ネットが遅くてイライラしてない!?

外国人と日本人の脳の違いを読んでいて、この質問をすることになりました。

日本では古来、蚊帳を持参して野原に虫の鳴き声を聴きに行くという風習さえ存在しました。

コオロギや鈴虫の鳴き声は、現在でも日本人は超美しい音楽と感じます。
ところが、虫の鳴き声は英米人はnoiseというとどこかで読んでびっくりしました。

虫の鳴き声にはchirpという語を当てるようですが、この語は、「小鳥がさえずる」ような美しいものを聴くという語感があるのでしょうか?それとも、あくまで虫が音を出しているというだけの客観的な言葉なのか?

機会があれば、知り合いの英米人に実際に虫の鳴き声を聞かせて(録音されたCDも売られている)、反応を確かめたいと思っています。
貴方はこのことで、外国人と話されたことはありませんか?実際に虫の声を聞かせてみたことはありませんか?

小鳥が鳴くのはsingというますから、小鳥の鳴き声には英米人も音楽性を感じているようですね。

では、「風」はどうですか?花鳥風月といい、日本人は風の音にも美を感じて来たようですが、英米人はどうなんでしょう?

英米の文学を読んでいたずっと昔は、こういう点には全く無頓着でしたから、今は思い出せません。文学は勿論、日常生活ではどうなのか、このことに関して何か知っておられる方がいれば、どうぞ御回答をお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

No.2です。



イギリスの「yahoo!ANSWERS」を検索したら、以下のようなQ&Aがありました。回答を見ると、イギリスにも、コオロギの鳴き声、雨の音、などは noise ではなく、聞いて心地いいものと感じている人がいます。

<質問>
When going to sleep are there any sounds you find relaxing/comforting?
http://uk.answers.yahoo.com/question/index?qid=2 …
寝るとき、聞いてリラックスする、あるいは気が休まる音がありますか?

<回答>(ベスト・アンサー)

I love the outdoors where crickets are chirping. I also love the sound of rain. And a waterfall. Those sounds calm me
私は、コオロギが鳴いている野外(自然)が好きです。また、雨や滝の音も好き。それらの音は私の気を静めます。

他の回答者(6名)は、ミニチュア噴水から水が落ちる音、扇風機の音、雨の音、海から聞こえてくる音、等を、リラクシングな音として挙げています。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

また、以下のような質問もありました。ここでも、質問者はコオロギの鳴き声を素晴らしいものとしています(他に、コキー蛙の鳴き声、かすかに聞こえてくる小鳥が羽ばたく音)。

<質問>(一部を引用)
You can hear the soft chirp of crickets, the mellow song of the coqui frog, and the hushed tone of birds flapping their wings. You take a minute to look and listen to the symphony surrounding you, appreciating each lovely, musical moment.
http://uk.answers.yahoo.com/question/index?qid=2 …
 

この回答への補足

再回答ありがとうございます。

クリケットというイギリス人が好む競技がありますし、虫のコオロギにはイギリス人も好感を持っているようですね。

日本人はコオロギの鳴き声を「ころころころ」、松虫のそれは「ちんちろちんちろちんちろりん」、クツワムシが「がちゃがちゃがちゃがちゃ」、鈴虫が「りーんりーん」などと表現しますが、英米ではどうでしょう?虫の鳴き声を擬音で表現したりしますか?
蛙や犬は、勿論ありますが、虫はどうなんでしょう?

それから波の音は「ざぶ~ん」風は「そよそよ」ですが、西欧ではこういう擬音語はないのですね?

まあ要するに、擬音語があれば、これらの語を左脳の言語中枢で処理しているということらしいのですが。

補足日時:2013/12/11 21:37
    • good
    • 0

   #1です。

補足です。

>>左脳右脳説に血液型のような胡散臭さを感じておられるのでしょうか? 

    はいそうです。

>>言語が重要なファクターになっているようで、下記の文章を書かれた方は厳密な定義をされています。

    まあ最低この程度の修繕は必要でしょうね。ありがとうございました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再回答ありがとうございます。

お礼日時:2013/12/18 17:28

    #1です。

補足です。

>>少なくともコオロギに関しては、音楽性を感じているのが一般の英米人なのでしょうか。

    「一般の英米人」のアンケートをとったことがありませんので、分かりません。

>>私が読んだ「ノイズである」という文章をもう一度探してみたいと思います。

    お願いします。シェリーの詩に We look before and after, And pine for what is not というのがありましたね。

   ああこう言うのも読みました。
    「角田教授は所詮歯科医であり、その「右脳左脳論」は現在では、よほど不勉強な者しか信奉者がいない。中国では古来よりスズムシの声を楽しんできたしイギリスではキーツが「キリギリスとコオロギ」という美しい詩を読み、ディケンズが「炉辺のコオロギ」というユニークな童話を書いている。ディズニーアニメには虫の音楽隊は常連だ。

  虫の声を日本人しか楽しまないというのは狭い偏見だな」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>虫の声を日本人しか楽しまないというのは狭い偏見だな

私はまだ、このことに関して結論は出しておりません。「白人は虫の声をnoiseと認識する」という昔読んだ一節を思い出したので、世界の事情はどうなのかと探り始めたばっかりです。

>中国でスズムシの声を楽しんできたし
日本へ中国から伝わって来た可能性もありますね。

私は、あるアジアの途上国と関わっているのですが、その国では虫の声には一顧だに与えませんね。

お礼日時:2013/12/18 17:38

    #1です。

補足です。

  >>で、英米人は虫の声をnoiseというのかどうか知りたいのですが。

   下記のオックスフォード辞典では
1。 cricket の場合  musical chirping sound を出す、とあり
http://www.oxforddictionaries.com/us/definition/ …

2。 grasshopper の場合 chirping sound とされています。
http://www.oxforddictionaries.com/us/definition/ …

    ノイズと言う表現はありませんでした。

この回答への補足

>ノイズと言う表現はありませんでした。
少なくともコオロギに関しては、音楽性を感じているのが一般の英米人なのでしょうか。

私が読んだ「ノイズである」という文章をもう一度探してみたいと思います。

補足日時:2013/12/11 21:19
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

左脳右脳説に血液型のような胡散臭さを感じておられるのでしょうか? 言語が重要なファクターになっているようで、下記の文章を書かれた方は厳密な定義をされています。

なお、これからご説明する際に使用する「日本人」とは人種的な意味での日本人ではなく、日本語を第一母国語とする人々を意味し、日本で生まれ育って日本語を第一母国語とする外国人も含めますが、外国で生まれ育って外国語を第一母国語とする日本人は含めません。

 また最近の研究で、ポリネシア語を第一母国語とする人々・ボルネオ奥地の山岳民族も、日本人と同様な特性を持つと判明しましたので、今後も中国南部の山岳民族・アフリカ奥地の民族・アマゾン奥地の民族の中に、日本人と同様な特性を持つ民族が存在する可能性がある事を申し添えておきます。

 また外国で生まれ育った日本人でも、日本で生まれ育った外国人でも、生まれ育った所で周囲から隔離された環境下(日本人社会と日本人学校、米軍基地とアメリカンスクールなど)は別であると申し添えておきます。あくまでも関係して来るのは、「第一母国語」なのです

お礼日時:2013/12/11 21:16

鳥の声は、英語ではsing(歌う)ですが、日本語では鳴く(cry)ですね。

では、日本人は鳥の鳴き声を「うるさがる」のかといえばそうではありません。

これは「言葉のあや」でしかないのです。

ただ、どのような音を楽しめるか、ということでいえば「それは各地の気候に応じた文化による」としかいえないでしょう。

日本の場合、太平洋熱帯性高気圧(熱い空気)とユーラシア大陸性高気圧(冷たい空気)という二つの異なる気候に挟まれた土地であり、島国なので独立した気候になっているのが特徴で、だからこそ1年を通じて段々に冬から夏に切り替わる四季を楽しむことができるのです。
これを24節気に分けて、それぞれの時期に「梅が咲いた」「桜が咲いた」「虫が出てきた「せみが鳴き始めた」「トンボが飛んだ」「鈴虫が鳴いた」「寒風が吹いた」「雪が降った」と季節が移り変わっていくのを楽しむ文化が育まれたのです。

しかしこれが、赤道に近い地域ならどうでしょう。たとえばセミは年がら年中鳴いていることになりかねません。じっさいにはそうでも無いようですが、しかし日本と違って暑さの象徴としてのせみの鳴き声、それが転じて子供のころの夏休みの思い出のバックミュージックというようなものにはなりにくいのでしょう。

アニメなどでも、日本では夏の暑さの表現にセミの鳴き声を聞かせて、そこに台詞がかぶることで「熱いーー夏」を表現できますが、外国では「なんでこんな騒音をせりふと混ぜて聞かせるの?」という疑問がでるそうです。

また、逆にエスキモーのような寒い地域に暮らしている人々は「雪・風雪」の音で季節を感じるといいます。これから冬に入る時期にふる重い雪の音、シーズンまっしぐらの風の強さの音、雪解け時期の雪が落ちる音や氷が割れる音などが彼らにとっての「季節の音」になるそうです。

ですから、風の強い地域に住んでいる人々なら、風の音だけでなく時期によって吹いてくる方向などで季節を感じるのでしょう。

ですから単純にCDなどで外国人に虫の音を聞かせても「いい音だね」という反応しか返ってこないでしょう。しかし、日本人がもつ「鈴虫の音に付随する季節のイメージ」はそこになく、単に「音」だけを聞いて判断しているといえます。

そもそも右脳と左脳の話自体がトンデモ説である、という話もあります。
どちらの脳で聞くか、というよりも文化的な違いのほうが大きいと思います。

この回答への補足

で、虫の声をnoiseとは言わないのですか?

補足日時:2013/12/11 16:24
    • good
    • 0

youtubeには、こおろぎの鳴き声などの投稿がたくさんあります。

それらの音を、ヒーリングの音として扱っているみたいなので、欧米人だから虫の声は「雑音」ということでもないように思います。

もっとも、それらのyoutubeの投稿者はみな日本人なのかもしれませんが。

<例>

Night Sounds - Cricket Sound - Relaxing Sound - Nature Sound - Healing


Healing of Soul -Shubert Serenade (sound of cricket)
http://www.youtube.com/watch?v=bf79NULxibM
 

この回答への補足

回答ありがとうございます。
英米人は虫の声をnoiseという、確かに以前どこかで読んだのですが、それを確かめ対質問です。

補足日時:2013/12/11 16:33
    • good
    • 1

    下記に「コオロギの鳴き声がうるさいです」という質問がありました。


    http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2613690.html
     日本人と西洋人は脳の仕組みが違う、というあの本ですが、なぜ日本で暮らしている西洋人や、西洋文化に浸っているブラジル三世とか、アメリカの日系四世の研究をしないでのだろう、と思っていました。

    脳のハードウェアの違いと言うなら、こう言う解剖学的な研究がなされない限り、日本人は虫の鳴き声を音楽と聞くが、西洋人は騒音と聞くという、実証のない話で終わるような気がします。

    ご研究の成果をお待ちしています。

この回答への補足

で、英米人は虫の声をnoiseというのかどうか知りたいのですが。

左脳右脳に関する貴方の見解は求めておりません。

補足日時:2013/12/11 16:35
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「せみがなく」ってどう表現するのですか?

「蝉(せみ)がなく」のなくはchirrなのですか?
ネイティブはどのように表現するのでしょうか?」

Aベストアンサー

蝉の鳴く音は「ブザー」の「buzz」です。

蝉の鳴き声は「buzzing of cicadas」

鳥の場合は詩的に「sing」でもイイでしょうしこれが最適でしょうが!,蝉(昆虫)の場合はやはりひと味違いますね。

Q原爆・長崎・広島の被害者数は一体どれくらいなんでしょうか。

鳥インフルエンザ、新型(鳥)インフルエンザが流行してしまった場合、最悪の事態の予想を、新型インフルエンザ対策検討小委員会が明らかにしたという数値をみて、死者、患者共にその数の多さに驚きました。あくまで最悪の場合の予想とはいえ、ものすごい惨事であると思いました。そこで、生物兵器という言葉を思い出しました。兵器には核兵器もあると。そこで気になりました。原爆・長崎広島の被害者数はどれくらいなんでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

広島は当時人口42万人、死者、行方不明合わせて
12万2338人、長崎は、人口24万人、
死者、行方不明合わせて7万3884人と言われています。

被爆後5年間の間に広島で20万人、長崎で14万人
です。

Qバーベキューするの動詞は?

バーベキューをするという表現の動詞は何を使えばいいでしょうか?
do a barbecue party
でいいのでしょうか?たとえば、
「私たちは昼間バーべキューをしてビールや酒を飲んだ。」は、
We drunk beer and sake in the daytime doing a barbecue.
という英文でただしいのか教えてください。

Aベストアンサー

アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

確かにバーベキューと言うとbarbecueと言う単語が思い浮かびますが、実際に日本語のバーベキューをするというときはbarbecueと言う単語はあまり使いません。

簡単にcook outと言う表現をします。 つまり、昨日の夜バーベキューをした、と言いたい場合We cooked out last night.と言う表現をするわけです。

なぜかと言うとbarbecueと言う単語にはバーベキューパーティーと言う意味合いでも使われるのですね。 特にこれからは、卒業パーティー、誕生(日)パーティー、結婚記念日パーティー、何でも良いからパーティー、など屋外で肉などを焼いて楽しむ時期になります。 また、Barbecueと言う料理の仕方として、Barbecue Sauceを使ってグリル(室内でも屋外でも)で焼くと言う意味として、レストランでは使われるので、Barbecueをした、と言うと、ソースで味付けして焼く、と言う意味が他動詞や名詞として使われhad a barbecueと言うとソースで味付けして焼いた肉を食べた、と言う意味合いにも取れてしまうわけですね。 状況から判断できないと言う事はありませんが。

しかし、パーティーとまで行かないけど友達同士で集まって、ビールなどを飲みながらハンバーガーやホットドッグなどを普通の家ならあるグリルで作るような事もします。 これはbarbecueと言うよりもcook outになります。

そして、そのバーべキュウが主体となるパーティーであればbarbecue partyと言う事になります。

よって、本題の日本語文章の中にパーティーと言うフィーリングが入っているのであれば、We had a barbecue party and drank beer and the Sake.と言う表現になるわけです。

しかし、単に外のグリルを使った(キャンプグランドなどで)と言う事であれば、We cooked out and drank beer and the Sakeと言う表現になるわけです。

do a barbecue partyは主催者が使える表現ですね。 しかし一般的には上に書いたようにhave a barbecue partyと言う表現をします。

また、外のグリルを使う、と言うフィーリングでWe grilled outと言う表現もします。 

7月4日の独立記念日はこのCook out、Grill outの日です。 朝から肉の焼ける香ばしいにおいが立ち込める日ですね。 肉好きの私にとって大変「記念すべき」日なわけです。 <g> (そういえば5月の終わりにはMemorial Dayがありプール開きの日になりこの日もGrill/Cook Out Dayですね。)

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

確かにバーベキューと言うとbarbecueと言う単語が思い浮かびますが、実際に日本語のバーベキューをするというときはbarbecueと言う単語はあまり使いません。

簡単にcook outと言う表現をします。 つまり、昨日の夜バーベキューをした、と言いたい場合We cooked out last night.と言う表現をするわけです。

なぜかと言うとbarbecueと言う単語にはバーベキューパーティーと言う意味合いでも使われるのですね。 特にこれからは、卒業パ...続きを読む

Q「~で働いている」とは「on」「for」「in」どれを使えばいいでしょうか?

「私は旅行代理店で働いていました」という英文を作りたいと思っています。
そこで「~で働く」の「~で」は何を使えばいいのか「work」を調べたところ3つの例文がありました。

work on a ranch. 牧場で働く
He works for a newspaper. 彼は新聞社に勤めている
She works in the city. 彼女はその市で働いている

と書いてありました。
私が書きたいことを英語にするなら、

I was working on a travel agency.
I was working in the travel agency.
I was working for a travel agency.

どれになるのでしょうか?(英文自体が違っていたらご指摘お願いします)

またそれぞれどのように違うのでしょうか?

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的に

on グループとか何かの組織に属する時に使います。

in その人の仕事・職業を示す時に使います。

for 雇われている時に使います。

牧場の時は何故かonを使うようですが これは決まった言い方のようで 何故そうなのかわかりません。

「私は旅行代理店で働いていました」

I worked in a travel agency.

私ならこういいます。「ある旅行代理店」ということで限定していないので for より in を使います。
これがきちんとした会社名を書くのだったら

I worked for @@@@@(会社名).

とします。
ご提示の例文は過去進行形になっていますが 進行形は一瞬の動作を表すのが基本ですから 私だったら過去形にします。
ただ 文脈によって 一時的に働いていたということを強調したい場合には使えます。

ところで ここのところ大変でしたね。回答しようかと思ったのですが 見たときにはすでに多くの方のご回答が寄せられていましたので しゃしゃり出ることもないかなと思い回答しませんでした。不愉快な思いもなさったことと思います。気になさらないことです。
まああの件に関しましては ほっておかれたらよろしいかと思いますが・・勘違いオジサンは困ったものです。余談ですが。

基本的に

on グループとか何かの組織に属する時に使います。

in その人の仕事・職業を示す時に使います。

for 雇われている時に使います。

牧場の時は何故かonを使うようですが これは決まった言い方のようで 何故そうなのかわかりません。

「私は旅行代理店で働いていました」

I worked in a travel agency.

私ならこういいます。「ある旅行代理店」ということで限定していないので for より in を使います。
これがきちんとした会社名を書くのだったら

I worked for @@@@@(会社名...続きを読む

QI heard that~以下の英文について

私の持っている参考書には以下のように記載されていました。

I heard that Ken made a presentation.
(意味:ケンがプレゼンを行ったと聞いた)
「ケンがプレゼンを行ったということ」、それを聞いたということ。

I heard that Ken make a presentation.
(意味:ケンがプレゼンを行うのを聞いた)
スミス氏がプレゼンを行うのをその場で聞いているということ。

なぜ、makeとmadeが違っただけで2つの意味が違ってくるのかよく分かりません。
また、自分でもすぐに混乱してしまいます。
文法的に納得のいく解説をお願いします。

Aベストアンサー

hearにはthat節を従えて、「that以下のことを耳にする、話として伝え聞いている」という使い方があります。
この時、that節全体が動詞hearの目的語になっており、主語(S)+動詞(V)+目的語(O)の"第3文型"と呼ばれます。
に対して、hearには主語(S)+動詞(V)+目的語(O)+補語(C)の"第5文型"というものもあります。
Cにくる動詞の種類によって意味が微妙に変わります。
動詞の原形:OがCするのを聞く  ※主に完結した行為
現在分詞(~ing形ですね):OがCしているのを聞く  ※継続中で未完了
過去分詞(~ed形など):OがCされるのを聞く

で、2つめの例文でthat節だとした場合、Kenという3人称の主語の後ですので現在形はmakeではなくmakesと"-s"をつけなければいけませんのでこのままだと変です。
また、意味的にも私が"聞いた"のも、Kenがプレゼンを"行った"のも同じ過去の出来事であるという解釈が普通です。
日本語では、「行"う"のを聞いた」のと「行っ"た"のを聞いた」のと表している出来事がいつ起ったのか明確な違いが読み取れないor問題にならないor実は同じ、なんてことがあります。
それだけ時間の視点があちこちに移動しながら表現してしまうのです。
しかしながら、英語の場合は時間に正確に表現しますので例え日本語が、「行"う"のを聞いた」となっていても今ではない昔のことなので過去形のmadeにしなければなりません。いわゆる「時制の一致」というヤツです。
そう言う点からも、2つめの英文は少し変に映るわけです。

そこで、thatが間違ってタイプされていたと解釈すると2つめの英文は正しくなります。
makeは見た目としては違いは感じないかもしれませんが、現在形ではなく"動詞の原形"としてのmakeと見なせるからです。

that節を使った第3文型では直接的ではなく噂話などで第三者から伝え聞いたということで、第5文型だと直接的に自分の耳で聞いたという違いが出るのは質問者さんのおっしゃる通りです。
しかしそれは、makeとmadeだからというわけではなく(もちろん根拠というか判別の要因ではありますが)、むしろ"文型の違い"に依ると解釈・意識した方が良いと思います。

例文のための例文という感は否めず、稚拙なもので恐縮ですが…。
I heard you scolded. という文があった場合、scoldedは過去形とも過去分詞ともとれなくはなく、その解釈によって文型が変わり意味合いが随分と変わってしまうのです。
つまり何が言いたいかというと、make→madeのような単語の違いと言うより文型の違いが重要ということです。
youの前にthatが省略されている第3文型としたらscoldedは過去形となり、「あなたが叱った、と(噂話に)私は聞きました」となります。
まぁ、実際は「誰を?」という情報が欲しくなりますのでscoldedで終わらずに更に動詞scoldedに対する目的語など何かしら文章が続くことが多いでしょうが^_^;
(とツッコまれる前に自分で突っ込んでおきますw)

に対して、scoldedを過去分詞ととれば第5文型となり、「あなたが叱られるのを(実際に)私は聞きました」となり、叱るという行為のベクトルが全く違ってきます。

こんな説明でお分り頂けたでしょうか?^_^;

hearにはthat節を従えて、「that以下のことを耳にする、話として伝え聞いている」という使い方があります。
この時、that節全体が動詞hearの目的語になっており、主語(S)+動詞(V)+目的語(O)の"第3文型"と呼ばれます。
に対して、hearには主語(S)+動詞(V)+目的語(O)+補語(C)の"第5文型"というものもあります。
Cにくる動詞の種類によって意味が微妙に変わります。
動詞の原形:OがCするのを聞く  ※主に完結した行為
現在分詞(~ing形ですね):OがCしているのを聞く  ※継続中で未完了
...続きを読む

QExcelの行列幅をcmで表示したい

Excelの列幅や、行高は、文字数(ピクセル)表示になっていますよね。それを、cm(mmでもOK)単位の表示ができないのでしょうか? 実は公的な書式を作成するため、寸法どおりにしないといけないので、いつも印刷してからものさしで計っては、・・の繰り返しなんです。どなたかアドバイスをお願いします。ジャストシステムの三四郎を以前のパソコンで使っていたときには、それができたんですよ・・

Aベストアンサー

エクセルのバージョンは?
2007ならルーラーの cm,mm の指定は可能ですが・・・
http://www.eurus.dti.ne.jp/~yoneyama/office2007/excel2007-02.html#page_layout

でなければ、
ものさしマクロ
http://hp.vector.co.jp/authors/VA016119/sizemm.html

Q「~とずっと思っていた」のthinkの時制

「~とずっと思っていた」のthinkの時制は何でしょう?
また「~と思っていた」のthinkの時制は何でしょうか?
have thoughtだとどういう意味に取られるのでしょうか?
本みてもなかなか難しくてわかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ずっと思っていた(会話中の今でもそう思ってる)-I've always thought.か I've always been thinking.(現在完了形)
例『i've always been thinking of you』(君のこと、ずっと思ってるよ)
よく似た使用例『I've always wanted this』(これ、ずっと欲しと思ってたの)

と思っていた-i thought....(過去形)
例『i thought you were gay.』単純に(あなたはゲイだと思ってた(でも今は違うと思ってる))

have thought(思ってしまった)は『思っちゃった』という感じ。


had thoughtは過去のある時点を語っているときに使うので、現在の話では使いません。

Q「映画をみる」を英語に訳すと。

今まで「see a movie」と訳してきましたが、今日の参考書に「watch a movie」と書いてありました。

どちらが正しいんですか?
また、両方正解なら、どういったニュアンスの違いがありますか?

高1です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

学校で教わる英語を基にすると難しいかもしれませんね。

こう考えてもいいと思いますよ。

see a movie
watch a movie

は両方とも問題なく使えます。 I saw the movie on TV, I'm watching the movie on TV right now.などですね。

seeは見ると言う経験をする
watchは観ると言う行為をする。

I saw the movie 見た経験・事がある
I watched the movie. 観た

I am seeing the movie now. 使わない (下を参照)
I am watching the movie. 観ている

I will see the movie. 見る経験を持つ予定
I will watch the movie. 観るつもり

I'm gonna see a movie tongiht. 見る経験を持つつもり
I'm gonna watch a movie tonight. 観るつもり

上のI'm seeing the movieですが、今進行しているという言い方では使わないですが、未来形としての現在の予定、と言う意味では問題なく使います。 I'm seeing the movie next week with Jackie.と言う感じですね。

確かにwatch a movieと言うとビデオやテレビで見るというフィーリングがありますが、見たという経験を言いたいのであれば、I saw the movie on TVと言う表現は全く問題ないわけです。 テレビで見た経験があるよ、すなわち、テレビで見たよ、と言うことになり、テレビで見たよ、はI watched the movie on TVは、テレビで見た行為をした(これも日本語では、テレビで見たよ、となりますね)、と言うフィーリングになるわけです。

I saw him. 彼を(そのときの)みた経験がある、すなわち、彼を見かけた、と言うことになり、I watched him.と言うと彼を見る行為をした、すなわち、彼を観察した、と言うことになるわけです。

ちょっと断言しすぎたところはあると思いますが、このmovieについてはこのようなフィーリングを元に使っています。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

学校で教わる英語を基にすると難しいかもしれませんね。

こう考えてもいいと思いますよ。

see a movie
watch a movie

は両方とも問題なく使えます。 I saw the movie on TV, I'm watching the movie on TV right now.などですね。

seeは見ると言う経験をする
watchは観ると言う行為をする。

I saw the movie 見た経験・事がある
I watched the movie. 観た

I am seeing the movie now. 使わない (下を参照)
I am ...続きを読む

Q外国人は「ふうりん」の音をどのように感じるのか?

日本人の多くは夏の季節の音を聞くと快いと感じますが、そういう文化のない外国人が聞いたらどう思うのでしょうか? 日本人と同じように「イイかんじだね」と思うのでしょうか。それとも雑音に聞こえるのでしょうか。

カテゴリー違いかもしれませんが、外国人と関係のある人が多そうなのであえてここのカテゴリーで質問させてください。

Aベストアンサー

西洋人は虫の声を雑音に感じるし、虫をめでたりする習慣がないという人もいますが、西洋でつくられた物語や絵本には、たびたび虫も登場します。

たとえば日本でも人気のエリックカールの「だんまりこおろぎ」には、多数の虫が登場します。まあ、ぶっちゃけていうと、こおろぎは成虫になるまで鳴かないし、鳴くのはオスだけという話なのですが、とりあえずこおろぎが鳴くのは夏なわけです。

それだけでなくこの本では、日本人がおおむね気持ち悪く感じるであろう、大きな緑色の蛾が、優雅な虫として登場しもします。

また、西洋にも鈴のたぐいはいろいろとあります。
家畜の首につける鈴は、実用的なものですが、あれも小うるさいだけの雑音とはとらえていないようです。

そんなわけで、西洋の人にも快く感じる季節の音があると思います。

とはいえ各地の差というものもあり、たとえばセミはいるのだけれども、鳴かないセミしかいない地域もあります。そこから来た人が、日本ではじめてセミの声を聞いたら、最初「なんだこれは! なんてうるさいんだ!」と思うんじゃないでしょうか?
そしてもし、日本でいい思い出をいろいろつくれば、そんなセミの声も懐かしい日本の思い出になるのだと思いますし、もし日本で嫌なことばかりあれば、セミの声など耳障りなだけの騒音にすぎないのではないでしょうか?

タイトルは忘れましたが、海外の小説中で、家の中で嵐の物音に耳をすませながら、何もかもを洗い流し新鮮にする春の訪れを感じるという描写にふれたこともあります。そこでは、春に嵐がくるようです。

純日本風の風鈴も、日本の夏を思わせる音も、似たようなものであるとおもいます。

西洋人は虫の声を雑音に感じるし、虫をめでたりする習慣がないという人もいますが、西洋でつくられた物語や絵本には、たびたび虫も登場します。

たとえば日本でも人気のエリックカールの「だんまりこおろぎ」には、多数の虫が登場します。まあ、ぶっちゃけていうと、こおろぎは成虫になるまで鳴かないし、鳴くのはオスだけという話なのですが、とりあえずこおろぎが鳴くのは夏なわけです。

それだけでなくこの本では、日本人がおおむね気持ち悪く感じるであろう、大きな緑色の蛾が、優雅な虫として登場しも...続きを読む

Q英語で「ぜひ日本に遊びに来てください」

こんにちは。英語力に自信がないので、教えてください!
私はアメリカに住んで1年ほどですが、4月に帰国予定です。
いつもお世話になっているお友達が、ポーランドに帰ることになりました。そこで、カードを送ろうと思うのですが、
「日本に遊びに来てくださいね」
「いつかまた会える日を楽しみにしています」
と表現したいのですが
「Please visit Japan!」
「I am looking forward to seeing you again.」
でよいのでしょうか?
また他に良い表現があれば教えてください!
よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

他の方が回答されている内容でまったく問題ないと思いますが、あえて別の表現で。

You are very welcome always to visit Japan.
こうすると「来てください」という命令形にならず「いつでも歓迎します」という感じになります。具体的なスケジュールが決まっていないわけですからこの方がいい?かな...

You'll be missed very much.
これは We miss you very much. の受動態ですが私自身がアメリカから帰国する際に送っていただいた言葉で「なるほどそういう言い方もできるのか」と印象に残ったフレーズです。

他には定番ですが Keep in touch 「連絡くれよ」というのもありますね。


人気Q&Aランキング