プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

住宅を作る際、電気設備屋さんに車庫に配線して頂いたのですが。予定の場所に工作機械が大きすぎて納まりきれず。当初予定していた場所ではない場所に設置せざるおえなくなりました。もともとナイフスイッチの下に端子台までとりつけてもらっているので、ただ単に配線を延長するだけなのですが、必要な電線の大きさの規格がいまいち解りません。欲しい電線は15m程の2種類なのですが、私が欲しいのは(よくホームセンターに売ってる切断面の平べったいやつではない)切断面がまん丸の3本(赤、白、黒)の電線(今現在電気設備屋さんが車庫に配線してくださっている)には5.5mm2と2mm2
と記載されているのです。同じ大きさの半端丈の電線をオークション落札しようと思うのですが、平べったい電線はmm2の記載でわかりやすいのですが、私の欲しいまん丸の電線を落札しようとしても、呼び名が○○スケとなっていていまいちどの電線だか解りません。単に規格の違いによる呼び名のちがいでしょうが、5.5mm2と2mm2とは○○スケで言うところのなににあたるのでしょうか?

gooドクター

A 回答 (2件)

#1さんで、大体いいと思いますが、少し補足を。



スケは、クスエア(square)だと思います。
細い線は、短芯で断面が円なので、その直径を1.6mmや2.0mmというように表し、太い線(銅は3.2mm以上アルミは4.0mm以上)は必ずヨリ線になります。ヨリ線の場合は、断面積で表し、2mm2や5.5mm2であらわします。そして、現場などでは、これを2スケ(2sq)、5,5スケ(5.5sq)といいます。あるいは、スクエアーは正方形のことですから、四角の記号(□)で表すこともあります。つまり、2.0□、5.5□など。

余談ですがですが、円の直径と円の断面積の関係は、
円の面積=半径×半径×円周率で、
半径は、直径÷2ですので、
円の面積=円周率×(直径/2)^2
    =円周率×(直径)^2/4
という関係式になります。
これから逆算していくと、
およそ、
2.0mm2の断面積→直径1.6mmの短芯
5.5mm2の断面積→直径2.6mmの短芯(2.6mmでは約5.3mm2ですがかまいません。)
とほぼ同じということになります。
    • good
    • 42
この回答へのお礼

mm2が断面積でスケということだったんですね。2スケ3本線と5.5スケの3本線を探せばいいということが良くわかりました。ありがとうございます。

お礼日時:2011/06/12 18:31

電線の心線部分の断面積のことです(撚り線限定で使用します)。



語源は断面積の平方ミリ→ミリスクエア(sqare)→スケア→スケです。

心線を撚っていないものは、断面積ではなく直径をミリ表示します(ミリ線と言います)。

使用する数字は基本的に異なりますが、”2”だけは共通して使用します。

2スケ≒1.6ミリ相当ですが通常略して記載する場合は”2”と書きます。

2ミリ≒3.5スケ相当ですが通常略して記載する場合は”2.0”と書きます。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

なるほど。だから2と2.0の記載があるんですね。勉強になりました。すばやい回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/06/12 18:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング