マンガでよめる痔のこと・薬のこと

エンジンオイル上抜きは、邪道の風潮があるのは、なぜですか?エンジン下のオイルパンとかオイルフィルターとか、交換するのに
真下に潜らないといけないじゃないですか?

ストローやシャンプーボトルは、上抜きですよね???????????

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

>交換するのに真下に潜らないといけないじゃないですか?


真下に潜らなくても、大概は腕を伸ばせば届く位置にあると思いますが。

鉄粉や汚れは沈殿してオイルパンに溜まるから下抜きの方が排出し易いから。

>ストローやシャンプーボトルは、上抜きですよね?
それらはスッカラカンになるまで中身を吸い上げることは出来ないでしょう。
底に穴を開ければ、カラになります。
    • good
    • 11

6番さんなどが仰る通りです。



>邪道の風潮があるのは

風潮ではなく、禁じ手という表現でも良いと思います。

もちろんん、シャンプーボトルのようにひっくり返して上下逆さまにして
しっかりと中身を出せるなら
上抜きでも良いと思います。
    • good
    • 3

下抜きの方が良く抜けるとユーザーが思っているから。



お金出すなら手間のかかる方が良い、上抜きは手抜きだとユーザーが思っているから。

前にディーラーにいた時に下抜きを終えてから、上抜きしてまだこんなに抜けるってアピールして上抜きを広めていこうという事をしました、ユーザーも上抜きの方がきれいに抜けるのを理解はしてくれましたが、それでは次回は上抜きで良いかと言うとそうではありませんやはり下から抜いてもらいたいという事がほとんどです。

この風潮はなかなか変わらないと思いますよ。
    • good
    • 13

下抜き用に設計されているから上抜きでは抜きにくい為です。

但し、最近のエンジンにはメーカが上抜きを考慮して、オイルレベルゲージ直下をオイルパン最低部にしたものがあります。こういうエンジンでは上抜きの方が下抜きより多くのオイルが抜けます。下抜きであってもオイルパン最低部が抜き口になっていないものが多くありますので、エンジン断面図で確認して抜く方法を選ぶのが良いと思います。実際の作業では抜き方に関係なくエンジン内部には残油ができてしまいますので、抜き方での差は大した事はないのですが。
    • good
    • 3

どちらが正しいのか、適切なのかは、毎回オイルパンを外さないと分からないでしょうね~。

私も分かりません。


以下、画像参照です。

一般的に下抜きが良いとされるのは、ドレンボルトがドレンAの位置にあり、沈殿物等が全て排出されると思われているからでしょう。私自身も全車確認しているわけではないので、ドレンAの位置にある車がどれくらいあるのかは不明ですが。

落とし穴なのは、ドレンボルトがドレンBの位置にある車が存在していること。確実に全量は抜けませんし、沈殿物は残るでしょう。また、ドレンがドレンAにあっても、必ずしも全て抜けているとは限らないことです。

上抜きがダメと言われやすいのは、沈殿物、特に重たい金属粉を確実に吸い上げているかどうか不明なためでしょう(上抜きA)。ご自身で上抜きをして、抜いたオイルを確認している人ならともかく、多くは車屋さん任せの下抜きであり(古い外車等除く)、妄想は入っていると思われます(かくいう私も知りません)。

最悪なパターンと妄想されるは上抜きBでしょうね。沈殿物を吐き出さないと思われている上に、ホースが逆を向いて全量抜けていないと思われること。

一つだけ言えるのは、下抜きでマグネット式ドレンボルトであれば、エンジン内部から発生した金属粉の有無は確認しやすいです。

最後に、その車の総オイル量を確実に知っていると、どちらも完全には抜け切れていないことに気が付くようです。
「エンジンオイル上抜き」の回答画像7
    • good
    • 2

少なくとも自動車メーカーの設計段階で考慮されていないからです。



現在、上抜きというのは「オイルレベルゲージ穴から」抜いているわけです。

コレが「オイル排出口」からでしたら何の疑問も問題もありません。
正規の排出口以外から抜いているのが文字どうり邪道、ということです。


なお技術的というか・・・オイルレベルゲージはエンジンオイルの油面、一番上を見るものです。
なのでソコにノズルを突っ込んでもオイルには届くだろうけど一番下まで到達する必要はない、というのも嫌われる理由です。
    • good
    • 2

>エンジンオイル上抜きは、邪道の風潮があるのは、なぜですか?



技術進歩による、風潮ですね。
変速機の場合でも、「ATは邪道」の時代が長く続きましたよね。
が、今では「新規登録車種の80%以上がAT」です。
流石に「ATは、邪道」という方は、少なくなりました。
タクシー・高速バスでも、ATの時代です。^^;
エンジンオイル交換時の上抜き当初は、もちろん賛否両論でした。
結局は、上抜きも下抜きも同じですが・・・。
両方とも、オイルパンからオイルを抜きますよね。
抜く量も、大差ありません。
※上抜きの方が、オイルパン底からオイルを吸いだすので量は多いです。
※ドレンボルトは、オイルパンの底には付いていません。
※下抜きだと、完全に吸い取る事は不可能。
シリンダーとピストン研磨技術が進歩しているので、オイル内に鉄粉が混じる事もありませんしね。
燃えカス(ススなど)が、オイルに混じっているだけ。
じゃ、何故「上抜き邪道」という風潮があるの?
先に書いた通り「下抜きから上抜きの移行期間」だからでしようね。
職人的には、馴染みの技術(した抜き)守ろうとするのです。
上抜き用の機器は、手動だと3000円程ですからね。
ユーザー車検が可能な方なら、機器を購入して自分でオイル交換をしますよね。
業者は、商売上がったりです。
    • good
    • 5

オイルパンと、レベルゲージの位置などにもよるでしょうね。



メーカーによっては上抜きを勧めているメーカーもあります。
私の持っている一部の車メーカーは、上抜きを推奨しています。
    • good
    • 4

上抜きだと見えないから不安なのでしょう。


下抜きの方が抜ける車(エンジン)もありますし、上抜きの方が抜ける車もあります。
私はさして気にしません。どうせ全量を抜くことは出来ませんので。
自分でやるときも、下抜きでやることも上抜きでやることもあります。気分次第

オイルパンは交換することは滅多にありません。これは「修理」の部類に入ります。

フィルターを上に付けても意味は無いですし。
オイルポンプに近い方が効率が良い。
オイルがこぼれても下にある方が汚れが少なくて済みますしね。

>ストローやシャンプーボトルは、上抜きですよね
まぁ、下抜きでは不便この上ないですね。これらは。

風呂の水を抜くのはどう??バスポンプで抜くより栓を抜いた方が良いでしょ。
    • good
    • 2

エンジンの汚れが、下に落ちてるからです。


で、ストローも、シャンプーも、上からですが、吸ってるのは下からです。
これが、上抜きの基本です。

ただ、これも一概には言えない所が有ります。

上抜きの方が、意外と抜けない所が抜けたりして、上抜きを良いとする人も居ます。

これは、オイルパンの何処か抜くかに寄ります。

しかし、下の方が沢山抜けるだろうと、思ってる訳です。

後、エレメントだけは、場所が決まってるので、そこしか取れません。

FT-86は、エンジンルームを開けたら一番に見えます。
ものすごく簡単な場所に付いてます。

一般的には、FFは、下が多い気がしますが、、、

これだけは、場所が決まってるので、そこに工具をアクセスするしかないです。

中には、エンジンの、奥深くで、手を火傷するような場所に付いてる事も有ります。
エレメントは、そういうものです。

オイルは、下抜きでも、上抜きでも、本当は、あまり変わらないかもしれません。

ただ、下の方が、沢山汚れが落ちるだろうと思いこんでる方が多いからだと思います。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q上抜きに適さない車種(危険)はありますか?

オイルの上抜きに関して、過去の質問(質問番号:4869990)を検索していたところ
次のような回答をみつけました   

上抜きに適さない車種の様子です。  オイルがすべて抜ける抜けないではなく、上抜きの作業をしてホースがちぎれる、抜けなくなる・センサーが壊れるなどが起こりやすい車種を知りたいと思います。

過去の回答の一部です
>「必ず下のドレンコックを外して抜いてください」
と明記してあるクルマ(エンジン)があります。
D社の軽の極一部ですが。
・・・同じ形式のエンジン積んだ、他の車種ではそう書かれてないのが不思議です。

たぶん、その車種に限っては、エンジン内(オイルパン)のバッフルプレートかなにかの形状が特殊で、上からパイプを突っ込んだ場合、どこかで引っ掛かる可能性が大きいんでしょう。



との回答ですが このD社の(ダイハ○?)の軽をご存じの方はおられますか?

また、上抜きの際、ホースが引っ掛かりやすい車種や、センサーにホースが当たりやすい車種は他にあるのでしょうか?

また外車などで上抜きに適さない車種はあるでしょうか?

ご存じの方がおられましたらお教えください。

オイルの上抜きに関して、過去の質問(質問番号:4869990)を検索していたところ
次のような回答をみつけました   

上抜きに適さない車種の様子です。  オイルがすべて抜ける抜けないではなく、上抜きの作業をしてホースがちぎれる、抜けなくなる・センサーが壊れるなどが起こりやすい車種を知りたいと思います。

過去の回答の一部です
>「必ず下のドレンコックを外して抜いてください」
と明記してあるクルマ(エンジン)があります。
D社の軽の極一部ですが。
・・・同じ形式のエンジン積んだ、他の車種...続きを読む

Aベストアンサー

普段は巡回のメンテナンスでオイル交換を行ってますが屋外や出先なので当然オイルは上抜きで作業しています。

バキューム式でオイルを吸い上げるポンプで抜いていますが国産車では殆どの車種で抜くことが可能です。

オイルゲージからホースを突っ込んで抜くのですが割合調子よく抜けます。

D社ってダイハツだと思いますが問題なく抜けますよ。

ただスズキはオイルゲージが細い部分がありホースが充分入らない車種が多く少し細いホースで対応しています。

エブリーバンはゲージのパイプが途中なぜか、つぶれているのでゲージパイプをナットを外して対応しています。

コツは抜く前にオイルを充分に温めておくこと。これを怠ると特に冬場はめちゃくちゃ時間がかかり抜くのが困難になります。

Qオイル上抜き4mmのパイプが販売されていないのは?

お世話になります

オイル上抜きのチェンジャーを購入しましたが

ワゴンRのオイルゲージが4mmらしく 購入したパイプは6mm以下には使用できない商品でした

別途4mmのパイプをネット検索しましたが、販売していない様子です。

他の方のHPなどにも、「チェンジャーを購入したが4mmのパイプには使用できなかった」 とのコメントがありました。
そうした 使用不能とのコメントの多くが、スズキの車種で オイルゲージが4mmの車です
結果、上抜きのオイルチェンジャーが使用出来ない様子です。

そこで質問ですが

(1)なぜ、4mmのパイプが製造販売されていないのでしょうか?・・・・・・・ 
特にワゴンRのドレンボルトはアルミで、下抜きの際素人が行うと、トラブルになりやすいとの書き込みもありましたので、需要は大きいと思うのですが、どこも販売していないところを見ると
、もしかしてスズキは構造上、上抜きが出来ないのでしょうか?  途中でパイプが引っ掛かり抜けなくなるなどトラブルが多かったのでしょうか?


ある修理工場の方のHPでは4mmパイプを自作して、ワゴンRを交換されている様子ですので、 4mmのパイプさえあれば可能だと思うのですが・・ 

(2)GSやイエローハッ○などは基本上抜きだと思うのですが どのように対処しているのでしょうか?
業務用には上抜きの4mmタイプの商品があるのでしょうか?

(3)オイルチェンジャーに使用できる、 強度や耐油性?のある チェンジャーに流用できそうな
 4mmのパイプをご存じの方はおられますか?

または4mmのパイプが付属している(ワゴンRに使用可能な)オイルチェンジャーの商品をご存じの方はおられますか?


以上 教えていただけるでしょうか?  よろしくお願いします

お世話になります

オイル上抜きのチェンジャーを購入しましたが

ワゴンRのオイルゲージが4mmらしく 購入したパイプは6mm以下には使用できない商品でした

別途4mmのパイプをネット検索しましたが、販売していない様子です。

他の方のHPなどにも、「チェンジャーを購入したが4mmのパイプには使用できなかった」 とのコメントがありました。
そうした 使用不能とのコメントの多くが、スズキの車種で オイルゲージが4mmの車です
結果、上抜きのオイルチェンジャーが使用出来ない様子です。

そこで質問で...続きを読む

Aベストアンサー

内径の問題。
そしてなにより強度の問題。
それくらい細くて、オイルパンに押し込める強度
レベルゲージもそうですが、
まっすぐゲージ穴からオイルパンに入るわけではありません。
押し曲げられるのに、座屈しない強度が必要です。

それでいて4mm外径?
イメージとして考えて良いのは
注射針ですねそれじゃ。

存在しません。
というか下抜き専用車種です。

Qオススメ上抜きオイルチェンジャー

こんにちは。
まぁ色々有りまして、オイル交換を自分でやろうと思っています。ジャッキアップして下抜きしてもいいんですが、手軽そうだから、オイルチェンジャー使ってもいいかなと。
オイルチェンジャーってKTCの1万円くらいの手動タイプもあれば、ヤフオクで電動が3000円くらいでもありますよね。

もしこれらを使用したことがある方、良かった悪かった、あるいはやっぱり下抜きが良いなど、どんな意見でも構いませんのでアドバイスお願いします。

#ちなみに何で自分で変えるかというと、チョットいいオイルになるほど量販店やディーラーでは高いし、入れたいのが置いてなかったりするから。。

Aベストアンサー

こんにちは いろいろな上抜きを使用していますが車種により出来ないものがありますので確認をしてから購入をお勧めいたします。自分も心配で上抜きで抜いたあと何台か確認のためにドレンを外して見ましたが80%以上の車でオイルは下から出てきませんでした。下抜きより安全で手が汚れずにすみますのでもし出来るのならば上抜きをお勧めいたします。電動式は結構面倒くさいので現在は手動式で真空ポンプの容量で抜くタイプを使用しています。オイルエレメントに関してはどちらでも同じだと思います。

Q同じエンジン形式で上抜きができる・できない車なぜ?

オイル交換を上抜きでおこなっています

なぜか同じエンジンなのに、上抜きで抜ける車と抜けない車がありました 



キューブ 車体番号YZ11・・・・・   エンジン形式HR15    → 2,1リットルしかぬけなかった

キューブ 車体番号Z12・・・・・・  エンジン形式HR15    → 少ししか抜けなかった

キューブ 車体番号YGZ11・・・・  エンジン形式HR15    → 3.1リットルすべて抜けた 

エンジン形式がおなじならば エンジンの構造は同じかと思うのですがちがうのでしょうか?

車体番号が違うのですが エンジンの構造が変わっているのでしょうか?

もしかしたら単に 上抜きのチューブがうまくオイルパンに入っていなかっただけでしょうか?

エンジンの構造をご存じの方がおられましたらお教えください

Aベストアンサー

エンジンの基本形式が一緒でも細部は別物でポン付けは無理、というのは一杯あります。

特にオイルパンなんて車体に合わせて別の形状のものをつけるのは当たり前ですから・・・・
(排気管とか駆動系のレイアウトの都合が多い・・・かな?)

形状といっても一番低いところ(吸い込み口)がエンジンの前側(クランクプーリーより)か後ろ側(ミッションより)かといった程度ですが・・・・


上抜きの場合、オイルのレベルゲージのところからチューブを入れるのですが、
レベルゲージというのはオイルの一番上がどこか?というのを見るためのものです。
ですのでゲージのLレベルのちょい下までの深さは必要なんですが、一番低いところまで届く必要はないです。
よってレベルゲージと一番低いところの位置関係に特に縛りはありません。


オイル交換の場合、チューブの先がオイルパンの一番下にたどり着く必要があります。


ですのでこの位置関係がずれていると・・・というだけの話です。

Qクリアがはげてきたので、クリア層だけ修復したいのですが…

プジョー205(赤:ソリッド)に乗っています。
最近ルーフのクリア層が急速にはげてきました。
最初は塗料とクリアの間に気泡が入り、点々としていたのですが、最近になって急激にめくれ始めてしまいました。
今のところルーフの1/5程度ですが、日に日に拡がっています。
(ボンネットや側面は問題無さそうなのですが・・・)

もう8年落ちの古い車ですし、板金塗装屋さんに持っていって修復する程の物ではないので、自分で処置しようと思っています。
とはいうものの、どのように直していいか分かりません。
単純にクリアスプレーみたいの買ってきて吹いても駄目なものでしょうか?
外車というのは影響しますでしょうか?
(ちなみに板金屋さんに持ってたら費用はどのくらいかかるんでしょう?)
これ以上剥離が拡がらないようにするのが目的なので、仕上がりの綺麗さなどは気にしないつもりです。
自分でやる時のコツや、道具など、またお奨めのサイト等ありましたら教えて下さい!
車好きの皆さん、よろしくー!

Aベストアンサー

いったん剥げてしまったクリヤーは完全にはがさなくてはなりません。その上から塗料を吹いても中に空気が入ったりしてまたすぐ剥げてしまいます。ペーパーなどで剥がれるクリヤーはすべてはがし、段差などないよう処理し、段差が少しでもある場合は、パテなどでならします。
その上にサフェーサーを吹き、色、クリヤーと塗装します。屋根となると、素人では無理でしょう。
ディスプレイなどでやっているのはプロですからあんな綺麗に仕上がるのです。
そんな簡単にできては私ども食っていけません。(笑)
一応、技術を売っているわけですから。
修理にかかる材料を買ってきて自分でやってみてもいいでしょうが、その材料費ちょっとでプロにやってもらう値段と変わらなくなってくると思いますが。
缶スプレーではとても屋根の面積を吹き切れないでしょう。エアー圧も必要になりますし、上の面というのはとてもごみがつきやすいのでその処理も大変です。
今時期でもまだ虫もいますしね。(塗ってる最中に飛び込まれるのです)
下の方も答えてますが、費用としては、屋根のみなら処理と塗装で5万弱ってところでしょうか。

近所の鈑金屋さんにでも一度相談するとよいですよ。
近くにないならディーラーで聞くか、タウンページなど使ってもいいかと。
友達などで鈑金したことある人とかに上手いとかここは安いよとかいう情報も聞いてみては?

いったん剥げてしまったクリヤーは完全にはがさなくてはなりません。その上から塗料を吹いても中に空気が入ったりしてまたすぐ剥げてしまいます。ペーパーなどで剥がれるクリヤーはすべてはがし、段差などないよう処理し、段差が少しでもある場合は、パテなどでならします。
その上にサフェーサーを吹き、色、クリヤーと塗装します。屋根となると、素人では無理でしょう。
ディスプレイなどでやっているのはプロですからあんな綺麗に仕上がるのです。
そんな簡単にできては私ども食っていけません。(笑)
一...続きを読む

Qエンジンオイル【0W-20】と【5W-30】はどちらがお勧めですか?

現在、平成14年式ステップワゴンに乗ってますが、取り扱い説明書には推奨オイルの欄に※【0W-20】【5W-30】【5W-40】【10W-30】
「※:【0W-20】は、最も省燃費性に優れたオイルです。」
と書いてあり
【0W-20】と【5W-30】で悩んでいます。
【0W-20】と【5W-30】で乗ってみて違いが分かりますか?
カーショップでは、千円ぐらい違いますが、やっぱり【0W-20】の方がお勧めなのでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

0W-20のオイルで 夏場でも油膜切れはおこりませんよ。
素人判断ですね(笑)

イメージだけで考える人は、そう思うのかも知れませんね。
確かに0W-20は 専用エンジンのみの指定になっています。
(5W-20も専用エンジン指定です)

整備手帳に記載が あるなら そのオイルを入れてもいいと
いう事です。

0W-20のオイルは、カーレースでも使用され メーカーの
厳しいテストを受け世に出ていますので なんら問題ありません。

だいたい油膜切れまで AT車が、激しい走行を公道で可能でしょうか?

素人のイメージ専攻型の人は 皆さん そう言いますね。
大きな間違いです。

ちなみに 私は1年中 5W-20を入れてます。

Q日本の工具メーカーはどれが一番よいと思いますか

日本の工具メーカーのほうが国産車に適合するように作られてよいと思っています。しかし、
日本を代表する自動車用工具メーカーにはKTC、TONE、 KOKEN がありますが、どれが一番よいと思いますか。
また、それぞれメーカーの得意分野が分かれば教えてくださいませ。

Aベストアンサー

まずは、(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2301076)の No.6 を読み下さい。

上記をお読み頂いたあとで、


Ko-ken がベストですよ。ソケットツールしか出していませんが、Ko-ken が出しているものは全てKTCを上回っています。

Ko-ken は、世界でも信頼されている、日本を代表するソケットツールメーカーですね。


私はKTCも好きですよ、良いと思います。しかし、世界的には全く無名の、コソコソと日本の中だけで主に商売をやっているメーカーにどうしても見えてしまいます。

よって、Ko-ken で揃う工具は全て Ko-ken で、Ko-ken に無いものはKTCで、というのが当方のお勧めですね。


KTCの中国工場製のものには[中国製]と、日本製には[日本製]と、パッケージに記載してほしいところです。
(http://www.kyototool.co.jp/company/profile.htm)
このところの中国の技術力の高さには目を瞠るものがあります。どれが中国製なのかが知りたいです。
これもコソコソ隠すところあたりが、KTCはコソコソのイメージが付いてしまいます。
パソコンだって何だって中国製で良いものがどんどん出てきている時代なのですから、
コソコソしない方が、もっと良いイメージになれるのにと、少し残念なメーカーです。


海外メーカーにもいろいろ良い物が有りますよ。詳しくは上記URLをご覧下さい。
.

まずは、(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2301076)の No.6 を読み下さい。

上記をお読み頂いたあとで、


Ko-ken がベストですよ。ソケットツールしか出していませんが、Ko-ken が出しているものは全てKTCを上回っています。

Ko-ken は、世界でも信頼されている、日本を代表するソケットツールメーカーですね。


私はKTCも好きですよ、良いと思います。しかし、世界的には全く無名の、コソコソと日本の中だけで主に商売をやっているメーカーにどうしても見えてしまいます。

よ...続きを読む

Qフォルクスワーゲンのエンジンオイル交換は純正オイルを使うべきですか。

フォルクスワーゲンのエンジンオイル交換は純正オイルを使うべきですか。

Aベストアンサー

フォルクスワーゲンってひと口に括っても年式やグレードで随分違ってくるっす。

元々大衆車のVWがそんなにオイル選ぶようなデリケートなモノのわけないじゃん、っつー感じもするんっすけど、日本に入って来るとどういうわけか妙に高級車的な扱いをしたがる人が多くていいオイルを入れちゃったりするんっすよ。それが運の悪い事に本国では大衆車も大衆車、安っすい鉱物オイルを入れるっつー初期値で作っているのに全化学合成オイルを入れちゃったからメーカーの予想を超えていろんな汚れと一緒にオイル漏れを防いでいるゴムなんかも溶かしちゃって。。。#2さんが指摘している不具合が起こっちゃう原因って、人よりクルマに詳しかったり拘ったりするのが逆に働いちゃった!!ってのが原因だったりするんっすよ。

例えばVWでもGTIとポロではメーカー推奨のオイルって、全然違うでしょ?それって、そういう事なんっすよ。

一番難しいのが中間グレードとか中間よりチョイいいモデルっすね。どの辺までグレード上げたらいいのか、迷ったりしちゃうっす。
そういうのがメンドクセ!っつーならディーラーで純正オイルを入れてもらうのが一番っすね。

でもバックス的な店に行ってもふらりとホームセンター的な店に行っても「安くて良さそう」なオイルがあるとつい入れたくなっちゃうっすよね。ラーメン出てきたら、食っちゃうよね。。。巨乳って、見ちゃうよね。。。っつーのと同様、人情っす。

そういう時のために車検証入れに入っている取扱説明書を読んでおくんっすよ。たいていはエンジンオイルの項に適正オイルの粘度と等級(グレード)が書いてるっすから、それと同等のオイルを入れていれば社外品でもOKっす。何しろ純正オイルも社外オイルもオイルの品質を管理する団体のチェックを通さないと売れない仕組みになっているっす。逆に言えば入れ物のロゴ以外は同品質だから純正も社外品もヘッタクレもねえんっすわ。#1さんが言ってるのって、こんな感じの事だと思うっす。
取扱説明書ばかりじゃなくてディーラーのフロントで尋ねればオイルの粘度と等級を聞いてみるとすぐに教えてくれるっすよ。教えてくれなかったらココで再度質問を立ち上げれば割とすぐに誰かが教えてくれるっす。

あとはメーカーが推奨しているオイルメーカーのオイルっつーのも手っすね。VW/AUDIだとバナナで釘が打てるでおなじみの モービル1 とドイツの リキモリ(Liqui-Moli) と フックス(Fuchs) なんか推奨してるっすね。


っつー事でまずはご自分のVWのグレードに見合うオイルの粘度と等級を知っておく必要があるっすね。それさえ知っていれば社外のオイルでも、平気なんです。

フォルクスワーゲンってひと口に括っても年式やグレードで随分違ってくるっす。

元々大衆車のVWがそんなにオイル選ぶようなデリケートなモノのわけないじゃん、っつー感じもするんっすけど、日本に入って来るとどういうわけか妙に高級車的な扱いをしたがる人が多くていいオイルを入れちゃったりするんっすよ。それが運の悪い事に本国では大衆車も大衆車、安っすい鉱物オイルを入れるっつー初期値で作っているのに全化学合成オイルを入れちゃったからメーカーの予想を超えていろんな汚れと一緒にオイル漏れを防い...続きを読む

Qトヨタ86のフロアジャッキアップポイント(フロント)の強度

トヨタ86をフロアジャッキを用いてジャッキアップしました。
車体フロント側の正しい位置にフロアジャッキの受皿を合わせてましたが、フロントキャスターが地面ににめり込んだ状態でジャッキアップしてしまいました。
フロアジャッキの受皿が車体前方方向に弧を描いて動く事を考えると、サイドブレーキを強く引いていましたので、車体のジャッキアップポイントに車体前方方向の力が加わったと考えます。
後にジャッキアップポイントを目視した際、フロアジャッキの受皿の金属部分がそのカバーのゴム板を貫いて付けた傷とわずかな凹みを確認しました。なお、地面は砂利入りの土に玉砂利を敷いたものです。
整備士の方など構造と強度に詳しい方にお伺いします。車体ジャッキアップポイントに前方方向に大きな力が加わった場合、車体への影響がどの程度ありますか。
走行に変化はありませんが、心配しています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ジャッキアップポイントから落ちていなかったのであれば、何の問題もありません。
へこみは何もしなくてもよいです。強度的、性能的に問題ありませんし、骨格の寸法変化も起こっていません。
傷も何もしなくてもよいですが、気になるなら黒の塗料を塗っておきましょう。

ジャッキがずれてジャッキアップポイントから落ちると、オイルパンや排気管を損傷する場合があります。今回はラッキーだったと思います。

質問文に書かれているように、ジャッキアップによって車両とジャッキが円弧を描いて上がるので前後方向の相対変位が起こります。少なくとも車両かジャッキのどちらかが前後方向に動く状態になっていないといけません。
基本としては、ジャッキアップは堅くてなめらかな水平な場所でサイドブレーキを引かずに行うものです。上げ終わったらサイドブレーキを引いて輪止めをかけます。


人気Q&Aランキング