大雑把な話、等量って等しい量で当量は相当量だから例えばシュウ酸ジエチルの合成の際に「酢酸に等量のエタノールを加えて…」といえば100 mLと100 mL、「当量の…」といえばシュウ酸1molにエタノール2molですよね?でもそうすると2当量のエタノールを加えて…などという場合4molになるんでしょうか?
つまりですね、英語で言うequivalentが等モルなのか相当量なのか「等量と当量」とか考えてたら混乱してきたので、どなたかスパッとお答え下さい。乱文で申し訳ありませんがよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

質問者さまがお書きの「相当量」が正しい (化学で飯食ってるのに自信なし) と思いますが、実際には#2さんの例のように「等モル」を指すことも多く、混乱を招きがちと感じます。

ジカルボン酸のエステル化の例をお示しですが、他にもカルボニルのLiAlH4還元なども厄介です。1molのエステルは2molのヒドリドを食いますが、1molのLAHは(理想的には)4molのヒドリドを出しますから、「1.2 equivのLAHで還元した」などと書かれると、0.6 mol とも 1.2 mol とも解釈できて困りますね。私個人は、equiv で書きたい時には mmol 等を併記して明確化するようにしています。スパッとした答えになってませんが、、、
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。
結局出てきた論文の実験項を確認しないとわからないって事ですね。

お礼日時:2003/11/04 18:53

数年、有機化学に携わっていますが、equivalentは、英文中にあればおそらく等モルをさししめすと思われます。

実験項を読んでもmlやgで書いてある論文を見た覚えがありません。

例えば、「基質A 1.0molに対して、試薬Bを2.0eq加えなさい」とあえれば、基質1molに対して試薬Bを2.0mol加えなさい、ということであると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。
等モルですか。確かに私もその方がしっくりくるとは思うんですよね。ただそうすると「当量」に反する気が…。equivqlentと当量は別物って事ですかね?

お礼日時:2003/11/04 18:44

equivalentはvalentが等しいわけですから、"当量"が正しいでしょう。


一般には反応にかかわる試薬はきっちりと当量計算して使いますので…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。「当量」ということは、例えばこのシュウ酸の中和の場合、「1 equiv. sodium hydroxide」はシュウ酸1モルに対して2モルと考えてよいのでしょうね。

お礼日時:2003/11/04 18:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこのような言語表現はありえますか?『還元や酸化によって分解される』

このような言語表現はありえますか?『還元や酸化によって分解される』

ある日本語の文章に『酸化分解』、『還元分解』という表現があり、これを外国語に翻訳する必要があるのですが、そもそも酸化分解や還元分解という専門用語はないようです。そこで上記のように「還元(という現象)によって分解される」、「酸化(という現象)によって分解される」と表現し直そうかと思っています。

そこでこの理解の仕方が妥当なものかどうか教えて頂ければと思い投稿しました。
当方、化学の知識が余り無いためよく分りません。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

専門用語というほどではないですが、使っても問題ないです。

たとえば、水の電気分解では、両極で同時に両方起こります。
陰極で還元分解して、水素ができ、
陽極で酸化分解して、酸素ができる。

相手によって酸化剤としても還元剤としても反応する物質ならば、
どちらかを明示してそういう表現を使うでしょう。

外国語では、
英語     oxidative decomposition // reductive decomposition
フランス語 decomposition oxidative // decomposition reductive
ドイツ語  oxidative Zersetzung // reduktive Zersetzung

酸化分解→「酸化によって分解される」
還元分解→「還元によって分解される」
と勝手に書き換えない方がいいと思います。
これだと酸化や還元が主になってしまいます。
多段階の分解反応で第一段の反応が酸化や還元でない場合、
この書き換えは適切でない表現になります。
日本語として正しい表現と内容が正確に訳されているは違います。

専門用語というほどではないですが、使っても問題ないです。

たとえば、水の電気分解では、両極で同時に両方起こります。
陰極で還元分解して、水素ができ、
陽極で酸化分解して、酸素ができる。

相手によって酸化剤としても還元剤としても反応する物質ならば、
どちらかを明示してそういう表現を使うでしょう。

外国語では、
英語     oxidative decomposition // reductive decomposition
フランス語 decomposition oxidative // decomposition reductive
ドイツ語  oxidative Zersetzung // reduktive Z...続きを読む

Q0.5mol/Lの塩酸400mlに8mol/Lの塩酸を加えて、2mol/Lの塩酸を作る。この時加えた

0.5mol/Lの塩酸400mlに8mol/Lの塩酸を加えて、2mol/Lの塩酸を作る。この時加えた8mol/Lの塩酸の量を求めよ。

途中でおかしな方向にいってしまいます、、
教えてください!><

Aベストアンサー

すでに答えは出ているようですが、「濃度」の問題では、

(1)中に溶けているもの(溶質)
(2)溶質を溶かしている「うすめるもの」(溶媒)

の量が必要で、
 (濃度)=(溶質の量)/(溶質 + 溶媒の量)
とうことです。

 常に、「溶質」と「溶媒」の両方の量を明確にすれば、どんな問題にも対応できます。

この問題の場合には、溶質が「mol」単位で、「溶質 + 溶媒の量」が「リットル」ですので、それで統一して明確にしていきます。

(1)0.5mol/Lの塩酸:400ml
 (溶質)塩酸 0.5 mol/L * 0.4 L = 0.2 mol
 (溶質 + 溶媒)0.4 L

(2)加えた8mol/Lの塩酸:X (L)
 (溶質)塩酸 8 mol/L * X (L) = 8X mol
 (溶質 + 溶媒)X (L)

(3)できあがった塩酸:(1)と(2)を足したもの。
 (溶質)塩酸 0.2 + 8X mol
 (溶質 + 溶媒)0.4 + X (L)

 これが 2 mol/L になるためには
  (0.2 + 8X)/(0.4 + X) = 2 mol/L
より
  0.2 + 8X = 0.8 + 2X
 → 6X = 0.6
 → X = 0.1 (L) = 100 (mL)

すでに答えは出ているようですが、「濃度」の問題では、

(1)中に溶けているもの(溶質)
(2)溶質を溶かしている「うすめるもの」(溶媒)

の量が必要で、
 (濃度)=(溶質の量)/(溶質 + 溶媒の量)
とうことです。

 常に、「溶質」と「溶媒」の両方の量を明確にすれば、どんな問題にも対応できます。

この問題の場合には、溶質が「mol」単位で、「溶質 + 溶媒の量」が「リットル」ですので、それで統一して明確にしていきます。

(1)0.5mol/Lの塩酸:400ml
 (溶質)塩酸 0.5 mol/L * 0.4 L =...続きを読む

Q酸化銀の分解と酸化銅の還元について

酸化銀の分解と酸化銅の還元について
酸化銀の分解(2Ag(2)O→4Ag+O(2))、酸化銅の還元(2CuO+C→2Cu+CO(2))を比べて、
酸化銀の分解はただ加熱するだけで銀をとれるが、酸化銅の還元は炭素を加えないと銅がとれない。
コレはなぜか?と聞かれました。
ボクは「“酸化銀は200度になると分解する”という性質があるから」と考えたのですが、どうでしょうか?

Aベストアンサー

基本的な考え方は高温にすれば分解しやすいということです。
これをエントロピー増加の法則といいます。

従って、酸化銅も高温にすれば酸素を出します。
(1000℃くらい) 4CuO → 2Cu2O + O2
(1500℃くらい) 2CuO → 2Cu + O2

問題となるのは分解する温度が極端に違うことです。
1つはイオン化傾向が銅の方が大きく、酸素と結合しやすいこと。
2つ目は2価のイオンなので酸素との結合(クーロン力)が強いこと
ではないでしょうか。

Q濃度0.0500mol/Lのシュウ酸標準溶液1Lをつくる。 (A)シュウ酸二水和物(COOH)2・2

濃度0.0500mol/Lのシュウ酸標準溶液1Lをつくる。
(A)シュウ酸二水和物(COOH)2・2H2O
□gを純粋約500mlに溶解する。
□に入る値を求めるんですが、二水和物とかとなっているとどう処理すればいいですか?
解答はそのままシュウ酸二水和物の分子量を出して、0.05molと掛けて出しているんですがどうしてそのまま掛けていいのか分かりません。

Aベストアンサー

溶液になってしまえば、区別はつきません。
はかり取る重量には二水和物の分は含まれますよね?
ですから、二水和物の分子量からmol数を出す必要があります。

Q分解・還元(中学理科)の質問です

参考書に、

「酸化銀の燃焼で酸素と銀に分解」とあります。

また、「酸化銅は炭素と燃焼で二酸化炭素と堂に還元」になると思いますが、

これって、酸化銅は燃焼だけでも酸素と銅に分解し、酸化銀と炭素の燃焼で二酸化炭素と銀に還元と、単純にそう考えていいんですよね?

Aベストアンサー

>「酸化銀の燃焼で酸素と銀に分解」とあります。
 もし、そのとおりに書かれていたら、正しくないです。
[燃焼]とは、自ら熱や光を発生する激しい化学反応で主に酸化反応に対して用いる言葉です。
酸化銀の分解反応は、化学変化ではありますが、熱や光は発生しないどころか、加熱しなければ反応が起きません。★酸化銀の熱分解は燃焼ではありません★

>「酸化銅は炭素と燃焼で二酸化炭素と堂に還元」
「酸化銅は炭素と燃焼で二酸化炭素と銅に還元」
 堂は誤記だとしても、日本語になっていません。
★ 酸化銅IIは炭素と共に加熱することで、銅に還元されます。
 一般的にイオン化傾向の小さな金属は炭素などで還元することが出来ます。いわゆる製錬です。

>これって、酸化銅は燃焼だけでも酸素と銅に分解し、酸化銀と炭素の燃焼で二酸化炭素と銀に還元と、単純にそう考えていいんですよね?
 全く間違っています。
・断じて、燃焼ではない!!!!
・酸化と還元は必ず同時に起こります。

 酸化される物があれば、必ず還元されるものがあります。
   2Ag₂O → 4Ag + O₂
    Ag⁺ → Ag    還元
    O⁻ → O     酸化

   2CuO + C → 2Cu + CO₂
    Cu²⁺  → Cu  還元
       C → C⁴⁻  酸化
     O²⁻ → O²⁻  変化なし

・参考書や教科書をよく読みましょう。(必ずしも正しいことが書いてあるとは限らない)
・投稿する前に読み返して見ましょう。その時点で気付くことがあります。
・理系の学問は、文系の学問以上に国語力が必要なことが多いです。
  感覚や感性の学問じゃないので
     

>「酸化銀の燃焼で酸素と銀に分解」とあります。
 もし、そのとおりに書かれていたら、正しくないです。
[燃焼]とは、自ら熱や光を発生する激しい化学反応で主に酸化反応に対して用いる言葉です。
酸化銀の分解反応は、化学変化ではありますが、熱や光は発生しないどころか、加熱しなければ反応が起きません。★酸化銀の熱分解は燃焼ではありません★

>「酸化銅は炭素と燃焼で二酸化炭素と堂に還元」
「酸化銅は炭素と燃焼で二酸化炭素と銅に還元」
 堂は誤記だとしても、日本語になっていません。
★ 酸化銅II...続きを読む

Qエタノールの水溶液0.220mol/Lは 何mmol/mlか。また、この水溶液の比重を1.00とする

エタノールの水溶液0.220mol/Lは 何mmol/mlか。また、この水溶液の比重を1.00とすると、何重量%か。 無水酢酸が7.25gある 。物質量を求めよ。また密度が1.08g/cm^3とするとき体積を求めよ。 この2つの質問の答えを御願いします。

Aベストアンサー

…何だかおかしな問題文ですね.あと質問文を丁寧に書いて頂けないでしょうか?2つの質問と書いてありますが,
①エタノールの水溶液0.22mol/Lは何mmol/mLか?
②①の水溶液の比重が1.00とすると(エタノールが)何重量%か?
③無水酢酸が7.25gの物質量はいくらか?
④③の密度が1.08g/cm^3とする時の体積はいくつか?
という4つの問題があるという解釈で宜しいでしょうか?


①は0.22mol/Lのエタノール水溶液があって,これの濃度の単位をmol/Lからmmol/mLに変えるという意味なら,mol側にもL側にもm(ミリ)を付けているので数値は変わらない.
よって0.22mmol/mLでしょうね.
例えば1gというのは1000mgですよね?mは10^(-3)の意味がありますが,
今回の質問における単位換算では分子側,分母側ともにmが入っているという事は,
0.22×1000[mmol]/1000[mL]という事なので,分子側・分母側の1000を約分すれば良い.

②エタノールの分子量が46g/molとすれば0.22mol/Lの水溶液なので,エタノールの量は
46[g/mol]×0.22[mol/L]=10.12[g/L]
比重が1.00という事は10.12g/kg=0.01012g/g
後は重量%にする(百分率)という事なので
0.01012g/g×100%=1.012%

③無水酢酸の分子量が102g/molとすれば,7.25gの物質量(mol)は
7.25[g]/102[g/mol]≒71.1mmol

④無水酢酸7.25gの体積を求めたいなら単に密度で割ればよいので,
7.25[g]/1.08[g/cm^3]≒6.71[cm^3]


回答は以上ですが,もう少し具体的に何が分からないのかを明確にした方が良いですよ.
もし宿題ならこんな回答を丸写ししても身に付かないから意味がないですしね.

…何だかおかしな問題文ですね.あと質問文を丁寧に書いて頂けないでしょうか?2つの質問と書いてありますが,
①エタノールの水溶液0.22mol/Lは何mmol/mLか?
②①の水溶液の比重が1.00とすると(エタノールが)何重量%か?
③無水酢酸が7.25gの物質量はいくらか?
④③の密度が1.08g/cm^3とする時の体積はいくつか?
という4つの問題があるという解釈で宜しいでしょうか?


①は0.22mol/Lのエタノール水溶液があって,これの濃度の単位をmol/Lからmmol/mLに変えるという意味なら,mol側にもL側にもm(ミリ)を付けてい...続きを読む

Qオゾン分解におけるZnによる還元

オゾン分解において、オゾニドを還元する方法として、「ジメチルスルフィドの添加」又は、「酢酸中、金属亜鉛で処理」が挙げられています。(ボルハルト・ショアー 現代有機化学)
この反応機構について、前者については、ジメチルスルフィドのSのローンペアが、オゾニドのCに挟まれたOを攻撃することにより、環の開裂が起きるのではないかと予想しました。(これについても、間違っていたらご指摘頂きたく思います。)
しかし、後者の反応機構がわかりません。あと、副生成物のZnOのLewis構造も考えてみたら、よくわかりません。これがわかれば少しは予想がつくのではと思ったのですが。
基本的なことかもしれず、お恥ずかしいのですが、ご回答頂きたく存じます。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

反応点に関して補足します。
Sがその孤立電子対のために求核性を示すのと同様に、エーテルのO(C-O-Cの側のOがこれになります)も電子が豊富で求核性を示します。そのため、このOは求核剤の攻撃を受けにくいと言えます。
それに対して、C-O-O-CのOは、O-O結合のために、比較的電子が不足しています。したがって、こちらのOの方が求核剤の攻撃を受けやすい(すなわち求電子的である)と考えられ、したがって、Sの攻撃を受けるのはこちら側であると考えられます。
同様に、一電子還元の際にも、電子は負電荷を持っていて求核的といえるので、電子移動が起こるのはC-O-O-CのOであると考えられます。

このことと関係のある事項として、過酸化物によるアルケンからのエポキシド(オキシランまたはオキサシクロプロパンともいいます)の合成があります。過酸化物はC-O-O-Hの構造を持ち、このOが求電子的であるために、電子の豊富なアルケンと速やかに反応することになります。

Q塩の加水分解について0.40mol/Lの酢酸水溶液100mLと0.40mol/Lの水酸化ナトリウム水

塩の加水分解について0.40mol/Lの酢酸水溶液100mLと0.40mol/Lの水酸化ナトリウム水溶液100mLを混合した水溶液のpHを求めよ
ただし、酢酸の電離定数Ka=2.0×10^-5mol/L
水のイオン積を[H+][OH-]=1.0×10^-14(mol/L)^2とし、log2.0=0.3、log1.62=0.21とする

自分なりに計算してみたのですが、解答はpH=9.0とのことです。
どこが間違っているのかわからないです・・・ご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 溶液全体で200mlだからと言う理由で間違いないでしょうか⁇( T_T)

はい。そうです。その理由で間違いないです。

Q電解還元水について

電解還元水のタンパク質への影響(主に物性)を調べようと考えています。水を電気分解すると、酸性の電解酸性水と電解還元水がそれぞれの電極側にできると知りました。電解酸性水と電解還元水を混ぜれば、最終的には中性の水になると思うのですが、この中性の水も電解水(電解還元水?)と考えていいのでしょうか?あるいは、電気分解によって生じた酸性水やアルカリ水をNaClやHClで中和することはできますか?あるサイトで、塩酸と電気分解によって生じたアルカリ水を混ぜても中和されず水を混ぜたのと同じように薄まるだけだと書かれていて、とても混乱しています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

面白そうなテーマですね。Web検索してみましたが、科学的とは言えないようなページばっかりだったので、是非、科学的な成果を出して欲しいと思います。

電解酸性水と電解還元水を混ぜた水は、原料とほとんど同じなので、電解水とは言えないでしょう。塩(えん)の濃度が異なる、塩素の量が減っている、水のクラスターの大きさが変わっているとかいうわずかな違いはあると思いますが。

もちろん、酸性水やアルカリ水はNaOHやHClで中和できます(NaClでは無理です)。

Q水100mLとエタノール100mLを混合したときの体積%

水100mLとエタノール100mLを混合しても200mLにはなりません。仮に190mLになるとして、そのときのエタノールvol%は何%とすれば良いのでしょうか?

例えば,100/(100+100) = 50% とすると,実際には200mLになっていないので良いのかどうか分かりません.
一方、100/190 = 53% とすると,水も同様に53%になり,合計が100%を超えてしまいますが、良いのでしょうか?

これらをwt%やモル分率にすれば万事OK(?)ですが、体積%にこだわりたいです。

Aベストアンサー

>仮にエタノールだけを取り出したとして,つまり純エタノールだけを取り出したのであれば,体積は元に戻り結果的に50mL取り出したことになると思うのですが.

 違います。190mLの混合液からアルコールだけを取り出せば、100mLあるはずです。比例式から、100mlの溶液からなら約52.6mLアルコールは取り出せるはずです。
 もちろん、水について考えると、190mLから100mLの水が取り出せるので、50mLからなら52.6mL取り出せます。
 そして、いずれも残りは52.6mLの水ないしアルコールが残るはず。

 なんら矛盾はありません。

 このようなことはたくさんあって、水に固体の食塩を溶かしても同様な現象が起きますね。液体に限らず固体--合金--等でもしばしば見受けられる現象で、体積が増えたり減ったりします。
 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報