おはようございます

土地を取得し、建設会社に整地をいらいし、代金を100万円支払ました。
まだ未着工です。
この取引を仕訳する場合の借方科目は、
「前渡金」
「建設仮勘定」
「土地」

どれが適当でしょうか

よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

これは未着工とのことですから、「前渡金」が適当でしょう。



着工後は「建設仮勘定」でも良いと思いますが。科目の振り替えはその整地工事の検収時ということでよいと思います。

最終的に「土地」となったとしても、いずれにしても非減価償却資産ですから、BS上の表示だけの問題ですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/13 09:34

整地の場合は建設仮勘定を使いましょう。


(借方)建設仮勘定1,000,000/(貸方)当座預金1,000,000

土地は非減価償却資産なので,整地分の仕訳でよいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/13 09:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q会社の所有している緑地を整地して駐車場として活用します。

会社の所有している緑地を整地して駐車場として活用します。
砂利をひく程度で、費用は100万以内です。
勘定科目は修繕費でよいのでしょうか。

Aベストアンサー

耐用年数通達に次のように書かれています。

2-3-13 表面に砂利、砕石等を敷設した砂利道又は砂利路面については、別表第一の「構築物」の「舗装道路及び舗装路面」に掲げる「石敷のもの」の耐用年数を適用する。(昭55年直法2-8「一」により改正)

従って構築物として資産計上し、耐用年数は15年です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報