よろしくお願いします。

先日、職場で初めて決算をし、法人市民税を支払ったのですが
この際の勘定科目は、どのようにしたらよいのでしょうか?

自分なりに調べたところ、そのまま「法人市民税」で良さそうですが、
職場の会計ソフトにはその科目がなく、代わりに
「1 法人税、住民税および事業税」と「2 法人税等」と「3 法人税等調整額」という科目があります。

3はその名前の通り、調整した時に使う勘定かな?と思いますので、おそらく1か2だと思うのですが、どちらを使うのが適当でしょうか?
(1と2って、使い方はどのように違うんでしょうか・・?)

初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「1 法人税、住民税および事業税」と「2 法人税等」は同じです。

「1 法人税、住民税および事業税」が長ったらしいのに比べて、「2 法人税等」の方が短く簡明なので「2 法人税等」を使う会社が多いです。

法人市民税を支払ったとき、

(1)発生主義の仕訳:
〔借方〕未払法人税等OOOO/〔貸方〕当座預金OOOO

(2)現金主義の仕訳:
〔借方〕法人税等OOOO/〔貸方〕当座預金OOOO
    • good
    • 6
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。

>「1 法人税、住民税および事業税」と「2 法人税等」は同じです。

そうなんですね・・別々にしている意味が、何かあるんじゃないかなと悩みました。
使いやすさがウリの会計ソフトでも、紛らわしい所ってあるんですね。
これらを別々にしないといけない業種がある、とか何か、意味があるんでしょうか・・

ともあれ、おかげさまですぐ解決できてスッキリしました。
ありがとうございました!

お礼日時:2008/10/06 13:06

決算した段階で「未払い税金(法人税など)」という科目をたてていませんか?


(決算書に載っていません?)

その場合は、その科目からです。つまり今期の経費ではない、ということです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

おそらく、先の方達からもアドバイスをいただいた、税効果会計の事ですよね。
法人税を計上するのは、今回が初めてです(それで科目に戸惑ったのですが)
ですので、大丈夫だと思います。ありがとうございました!

お礼日時:2008/10/06 13:30

職場の会計ソフトに「1 法人税、住民税および事業税」と「2 法人税等」の両方が存在しているのがチョット心配ですが、PL表示科目であれば、ano.1様のご回答の通りでよろしいと思います。



「3 法人税等調整額」は、税効果会計処理を行う時に使う勘定科目です。
実効税率40%として、賞与引当金100万円に対する「繰延税金資産」を計上した場合
 繰延税金資産[BS科目]40万円/法人税等調整[PL科目]40万円
http://www.yokosuka.jp/kkjm/snt/c/snt-c0106.htm
    • good
    • 3
この回答へのお礼

>職場の会計ソフトに「1 法人税、住民税および事業税」と「2 法人税等」の両方が存在しているのがチョット心配ですが・・
そうですよね。紛らわしくて「何か意味があるのかな?」と考えてしまいます・・

>「3 法人税等調整額」は、税効果会計処理を行う時に使う勘定科目です。
なるほど。私の職場では今のところ、税効果会計処理は行っていませんが
これって、よく用いられるものなんでしょうか。
URL先も見させていただきましたが、普段見慣れない言葉の羅列を見ていると、何だか頭がクラクラしますね^^;
ありがとうございます!

お礼日時:2008/10/06 13:25

法人税等調整額は、税効果会計を適用している場合に、当期に増減した繰延税金資産及び繰延税金負債の額を示す計上科目のことです。

法人税等でOKです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>法人税等調整額は、税効果会計を適用している場合に、当期に増減した繰延税金資産及び繰延税金負債の額を示す計上科目のことです。

なるほど。その時に支払い→計上する場合は関係ないのですね。
ありがとうございます!

お礼日時:2008/10/06 13:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法人道民税と法人事業税の勘定科目

どなたかお教え下さい。
当社で法人道民税と法人事業税の予定納付をしたのですが、その際の勘定科目について教えて下さい。
法人道民税は法人税及び住民税の科目で法人事業税は
租税公課になるのでしょうか。
消費税はどうなのでしょうか。
当社では予定納税でも、仮払金等は使用していません。

Aベストアンサー

法人税・法人道民税・法人事業税ともに、「法人税等」で損金処理をします。

申告書の段階で、別表4で、税務上の損金とならない
法人税・道民税は、「損金の額に算入した法人税」「損金の額に算入した道府県民税及び市町村民税」の欄で申告加算をします。

http://www.m-net.ne.jp/~k-web/beppyo/

http://homepage2.nifty.com/kskt/index.htm

消費税は「仮払消費税」に計上します。

Q事業税の勘定科目は、租税公課と法人税等のどちらが良いのか?

事業税を支払った時には、租税公課勘定で処理するやり方と、法人税・住民税及び事業税で処理するやり方と2通りあるようです。
しかし、租税公課勘定で処理すれば販売費及び一般管理費で計上されることになり、営業利益や経常利益、税引前当期純利益に影響が出るでしょう。これに比べ、法人税・住民税及び事業税で処理すれば、営業利益や経常利益、税引前当期純利益には影響が出ないでしょう。
決算にも違いが出てくるのでは?という気もします。
租税公課勘定と法人税・住民税及び事業税で処理するのでは、どちらが(決算においても)解りやすく、賢いやり方なのでしょうか。また、一般的には実務においてどちらのやり方がとられているのでしょうか?
この様なことに詳しい方がおられましたら、ご回答の程宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.1の者です。

ご質問内容が
> 租税公課勘定と法人税・住民税及び事業税で処理するのでは、どちらが(決算においても)解りやすく、賢いやり方なのでしょうか。また、一般的には実務においてどちらのやり方がとられているのでしょうか?
とのことだったので、先のようにお答えした次第です。(minosenninさん、ctaka88さん、フォローありがとうございました。)

「支払った時」の仕訳を問題にするのであれば、No.5のご回答のとおりです。

それから、2005年の質問については、この時点で既に、現行と同様、所得割とそれ以外について分けて表示することとされていました。そのため、リンク先のご回答は、いずれも分けていない点で正確ではありません。

最後に、No.1の回答中、「(利益に関連する金額を課税標準として課される所得税)」としたのは「(利益に関連する金額を課税標準として課される事業税)」の誤りです。お詫びして訂正いたします。

Q会社では法人税は四半期ごとに税効果を計算して法人税調整額として計上して

会社では法人税は四半期ごとに税効果を計算して法人税調整額として計上しておりますが、上司がどかんと四半期ごとに法人税が計上されつのがあまりにもPLにインパクトあるので、毎月計上したいといいます。
確かに昨年はかなりの黒字で、予定納税を採用しているので、今年は毎月大赤字にもかかわらず、1回目の四半期には、かなりの税額が計上されました。
また、上司の意図がよくわからないのですが、毎月損益に対して税率をかけて計上するといってますが、赤字の時は、税額は0なので計上もなにもないと思うのです。もしくは、四半期ごとに計算される税額を月割にして計上すると考えているのか、、

いずれにしても、法人税(法人税調整額)を毎月計上ってありえるのでしょうか?また、その場合はどのよう算出するのでしょうか?

わかりずらい文でもうしわけありませんが宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

上場企業では、毎月法人税等を計上するというのは結構有りです。
計上する場合は、5月までの累計損益×法定実効税率-4月計上済み額で計算します。
各月の計上額は 法人税等調整額/未払法人税等  で計上し、
四半期ごとに、確定申告に準じた計算をして未払法人税等を計上します。
少なくとも私の知っている上場企業では、(5社だけですが)みな上記の処理をしています。

赤字であっても、年間の損益が黒字予想であれば法人税等をマイナスで計上します。

上記は会計処理の問題なので、中間申告は全く別の問題なので、先の方の回答にあるとおりです。

Q法人市民税・法人事業税の従業員数

教えて下さい。
「法人市民税」・「法人事業税」の算定に必要な従業員数には、”期間契約社員”はカウントするのでしょうか?

Aベストアンサー

地方税法で確認しますと、地方税法施行規則第3条の5で次のように規定しています。

(課税標準の分割の基準である従業者の定義)
第三条の五  法第五十七条第二項 の従業者とは、俸給、給料、賃金、手当、賞与その他これらの性質を有する給与の支払を受けるべき者をいう。

これは道府県民税に関する規定ですが、市町村民税においても同法第10条の2の6で、上記規定を準用する旨を定めていますので、同じ事です。

従って、給与の支払を受けるべきもの全てですので、基本的には、期間契約社員はもちろんのこと、パートや臨時雇い等の者も含めることとなります。

下記サイトのQ&A204でも、同様の回答がありますので参考にされて下さい。

参考URL:http://www.city.takaoka.toyama.jp/zaisei/0305/Q&A/Q&A%28zentai%29.html

Q法人税勘定科目内訳書について

勘定科目内訳書の書式は決まっているんでしょうか?
税務署にある書式でなく、科目の明細がわかる一覧表などでも良いのでしょうか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

特に決まりはありません。パソコン出力もOKです。

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/yousiki/houjin/annai/01d.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報