険や厚生年金保険の計算をした後に次の算式で算出するのだが、結果として仮の支給額合計を算出したほうが早い。
  仮合計=支給額合計-雇用保険料
   ↓ ※雇用保険料=支給額合計×6/1000 なので
  仮合計=支給額合計-支給額合計×6/1000
   ↓
  仮合計=支給額合計×0.994
   ↓ ※両辺を0.994で割る
  仮合計÷0.994=支給額合計


3 出てきた仮支給額を使って、1に書いた計算を行い、検算及び微調整を行なう。


似たご質問に何度も同様の計算方法を書きましたが、ここまで書いて理解できないのであれば、自力で給料計算ができる人事関係者か社会保険労務士に相談しましょう。
それにしたところで、最低でも次のようなデータが不明では無理ですね。
・年齢
・1ヶ月当りの通勤費用と通勤手段
・(所得税法上)扶養親族数
・個人住民税の月額
・加入する健康保険の保険料率(40歳以上であれば介護保険料率も必要)
・厚生年金は一般的な料率で良いのか?ダメな場合には適用料率。
あと、手取り45万円と書いていますが、定額報酬制の方か、年間の平均額と言う意味で書いたので無いのであれば、私の書いた計算方法では無理ですよ。

ご質問者様の知識レベル(適切な用語が思い出せなかったので・・)不明なので、入門レベルから書いていきます。

1 給料は次のような感じで計算されます。(細かい事は無視してください)
 基 本 給 500,000
 時 間 外  10,000
 諸 手 当  50,000
 通勤費用  300,000 ←6箇月分を現物[定期券]支給したと仮定
--------------
 支給額合計 860,000 ・・・(1)

 健康保険料  26,544←標準報酬月額×保険料率
 介護保険料    ...続きを読む

Q掛軸に書かれた文字の出典を教えてください

掛軸に「忘機無物我」と書かれているのですが、意味と出典がわかりません。誰か教えてください。

Aベストアンサー

下記URLに同じ語句の作品がありました。

〈「機を忘れ物我無し」と読みます。「地位や利欲の心を捨ててしまえば、自他の区別を忘れられる。」 という意味です。〉

と書かれていますが、出典は明記されていませんでした。
このサイトの主催者にお尋ねになってみてはいかがでしょうか。

参考URL:http://www4.ocn.ne.jp/~koma/gallery2.html

Q講演料の手取り額と領収書

以前に類似の質問をして、お答えをいただいたのですが、
新たな疑問がでてきまして再びご相談させていただきます。

手取りで\18300を講演料として払うのですが、

その際の領収書に記載する額はいくらか?
ということです。

以前お答えいただいた方法から計算すると

(A)
1.本体\17429
2・消費税\871
3.源泉所得税\1742
1+2が手取りでそれに3を加えた
\20042が領収書の金額

となると思うのですが、
(B)
1.本体\19263
2.消費税\263
3.源泉所得税\1926
となり
1+2=\20226が領収書の額で
そこから3の源泉所得税\1926を引いて
\18300を手取りとして払うわけなので
領収書の記載額は\20226となると言われました。

数字のトリックみたいで困っているのですが、
はたしてどちらが正しいのでしょうか?

お手数ですが、どなたかお教えいただけますでしょうか。

Aベストアンサー

>(A)
>1.本体\17429
>2・消費税\871
>3.源泉所得税\1742

3.は引き算です。
実支払額が、
17,429 + 871 - 1,742 = 16,548
にしかなりません。
よってあなたの誤りです。

>(B)

19,263 + 963 - 1,926 = 18,300・・・実支払額
19,263 + 963 = 20,226・・・帳簿上の支払額

Q何と読むか教えてください。掛軸の箱の裏書です。

何と読むか教えてください。掛軸の箱の裏書です。

Aベストアンサー

「臘月」だろう。旧暦の十二月のことである。

Qボーナスの支給額まで確定していたにも関わらず、支給日の2週間前に収支報告書の数字を見て「ボーナス支給

ボーナスの支給額まで確定していたにも関わらず、支給日の2週間前に収支報告書の数字を見て「ボーナス支給なし」と告げられました。
・就業規則上は「昨年度に対する業績賞与」となっている
・支給額は担当部署との会議で確定した
・今年度の収支報告書を確認した時に、ボーナス支給ゼロが確定し、翌日正式に告知があった

これは法律上は問題ないのでしょうか?

Aベストアンサー

ボーナスの具体的な支給がいつ確定したのか、言い換えれば、「ボーナス支給ゼロ」となる前にボーナスを確定させる権限を持つ人が個々の支給額を決裁したのかどうかによります。

決裁したのでしたら、会社はボーナスの支給義務を負います。これを覆すには、労働者個々との交渉等が必要であり、一方的な告知では駄目です。法律上の問題あり、です。

決裁前でしたら、ご質問のケースに法律上の問題は見られないと思います。


「支給額は担当部署との会議で確定した」とのことですが、一般的には社長など経営者の決裁を経るところと思います。それなしに担当部署との会議のみで確定させるのが御社のやり方でしたら、その会議で具体的な支給が確定した、といえます。そうでなく、経営者の決裁が必要なのでしたら、その決裁がいつおこなわれたのかで、法律上の問題の有無が決まってくると思います。

Q掛軸 この書は何と読むのですか?

掛軸の書なのですが、何と読むのでしょうか?
http://up2.ko.gs/src/koups93.jpg

○色○江山
松○
私がわかる範囲ではこのように見えますが。。。

Aベストアンサー

> 松○
こちらは、「松然」なのですが、
> ○色○江山
は、「寿色満江山」でしょうか…。
一番最初の字は「喜」か「春」の可能性もあります。
要するに、「お祝い」や「喜び」や「春」の雰囲気が、国中に満ちている…という意味だと思います。
「江山」には、『山河』という意味がありますが、そこから、「天下」、「国」、「国土」、「国家」、「国家の政権」といった意味で使われますので。

松然は「号」だと思うのですが、インターネットで調べた範囲では見つけることができませんでした。
「○色○江山」という五言詩の作者が「松然」なのではないかと思います。
落款に「林○姫」とありますので、書を書かれたのはこの落款の方だと思いますが、「松然」がこの方の「号」かどうかは分かりません。

Q給与計算のミスで現金支給

計算ミスは皆勤手当が減額されていたことです。
説明させていただきますと、私は正社員で勤務しておりまして、
給与は25日に銀行振込みされ、明細を手渡しされます。
今月分の明細を見ると、皆勤したはずなのに、手当が少なかったのです。
経理に確認したところ、単純なタイムカードの記録ミスということが判明しました。
私が得るべき正確な皆勤手当額は7千円ですが、遅刻扱いになっていたので、減額され4千円のみが振り込まれていたわけです。
そこで、不足分の3千円をどのように支給するかという話になったときに、経理担当者から直接手渡しされたんです。修正された明細はもらっていません。
これは、正しい処理なのでしょうか?
3千円といえども、明細に記載されていないということは、私が実際に受け取った給与と会社が支払ったはずの額が違うということですよね?となると、給与から控除される額も正確ではないということですよね?
担当者のポケットマネーということではないと思うので、何らかの帳簿はつけたかもしれませんが、腑に落ちません。
小さい会社で、何かしらなあなあで済まされることが多々ありますが、給与に関してだけは、はっきりさせておきたいのです。
私自身の知識がないので、拙い文章になってしまいましたが、どうぞよろしくお願い致します。

計算ミスは皆勤手当が減額されていたことです。
説明させていただきますと、私は正社員で勤務しておりまして、
給与は25日に銀行振込みされ、明細を手渡しされます。
今月分の明細を見ると、皆勤したはずなのに、手当が少なかったのです。
経理に確認したところ、単純なタイムカードの記録ミスということが判明しました。
私が得るべき正確な皆勤手当額は7千円ですが、遅刻扱いになっていたので、減額され4千円のみが振り込まれていたわけです。
そこで、不足分の3千円をどのように支給するかという話に...続きを読む

Aベストアンサー

小さな会社だから、すぐに現金支給となったのだと思います。
経理上は、
*仮払金扱いとし、来月分の給与明細で不足分の支給・源泉徴収そして仮払金の相殺。
*会社の帳簿は修正されている。しかし源泉は来月にて徴収。
のどちらかだと思います。
実は私も以前、扶養手当(出産に伴い)の支給を忘れた事がありました。その時は、本人と相談して現金先渡し、源泉徴収は翌月にという2番目の方法をとりました。
明細は要らないと本人が言ったので訂正の明細は発行してません。
難しく考えずに経理の方に尋ねられたら。
但し、経理の方はミスをした事で申し訳なく思っておられると思うのでかる~く尋ねて上げてください。

Q香取大明神と書いてある掛軸

タイトルにあります「香取大明神」と書いてある掛軸を入手したいと思っているのですが、販売しているところがわかりません。武術の道場に掲げられている物です。

なかなか情報が得られないので、ご存知の方いらっしゃいましたら宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

「天照皇大神」であれば、こんなところで扱ってますね
http://shop.yumetenpo.jp/goods/goodsList.jsp?st=kakejikudo.com&category=3:15&action=category
http://www.rakuten.co.jp/kakejikuya/248360/248387/

多分手配可能と思うので、こういった掛け軸店に問い合わせてみてはいかがでしょう。名のある人の書でない場合、ほとんど、表装+αの費用で入手可能だと思います。また、武道具店などでも相談は可能だと思いますが

あるいは、香取大明神は香取神宮祭神経津主神(ふつぬしのかみ)のことですから、香取神宮の門前などで取り扱っていそうです。
http://www.katori-jingu.or.jp/

Q現金で給与支給したときの受領印について・・・

当社では、給与・賞与ともに現金支給で行っています。
つい最近気がついたのですが、給与支給明細書に受領印の欄があり、委託している労務士さんに聞いたら現金支給の場合は受領印が必要とのこと。

ただ、もう退職している社員も何名かいるため、その人達の受領印をもらうことができません。」

こうゆう場合、受領印なしだと問題ありなんでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃったら教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

領収書や受領書など様式は何でも良いのですが、何か『支払った証』を残していませんか?

何も『支払った証』をもらわず現金を渡すのは、なかなか豪儀な会社ですね。
問題があるか?無いか?と言うより、税務調査や社会保険事務所、労働基準監督署の調査などがあった場合に、支払いを裏付ける原始記録が無いので証明が必要な場合に困るだけです。

また、悪質な社員が「給料をもらっていない」と言い出した場合の証拠が・・・・と言うことです。
給料に限らず、現金での支払い、受取りは、必ず領収書や受領書を交わさないとトラブルの原因ですし、貴方にあらぬ疑いをかけられる心配もあるんですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報