「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

診療報酬はなぜ、1点=10円という点数制なのでしょうか?
1点あたり10円とどうせ決まっているのであれば、
点数表記ではなく始めから円表記にすれば良いとおもうのですが、
一体何の理由があるのでしょう?

※「医療行為の報酬が全国一律である理由」の質問ではありません。
 「1点=10円と決まっているのに、円表記ではなくわざわざ点数表記にする理由」です。

よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

どうして点数化されているのかについての政府の明確な表明は無いようですね。


俗説諸説有りますが、私は下記の2点ではないかと思います。
1.1円未満の端数処理を簡略化するため1点単位を用いた。
2.診療費の自己負担を1割単位で設定することを前提にして支払い金額計算を簡素化するため。

それと、1点=10円だけと決まっているわけじゃないです。
自己負担のある診療は、1点当たり10円ですが、労災診療単価では1点当たり12円や11円50銭で換算します。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。
詳しくてよく理解できました。

お礼日時:2012/08/01 23:35

1点=10円とは決まっていません。



1点=10円なのは、あくまでも健康保険を使った診療のみです。

交通事故の場合などで、被害者が保険診療ではなく自由診療を選択すれば、
1点=10円では無くなります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ですが健康保険の計算も、仮に426点だったとして4260円と出たあとで、
それ×0.3という算出方法だったような…。
思い違いだったらすみません!

お礼日時:2012/08/01 23:36

1点=10円だと


全てがそうでないからでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。10円とは限らないのですね。

お礼日時:2012/08/01 23:34

計算上マイナス加算があるためと思います。

マイナス○円という円は存在しません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。マイナス加算というものがあるんですね!

お礼日時:2012/08/01 23:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医療費の点数は1点いくら?

変な質問ですみません。
大学病院で診察と検査を受けました。
初再診が72点、検査が1000点くらいでした。
この検査と診察は今後何年か続いていく予定です。
現在は医療費が無料の補助を受けていますので
会計窓口では支払いはありません。

そこで質問なのですが、
あと何年か後にはこの補助が受けられなくなるので
支払いが発生します。
だいたいいくらになるものなのでしょうか?

親が国民健康保険に入っていてその扶養になっています。

Aベストアンサー

1点=10円です。例えば100点は1,000円になります。国民健康保険だと、3割負担なので、1000点=10000円として、だいたい3000円です。

Q医療費の端数処理

 病院での会計は、1点10円の医療費を合計して、2割や3割を自分で払いますが、そうすると必ず円未満の端数がでるのですが、端数の処理はどのようにしているのでしょう。

Aベストアンサー

 医療費は、1点10円の診療報酬を合計して、2割や3割を負担することになりますが、患者さんが負担するのは10円未満を四捨五入することになっていますので、10円単位で支払うことになっています。

Q保険点数と請求金額

お世話になります。
昨日医療機関にかかりました。
領収証を見て疑問に思ったのですが点数×10円が請求額ですよね?
領収証には
382点で1150円の請求(耳鼻科)
728点で2180円の請求(薬局)
となっています。
どのような計算でこの請求額になったのでしょうか?
3割負担です。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

計算の仕方(ご参考までに)

点数を金額に直すには0をひとつ足すことになり
計算式としては×10となります。

保険点数 382点×10=¥3820(医療費)
3820円から3割分の負担として計算すれば
3820×0.3=1146になります。

そこから一部負担金の徴収の際には
徴収金額が10円単位の為
端数計算をして¥1150となります。

同じく薬局分
728点×10=¥7280
7280×0.3=¥2184

端数処理をして¥2180になります。

耳鼻科/薬局の計算に問題はありません。
ご参考までに・・・。

Q医療報酬の「点数」って何ですか?

医療報酬は点数表によるため、その点数の上下を切り替えることで医者の行動をコントロールできる、と聞きました。

医療報酬の「点数表」とは何ですか?
一定の医療行為に対して点数化し、その点数をお金に換算して、医者は給料をもらえるってことですか?

「点数の上下を切り替える」とはどういう意味ですか?
例えば、1点=300円(の報酬)を3点=300円に切り替えられるということでしょうか?
また、そうすることで何故、医者の医療行為を抑制することに繋がるのでしょうか?

医療関係の話はまったくの専門外なので、基礎(というか常識?)すら知りません。

小学生にもわかるくらいの易しいご回答、お願い致します。

Aベストアンサー

点数=いくらという「金額」が変わるわけではありません。
医者が診療する行為ひとつひとつに点数をつけて、最後に合計いくらで診療点数、つまり診療費が決まるというものです。

これはどこの病院にかかっても、均一な料金で受けられるようにというシステムですが、点数の増減は定期的に見直されています。

もし、同じような処置でも点数が高い方法があれば、医者(というか病院)は点数の高いほうをやるようにします。
このため、診療点数の定期的な改訂は日本の医療の手法をも方向付ける重要なものとなっています。

例えば、インターネットなどで医療を行う「遠隔医療」は、現在点数に反映されていないために行う病院も少ないですが、点数として認められれば既存の病院だけでなく、IT企業などが医師を雇って医療を展開するなんてことになるかもしれません。

QWordで、1ページを丸ごと削除するには?

1ページしか必要ないのに、真っ白な2ページ目がその下に表示されてしまった場合、この余分な2ページ目を一括削除(消去)する為に、何かいい方法があるでしょうか?

Aベストアンサー

<表示されてしまった場合>
これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。
特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。

さて、メニューの「表示」で段落記号にチェックが入っていないと、改行や改ページなどの入力情報が見えず、白紙のページを全て選択→削除してもそのままということが良くあります。
1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。
2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。
などの方法があります。

Q基本診療料と特掲診療料にの違いについて

基本診療料、特掲診療料、このふたつの診療料は具体的にどう違うんでしょうか?
ふたつ一緒に請求できるのでしょうか?
患者が診療を受けた際、基本診療料は必ず請求することは理解していますが
特掲診療料はどうなのでしょうか?
まだ勉強を始めたばかりで専門用語ばかりのテキストではいまいち正確に理解
ができないのでなるべくやわらかい表現で説明していただけるとありがたいです。
医事関係の方or詳しい方、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

あまり難しくお考えにならないで普通にお考えになれば結構です
「基本診療料は必ずどれかを算定」するものですから
特掲診療料は場合によって算定されるものです
つまり、診察料以外で思いつくほとんどのものはその患者さんごとに違いますから特掲診療料となり
診察時の加算に相当する指導料などや、検査、レントゲン、投薬 注射  リハビリテーション 処置 手術 などのことです
    

Qアンプルとバイアルの違い

お医者さんの使う薬はアンプルとかバイアルという容器に入っていますが、これらの違いはどこにあるのでしょうか?
容量でしょうか、それとも形が異なるのですか?
それと元々何語由来かも教えていただけたら幸いです。
また他の名称の容器についても教えてください。

Aベストアンサー

注射剤を入れる容器の話と言うことで、これまでの回答と重複する部分もありますが、まとめさせていただきます。
ちなみに注射剤の容器は、医薬品の公定書(日本薬局方やアメリカのUSPなど)では、アンプル、バイアル、その他を問わず、全て密封容器とされています。

アンプルは、薄手のガラス管(ホウ珪酸-硬質ガラス)を成型したもので、薬液を充填した後、末端を熱(通常はガスバーナー)で溶融して閉じてあります。

特徴ですが、硬質ガラスは医薬品成分が吸着したり、逆にガラスの成分が溶出したりすることがほとんど無く(わずかにアルカリ分が溶出しますが)、内容液との反応性がとても低いと言えますし、もちろん酸素などのガス透過性もありません。
また、バイアルに比べると低コストで作れます(バイアルに必須なゴム栓や、これを止めるアルミキャップも不要です。)ので、単価の安い医薬品にも使いやすいと言えます。
欠点としては、薄手のガラスを使っているため比較的壊れやすく、大容量にするには適さない(ふつうは20ml程度まで)点と、以下厳密な話になりますが(実用上はほとんど問題ありませんが)使用時に首の部分を折る時に、微量のガラス片が内容物に混入する可能性がある(加熱して溶閉しますので、内部が陰圧になっており、破片を吸い込んでしまいます。)ことがあげられます。

語源はフランス語で(歴史的に始めに使われたのはフランスです。)、ampouleというのは、ふくらんだといった意味で、ガラス管をふくらませた物(当初は管状ではなく、丸っこいものでした。)に薬液を入れて封入したので、このような名前になったのだろうと思います。

バイアルは、ガラス瓶(最近では、プラスチック製のものもあります。)にゴムでできた栓をするものです。
製法から大別すると2種類あり、一つは管瓶といわれるもので、これは硬質ガラスの管をガスバーナーで成型して作られたもので、アンプルに比べると厚手のガラス管を使うことから、加工温度を高くしなければならず、このためアルカリ溶出が多少多くなる傾向があります。また、この製法ではあまり大容量のものはつくれません。(200ml程度まで。)

もう一つの製法は、溶融したガラスを型に入れ、内部に空気を吹き込んで成型する方法で、大量生産の場合かなり低コストですし、大容量のものも作れますが、こちらは軟質(ソーダライム)ガラスを用いますので、管瓶に比べアルカリ分が多めになり、内部の薬液がアルカリ性の場合、長期間の保存では、ガラス内壁の腐食も配慮する必要があります。それから、管瓶に比べて、どうしてもガラス厚が大きくなりますので、その分重くなります。(たいした問題ではありませんが、流通性では、多少の欠点といえます。)

また、バイアルはゴム栓を用いますので、内容物によってはゴム栓への吸着による力価の低下(代表的なものとして、インシュリンやニトログリセリンなどがあります。)の恐れがあり、このような場合には、表面をテフロンでコートしたゴム栓が用いられたりします。
アンプルが一度開けたらその場で使い切らなければならないのに対し、バイアルは注射器でゴム栓のところから薬液を取れますので(ふたを開けなくてもよい)、残りを保存して繰り返し使用ができます。(ただし、無菌性の面から、一度使ったものはあまり長く保存すべきではありません。)
細かい話になりますが、ゴム栓に繰り返し注射針を刺すと、ゴムの一部が剥離して(コアリングと言います)、薬液に混入する危険性もあります。

なお、凍結乾燥製剤の場合、使用性だけでなく製造工程の面からも、(全てではありませんが)アンプルよりもバイアルが好んで使われる傾向があります。

大容量のバイアルをボトルと呼ぶことがありますが、これは慣用的な呼び名で、厳密にどの大きさからと決まっているわけではありません。
どちらも名前の由来は、多分英語だと思います。

ガラス以外では、プラスチック(ビニール)製の容器もあり、これらのほとんどは、点滴用の輸液などに用いる、大容量の物です。(ポリエチ製の小容量アンプルもありますが。)

こちらは、ポリエチレンなどの比較的硬質な材料でできたボトルと、厚手のビニール袋のようなバッグに大別されます。
これらは、ガラスボトルに比べ軽くて壊れにくい点と、使用後の廃棄が楽な点で優れています(流通や使用時の利点と言えます。)が、材質によっては、内容物の吸着や酸素などのガス透過性を配慮する必要があります。(内容物に合わせて、適した材質が使われますので、実用上は問題ありませんが。)

余談ですが、点滴をしている際、ボトルでは薬液が減った分の空気を入れるために、通気針と呼ばれる注射針を刺しておかなければなりません。(空気が入らないと、内部がだんだん陰圧になって、薬液が出てこなくなります。)
一方、バッグでは薬液が減るとペシャンコにつぶれてきますので、通気針が不要で、その分使いやすいといえます。(外気が内部に入りませんので、無菌性の面でも有利です。)

その他の注射剤容器として、ガラスやプラスチックの注射筒にはじめから医薬品が封入してあり、注射針をつけてそのまま使用できる、プレフィルドシリンジといったものもあります。

注射剤を入れる容器の話と言うことで、これまでの回答と重複する部分もありますが、まとめさせていただきます。
ちなみに注射剤の容器は、医薬品の公定書(日本薬局方やアメリカのUSPなど)では、アンプル、バイアル、その他を問わず、全て密封容器とされています。

アンプルは、薄手のガラス管(ホウ珪酸-硬質ガラス)を成型したもので、薬液を充填した後、末端を熱(通常はガスバーナー)で溶融して閉じてあります。

特徴ですが、硬質ガラスは医薬品成分が吸着したり、逆にガラスの成分が溶出したりす...続きを読む

Q銀行口座番号は何桁でしょうか??

銀行口座番号の振込み先が4桁のところに振込む必要があるのですが、
普通銀行口座番号って7桁ですよね。合ってるのでしょうか??

銀行口座番号って口座の種類(たとえば外貨口座や当座預金など)
によって変わるのでしょうか?

ご存知の方ご教示ください。

Aベストアンサー

こんにちは。

現状、銀行などの金融機関の口座番号は新規で作った場合7桁となります。ちょっと前に作った口座ですと2桁~6桁なんていう場合もあります。その場合は、口座番号の前に「0」をつけてあげてください。

また口座番号は預金種別によって判断できるようになっています。多くの金融機関で当座預金は8から始まる7桁、などというようになっています。

参考まで。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q「看護士」?「看護師」?

「看護婦」を「かんごし」と呼ぶようになりましたが、漢字で書く場合は「看護士」「看護師」どちらが正しいのでしょうか?
私はこれまで、「看護婦」と呼んでいた時代に、男性看護職の方を「看護士」とするものだと思っていましたが、最近、男性、女性に限らず看護職の方を「看護士」としている表現を多く目にします。
正しいのはどちらでしょうか?

Aベストアンサー

看護婦(女性)、看護士(男性)と言う名称は廃止され、看護師(男女)と言う名称に統一されました。

したがって看護師(と言うのが正しい呼び方です。

参考URL:http://www.city.kyoto.jp/hokenfukushi/siritubyoin/event/kangoshi/kangoshi.html


人気Q&Aランキング