外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

大腿部付近の疾病に関してお詳しいかたおりましたら、ご回答をお願い致します。


3か月程前、ベットから落下し(ベット高さ約25センチ程度)、その時に左足の脚の付け根、大腿部付近を痛めました。
その時はすぐ治るだろうと思い、しばらく様子をみておりましたが、未だにひきつれるような痛みが
あります。
(特にストレッチ時に痛みます、あぐらをかく姿勢など…)


今月、整骨院へ数回行き、数回骨盤矯正をして頂き、多少は具合が改善しましたが、やはりまだ痛みます。

医師の話だと、骨盤の歪み(恐らく、ベットからの落下)から大腿部付近の骨が後ろにずれ、それがこすれて痛みが発生すると言われました。


通院は整骨院のみで、整形外科にはまだ行っておりません。


リンパの腫れなどはありません。

どのように対処した方が良いか、お詳しいかたおりましたら、ご助言頂けますでしょうか。


宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>今月、整骨院へ数回行き、数回骨盤矯正をして頂き、多少は具合が改善しましたが、やはりまだ痛みます。


>医師の話だと、骨盤の歪み(恐らく、ベットからの落下)から大腿部付近の骨が後ろにずれ、それがこすれて痛みが発生すると言われました。

整骨院は柔道整復師という国家資格で医師ではありません。またこの柔道整復師とは“急性の打撲、捻挫、肉離れ”を専門に扱う資格です。三か月は慢性期に入っていますし、骨盤矯正は柔整師が出来る技術ではありません。要するに貴方の症状は整骨院の専門外になるのです。


>医師の話だと、骨盤の歪み(恐らく、ベットからの落下)から大腿部付近の骨が後ろにずれ、それがこすれて痛みが発生すると言われました。
>通院は整骨院のみで、整形外科にはまだ行っておりません。

股関節は外からは絶対に触れることができません。ということはレントゲンなしには確定的なことは分からないということです。私個人的な考えではこのような説明は腑に落ちません。

もしこの説明が正しければ、診断名は股関節脱臼(もしくは亜脱臼)です。それを知りながら(もしくは可能性を示唆しながら)、貴方を病院に送らないという対応は、医師法及び柔道整復師法違反になります。

どちらにしても骨や関節はレントゲンを撮る必要がありますので、まずは整形外科にいかれてください。骨に異常がなければ打撲や挫傷の可能性も出てきますので、整形外科の電気治療か鍼治療をお勧めします。詳しい治療方法は医師やPTとよく相談されてください。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりすみません…

とても詳しい情報を有難うございます!

早速、整形外科に行ってます。

有難うございました^^

お礼日時:2012/10/29 22:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q左大腿部の痛み。

左大腿部の痛み。

はじめまして。現在左大腿部の痛みに悩んでおります。

痛みが発生したのは1年半ほど前です。
痛みとしては筋肉痛のように全体的なものや関節痛ではなく、大腿部の中心あたりがピンポイントで血管が詰まったような痛みです。
何年も前から自室にいるときはほぼリクライニングチェアに座っているのですが、1年半ほど前から椅子に座ってしばらくすると痛みが発生するようになりました。それでも、少し動いたり、睡眠をとると翌日には痛みはなくなっていたのですが、3日ほど前から痛みが取れなくなり日中立ち仕事をしている間も、帰宅してベッドに横になっている間もずっと痛みが続いている状況です。
耐えられないほどの痛みではなく、痛いながらも睡眠も取れるぐらいですが、血栓などの可能性があったらどうしようと気になっています。
私は35歳 男 肥満体系(ほぼメタボ) 運動無し アルコール2日に一度(缶ビール350ml2本) 喫煙無し 偏頭痛の為市販の頭痛薬を常用 過去の病歴特に無し

Aベストアンサー

(Q)血管が詰まったような痛み
(A)というのは、どのような痛みなのでしょうか?
文面から拝察すると、過去に動脈塞栓などの血管疾患の
既往がないようです。
なので、「血管が詰まったような痛み」が理解できません。

もし、本当に、「血管が詰まった」のであり、しかもそれが
「動脈」ならば、緊急事態ですよ。
最悪、その部分から下の足を切断することになります。

さて、文面から拝察すると、筋肉でも神経の痛みでもなく、
骨の痛みのようです。
ご年齢から考えると、骨が脆弱になっているとは考えにくい。
となると、最も恐れるのは、骨の腫瘍です。
骨膜炎の可能性もあります。

なので、まずは、この二つの重大な疾患であるのかどうかを
確かめなければなりません。

お近くの開業医で良いので、診察を受けてください。
そこで、原因が不明となれば、すぐに、総合病院の紹介を
受けてください。


人気Q&Aランキング