初めての店舗開業を成功させよう>>

タイトルの件、質問いたします。

自動車ローンを組んだとします。
車検証上は下記のとおりとなると思います。

【車検証】
所有者:Aクレジット会社
使用者:車をローンで買った人

所有権の留保は、ローン完済まで、クレジット会社が持っていると思いますが
これは
●割賦販売法に定められているのですか??
それとも
●クレジット会社の契約条項にあるのでしょうか??【ex.転売されないようにするため】

ご存知の方、いらっしゃましたら、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

基本は契約条項です。


万一未払いで転売し、使用者氏名を変更後、滞納の場合、所有権留保を理由に車両引き上げが可能です。
類似の方法に自動車抵当法により抵当を付ける事が可能です(軽自動車は不可)。ただこれだと滞納には競売が必須で、回収が面倒です。
    • good
    • 0

ローン会社にもよると思いますよ。


私も日立キャピタルで、100万円のローンを組んだ時には、使用者・所有者ともに、自分名義でした。
また、ホンダでもローンを組んだ時には、所有者・・ホンダ・・使用者・・自分でしたね。

他にも、日本信販で組んだ時は、300万ほどだったと思いますが、やはり、使用者・所有者ともに自分でしたね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車検証の所有者が、なぜかディーラー。 使用者は私。

最近気が付いたのですが、車検証の所有者がディーラーになっていました。所有者は私です。
もちろん、お金は購入時に全て払い込みました。

1.このままトラブルなど起こらないのでしょうか?
2.所有者を私に変更するための手続き方法とは?
全く急がないので、お願いいたします。

Aベストアンサー

すでにたくさんの回答ありますが、私も一言。

>車検証の所有者がディーラーになっていました。所有者は私です。
◎「所有権留保」による登録です。
所有者は自分であるのに、車検証上自分は使用者となっている。
これは、
ローン購入などで、車両引渡し時に支払が済まない状態の場合で、支払が済むまでの登録方法です。
完済するまで勝手に車を処分できないようにするのが主目的。
所有者はディーラーで、車検証上の使用者に使用権があるというわけです。

>お金は購入時に全て払い込みました
◎前金をいくらか払うなど購入時の約束次第。
通常、登録(ナンバーが付く)と納車までの時間的ズレがあります。
すなわち厳密には、
登録する=車検証とナンバープレートが交付される=この時点で所有者が決まるわけです。
ところが、
いざ納車時に、購入者が何らかの事情で約束どおり全額支払しない場合、納車できないことになってしまいます。
万が一このようなことが起きても、納車できるように考慮すると、ご質問のような登録が有効であると考えることもできます。
ディーラーによっては、このような登録の考えを採用するところもあるようです。
要は、無用なトラブルを避けるためと解釈することも可能です。

>1.
◎すでに他の回答者さんご指摘どおりです。
(1)ディーラーの「倒産」などが心配。
といっても、法的には差し押さえられると言うことはありません。
なぜなら、使用者は完済しているので事実上の所有者だからです。
ただし、わけの分からない「債権者」と称するヤカラが来ないとは限りません。
(2)乗り換えや廃車時に面倒。
「所有権解除手続」を、そのディーラーへお願いする必要が発生します。

上記以外の何らかのデメリットは考えられません。
もちろん車検受には一切関係ありません。

>2.
◎簡単です。
ディーラーへその旨申し入れれば、一切の手続を無料でしてもらえます。

※いずれにしても、所有者変更しておくべきです。
上記は、良い方へ解釈した考えです。
悪く考えれば、
ディーラーが納車希望日に関係なく自社の登録実績を増やすために、購入者の印鑑証明等を待たずに登録してしまったなどもあり得る話ですが。
まずはディーラーへ連絡してみましょう。
万が一、そこで何らかのトラブルが発生すれば、またご質問下さい。

すでにたくさんの回答ありますが、私も一言。

>車検証の所有者がディーラーになっていました。所有者は私です。
◎「所有権留保」による登録です。
所有者は自分であるのに、車検証上自分は使用者となっている。
これは、
ローン購入などで、車両引渡し時に支払が済まない状態の場合で、支払が済むまでの登録方法です。
完済するまで勝手に車を処分できないようにするのが主目的。
所有者はディーラーで、車検証上の使用者に使用権があるというわけです。

>お金は購入時に全て払い込みました
◎前金を...続きを読む

Q自動車購入時(割賦販売)の会計処理

ご質問いたします。

12月に会社で自動車を購入しました。

注文書は以下の通りです。

購入額    1,420,000円

支払条件
現金      12,000円
割賦金    1,400,000円
割賦手数料   153,860円
支払合計額  1,565,860円
月々の支払   43,000円

以上の明細の注文書で、(1)購入時の仕訳、(2)月々の返済時の仕訳を教えていただけないでしょうか。因みに、割賦とローンは違いますよね。

お手数をお掛けしますが、ご教授の程よろしくお願いいたします。

 

Aベストアンサー

私自身が複合仕訳好きなので、諸口を使ってしまいました。解かり難くしてしまってごめんなさい。

#1さんの仕訳でももちろんOKです。
ただ、割賦手数料を支払手数料とする場合、これは36回払いでしょうか、3年で支払いが終わる計算ですよね。ですから割賦手数料も3年で費用に落としていく必要があると思います。
購入時には “前払費用 153,860” としておいて、
決算時に実際に支払った分だけ、例えば、1月から支払って3月決算だとしたら \153,860/36回×3回≒12,821で、

   支払手数料 12,821 / 前払費用 12,821

という決算仕訳を入れればよいと思います。

私は割賦手数料も付帯費用として固定資産の金額に入れてしまっていましたが、別に台帳をつけていないと実際の購入金額が判らなくなってしまいますので、割賦手数料は未払費用から支払手数料にした方が後々判りやすいかもしれませんね。

Qオートローンの仕訳

車購入のためクレジット会社のオートローンを組みました。

購入金額300万円
頭金20万を支払済み
月返済4万円+金利5千円

この場合の仕訳を教えてください。

頭金の仕訳
車両関係費? 20万円 現金 20万円

月返済の仕訳
車両関係費? 4万円 普通預金 4.5万円
支払利息? 5千円

この様な形でよろしいのでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問の場合、法人若しくは個人事業者の方と考えてよいのでしょうか?
この場合、消費税の免税事業者かどうか、確認されたほうがよいと思います。
免税なら、基本的には#4さんの仕訳でOKと思いますが、課税事業者の場合には、消費税額が関係してくるので、

車両運搬具 2,857,143 / 現金 200,000
仮払消費税  142,857 / 長期未払金 2,980,000
長期前払費用 180,000 /

でどうでしょう。

あと、購入金額300万円とありますが、これは登録料他一切を含んだものですか?

購入時に経費(車両関係費)にできるものもありますので、詳細は、国税庁のタックスアンサーで調べてはいかがでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報