DC24Vを使用する設備において、漏電の有無を簡単に検査する方法について。
DC24Vのホット側及びコールド側と、FG若しくはアースにテスターの棒を接続して電圧を測定し、
ホットーアース間で24V、コールドーアース間で0であれば正常
ホットーアース間で例えば19ボルト、コールドーアース間で例えば5V
このように評価し、後者の場合は漏電していると考えていいでしょうか?

なお、測定器はテスターくらいしかありません。
当然検電器なんて持っていません。
それ以外にも確認する方法等ございましたらアドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

電源の電流供給能力が大きければ、わずかの漏電では電圧に変化はないでしょう、完全なショートは別として漏電も負荷と同じですから。


すべての負荷をオフにして、プラスターミナルとそこに接続のケーブルをはずして、その間の電流を測定、検出あればその分が漏電。
注 但し、電源オフでも微弱な電流を消費する機器があるときはその消費電流は当然検出されます。
    • good
    • 1

テスターで質問の様な測定をすると状況に応じて様々な電位を示します。


テスターによっても異なります。
この様な現象を知っている事は重要です。
異常では無い事を知っていないと判断を誤ります。
    • good
    • 0

まず質問者さんの測定方法の考え方は間違っています。

その上で交流回路の場合は零相で計りますが

DC回路の漏電は交流ではないので零相でも分かりませんね。直流にはCTが使えませんからね。漏電があるかどうかを計るにはメガーで計るだけでも分かりますでしょうがどのくらいの漏電かは分かりにくいですね。

しかもテスターだけで測定しようというのは難しいでしょう。そもそも漏電というのは回路に流れる電流が大地などに洩れることを云うのですから漏電すると電源からの電流がDCで云えば+側と-側の電流差があれば差の電流が回路から電流が洩れてる事になる訳です。

設備がどのくらいの電流が流れる装置かは不明ですが+側と-側に電流計を入れて測定値に差があればその差が漏電電流という事になりますよね。

でも実際にはDCの回路に電流計が入れられたとしてその電流がアナログメーターで正確に測定出来るかは疑問です。
どうしても計りたいならば直流電流を計る時に入れる分流計で+と-側に交互に入れてアナログメーターが付く部分の電圧をデジタルテスターで計ってみたらいかがでしょう。分流器に付いてる計器は50mvくらいのアナログメーターが付いてるはずですからそこにデジタルテスターを入れて電圧を計ってみて電圧差があれば漏電してる事になりますね。

漏電の量が極微量だと差を見つけるのが大変でしょうけどね。私はやった事がありませんけどテスターで計るという事はこんな方法しか無いなぁ程度です。
    • good
    • 2

コールドはアースと接続されているのですか ?


漏電とはホット側の絶縁不良の意味ですか ?

いずれにしろ質問の方法では無理です

簡易測定でよいのならば
ホット側の絶縁を測るには、他の電源(使用電圧以上の)を用意してその電源をホット側とアースにつなぎ電流を測定するとか
単純にホット・アース間の抵抗を測定するとか
なお、測定対象の概要が判っていないと見当はずれな測定を行う虞があります
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qモーターが焼損しているかどうか調べる方法

三相200vのモーターが焼損しているかどうかを調べるにはどうすれば最も良いでしょうか??メガテスターをつかって調べると良いようなのですがよくわかりません。匂いである程度わかりますが、もっと確信が持てる方法を知りたいと思います。どなたか詳しい方がいらっしゃったら教えてください。

Aベストアンサー

モータの主な故障原因とその確認法について私見ですが書いて見ます。
(1)ベアリング故障:小型モータであれば、軸を手で回転させて、滑らかに回るかどうかを確かめる。
(2)断線:テスターの抵抗レンジで、巻線間の抵抗値を測定する。アンバランスがあると断線の可能性あり。
(3)絶縁破壊:メガー(500V)で巻線と外枠の間の絶縁抵抗を測定する。JISC4004の基準では0.2MΩ以下が不良とされるが、これは水中ポンプなど使用環境の良くない場合であり、通常の環境なら1MΩを下回るようであれば要注意。
(4)総合:通電して無負荷で運転中の電流、振動、騒音、臭気などの異変を確かめる。

Q直流回路の接地について

直流回路24Vのプラスとマイナスの端子を3極のメスコネクタに接続
します。2極はプラス・マイナスとして、もう1極は、シャーシに接続
しました。負荷側のノイズ遮断のシールド端子ならわかりますが、漏電
防止とのことでした。
 間違っていると言っても、聞き入れてくれません。逆に私の方が間違
っているのでしょうか?直流に漏電なんて、零相電流が流れるわけでも
ないのにありえません。

Aベストアンサー

直流3極の意味は二つ考えられます。利用場所次第ですが。

その1)直流電源回路も最近は高周波(スイッチング)回路です。したがって、直流電源回路は直流入力でも、現在では3線が常識です。プラス、マイナス、アース(接地電位基準で電流を流してはいけない線)で、AC入力線と同じ考えで入力配線をすること。。
このアースは、あなたの言う「負荷側のノイズ遮断のシールド端子」にも使われ、直流出力3線の接地電位線(直流の0V電位線とは別)として利用されますます。
その2)直流電源回路のAC入力では、交流2線+接地電位基準線の3線を引き込みます。交流2線の片線が接地線といえども、接地電位基準線は別にします。この用途は、その1)と同じです。

直流に漏電はありません。有るとすれば、電源やアース線の工事ミスで起こりうる、いわゆる迷走電流(範囲はその局舎内)です。直流電源の出力利用範囲は、局舎内や装置内の閉域に限られるのが常識で、局舎をまたがったり、対地を対象にした漏電はありません。「直流電源が漏電する危険性がある装置」は、メーカの良識として製造や出荷がされるわけがありません。
しかし、AC入力の計測器等では、ACノイズフィルタの中点を筐体に落としている場合があるので、感電をすることがあります。こういう機器はアースはしっかりととることが必要です。
注)直流電源出力に関しては「漏電」は有りませんが、AC入力装置であれば「漏電」は起こりえます。誤解なきように。

ACは、単相2線領域では片線アース(大地接地)で、これが広範囲(地域的)で行われる結果、このアースが広範囲で共通帰線となり、大地漏電が発生します。しかし、この漏電による人体感電防止のための「片線大地接地」です。(対策)原因と結果(予防)がループしている現象ですね。

直流3極の意味は二つ考えられます。利用場所次第ですが。

その1)直流電源回路も最近は高周波(スイッチング)回路です。したがって、直流電源回路は直流入力でも、現在では3線が常識です。プラス、マイナス、アース(接地電位基準で電流を流してはいけない線)で、AC入力線と同じ考えで入力配線をすること。。
このアースは、あなたの言う「負荷側のノイズ遮断のシールド端子」にも使われ、直流出力3線の接地電位線(直流の0V電位線とは別)として利用されますます。
その2)直流電源回路のAC入力では、交流2線+接地...続きを読む

Q漏電の測り方

漏電があるかないかというのは、メガーという計測器を使うと思うのですがどのように使うのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>メガーというのは抵抗値だけを計測するものなのでしょうか?

絶縁抵抗の測定単位はM・Ω(メガ・オーム)なので、絶縁抵抗計の事をメガーと呼びます。
よってメガーとは絶縁抵抗を計測する機器を指しますが、機種によっては交流電圧や低抵抗の計測機能が付属しているものもあります。


>あとテスターでは漏れ電流をはかることはできないのでしょうか?

クランプテスター、アーステスター、バッテリーテスター等色々なテスターがありますが、御質問は一般にテスターと言われた場合の
回路テスター(マルチメータ)を指すものと思います。回路テスターで電流を測定する場合はテスターを電流が流れている回路に
直列に接続する必要がありますので計測は難しいです。

Q漏電遮断器の原理を教えて下さい

現在専門学校で電気を勉強しているものです。

漏電遮断器の原理がいまいちよく分かりません。

特に接地(アース)していないと漏電遮断器が働かないという根拠が分かりません

電気に詳しい方、教えていただけませんか?

Aベストアンサー

一般の家庭用の100vや200vの電気は電力会社から高圧(一般家庭近くでは6,600v)で送られてきて、電信柱の上のトランスで、100vや200vに落とされて家庭に配られますが、この柱上トランスの100vの片線と200vの中性線が故障のときの安全のために地中にアース線としてつながっています。電流は電子の移動なので、必ず出て行った分と同じだけ戻ってきます。もしこれが違っていたときは電流がどこかに漏れていることになるので、この差を検出して電流を遮断するのが漏電遮断器です。まず漏電の状態を考えてみますと、電気が流れている電気製品で、電線の被服が破損して電気製品のボディーに接触したとします。この時破損した側の電線がアース側なら電位が同じなので何も起きません。また反対側でも電気製品のボディーが完全にゴムか何かの絶縁体の上に乗っていれば漏れ電流が流れないので漏電遮断機は働きません、あくまで遮断器のところを通る電流の差が規定値(50mA程度)を超えた場合のみ働きますから。ここでこの電気製品のボディーを地面に接触(アース)させると電流がボディーからトランスのアース側へと流れて漏電遮断機に流れるプラスマイナスの電流値に差が出て漏電遮断機が働くことになります。つまりこの意味で、アースしていないと漏電遮断機が働かないのであって、漏電遮断機そのものをアースする必要は全くなくまたそんな端子もありません。

一般の家庭用の100vや200vの電気は電力会社から高圧(一般家庭近くでは6,600v)で送られてきて、電信柱の上のトランスで、100vや200vに落とされて家庭に配られますが、この柱上トランスの100vの片線と200vの中性線が故障のときの安全のために地中にアース線としてつながっています。電流は電子の移動なので、必ず出て行った分と同じだけ戻ってきます。もしこれが違っていたときは電流がどこかに漏れていることになるので、この差を検出して電流を遮断するのが漏電遮断器です。まず漏電の状態を考えてみますと...続きを読む

Q漏電箇所を発見する方法を教えて下さい・・・

築1年半の一戸建て住宅です。3日ほど雨が続いた夜、突然漏電ブレーカーがトリップしました。
原因を調べる為に、漏電ブレーカー以下のサーキットプロテクタを一個ずつONにさせていくと、門灯が原因であることまでは判明委しました。
早速ハウスメーカーに連絡したところ、新築時に配線をして下さった電気屋さんが数日後に調査に来て下さいました。
どれだけの調査をして頂いたのかは、不明ですが・・・
調査結果は『再現出来ないため、不明です。』とのこと。
挙げ句の果てには、『雨の降りそうな夜は、門灯を付けないほうがいいですね』と言われてしまいました!!
納得がいかないので、再調査を依頼したのですが、同じ事の繰り返しになりそうで心配です。
漏電の原因は『雨』で間違いないと思うのですが、乾燥した状態では漏電箇所を特定することは不可能なのでしょうか?

ちなみに、ブレーカーの構成は
(1)単三60Aノーヒューズ → (2)単三60A漏電(30mA) → (3)サーキットプロテクタ(約20個)
※(2)のみトリップしました

以前は一晩中門灯は点灯させていたのですが、今は漏電が心配で就寝前に消灯させています。
アドバイスおねがいします。

築1年半の一戸建て住宅です。3日ほど雨が続いた夜、突然漏電ブレーカーがトリップしました。
原因を調べる為に、漏電ブレーカー以下のサーキットプロテクタを一個ずつONにさせていくと、門灯が原因であることまでは判明委しました。
早速ハウスメーカーに連絡したところ、新築時に配線をして下さった電気屋さんが数日後に調査に来て下さいました。
どれだけの調査をして頂いたのかは、不明ですが・・・
調査結果は『再現出来ないため、不明です。』とのこと。
挙げ句の果てには、『雨の降りそうな夜は、...続きを読む

Aベストアンサー

>調査結果は『再現出来ないため、不明です。』とのこと…

電気工事業者です。
無理ありません。

>挙げ句の果てには、『雨の降りそうな夜は、門灯を付けないほうがいいですね…

私なら、
「日中に点灯状態にしておいて、漏電ブレーカが落ちたらそのまま復旧しないですぐ電話ください。」
と言いますね。

>今は漏電が心配で就寝前に消灯させています…

あなたも資格をお持ちならおわかりになると思いますが、一般に照明器具は片切スイッチしか入っていません。
片側は常時つながっています。
本当に門灯回路の漏電なら、片切スイッチを切ったところで漏電ブレーカはトリップします。

>実は私も、保安協会にお願いした方がいいのかなって…

どこの地区かにもよるでしょうが、保安協会は電力会社の下請けで定期調査に歩くだけで、屋内配線の詳細を調べるノウハウなど持っていません。
分電盤でメガ測定をして悪ければ、
「電気屋さんに見てもらってください」
というだけです。
電気工事の実務面において、電気工事業者に勝る者はいないのです。

また、法制度上、電力会社に電気工事業者を監督する義務も権利もありませんので、電力会社に訴えたところで何の意味もありません。

>『サーキットプロテクタ』って言わないんでしょうか…

あまり言いませんね。
「安全ブレーカ」、「分岐ブレーカ」、「子ブレーカ」など。

>VA線のつなぎ目は、地面から1m位の照明器具内と、家の壁面に取付られたジャンクションボックスだけ…

家屋側のジョイントボックスが見えるところにあるのなら、そこで門灯配線を正負ともいったん切り離します。
次に、分電盤の予備回路にこれをつなぎます。
このとき、子ブレーカは小型の漏電ブレーカに取替、しかも感度電流 15mA のものにして様子を見ます。
ジョイントボックス以降の配線または器具に漏電箇所があるなら 15mA が先に落ち、全館停電は避けられます。

ジョイントボックス以降に原因があると判明すればあとは簡単、そこから器具に至る配線を交換するか、器具自体の交換かのどちらかです。

>土中配管部分も疑う必要ありなんですね…

電気工事のあとで外構工事でもあったのですか。
パワーシャベルで掘り返したりすることがあったのですか。
あるいは埋設深さが浅い上、自動車が常時通過するようなところなのですか。
特にそのようなことがなければ、埋設部分での異常は考えにくいです。

いずれにしても、家屋側、門灯側ともにジョイント位置が見えるとのことですから、電線を引き抜いてみれば分かることです。
電線に傷がついた上、管内に浸水しているのなら、雨が止んだからといって直ちに跡形もなく乾いてしまうわけではありません。

>3日ほど雨が続いた夜、突然漏電ブレーカーがトリップしました…

その時 1度だけですか。
もし、雨が降ってもその後再現しないのなら、騒ぎ立てることもないでしょう。
それとも、雨が降る度になるのですか。

>一個ずつONにさせていくと、門灯が原因であることまでは判明委しました…
>サーキットプロテクタは専用になっていないため…

専用回路でないのに、門灯が犯人と決めつけた根拠はどこにあるのでしょうか。
また、その診断は誰がしたのですか。
案外、門灯回路でなく、別のところに原因があるかもしれませんよ。

>調査結果は『再現出来ないため、不明です。』とのこと…

電気工事業者です。
無理ありません。

>挙げ句の果てには、『雨の降りそうな夜は、門灯を付けないほうがいいですね…

私なら、
「日中に点灯状態にしておいて、漏電ブレーカが落ちたらそのまま復旧しないですぐ電話ください。」
と言いますね。

>今は漏電が心配で就寝前に消灯させています…

あなたも資格をお持ちならおわかりになると思いますが、一般に照明器具は片切スイッチしか入っていません。
片側は常時つながっています。
本...続きを読む

Q絶縁抵抗計を使って電動機の絶縁抵抗を測定したいのですが、黒い線(クリッ

絶縁抵抗計を使って電動機の絶縁抵抗を測定したいのですが、黒い線(クリップ)と赤い線(針)はどこらへんに使えば(接触?)いいのでしょうか?
使い方がまったくわからないので、わかりやすく教えていただけないでしょうか。電動機は交流200Vで使用してます。

Aベストアンサー

電動機および配線を含めた全回路の絶縁が正常か否かを確認するのが目的であれば、元のブレーカを切るだけでいいのですが、電動機単体の絶縁抵抗を測るのであれば、電動機の端子箱で配線をはずして電動機のみとします。
黒線のクリップは電動機のアース端子あるいはボルトなどに挟みます。(塗装や錆のない箇所を選ぶ)
赤線はモータ巻線の端子あるいはリード線に接触させて、絶縁抵抗計のスイッチを押せば測定出来ます。

Q自分で漏電を調べたいのですが調べかたを教えて下さい。

自分で漏電を調べたいのですが調べかたを教えて下さい。

Aベストアンサー

>車の新品バッテリーが2週間で上がってしまいました。

その状況であれば、漏電よりも疑うべきところが有るように思われます。

1、オルタネーター(発電機)は正常ですか?
  発電できていない(=充電できていない)せいでバッテリーが上がるのでは?


2、後からつけたカーナビや何らかの増設機器で、駐車中に電力を消費しているものは有りませんか?

2の確認は厄介ですが、1なら判定は容易いかと思われます。
夜間に家の近所をライトをつけて、空調のファンをまわしっぱなしっで、1~2時間走ってみてください、
ライトがだんだんと暗くなってくるなら、発電機の不良だと考えて良いと思います。
バッテリーエンストを起こすといけないので、家からあまり離れ無いようにしてくださいね。

このテストで問題が無ければ、2を疑ってみてください。

Q漏電測定方法教えて。

クランプメーターやテスターなどで漏電している場所の確認をしたいのですが、計測方法を教えてください。

Aベストアンサー

元のブレーカーを切って、その下(負荷側)にもブレーカーが有れば全部切っておきます。負荷側のブレーカーの更に負荷側の線で測ります。そことアースの間に、テスターを繋ぎ抵抗値を測定します。漏電ブレーカーが落ちるくらいで有れば、抵抗値は相当低いはずです(100Kオーム以下)。クランプメーターでは測定できないでしょう。
通常はメガーなどで測定し、10Mオーム以上とか、絶縁耐圧が500Vとかにするわけですが、原因追及だけならば、上記の方法でもいいでしょう。

Q三相電力のUVWとRSTの違いについて

三相電力にはU相V相W相がありますよね?これはR相S相T相とどこが
違うのですか?
また、各相は発電したときから決まっているのですか?
素人の考えですが相というのは単に波形の順番に過ぎないと思いますのでどのケーブルが何相であってもかまわないような気がするのですが。
どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もともとは、RST、UVWに意味は無かったはずです。

有効電力がPowerから、P となった後
単にアルファベット順から、Qが無効電力、 Rは抵抗なので飛ばして
Sが皮相電力を表すようになったと記憶してます。
・・・P、Q、(R)、S、T、U、V、W、X、Y、Z

相の呼称に関しても、アルファベットの終わりより3つ1組として
 XYZ、UVW、RST が利用されるようになったと記憶してます。
XYZは何かと登場するため、利用は避けられているようですが
既にご回答されているUVWやRSTに対する意味づけは、後付けルールみたいなものだと思います。
1次側は大文字、2次側は小文字と区別しているケースも見かけます。

Q電気製品の絶縁抵抗計(メガー) 使い方を教えて下さい。

電気製品の絶縁抵抗計の使い方を教えて下さい。

施工説明書に
漏電検査 500V→100MΩ
     250V→50MΩ 
以上まで確認して下さい。
と記載されています

ここで分からない事はどうやって測定するのか?という事です
様々なサイトを読みましたが

1.電気製品に電気が流れていないか確認
(SWを切る・ブレーカーをOFF・コンセントから外す)

2.黒のクリップをアースへつなぐ
※ここで疑問です
今回の電気製品はアースの必要が無いため近くにアースがありません
何に黒のクリップをつなぐのでしょうか?
分電盤のメインSWをOFFにしコンセントなどにつなぐのでしょうか?

3.レンジを250vか500vに合わせスイッチON!

という流れだと思うのですが
黒のクリップをどこにつなぐのかが分かりません教えて下さい。

Aベストアンサー

「黒のクリップをどこにつなぐのかが分かりません教えて下さい。」
近くにア-スが無い、とのこと。
その回路を分電盤で一括して計ってもよいと思います。
○その回路のブレ-カを切る。
 コンセントに電気製品はつないだままにしておく。
 計る電気製品のスイッチを入れる。(電気が入った状態にする。実際 はブレ-カは切りなので電気は流れませんが)
 普通の片切スイッチだとよいのですが両切ちかマグネットがかんでい る場合は注意が必要です。スイッチが切れているとその先は縁が切れ ているので計れないからです。
 単純に普通のスイッチと仮定して。
○ブレ-カの2次側(切れた側)のそれぞれと生きたニュートラル線(真ん中の白線)とで計る。(生きた白線をア-スにすると言うことで す)
○メガ-の電圧は100 Vとか実際に近いほうがよいです。
○それでO,Kなら大丈夫でしょう。
○それと違い商品単体で計りたいなら、ア-ス線の変わりに生き    たニュ-トラル線を使う。延長コ-ドなどで別回路から近くま    で引っ張ってくる。コンセントのニュ-トラル側をア-スとして使  う。同じ事ですが。

それで悪ければ電気製品単体で計っていくわけです。
だんだんどこが悪いのか絞る(特定していくのです)

以上、ご参考まで。

「黒のクリップをどこにつなぐのかが分かりません教えて下さい。」
近くにア-スが無い、とのこと。
その回路を分電盤で一括して計ってもよいと思います。
○その回路のブレ-カを切る。
 コンセントに電気製品はつないだままにしておく。
 計る電気製品のスイッチを入れる。(電気が入った状態にする。実際 はブレ-カは切りなので電気は流れませんが)
 普通の片切スイッチだとよいのですが両切ちかマグネットがかんでい る場合は注意が必要です。スイッチが切れているとその先は縁が切れ ているので...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報