母乳とミルクの成分の違いを教えてください。
また、それによってあかちゃんにどんな影響がありますか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

最近のミルクは成分的には母乳の成分にかなり近づけてあります。

また他の方の回答にあるように、母乳には含まれていないあるいは少ない成分も補われています。
ただミルクは塩分が多いようです。一部メーカーのミルクは塩分をなるべく減らしてあるものもありますが、それでも母乳の塩分に比べてかなりの量が入っているようです。
母乳は水分の補給になるけどミルクは水分代わりにならないのは、このためでしょうね。

また何よりも一番の違いはミルクは「牛の乳」であることでしょうね。牛乳は牛の赤ちゃんの為のもので、母乳は人間の赤ちゃんの為のものであるということです。
牛の赤ちゃんは牛乳の成分を消化吸収できますが、人間の赤ちゃんには母乳に比べて消化吸収されにくいのです。その為牛乳アレルギーになる子がいるのです。

あとは母乳は母親の摂取したものに大きく左右されるという特徴があります。
例えば薬の中には気をつけなければならない物もありますし、アレルギーを起こしやすい食品も要注意です。
一番気をつけなければならないのは卵です。卵の一部の成分は母乳にダイレクトに移行されるそうです。赤ちゃんは卵のタンパクを消化吸収しにくいのでアレルギーを起こしやすくなってしまいます。(牛乳は大丈夫のようです。)
アルコールもアル中になるくらい飲んだら影響があるそうです。

味もそうらしいですよ。
母乳は母親が食べたものによって味が変わるそうです。
ですから母乳で育った赤ちゃんは野菜スープや果汁などいわゆる「離乳準備食」を与えなくても、いろいろな味になれているので、離乳食にすんなり入っていけるらしいです。
(個人差はあるでしょうけどね。)
よく言われるのが、カレーとキムチを食べたあとの母乳はまずいらしいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答、ありがとうございました。
お母さんの食べ物で母乳の味が変わってしまうんですね。
ほんとうに、母乳があかちゃんにとって最適な栄養なんだとわかりました。

お礼日時:2001/05/06 11:40

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「乳児-新生児の発育」

さらに稀ですが、以下のような新生児もいるようです。
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(ガラクトース血症)

http://www.health.co.jp/wellness/explain/explain …
(スターリミルク)

http://ww2.tiki.ne.jp/~slp777/vitaminn.htm
(鉄・亜鉛)

http://www.sokensha.co.jp/arg/qaa/#b-3
(母乳でもアトピー性皮膚炎になることがありますか?)

ご参考まで。 

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
早速URlを見てみます。

お礼日時:2001/05/06 11:38

成分については、kyaezawaさんのおっしゃるとおりで、母乳にはないものが含まれていたりしますが、母乳(特に初乳と呼ばれる、生まれて初めての乳)には、赤ちゃんに対して必要な免疫(風邪に始まって、母親が罹ったことのある主な病気)が出てきます。

これを飲んだ赤ちゃんは風邪などに罹りにくく、赤ちゃんを守ってくれます。
母乳を止めたとたんに風邪に罹りやすくなりますが、その頃までには、体力もある程度ついてくるので、大丈夫という訳です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
あかちゃんにとって、母乳で育つことはとても大切なんですね。

お礼日時:2001/05/06 11:37

今のミルクは極めて母乳に近い成分でできていて、さらに母乳に足りないビタミンKなどが補われています。


というのが、色々なところで聞く話です。
下のページでもそうです。
http://www.health.co.jp/FORUM/KODOMO/kodomo5.htm

ただ、こんな意見もありました。
「母乳とミルクの違いについて」
参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Foodpia/9900/jinkouny …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
早速、URLを見てみますね。

お礼日時:2001/05/06 11:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q塩分摂取量の計算

日本人の塩分摂取量は一日14グラムで10グラム以下にするように言われています。計量器で10グラムを計ると料理用大さじに山盛りして9グラム。毎日料理を作っていますが、これほど摂取しているとは考えられません。感覚的には5-7グラムのように思われます。
そこで日本人の塩分摂取量14グラムというのは誰がどのように調査や計算をされてはじきだしたのでしょうか?

Aベストアンサー

No.3の者です。
11.2gと言うのはやはり減塩意識の浸透によるものだと思います。
それと毎年調査する家庭は同じではありません。
調査する家庭は毎年無作為に選ばれますので当然変わります。
ですので、国民健康栄養調査の結果は国民全体の結果とずれはない、と私は思いますよ。
調査があると言うのも前々から分かっているわけではないですしね。
まだご質問があればおっしゃってください☆

Q汗の成分の違いについて

汗についてお伺いします。

スポーツをした時の汗と、普通に気温が暑くてかく汗などとでは成分に違いがあるのでしょうか?
知り合いの方が、スポーツをした時の汗は塩分がよりたくさん含まれているといいます。
私も経験上確かにそんなような気もします。
また老廃物についてはどうでしょう?
やはりスポーツの汗のほうが老廃物がより多く含まれているのでしょうか?

Aベストアンサー

 おはようございます。

 汗にも良い汗と悪い汗(?)があります。
 良い汗とはサラサラで肌の上ですぐ乾き,体の貴重な成分が汗に含まれていないため水に近く,体温をきちんと調節してくれる汗です。
 悪い汗とは,その逆にねばねばで乾きにくく,たくさん出ているのに体温調節もせず,体の貴重な成分を体外へ出してしまう汗です。

 運動をしている人は汗腺が鍛えられているので,すぐ良い汗がかけます。
 現代は冷房や運動不足などから,あまり汗をかかなくなっています。このような環境にいると,汗腺はどんどん使われなくなって衰えていきます。

Q塩分摂取量と発汗

 私は血圧が高めなので、塩分の摂取量を押さえるようにと言われております。
 ところで塩分は1日当り10g以下とか、高血圧の場合は6g以下と言う基準をよく聞ききますが、これは労働やスポーツで沢山汗をかく人にも一様に適用される基準でしょうか?
 なかなか塩分の摂取量を抑える事は難しいと感じておりますが、その分スポーツで発汗すれば良いのではと考えますが、間違いでしょうか。
 教えて下さい。

Aベストアンサー

汗3リットルで最低でも塩2.7gだそうですからもう少し塩分の排泄が多いかもしれませんが3リットル汗をかく運動って相当大変だと思いますが。

Q風邪と熱の違いを教えてください。また熱と風邪ではどちらの方が印象悪いですか?

風邪と熱の違いを教えてください。また熱と風邪ではどちらの方が印象悪いですか?

Aベストアンサー

「発熱」は病気の症状であって原因ではありません。

「熱があるので休みます」
『どうしたの、風邪?』
「はい」

結局同じことになりますね。

Q外国人の塩分摂取量

こんにちは。
日本人は、もともと塩分を多く取る食生活だと聞きましたが、外国の方はどれくらい取っておられるのでしょうか?
日本人の塩分摂取量のデータは、検索で見つけられたのですが、外国の方のデータを見かけたことがないのですが…。
どなたか、詳しい方おられたら教えて下さい!!

Aベストアンサー

WHOに2001年の報告がありますが摂取量ではなく各国の上限量です。
WHOは6g/日以下です。
日本も、男性10g、女性8g未満ですが17年の国民栄養調査でも摂取平均値は、
11.5g(男性12.4g,女性10.7g)で超えています。
高血圧の予防や治療目的は6g以下です。

外国のデータは、その国の関係機関が発表しています。
英国は食品基準庁
http://www.food.gov.uk/news/pressreleases/2007/mar/saltconsumptioncampaign
英国の新しいデータでは、1日の塩分摂取量は平均9.5gから9gまで落ちています。
男性が10.2g/日で女性7.6g/日。2010年までに6g/日が目標。

欧州は食品安全庁
http://www.efsa.eu.int/science/nda/nda_opinions/974_en.html
ヨーロッパは、平均1 日の塩分摂取量8~11g、成人で1 日1.5g超過。

米国は栄養士会
http://www.eatright.org/cps/rde/xchg/ada/hs.xsl/media_3174_ENU_HTML.htm
アメリカは、高血圧予防のため1日につきナトリウム2,300mg(食塩相当量約6g)を上回ってはならない。
アメリカの成人は現在1日平均5,000mgナトリウム(食塩相当量13g)を摂取しています。

古くなりましたが、現在も引用されるナトリウムと高血圧の研究である
インターソルトスタディの解説があります。
http://www.geocities.jp/t_hashimotoodawara/salt7/salt7-health-93-11.html

WHOに2001年の報告がありますが摂取量ではなく各国の上限量です。
WHOは6g/日以下です。
日本も、男性10g、女性8g未満ですが17年の国民栄養調査でも摂取平均値は、
11.5g(男性12.4g,女性10.7g)で超えています。
高血圧の予防や治療目的は6g以下です。

外国のデータは、その国の関係機関が発表しています。
英国は食品基準庁
http://www.food.gov.uk/news/pressreleases/2007/mar/saltconsumptioncampaign
英国の新しいデータでは、1日の塩分摂取量は平均9.5gから9gまで落ちています。
男性...続きを読む

Q母乳の中の免疫について

ちょっと質問させて下さい。
今三ヶ月半の赤ちゃんがいます。月曜日、日付が変わった辺りから、私(ママ)の体調が悪くなり、最高38度8分まで出る風邪を引いてしまいました。
その日の内に病院に行きました。インフルではなかったです。先生に確認の上、母乳に出るのは0.1%以下との事、どうしても心配だったり嫌ならばミルクで、と言う事だったので、薬を飲みながら母乳をあげていました。最初の1日は我慢したのですが、出なくなるのと乳腺炎が怖かったので…

(おっぱいは母乳よりの混合で、寝る前の一回だけ母乳60~100くらい絞ったものプラスミルクを130ccになるように調整してます)

ここで質問なのですが、
・クラリスという抗菌剤?かな?を3日間(月~水)朝夕と飲みましたが、私の体に免疫力はついたのでしょうか?
・もしついたとしたら今拗らせている風邪の免疫はもう赤ちゃんにいっているのでしょうか?
・それはどの時点でいったのか?

これが気になり質問させて頂きました。何だか研究の題材みたいな専門的なお話ですみませんが、ご存知の方がいらっしゃいましたらご回答下さい。
ちなみに熱がガンガン上がっている最中(月曜日の夜中から朝6時にかけて)には、二回授乳しています。
同じく月曜、その日はそれ以降、母乳はあげませんでした。再開したのは火曜朝8時からです。

赤ちゃんに遷さないよう気を付けます。

ちょっと質問させて下さい。
今三ヶ月半の赤ちゃんがいます。月曜日、日付が変わった辺りから、私(ママ)の体調が悪くなり、最高38度8分まで出る風邪を引いてしまいました。
その日の内に病院に行きました。インフルではなかったです。先生に確認の上、母乳に出るのは0.1%以下との事、どうしても心配だったり嫌ならばミルクで、と言う事だったので、薬を飲みながら母乳をあげていました。最初の1日は我慢したのですが、出なくなるのと乳腺炎が怖かったので…

(おっぱいは母乳よりの混合で、寝る前の一回だけ母乳6...続きを読む

Aベストアンサー

#2です。

http://ameblo.jp/akkorokorokoro/entry-10701886811.html

こちらによれば、

>大体ウイルスに感染してIgG抗体が出来るまで1週間くらいは掛かります。

とのことです。

Q運動をした日の糖分の一日の摂取量

よく糖分の一日の摂取量の目安は20gあたりと聞きますが、それは激しい運動を行っている人にもあてはまるのでしょうか?すごく激しい運動をしたあとでも20gは守らなくてはいけないのでしょうか。普通の一日の糖分の摂取量上限と激しい運動をした日の糖分の摂取上限が知りたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

筋肉は、普段は脂肪を燃やしていますが、運動でパワーを出すときにだけ、
筋肉内に貯蔵してるグリコーゲンを燃やしてパワーを出します。

添付のグラフは、ウオーキング、ジョギング、マラソンのときの
筋肉が使用するエネルギーの割合いを示します。

たたえば、身長160cm、体重55Kg、20歳の女性が
1時間のウオーキングをすると140Kcalを消費しますが、

筋肉がグリコーゲンと脂肪を半分ずつ消費したとすると、
120Kcal / 4 = 30gのブドウ糖を消費したことになります。

ここでのウオーキングは、散歩と早足の中間で計算しましたが、
もっと速く歩けば30gよりも多い糖質が必要ですし、
ジョギングを1時間すれば、この3倍の糖質が必要になります。

しかし、運動後の糖質の目安は、運動量の半分と覚えておけば
だいたい大丈夫です。

なお、スピードを上げれば上げるほど加速度的にグリコーゲン
消費が多くなるので、ダイエットではあまりスピードをあげないことが
たいせつです。

QNSAIDs(風邪薬の成分)と副作用と風邪の長期化との有無

エスタックゴールドのような風邪薬ですが、よくNSAIDs(非ストレイド性鎮痛薬)が含まれていることがあります。
エスタックゴールドの成分はアセトアミノフェンです。
ただ、疑問に思うのですが、これらNSAIDsが含まれる薬には風邪を長期化させる副作用はないのでしょうか?
(胃腸を痛めるという副作用は知っています)
ステロイド性の鎮痛薬であるプレドニンなどはサイトカインを抑制し白血球を減少させるので
風邪が長期化するといいます。
非ステロイド性であるエスタックゴールドなどに含まれるNSAIDsは
COXを阻害しますが、風邪を長期化させることはないのでしょうか?
炎症反応を抑制するということは、やはり体にとって不自然なことであり
ステロイドと非ステロイドの作用点・作用の強弱の違いはあれど、両者ともに免疫活動もある程度抑制されてしまうのでは?と思うのですが・・・
症状軽減という意味ではガンガン飲むべきと思いますが・・・


ご存知の方がおられましたら、教授くださると助かります。
よろしくお願いします。
(ご迷惑をおかけしないように書いておきますがステロイドのほうが強烈な副作用があることは知っています、副腎皮質機能低下症も知っていますのでステロイドの解説は結構です)

エスタックゴールドのような風邪薬ですが、よくNSAIDs(非ストレイド性鎮痛薬)が含まれていることがあります。
エスタックゴールドの成分はアセトアミノフェンです。
ただ、疑問に思うのですが、これらNSAIDsが含まれる薬には風邪を長期化させる副作用はないのでしょうか?
(胃腸を痛めるという副作用は知っています)
ステロイド性の鎮痛薬であるプレドニンなどはサイトカインを抑制し白血球を減少させるので
風邪が長期化するといいます。
非ステロイド性であるエスタックゴールドなどに含まれるNSAID...続きを読む

Aベストアンサー

お考えの通りです.
かぜというのは薬では治せません.免疫力だけが治せます.自己防衛反応として免疫力を働かせるために体は熱を出しているのです.ココでかぜ薬や解熱剤を飲んでは働きを抑えてしまうので,逆効果なのです.
かぜ薬の効能・効果を見直してください.かぜの諸症状の緩和だけしか効果は無いのです.副作用をも考えれば飲まない方が正解なのです.

Q体力強化と疲労回復に有用な栄養素とその一日の摂取量と摂取タイミング。それと過剰摂取について。

二つにわけて考えてます。

(1)体力強化
(2)疲労回復


この二つについて必要な栄養素とその一日の大体の摂取量を教えてください。
聞くところによると、(1)にはアミノ酸、(2)クエン酸・ビタミンB1
のようです。
合ってますでしょうか?
これ以外にありましたら教えてください。
なければ、これらの成人男性の一日の目安必要摂取量
を教えてください。
大体で結構です。
摂取するタイミングもお願いします。
運動前なのか後なのか、それとも食事前後なのか?
ちなみにアスリートではありませんので、ハード
トレーニングはしてません。


それとも過剰摂取した場合どうなるのでしょうか?
特にビタミンは頭痛吐き気とよくないと聞きますが、
どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

体力強化と疲労回復は切り離せませんが、体力を基礎的な部分を作る事で達成し、疲労回復はエネルギー供給をよくすると言う程度で考えるならば、  

体力強化にはサプリでなら、プロティンが使いやすいです。アミノ酸とは各種あり一種類ではないので素人の人は使いにくいですし、体内でプロティンが分解されたA.A.が十分量無いと、高価なアミノ酸がほかへ使われてしまいます。 又、A.A.は摂取量の制限もあります。多すぎるとかなり内臓への負担があります。

ビタミン・ミネラル類はたんぱく質の同化にも使われますから体力強化にも使われるし、TCAサイクルにも使われる基礎的なものですから疲労回復にも効果はあります。

必要量は人によりかなり違いますし、生理的要求量を公には出ていますが、薬理学的要求量と成ると単位も違ってくるほどの量に成るものもあります。
其のデーターで沢山ありますが、見やすいのは下記がよいでしょう。
http://www.shc.usp.ac.jp/shibata/H16-2-13.pdf

摂取タイミング;水溶性なら朝晩。12時間間隔程度でよいでしょう。

過剰摂取:書かれている頭痛や吐き気はビタミンAを大量に長期間(三ヶ月から半年)で現れてくる症状です。  もちろん白熊の肝臓を食べて急性で死亡したとのレポートはありますが、普通は上記の慢性的なものです。

で、医療用ではなく、市販のサプリならほとんどがV-A前駆体として売られているので、体内で必要量だけがV-Aと成るため、其の心配もまず無いでしょう。

私が推薦しているほかのビタミン類なら(V-Dなど油溶性を除く)すべて水溶性なので過剰摂取では排泄されます。
そのため、多く・短時間毎に摂取する必要があるのです。

Citricacid[枸櫞酸]は50歳以上ですと、10グラムから15グラム程度が疲労回復や運動量増加などの効果が出てくるようです(これも人により違いますがほとんどがこの程度で効果があります)。

体力強化と疲労回復は切り離せませんが、体力を基礎的な部分を作る事で達成し、疲労回復はエネルギー供給をよくすると言う程度で考えるならば、  

体力強化にはサプリでなら、プロティンが使いやすいです。アミノ酸とは各種あり一種類ではないので素人の人は使いにくいですし、体内でプロティンが分解されたA.A.が十分量無いと、高価なアミノ酸がほかへ使われてしまいます。 又、A.A.は摂取量の制限もあります。多すぎるとかなり内臓への負担があります。

ビタミン・ミネラル類はたんぱく質の同化にも使...続きを読む

Qミルクを飲むと噴水のような嘔吐をするのです

7ヶ月になる娘のパパです

月曜日の夕方頃から熱が出始め 火曜日には39度近くまで上がりました
流石に焦って坐薬を入れて様子をみた所一旦は平熱に戻りましたが暫く
するとまた熱が上がってくるという感じなので小児科に掛かったところ
インフルエンザでは無いとの事で抗生物質と風邪薬、それと坐薬を処方
されました。現在は熱は平熱を保っていますが困った事に呑んだミルク
をほぼ毎回嘔吐してしまいます…薬の副作用なのかそれとも別になにか
原因があるのか… 何しろ初めての経験でもう一度医者に連れていった
方が良いのか様子をみたほうが良いのか悩んでいます。
 授乳後はいつも通りにゲップをさせています、またうつぶせ寝などの
姿勢はとっておりません。

どなた様か同じような経験をされた方がいらっしゃいましたらアドバイ
スをお願い致します 宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして。
私の経験から書かせて頂きます。
まず薬が合わないと言う事はありますよ。うちの末っ子の娘も
抗生物質が合わず毎回吐いていました。
医師の相談したところ『○○(名前)は味がわかるんか~?』と言っていました。別の物を処方して頂きました。
その頃娘は生後7ヶ月頃でした。
薬を替えてからの嘔吐はありません。
あともう一つ心当たりが・・・・
次男の時ですが、まだ1歳に満たない頃の話です。
ミルクの飲ませ方によって飲んだものを噴水のように吐いてしまうのです。
まずその問題の飲ませ方は、私は椅子に座っています。
両膝に私と向かい合う形で寝かせ次男の首から頭部を片手で支えます。
その時首に近い部分を持って飲ませると、なぜか吐いてしまうのです。
当時なぜ吐くのかわからず何度か繰り返しているうちその体制で
飲ませたときだけ吐く事に気が付きました。
子供によってそれぞれかと思いますが、参考までに。


人気Q&Aランキング