現在簿記2級の勉強をしているものです。
標準原価計算において製造間接費差異の分析の際に操業度差異があります
ここからが質問です。

機械的に実際操業度から基本操業度を引いて・・・とやるのもいいのですが少ししっくりこないです。
仮に基本操業度が1200時間 実際操業度が1000時間とします。
固定費率が@200円としたとき、通常
200×(1000-1200)としてマイナスになれば借方差異となるとテキストには書いてあり、この際は売上原価に加算すると記述されています。
よくわからないのが、基本操業度は使ってもらいたい費用(僕なりの解釈です)であり、実際は使いきれなかったってことなので、T時間上にしてみれば貸し方に基本操業度(予定配賦)の¥240,000 借方には実際の固定費用¥200,000が入り操業度差異は貸し方になってしまうのですが、ここがまず理解できません。予定配賦の方が多いのだから貸方差異なのでは?と考えてしまう自分が怖いです。仮に借方差異としたら固定費予算を配賦する理由って何ですか?

そして、操業度差異が借方差異であるならば売上原価に加算、貸方差異なら減算するって何でですか?
これは、予算差異や能率差異も売上原価に加減されているのでそのためですか?それなら納得できますが。

あまりにもトンチンカンな質問かもしれませんが、どうか呆れかえらずにご教示の程どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

固定費を単価にして予算とってから計算走らすと、



>固定費予算額はその額が最初に計上されるものではなくて、実際操業度から出てくる金額を計上してかつ、差異で固定費予算額と同じ額にしましょうということですか?

がまさにそのとおりや。

もち、固定費はリクツどおりなら予定も実際も同額やもの、その全額をはじめから計上しておくいうやり方もある。

せやけど、固定費の単価とって計算する場合には、てかそこで勉強するんは、「実際操業度から出てくる金額を計上してかつ、差異で固定費予算額と同じ額にしましょう」いうことなんよ。

その趣旨は、予定と実際の差異を分解して分析するんに必要な金額を把握しましょ、いうことやね。操業度差異出せば、差異のうち操業度が予定と違うてた部分の影響額を把握できるいうことになる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当にありがとうございます。
もうすごくよくわかりました。
感謝もしようがないくらいにありがとうございます。
また、機会がありましたらよろしくお願いします。

お礼日時:2011/04/17 15:00

疑問の出発点をいまいち掴めんかったので、こっちもトンチンカンな答えになってまうかもしれへん、堪忍な。



その予定は、使い切り予算みたいなんとは違うんよ。1,200時間動かす見込みで、見込みどおりなら固定費は1時間あたり200円ねいうこと。

ほいで、ひとまず見込みで全部計算してまうのが予定。世の中見込みどおりにはいかんもの、ほんまはこれいうんが実際。

固定費やもの、操業時間1,200でも1,000でもゼロでも、出てくる固定費はいっしょやろ。操業時間が1,200よか少なければ、見込みの単価で計算すると少ない時間のぶんだけ固定費も少なく計算されてまう。これを元に戻しましょいうんがその計算やね。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
もしかしたら僕は大きな勘違いをしているかもしれないのですが、固定費予算額はその額が最初に計上されるものではなくて、実際操業度から出てくる金額を計上してかつ、差異で固定費予算額と同じ額にしましょうということですか?

私の頭の中では、製造間接費に固定予算額が予定配賦されているので、実際額が少ない時は予算額を減らさないと一致しなくなってしまうということを考えていました。
製造間接費勘定の貸方に予定額がきていて、この金額の中に固定費予算額があるので、差異分析により、実際操業度から出てくる金額が小さいなら差異は貸方に来て製造間接費勘定にある予定額を減らさないとな~みたいな具合に考えていました。これだと、貸借が反対になるので混乱してました。

補足日時:2011/04/17 13:31
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こちらに対する回答を飛ばしておりました。
本当にありがとうございました。
ぜひまたよりしくお願いします。

お礼日時:2011/04/18 09:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q(121回 第4問)製造間接費配賦差異と原価差異は読み方が違うだけで同じ意味ですか?

連投失礼します。
似たような疑問ですが違う問題なので別々に質問させて頂きます。

121回 第4問の解答用紙の
製造原価報告書では、製造間接費配賦差異 50,000
損益計算書では、原価差異 50,000
と記載されています。

呼び方が違うだけで中身が一緒なだけですか?
製造原価報告書では、「製造間接費配賦差異」
損益計算書では、「原価差異」
と名称が決まっているのでしょうか?

もし穴埋めで出たら困るので教えてください。

Aベストアンサー

製造間接費配賦差異は原価差異に含まれる概念ですね

Q簿記2級 工業簿記 標準原価計算による製造間接費差異

日照簿記2級の第135回目の過去問第5問の問題を 解いていて分からない部分がありましたので質問させていただきます。

当月の標準原価配賦額を求めるため標準原価@1560円に当月完成品の値4300を掛けて求めようとしたのですが答えは当月投入量の値4100を掛けていました。参考書やネットで調べた限りだとそういう決まりだとそこまで説明がありません。

そもそも完成品換算にする理由もわかりません。

簿記に詳しい方ご教授お願い致します。

Aベストアンサー

原価差異は、当月投入に対する標準原価と、実際原価(実際発生額)を比較して計算します。原価差異は、当月の作業がどうだったのかを判断するものだからです。

まず、換算量とかを考えなくていい直接材料(始点投入)を前提にみてみます。
仮に、月初仕掛品なし、当月投入100個、完成品80個、月末仕掛品20個というデータで、原価標準と実際発生額が与えられているとします。このときの「実際発生額」は、「当月投入」100個ぶんの金額です。投入した時点で材料を消費したわけですから、そのあと完成までいこうが、仕掛品として残ろうがこの話には関係ないわけです。だから、それと比較する標準直接材料費は当月投入量で計算するんです。

加工費についても同様で、「当月どのくらいの加工作業をしたのか、それで実際発生したのはいくら?標準と比べてどうだったの?」ということがやりたいので、いくら完成したか、という完成品量は関係ないとお考えください。
なぜ完成品換算量にするか、ということですが、端的にいうと、そもそも原価標準とは「完成品1個あたり」の標準原価だからです。何個ぶんの仕事をしたか、というのを把握するためです。

受験勉強、頑張って下さい。

原価差異は、当月投入に対する標準原価と、実際原価(実際発生額)を比較して計算します。原価差異は、当月の作業がどうだったのかを判断するものだからです。

まず、換算量とかを考えなくていい直接材料(始点投入)を前提にみてみます。
仮に、月初仕掛品なし、当月投入100個、完成品80個、月末仕掛品20個というデータで、原価標準と実際発生額が与えられているとします。このときの「実際発生額」は、「当月投入」100個ぶんの金額です。投入した時点で材料を消費したわけですから、そのあと完成までいこうが、...続きを読む

Q前置詞「on to」と「to」の意味の差異

お世話になります。私は高1の教科書で英語を勉強している者です。

本文中に
I hope we will all be cheering for our boys on to victory.
【註】「our boys」…南アフリカのラグビーナショナルチームの選手たち
という文が出てきました。

意味は
勝利に向かって私たち皆が選手たちに声援を送っているであろうことを私は望む。
だと思いますが,「on to victory」の代わりに「to victory」とすると文法的におかしいでしょうか。仮に文法的に許される場合,両者に意味の差異は生じるでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

onto は into と違って on to となることが多いですが、
ここでは on は cheer と結びついていると考えた方がいいです。

「~を元気付ける」という cheer ~の後に on がつくことがよくあります。
これは「向かって」「続けて」という意味合いで添えられるものです。

その向かう方向が to victory ですので、結局 on と to のつながりがないわけでもありませんが。

cheer O on / to ~「~へと向かうように、~を元気付けていく」

Q簿記2級(工業簿記)の製造間接費差異の分析

簿記2級(工業簿記)の製造間接費差異の分析

Q1.公式法変動予算(変動費と固定費に分ける)は、なぜ「公式法変動予算」というのでしょうか?

Q2.予算許容額(実際操業度における予算額)は、なぜ「予算許容額」というのでしょうか?

言葉の意味が気になって仕方がありません。

Aベストアンサー

2級では触れませんが、公式法の他には実査法変動予算があります。
公式法の「公式」とは一次式の公式のことです。
公式法の予算線は直線ですよね?
実査法だと予算線は折れ線になります。
その違いを表すためのネーミングだということです。

予算許容額とは固定費の発生額+変動費の予算です。
固定費は操業度に関係なく発生額は決まっている。いわゆる管理不能費。
差がつくのは変動費の発生分です。
実際発生額のうち予算上「許される分」は発生が決まっている固定費と予定変動比率で計算した変動費だけのはずです。
それをはみ出した分が予算差異となるので実際発生額のうち、予算上許される分として予算許容額と言われているのです。

QI'll be away before the 29th. とその完了形の意味の差異について

I'll be away before the 29th.
I'll have been away before the 29th.

この2文の意味の違いを教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

no2です。

私の妻は英国人なので、彼女に未来完了形の方、すなわち下側の文を聞いてみました。
「それは大変複雑な言い方で、それは間違いではない、とのように説明してよいのか説明できない」
このように言っていました。

たしかに検索すると、1件だけ書籍に記載されていあるものとして出てきます。

https://www.google.co.jp/?gws_rd=ssl#q=%22will+have+been+away+before%22

これが1件しかでないところを考えると、かなり希にしか使われない表現ではないのかとおもわれます。
また、前の質問に質問されていbeforeをuntilに変えた文も、妻によると「間違いではない」と言っていました。

なお未来完了形は、現在は事象が発生しておらず、それが未来のある時点から、ある時点まで継続して起きる自称の意味合いになります。 

英語の時制は日本語て説明するのにかなり無理があることだけはのべておきます。

Q工業簿記 標準原価計算 基準操業度 標準操業度の違い

シュラッター図を書く時に、標準操業度、実際操業度、基準操業度が必要になりますが
基準操業度 標準操業度の意味の違いがわかりません。

「実際操業度」は、実際の・本当にかかった操業度
「標準操業度」は、製品を作る前の概算(予算・予定)の操業度
じゃぁ「基準操業度」とはなんでしょう?

「基準操業度」も標準操業度と同じく予算・予定の操業度でしょうか?

Aベストアンサー

()の中はイメージです

基準操業度は予算の操業度です。(当期は120個作るから1200時間かかるだろうな)

標準操業度は予算をもとに、当期の実際の生産量に対してかかるはずだった操業度で
す(120個作る予定だったけど100個しか作らなかったから1000時間かかったはず)

実際操業度は当期の生産量にたいして、実際にかけた操業度です。(当期は100個し
か作らなかったけど1100時間かかっちゃったな)

Q鳥瞰と俯瞰に実質的な意味の差異はあるのですか?

一部の辞書によれば同じと解釈してよさそうですけど、意味を使い分けている文献や資料があればご示唆ください。

Aベストアンサー

一般的には区別していないようですが、一部のcad関連では区別することもあるようです。

どう使い分けているかはわかりませんが、以下のサイトでは別物として表現しています。
https://myoffice.askul.co.jp/plans/P7OLOWJ3Qy3yGhI/index1.html
http://www.fatima-i.co.jp/application.htm

http://www.dtpmap.com/free2.html

これらを見た私の感想では、区別している場合、ほぼ真上からみた図の時が俯瞰、斜め上方から見た場合が鳥瞰のように思えますが、どうでしょうか?

Q標準原価計算の標準製造間接費

標準原価計算の製品1個あたりの標準製造間接費
=製造間接費の標準配布率×製品1個あたりの標準操業度

※標準配布率=過去の実績に将来の変動を加味して定められた操業度1単位当たりの配布額

と教科書には書かれていますが全く意味がわかりません 泣

「過去の実績に将来の変動を加味して定められた」とはどういうことでしょうか?
「前月の標準原価計算の値とこれからの予算を合計した」ということでしょうか?

ちなみに教科書はとおるテキストです。
おばかな私に教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは
標準製造間接費の求め方(最後の式から逆順に)

(1)実際の生産量 × 製造間接費の原価標準(1単位当り)

(2)製造間接費の原価標準(1単位当り) = 製品1単位当りの標準操業度 × 標準配賦率

(3)標準配賦率 = 製造間接費予算 / 基準操業度  ← ここですね。

基準操業度の算出については割愛しますが、製造間接費の標準配賦率
を決定するための重要な基準となります。
※このあたりは、問題で与えられるはずです。

例えば、

 製造間接費予算         400,000 円
 基準操業度            2,000時間
 製品1単位当りの標準操業度    2時間

標準配賦率は

  400,000円 / 2,000時間

となり、200円/時間となります。

>※標準配布率=過去の実績に将来の変動を加味して定められた
>操業度1単位当たりの配布額

つまり、製造間接費予算の基準操業度における1時間あたりの金額
です。

>過去の実績に将来の変動を加味して定められた・・・
基準操業度の決定のことを言っているのでしょう。
このあたりは、ノウハウの世界ですので説明できません。w

次に製品1単位当りの標準操業度に標準配賦率をかけると、

  2時間 × 200円/時間

となり、400円が製造間接費の原価標準(1単位当り)が求まります。

実際の生産量に、この原価標準をかければ標準製造間接費が求まります。

       標準原価カード
 標準消費量  標準価格    金  額   
  2時間   200円/時間    400円

 製造間接費予算 400,000 円
 基準操業度    2,000時間

問題では、上記のような必要なデータが与えられると思います。
全部与えられるかはわかりませんが・・

なにかあれば補足してください。
では

こんにちは
標準製造間接費の求め方(最後の式から逆順に)

(1)実際の生産量 × 製造間接費の原価標準(1単位当り)

(2)製造間接費の原価標準(1単位当り) = 製品1単位当りの標準操業度 × 標準配賦率

(3)標準配賦率 = 製造間接費予算 / 基準操業度  ← ここですね。

基準操業度の算出については割愛しますが、製造間接費の標準配賦率
を決定するための重要な基準となります。
※このあたりは、問題で与えられるはずです。

例えば、

 製造間接費予算         400,...続きを読む

Q総差異とは何なのでしょうか?

総差異とは何なのでしょうか?


直接材料費差異(総差異)、直接労務費差異(総差異)、製造間接費差異(総差異)というようにテキストに書いてあるのですが、なぜこれらの差異を「総差異」と呼ぶのでしょうか?そもそも「総」は何を意味しているのでしょうか?


もしも「総差異」という言葉だけが単独で用いられたら、直接材料費差異、直接労務費差異、製造間接費差異のうち、どの差異を指しているのかがわからないと思います。いちいち、総差異の直接材料費差異とか言わないと相手がわからないと思います。

Aベストアンサー

総差異の「総」という字の意味は「すべての」という意味です。

直接材料費差異は価格差異と数量差異の二種類の差異から成っており、このうち数量差異は問題によってはさらに歩留差異と配合差異に分けられます。
同じように直接労務費差異は賃率差異と時間差異の二種類の差異から成っており、このうち時間差異は問題によってはさらに歩留差異、能率差異、人員構成差異に分けられます。
製造間接費差異は分析の方法によって、管理可能差異と管理不能差異、予算差異と能率差異と操業度差異、予算差異と変動費能率差異と操業度差異、予算差異と変動費能率差異と固定費能率差異と操業度差異に分けられます。

おそらくテキストは差異全額について問うている又は記述していることを明確にしたいために、かっこ書きで総差異と書いているのだと思われます。

Q日商簿記2級(工業簿記)原価差異がある場合の損益計算書の記入

日商簿記2級(工業簿記)原価差異がある場合の損益計算書の記入
損益計算書において、製造間接費配賦差異などの原価差異は、売上原価に振替る(不利差異の場合は売上原価に+)、(有利差異の場合は売上原価から-)、とありますが、どうもうまく理解できません。


例えば、不利差異(20円)だった場合、不利差異の金額を足すと思います。つまり、仕掛品勘定の借方においては、期首有高+当期総製造費用(製造間接費の予定配賦額190円含む)+製造間接費配賦差異(不利差異の20円)ということになると思います。そしてこの金額を貸方の完成高と期末有高に振り分けることになると思います。不利差異の20円は完成高と期末有高に分けると思うのですが、期末有高の金額はかわらず、不利差異の20円は全額、完成高に含まれています。何故でしょうか?

Aベストアンサー

原価計算を行うにあたって従わなければならない規則である原価計算基準47に「原価差異は、材料受入価格差異を除き、原則として当年度の売上原価に賦課する」とあるため、原価差異は原則として売上原価に賦課されます。具体的な理由は分かりませんが、差異が多額に発生したような場合でない限り、差異を期末仕掛品にも振り分けることで正確な期末仕掛品の計算を行うよりも、そのような計算により生じる事務コストを抑えることを優先すべきであるからと思われます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング