ネットが遅くてイライラしてない!?

 カラーコード「茶黒金金」の抵抗器の抵抗値をデジタルテスターにて測定をし、理論値である1.0Ω±0.5%以内になるはずなのですが測定値では1.20Ωと出てきてしまい誤差率が20%になっていました。
ほかの抵抗器で行うと誤差率以内に入っているのですがこの「茶黒金金」だけ変です。

 原因がわかる人がいましたらよろしくお願いします。

A 回答 (7件)

 理由はいくつか考えられます。



(1)テスターの内部抵抗の影響
 テスターといえども、測定対象に全く影響を与えずに測定できる訳ではありません。抵抗を測定するときには、テスター内部の電源から供給した電流値(もしくはそれによって測定回路に発生する電圧値)を読み取っていると思います。このとき、テスター内部にも過電流保護抵抗などを含む測定のための回路、レンジ切替えスイッチ、テスト棒、測定対象の表面よごれによる接触抵抗などの様々な抵抗が加算されます。
 測定対象が「1オーム」という低い抵抗値の場合、これが結構影響します。少なくとも、テスター自身に既に0.5%以上の測定誤差が含まれていると思います。(ご質問文のように、テスターの表示器が小数点以下2桁なら、そもそも1オームに対して1%の精度でしか読み取れないし・・・)
 抵抗器が100オームやキロオームのオーダーだと、相対的にこれらのテスター内部回路の影響は小さくなります。「ほかの抵抗器で行うと誤差率以内に入っている」とありますが、それは抵抗値の大きい抵抗器ではありませんか?

(注)お使いのテスターはデジタル式とのことですが、アナログ式を使う場合には、No.5さんのように測定する抵抗レンジごとに測定テスト棒を短絡させて「ゼロオーム」の補正をする必要があります。抵抗の測定に対する内部回路の影響とは、その程度微妙なものです。

(2)抵抗素子の製作誤差
 「1.0Ω±0.5%」というのは理論値ではなく、製品の仕様値ではありませんか? 通常であれば、公称誤差0.5%が標準偏差(1シグマ)の場合には「製品の68%がこの範囲内」ということです。2シグマ(標準偏差の2倍)の場合でも、「製品の95%がこの範囲内」ということに過ぎません。
 従って、ある一定の確率で公称誤差の範囲外となることは十分あり得ます。
    • good
    • 1

ちょっと待てよ?0.5%級の抵抗器ではカラーコードは5本あるはずですが?4本と言うことであれば最後の金色は5%を示すはずですよね?まぁ、どちらにせよ20%は異常ですから、その抵抗器は不良品として扱われるべきものですね。

ただし、この例のような低い抵抗値の素子では、素子の端子(足)の部分の状態次第ではその程度の差は出てしまうことがありますし、同様にテストリードの方の状況も起こりえます。低い抵抗を測るという事は大きな電流(まぁ、計測においてはと言う意味です)を流すことになりますので、プローブのちょっとした酸化皮膜や部品の足のちょっとした皮膜でもこの程度の誤差は出てくるでしょう。
    • good
    • 1

こんにちは。



原因として考えられるのは

1、デジタルマルチメーター(テスター)のテスト棒をショートさせても0Ωにならず、0.2Ω程度を表示する

2、テスト棒或いはマルチメーターのレンジスイッチ接点が汚れてることで微妙な接触抵抗を生じさせてる

3、1Ω抵抗器のリード線が汚れることで接触抵抗が生じてる

4、1Ω抵抗器が不良品
である

アナログ式テスターを長年使い慣れた私などは、抵抗値測定前の0Ω確認が習慣になってますが、テスト棒をショートさせて0.00Ωになるか確認してください。
リード棒汚れや抵抗値測定レンジのロータリースイッチ接点などの接触抵抗が僅かでもあると0.2Ω程度の抵抗値が加算されることは日常的にありますし、被測定物である抵抗器のリード線汚れによる接触抵抗も無視出来ません。

なお、許容誤差の5%(金色)は理論値ではなく抵抗器の許容値であって、許容値を外れた不良品が混じってることもあり得ますから、正しく校正された業務用抵抗測定器で測ってみる必要もあります。
    • good
    • 1

他の抵抗値が正常で、この抵抗だけ範囲外でしたら、普通に考えて、その抵抗が不良だと言う事だと思います。



手持ちのテスター(デジタル)で低抵抗を測定する場合は、短絡時の抵抗値を確認すると良いですよ、例えば短絡時0.3オームとなったら、抵抗を測定した際にはその値分(例では0.3オーム)を指示値に加算すれば補正が出来るはずです。
    • good
    • 1

素人な私ですが・・・



私の持っているデジタルテスターだと何も無くても多少の抵抗が出ます。
テスターのリード線などの抵抗や接触抵抗が出るのだと思います・・・・

まず何も無しで(コードだけで)どれだけ抵抗が出るか?確かめた方が・・・

私は車の整備士ですが
デンゲンのテスターで確認した所、何も無しで0.4Ωほどありました。
このテスターで1Ωの抵抗を測ると1.4Ωぐらいになると思いますが・・・・
    • good
    • 1

1Ωぐらいの抵抗になると、テスターとテスターリードの接触抵抗、テスターリードの抵抗、テスターリードと抵抗の接触抵抗などの影響で0.1Ωオーダーの誤差が出る事は覚悟しなければなりません。



数Ωより小さい値の抵抗値を正確にはかろうとすると4端子法による測定を行う必要が有ります。
http://hioki.jp/tech/tc_ele06.html
    • good
    • 3

測定値の1.20Ωは間違いでしょう。


1.0Ω±0.5%の抵抗器の抵抗値をデジタルテスターにて測定する場合は、低抵抗測定手法が必要になります。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qテスターによる抵抗値の誤差が大きいわけ

デジタルマルチメーター等に比べてテスターで抵抗値を測定しようとすると1kΩ程度までは
カラーコードの読みとの誤差が大きくとても不便に思えます。
内部抵抗の小ささが関係しているのかとも考えたのですが、測定原理は測定抵抗と内部抵抗+接触抵抗を直列につないだ閉路に電流を流しその電圧から求めるみたいなのでデジタルマルチメーターとの差異がよく分かりません。

Aベストアンサー

いくつかの可能性があります。

1,抵抗を測定する際に指で端子に触れている。
(人間も並列する抵抗に化けるために指示値が変化する。)

2,抵抗自体の温度変化や、元々の誤差による表示違い。

3,テスターの精度による表示違い。

4,使用したテスターの電源電圧(内蔵電池)が低くなっており、表示に誤差が出ている。

5,デジタル回路向けのチップ抵抗にx1レンジで測定している。

6,テスターのメーターに物理的に異常が発生し、あるレベル以上になると、極端な誤差を表示する。

7,テスター内部の抵抗が変質してしまっている。

8,テスター使用の際、平坦に置くはずのテスターを立てて使っている。(指示誤差の原因)


他の方も言っているとおり、その2種類のテスターのメーカー名、型番と、抵抗の写真が欲しいところですね。

Q計算値と理論値の誤差について

交流回路の実験をする前に、ある回路のインピーダンスZ(理論値)を計算で求めたあと、実験をしたあとの測定値を利用して、同じ所のインピーダンスZ(計算値)を求めると理論値と計算値の間で誤差が生じました。
そこでふと思ったのですが、なぜ理論値と計算値の間で誤差が生じるのでしょうか?また、その誤差を無くすことはできるのでしょうか? できるのなら、その方法を教えてください。
あと、その誤差が原因で何か困る事はあるのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

LCRのカタログ値に内部損失や許容誤差がありますが、この誤差は
1.Rの抵抗値は±5%、±10%、±20% があり、高精度は±1%、±2%もあります。
2.Cの容量誤差は±20% 、+50%・ー20% などがあり
3.Lもインダクタンス誤差は±20%で、
3.C・Rは理想的なC・Rでは無く、CにL分、Lに抵抗分の損失に繋がる成分があります。
これらの損失に繋がる成分は、試験周波数が高くなると、周波数依存で増大します。
また、周囲温度やLCRの素子自身で発生する自己発熱で特性が変化します。
測定器や測定系にも誤差が発生する要因もあります。
理論値に対する測定値が±5%程度発生するのは常で、実際に問題にならないように、
LCRの配分を工夫すると誤差やバラツキを少なく出来ます。
 

Q抵抗のカラーコードの許容差について教えて頂きたいのですが、宜しくお願い致します。

抵抗のカラーコードの「誤差率」を何故「許容差」と表記しているのでしょうか?

それと抵抗値が違う10種類以上の抵抗のカラーコードを読み取り、読み取った抵抗値とその許容差を比較しました。すると、読み取った抵抗値が大きければ大きいほど許容差(誤差率)が小さく、逆に抵抗値(誤差率)が小さいと許容差が大きいのです。

これは何を意味しているのでしょうか?
それぞれの抵抗の用途に関係しているのでしょうか?

教えて頂きたいのですが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

全くの素人ですが・・・

> 「誤差率」を何故「許容差」と表記

「そういう慣習」なのかもしれませんが、例えば許容差±5%の抵抗は「±5%までの誤差が許容される回路でお使い下さい」という意味なのかもしれません。
(全くの推測ですが)

さて、

> 抵抗値が大きければ大きいほど許容差(誤差率)が小さく

とのことですが、定格電力に違いがあれば(1/4Wと1/8Wなど)、upponさんの仰る通り、用途の違いという可能性はあると思います。
ただ、それとは別の可能性として、製造のしやすさ、もあるのかもしれません。

例えばカーボン抵抗で、工程上の炭素皮膜の厚さが仮に10
~50マイクロメートル、誤差が1マイクロメートルだったとします。
(炭素皮膜の厚さのみで抵抗値を制御するものとして:実際には螺旋状に溝を切ってあるようなので、それによって通電距離も変えているのかもしれませんが)

抵抗値は、炭素皮膜の厚さが厚いほど小さくなるので、
  1)膜厚最大(50マイクロ) → 抵抗値最大
  2)膜厚最小(10マイクロ) → 抵抗値最小
となります。
このとき、この双方の抵抗に、工程での「1マイクロ」の誤差がのったことを考えると、
  1)抵抗値最大での膜厚誤差率 : 1/50=2%
  2)抵抗値最小での膜厚誤差率 : 1/10=10%
となり、
  抵抗値が大きいほど膜厚の誤差、ひいては抵抗値の誤差が小さく、
  抵抗値が小さいほど膜厚・抵抗値の誤差が小さくなる、
と予想できます。


このようなことから、求める精度が比較的低くてよいときに多用されるカーボン抵抗などでは、「抵抗大→誤差小」「抵抗小→誤差大」という傾向になっている可能性が考えられます。
(高精度が必要なものの場合は、抵抗値が小さいものに対してもコストを掛けて、精度を出しているのではないかと思いますが)

※なお、工程上の誤差は、主に機械側に起因するので(→同一工程内で製造した場合)、こちらの誤差は「膜厚に対する率」ではなく、「誤差の絶対値(上の例では厚みのマイクロメートル)」で効くことになります。

全くの素人ですが・・・

> 「誤差率」を何故「許容差」と表記

「そういう慣習」なのかもしれませんが、例えば許容差±5%の抵抗は「±5%までの誤差が許容される回路でお使い下さい」という意味なのかもしれません。
(全くの推測ですが)

さて、

> 抵抗値が大きければ大きいほど許容差(誤差率)が小さく

とのことですが、定格電力に違いがあれば(1/4Wと1/8Wなど)、upponさんの仰る通り、用途の違いという可能性はあると思います。
ただ、それとは別の可能性として、製造のしやすさ、もあるのかもし...続きを読む

Qテスターについてわかるかたいませんか???

初歩的な質問ですみません。。
電圧や電流、抵抗など計測するテスターなんですが、どのような動作原理で計測しているのでしょうか?抵抗など測定する際は微小な電流をながしていると聞きましたが、どの程度流れているのでしょうか?又、その時の電圧はいくつくらい印加しているのでしょうか?どなたかわかる方いらっしゃいましたら教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

アナログのテスタかデジタルのテスタかで若干異なります。

アナログのテスタ(一部の電子テスタを除く)では高感度の電流計がベースになっています。
電圧測定時には、電流計に直列に高抵抗を入れて、流れる電流を測定しています。電流測定は、分流器で回路電流の一部をメータに流すような構成になっています。
抵抗測定時も、ある電圧を加えて、そのときに流れる電流を測定しています。加える電圧は、1.5から3Vくらいのものが多いようです。(以前は、高抵抗測定用に22.5Vとか45Vの電池を使うものもありました。)

デジタルテスタ(と一部のアナログテスタ)は電圧計が基本になっています。
電圧測定時には、分圧器で適度に下げた電圧を、電流測定時にはシャント抵抗に発生する電圧を測定します。
抵抗測定では、一定電流を被測定抵抗に流し、両端の発生電圧を見てます。流す電流は、フルスケール時に電圧計最低レンジ程度の電圧(大抵は200mV)になるように選ばれているようです。

抵抗測定では、アナログテスタとデジタルテスタ(と一部のアナログテスタ)で測定方法が異なるため、端子の発生電圧の極性が異なります。

アナログのテスタかデジタルのテスタかで若干異なります。

アナログのテスタ(一部の電子テスタを除く)では高感度の電流計がベースになっています。
電圧測定時には、電流計に直列に高抵抗を入れて、流れる電流を測定しています。電流測定は、分流器で回路電流の一部をメータに流すような構成になっています。
抵抗測定時も、ある電圧を加えて、そのときに流れる電流を測定しています。加える電圧は、1.5から3Vくらいのものが多いようです。(以前は、高抵抗測定用に22.5Vとか45Vの電池を使うもの...続きを読む

Qデジタルテスターの精度の計算方法

ある解説書に、
精度が±(0.7%rdg+3dgt)の場合
DC200 VOLTレンジで真値(標準電圧)100VOLTを測定した場合の精度の計算方法として、次のように書かれていましたが意味がわかりません。
→真値が100VOLT、レンジが200VOLTなので最終桁は0.1VOLTとなり、
100VOLT×(±0.8%)+0.1VOLT×(±0.8VOLT)=(±0.8VOLT)+(±0.8VOLT)
=±0.9VOLTとなり、測定値(表示値)は100VOLT±0.9VOLTの範囲内である。

自分としては、単純に測定値が100VOLTの場合、0.7%を考慮して
誤差(精度)は、100VOLTの0.7%ぶんの7VOLT。
それにdgtの部分を更に追加した合計の7+3=10VOLTで
結果的に精度は、±10VOLTである、90~110VOLTが精度値だと思っていました。
しかし解説書では上記のように、そうではない書き方です。
自分の考え方は間違えているのでしょうか?

わかりやすい説明で教えて頂ければありがたいです。
おわかりの方がいれば宜しくご回答お願い致します。

ある解説書に、
精度が±(0.7%rdg+3dgt)の場合
DC200 VOLTレンジで真値(標準電圧)100VOLTを測定した場合の精度の計算方法として、次のように書かれていましたが意味がわかりません。
→真値が100VOLT、レンジが200VOLTなので最終桁は0.1VOLTとなり、
100VOLT×(±0.8%)+0.1VOLT×(±0.8VOLT)=(±0.8VOLT)+(±0.8VOLT)
=±0.9VOLTとなり、測定値(表示値)は100VOLT±0.9VOLTの範囲内である。

自分としては、単純に測定値が100VOLTの場合、0.7%を考慮して
誤差(精度)は、100VOLTの0.7%ぶんの7VOLT。
それにdg...続きを読む

Aベストアンサー

質問者様も解説書も説明がおかしいので、正しく説明します。

条件
精度が±(0.7%rdg+3dgt)
測定レンジがDC200 VOLT
で、100VOLTを測定した場合。
表示されている値が100.0VOLTだったとします。

rdg(リーディング誤差)は、
100.0×0.007=0.7VOLT となります。
※もし、rdgがrdg(fs)と書いてあったら、フルスケールに対する誤差ですので、
レンジの200VOLTで計算します。
200×0.007=1.4VOLT

dgt(デジット誤差)は、
表示されている最小桁が、この場合は少数第一位なので、
0.1×3dgt=0.3VOLT となります。
※もし、表示されている値が100.00と少数第二位までしたら、
0.01×1×3dgt=0.03VOLT となります。

したがって、誤差は、この2つを足して、
0.7+0.3=1.0VOLT
誤差の範囲は、100.0±1.0VOLT となります。

Qホイートストンブリッジの精度

ホイートストンブリッジで測定すると、精度がよいと聞いたのですが、それはなぜなんでしょうか?その理由を教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

イメージとしてです。

初歩的な電気知識がある仮定で説明します。
回路図は省略しますが、回路の説明に前にキルヒホッフの法則を薄っぺらで良いですから、わかっていれば良いです。(特に第二法則)
この回路の真ん中の電流値がゼロ(*1)の時にホイートストーンブリッジの関係式で成立します。電気では電圧・電流・抵抗の3つの影響が発生するのに、
この回路では、抵抗だけです。よって、不安定要素が少ないのです。

*1これは、ここに電流が流れていないのではなく、上から5の力が流れているとしたら、下からも5の力が流れていて、結局、見た目は流れていないという事です。

Qデジタルテスターによる抵抗測定

教えて下さい。
デジタルテスターで抵抗測定時に抵抗値が無限大の時に
テスターの表示は「O.L」となりますがこの「O.L」は
何の略なんでしょうか?オーバーレンジだと「OVER RANGE」なので
「O.R」となると思います。
またテスターの表示が「O.L」と表示された時
人に伝える場合は「抵抗値が○○」でしたと、「○○」の部分は
なんと言えばいいのでしょうか。
「オープン」では間違いですか?
正確な知識のある方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

手元にあるデジタルテスタの取扱説明書によれば、
レンジを超えた入力の場合には、“OL”(over road)が表示されます。・・と書かれています。(日置電機製)
このメーカーの場合はオーバーロードの略のようです。
社内に他社の測定器がなので、比較は出来ませんでした。
報告する場合は、「抵抗値がレンジをオーバーしたので、測定できませんでした」と伝えればよいと思います。
蛇足ですが、絶縁物の“抵抗値”を測定する場合には、テスタでは計れないと思いますし、用途が違うと思います。
絶縁物は「絶縁抵抗計」という計器があり、直流の250V~1000V程度の電圧を印加して20MΩから2000MΩの値を計測します。この場合でも目盛りの最大値、例えば500Vでは100MΩを超えた場合でも、無限大とは表現せず、100MΩ以上と表現します。
テスタで計れる抵抗値は、部品としての「抵抗」を測定するのであって、絶縁抵抗を計るのは本筋ではありません。概略の大きさ程度は目安として判断できますが、用途によって使い分けないと正確な値が得られません。(すでにご存知でしたら失礼をお詫びします)

手元にあるデジタルテスタの取扱説明書によれば、
レンジを超えた入力の場合には、“OL”(over road)が表示されます。・・と書かれています。(日置電機製)
このメーカーの場合はオーバーロードの略のようです。
社内に他社の測定器がなので、比較は出来ませんでした。
報告する場合は、「抵抗値がレンジをオーバーしたので、測定できませんでした」と伝えればよいと思います。
蛇足ですが、絶縁物の“抵抗値”を測定する場合には、テスタでは計れないと思いますし、用途が違うと思います。
絶縁物は「絶縁...続きを読む

Qアナログテスターでの誤差率が出る理由を教えてください

学校の実験で西澤電機計器製作所の『モデル5220 キットテスタ』を作りました。そして許容差の測定をしました。
具体的には、最大メモリ値(M)標準機の読み値(T)、誤差値[(ε)=M-T]、誤差率[(ε%)=ε/T*100]として。
DC300Vのレンジで
M=300 T=297.8 ε=2.2 ε%=0.73
という具合ですべてのレンジを計りました。

レポートの『課題がなぜ誤差が生まれるか?』
という内容で私は抵抗器の許容誤差が±1%であると説明書にあったのでこれだと思い仕上げて提出しましたが、『抵抗器の許容差が±1%になる理論を書きなさい』と返却されました。

ので、抵抗器の許容差が±1%になる理由教えてください。またテスターの誤差が出る最大の理由が抵抗器でない場合はご指摘、ご指導願います。また関連するページなどあればよろしくお願いします。

私は21年間文系でいましたので、よく分かっていません。上記の説明もできるだけ詳しく書いたつもりですが、重要なことが抜けているかもしれませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>最大メモリ値
これはMEMORYと勘違いしていませんか?
目盛りと書かなければ・・・

抵抗の誤差を考える前に、構造そのものを理解したら?
誤差はどこから生まれると予想されるか?
抵抗だけなのか? 他の大事な部分はどこ?
全体を考えてやれば、答えが出てきます。
±1%になるのは、ε=2.2と関係はないのだろうか?

そこをじっくり考えると直ぐだと思います。

Q金属、半導体の抵抗の温度変化について

金属は温度が高くなると抵抗が大きくなり、半導体は温度が高くなると抵抗が小さくなるということで、理論的にどうしてそうなるのでしょうか。
金属については、温度が上がると粒子が熱振動し自由電子が流れにくくなるというようなことを聞いたことがありますがあっていますか?
半導体についてはまったく理由がわからないので詳しく教えて頂くとありがたいです。
あと自分で調べていたところ「バンド理論」というのを目にしました。
関係があるようでしたらこれも教えて頂くとありがたいです。

Aベストアンサー

こんにちは。

>>>金属については、温度が上がると粒子が熱振動し自由電子が流れにくくなるというようなことを聞いたことがありますがあっていますか?

だいたい合っています。
金属については、温度が上がると正イオン(自由電子が引っこ抜かれた残りの原子)の振動が激しくなるので、自由電子が正イオンに散乱されます(進路を乱されます)。
それをマクロで見たとき、電気抵抗の上昇という形で現れます。

>>>半導体についてはまったく理由がわからないので詳しく教えて頂くとありがたいです。

半導体の中において金属の自由電子に相当するものは、電子とホールです。この2つは電流を担う粒子ですので、「キャリア」(運ぶ人)と言います。
ホールは、半導体物理学においてプラスの電子のように扱われますが、その実体は、電子が欠けた場所のことを表す「穴」のことであって、おとぎ話の登場人物です。
電子の濃度とホールの濃度に違いがあったとしても、一定の温度においては、両者の濃度の積は一定です。
これは、水溶液において、H+ と OH- の濃度の積が一定(10^(-14)mol^2/L^2)であるのと実は同じことなのです。

中性の水溶液の温度が高くなると、H2O が H+ と OH- とに解離しやすくなり、H2O に戻る反応が劣勢になります。
それと同様に、真性半導体においても、温度が上がると電子とホールが発生しやすくなるのに比べて、両者が出合って対消滅する反応が劣勢になるため、両者の濃度の積は増えます。
キャリアが増えるので、電流は流れやすくなります。

こんにちは。

>>>金属については、温度が上がると粒子が熱振動し自由電子が流れにくくなるというようなことを聞いたことがありますがあっていますか?

だいたい合っています。
金属については、温度が上がると正イオン(自由電子が引っこ抜かれた残りの原子)の振動が激しくなるので、自由電子が正イオンに散乱されます(進路を乱されます)。
それをマクロで見たとき、電気抵抗の上昇という形で現れます。

>>>半導体についてはまったく理由がわからないので詳しく教えて頂くとありがたいです。

半導体...続きを読む

Qテスターの内部抵抗

アナログテスターでDC 10kΩ/Vと表示されている場合、電流計で250mAと10mAのダイアルで測定する場合の内部抵抗はどうやって求めたらいいのでしょうか?

このテスターで、DC 3Vの電源で150Ωの抵抗を2つ直列で繋いだ回路の電流を測定すると7.5mAとなるのですが100Ωの内部抵抗があると解釈すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

電流計の内部抵抗ですね。

内部抵抗について。
電池について。(主に電圧降下。)
電圧計内部抵抗 (Ω/Vは特にここを指す。)
電流計内部抵抗

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%85%E9%83%A8%E6%8A%B5%E6%8A%97

電流のレンジ分流器の使い方でも
大きく性能は左右されてしまうと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング