人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

昨日、スクーターでコンビニへ入ろうと右折禁止の交差点手前にあるコンビニへ図(1)のように入ったところ右折禁止で青切符を切られてしまいました。警察の主張では(2)のように入れば問題ないとのことなのですが地図を確認してみると歩道も国道に入っているし、右の道に入ったとは言えないと思います。この場合は(1)、(2)両方とも車両横断ではないのでしょうか?横断歩道を横切ったらダメとかあるんでしょうか?
この場所が右折禁止というのは知っていましたがコンビニに入るので問題無いと思っていました。また、(2)の入り方だと歩道橋の階段部分で死角が多く以前に歩道を走っていた自転車と接触しそうになったため(1)の方法で入っていました。

ちなみに抗議できたるとしたらどこに行けばいいんでしょうか?青切符に出頭先と書かれている警視庁交通反則通告所ですか?

「右折でコンビニに入ったら切符を切られまし」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

交差点右折禁止というのは


その交差点での右折が禁止ということです。
交差点にある停止線を越えたら
もう交差点内ですから右折禁止違反になってしまいます。

ここで右折禁止でないのは交差点内に入る前ですね。
警察官の言う「2」のルートなら右折禁止には引っかかりません。
そこが危険であるかどうかは別の問題です。

交通警察官といえども間違いは多いですから
不満があれば交通反則通告所で反則金の支払いを拒否し
書類送検してもらって裁判で争うことになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、交差点に入った時点で右折禁止の適用になるんですね。納得しました。
以後気をつけようと思います。


一番最初に回答して頂いたのでこちらの方をベストアンサーにさせていただきました。
みなさんありがとうございました。

お礼日時:2013/06/15 15:02

これは勝てない勝負です。

リスク高すぎます。
「右折でコンビニに入ったら切符を切られまし」の回答画像7
    • good
    • 0

(1)の方法だとどうしてもガードレールの先を回ることになります。


交差点内です。
アウトでしょうね。
今まで大丈夫だったのはラッキーに過ぎません。
あきらめるしかないでしょう。

また、切符にサインしたのであれば、違反事実を認めた、ということですから、これを覆すのはほぼムリです。
その場で「サインしません」といえば、争う余地はあったのですが。

一旦認めたことを認めないということは、「じゃあ何で認めたの?」「警察官の説明に納得したからでしょ?」ということになりますよ。
警察官の現認地点がおかしいとか、目撃者でもいれば別ですが・・・。
    • good
    • 0

この部分で右折してるのでダメです。



だから抗議するのは自由ですが、認めてもらえません。
「右折でコンビニに入ったら切符を切られまし」の回答画像5
    • good
    • 0

右折禁止になるんでしょう。


(1)のコースでUターンして(2)と同じ歩道橋下から入った
のではなくて、右折してコンビニ側の横断歩道から、歩道をとおり
コンビニに入ったのでは、ないでしょうか?
ちょうどコンビニの角は歩道用のガードレールがあるし、
植木がありますから完全に右折しないと入れません。
Uターンか右折しないと入れない。
そのコンビニは、ちょうど交差点にある。

抗議は、もうサイン捺印しているならどうかな?
と思いますが、最寄の警察署で抗議する。
    • good
    • 0

 対向車の観点ならどうでしょう。

右折禁止の交差点に車が飛び出してきたら困るのでは。
    • good
    • 0

バイクを押して歩いてたのなら主張通りです。



でもそんなはずはないので、違反ですね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q駐車場に右折して入ることは出来るでしょうか?

右手にコンビニの駐車場に入る入り口があります。画像の写真のように右折して入ることが出来るでしょうか?出来ない場合はその理由を教えてください。

また、右折して駐車場に入るとき、一旦停止はしなければならないのでしょうか?どこですればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

写真に肝心の道路左側の標識類が一切写ってないので判断が全く出来ません。

交差点以外での右折が禁止されるのは「車両横断禁止」「指定方向外進行禁止」の標識区間と「中央分離帯」設置部分です。
写真の交差点あるいはそれ以前に該当標識があるかどうかが判断基準です。探してください。

センターラインに寄るはみ出し禁止指定は「直進」「追い越しによるもの」に対するものなので今回の判断基準にはなりません。

また道交法25条で「他の車両等の正常な交通を妨害するおそれがあるときは、道路外の施設に出入するための右折をしてはならない」と定めています。
これはさじ加減の問題ですが、4車線道路でUターン禁止の場所なので交通量が多い時間帯があると予想されます。そういったときに右折進入で渋滞の種をまくような行為をしていれば標識に関係なく違反行為となります。

道路外へ出る右折には交差点と違い徐行義務はありませんが、車両先端が歩道内に入った瞬間から徐行しなければいけません。

結果をまとめると「コンビニ進入を禁止する標識が無いのを確認してから、交通量を確認。対向車と歩行者が切れたらサッと右折、すぐ減速して歩道を徐行して道路から退避。」を短時間で行える場合のみできます。
出来ない場合は大回りしてコンビニに安全に進入してください。

写真に肝心の道路左側の標識類が一切写ってないので判断が全く出来ません。

交差点以外での右折が禁止されるのは「車両横断禁止」「指定方向外進行禁止」の標識区間と「中央分離帯」設置部分です。
写真の交差点あるいはそれ以前に該当標識があるかどうかが判断基準です。探してください。

センターラインに寄るはみ出し禁止指定は「直進」「追い越しによるもの」に対するものなので今回の判断基準にはなりません。

また道交法25条で「他の車両等の正常な交通を妨害するおそれがあるときは、道路外の施設に出入...続きを読む

Q道路の白線・黄色線は「はみ出し禁止」?「追い越し禁止」?車線変更は?

道路の白線・黄色線について疑問に思っています。過去の質問を拝見しましたら、白・黄色の実線について
「はみ出し」を禁止している
「追い越しのためのはみ出し」を禁止している
「追い越し」を禁止している
との回答を眼にしました。

1)どの見解が正しいのでしょうか?


2)1)の回答にもよりますが、車線区分線としての白・黄色の実線の場合には、車線変更は禁止なのでしょうか?

「はみ出し」禁止であれば当然ダメでしょうが、「追い越し」禁止であれば車線変更は可能なような気がします。しかし、その場合は「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別がつかず、どこから違反とされるのかわかりません。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分へのはみ出しは禁止。

(道幅が狭いため、駐車車両や道路工事、また軽車両を追い越すなどやむを得ない場合には、中央線の右側へはみ出すことが出来る)

「追い越し禁止」の標識がある場合は、右側へはみ出すことはもちろん、はみ出さずに済む状況であっても、追い越しそのものが禁止されます。


次に

◆実線の車線境界線(白色・黄色とも)

実線部分では、車線変更そのものが禁止されます。白・黄色ともに。

※交差点(内部)と、その手前30メートル以内はもともと「追い越し禁止」場所ですから、仮に点線(破線)の車線境界線であっても、追い越しのための進路変更(車線変更)をすることは出来ません。
(優先道路を走行していて信号機のない交差点の場合は除外。←あまり考えなくて結構です)

テキストには、「追い越しが禁止される場所」として7項目の記載があると思います。
それらの場所では、追い越しをしようとして進路変更(車線変更)しただけでも違反行為と考えられます。

●「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別 について。

クルマはその速度に応じた車間距離を必要としますが、最低限必要な距離としては、前車が急停車した場合に追突しない距離と考えられます。
次に、追い越す動機としては、速度差があるため前車に対して、最低限必要な距離程度までに近づいてしまったから、という理由が挙げられると思います。
(勿論、急いでいる場合もあるでしょう)

追い越す意識(目的)があるかどうかという心理は、遠目には分かりませんが、車間距離がギリギリまで近づいていた場合には、意図していたと判断されるのではないでしょうか?
追い越す必要がなければもう少し車間距離を取るでしょうから。
特に速度を上げて接近していった場合には、その速度差から、追い越す意識があったと判断されると思われます。

現実的には、追い越しのための車線変更自体が違反行為となるケースが多いと思いますが、単純に追い越す意図があるかないか、を判断する材料はギリギリの車間距離か十分な車間距離か、また、前車と同じ速度であったか、速い速度で接近中であったか、だと考えます。

前車と十分な車間距離があり、速度も同程度の場合には、単なる車線変更と見なされると思います。

どうぞご安全に。(元、指導員より)

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング