主人は調理師をしていますが、休日は月に1回程度で、休憩も取らずに朝から夜中まで働き詰めのこともあるようです。このままだと過労死してしまうのではないかと本気で心配しています。会社に直接訴えるのはカドが立つし、抜本的な解決にはならないと思うので、公的機関(?)に訴えて会社に注意をしてもらいたいと思うのですが、そんな時はどこに訴えればいいのでしょうか。匿名で訴えることは出来ますか?また、効果は期待出来るのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

健康を阻害されるのが一番心配ですね?



調理師をされているということですが、昔で言う「修行中」の身で、ご自身も納得の上で、労働ではなく勉強させて貰っているという状況とは違うのですよね?

仰る状況ですと、労働基準法に定められた法定労働時間や時間外労働時間等に違反をしている事は間違えないので、公的な相談窓口は、「労働基準監督署」になります。
公的機関へのトラブルの処理依頼は、その機関があなたの代理人として動くわけでないことを知っておいてください。(離婚の調停などに似ている?)

参考URLは、全国の労働基準監督署を探せるサイトです。

参考URL:http://www.campus.ne.jp/~labor/kankatu.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考サイト、とても役に立ちました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/06/04 10:23

このように過酷な労働条件などで問題がある場合は、労働基準監督署か労政事務所で相談に応じています。


もちろん、匿名でも大丈夫です。
労働基準監督署は相談の結果、事業主に問題がある場合は、是正勧告などの措置を講じます。
是正勧告を受けた事業主は、どのように対応するかなどの結果を報告する義務があります。

労政事務所とは、労働条件、労使関係、勤労者福祉など労働問題全般にわたって、専門の相談員や職員が公平・中立の立場で相談を行っています。

大事にならないうちに、早急に相談されたら宜しいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございました。手遅れになる前に相談してみようと思います。

お礼日時:2001/06/04 10:26

やっぱり労働基準監督署でしょう。



参考URL:http://www.campus.ne.jp/~labor/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました!

お礼日時:2001/06/04 10:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q労働基準監督署への匿名での訴え

知人が、大きな個人病院で入院患者を対象とした理学療法士(以下PT)をしています。
ここ一年で大きな労働条件の改訂があり、土曜、日曜、祝日が休みだったのが完全ローテーション制になり、事実上365日フル稼動になりました。
しかし、改訂で今までリハビリを完全に行わない日であった土曜、日曜、祝日まで施術するようになったのに、肝心なPTの人数を増やしていないため、カルテや書類整理のために毎日3時間の残業を強いられています。

ここで問題となる事象は2つあって、
・労働条件が厳しくなる事は明らかなのに、病院側がPTを増やしてくれない。
・残業代が一切出ない。
と言う事です。

前置きが長くなりましたが、お聞きしたいのは3つあります。

1、この事実を労働基準監督署に訴えた場合、上記の2つは改善されるのでしょうか?

2、そして訴えた場合、その者の素性は病院側に明らかになってしまうのでしょうか?

3、もしも素性がバレるのが嫌なら、訴えは匿名でも可能なのでしょうか?

よろしくお願いします。毎日疲労困憊の知人は見てられません。

知人が、大きな個人病院で入院患者を対象とした理学療法士(以下PT)をしています。
ここ一年で大きな労働条件の改訂があり、土曜、日曜、祝日が休みだったのが完全ローテーション制になり、事実上365日フル稼動になりました。
しかし、改訂で今までリハビリを完全に行わない日であった土曜、日曜、祝日まで施術するようになったのに、肝心なPTの人数を増やしていないため、カルテや書類整理のために毎日3時間の残業を強いられています。

ここで問題となる事象は2つあって、
・労働条件が厳しくなる事は明ら...続きを読む

Aベストアンサー

完全に労働基準法に抵触している案件かと思います。

1.事実関係の調査を労働基準監督署がおこなうため、病院への立ち入りがあると思います。

2.訴えた者の素性を労働基準監督署が病院に伝えることはありませんが、病院側は「犯人」探しのようなことをするでしょうね。愚かなことですが、ありがちです。こういったことは内部告発が大切で、それをしたからといって不利に取り扱われることのないようにしなければならないと決められていますが、わかってしまうと勤務を続けることは、相当の覚悟を要すると思います。従業員全体が一丸となって待遇改善のため、経営側と交渉していくといった流れになれば問題はないのですが、現実はなかなか難しいかと思います。

3.もちろん匿名でも、労働基準監督署が動いてくれないということはないと思いますが、ある程度裏付けとなるような資料が必要かと思います。やはり、匿名ではなく堂々と行動された方がいいかと思います。もし、最悪病院が解雇に及ぶようなことになれば、不当解雇として争えますし、最終的には正義は勝ちますので。

Qサービス残業を匿名で訴える事はできますか?

私は以前、月70時間サービス残業をしていました。出向として別会社で勤務していたため、会社の給料明細は改ざんされ月の労働時間が128時間となっていました。退職してから3年たちますが、今から労働基準監督署に申告しても遅いでしょうか?改ざんされた給与明細はありますが、私がサービス残業をしていたという証拠はありません。また労働基準監督署に申告する際、会社に私の名前は絶対にもらさないようにする事は可能でしょうか?

Aベストアンサー

訴えの目的がはっきりしないのですが・・・

サービス残業分の賃金を払って欲しいなら内容証明で請求できます。請求の時効は成立しているので、会社には支払う義務はないですが・・・。払っていけないわけではないです。

例えば、請求時にサービス残業分の支払いをしないなら労働基準監督署へ訴えるなどの趣旨を含めるなら・・・会社は自己判断で請求に応じる可能性がないわけではありません。例えば、他にもかなりひどいサービス残業をしている状態が続いているので、万一にも監督署の調査を受けたくないと思っている場合です。

ただ、この請求はだめ元でするしかないでしょう。会社が非を認めなかったり「証拠でもあるのか」と反応した場合、jones0901さんにはそれを証明する証拠がないわけです。あまりねじ込むなら脅しているように受け止められる危険はあります。

また、会社を制裁する目的なら、きっちりしたサービス残業の証拠がないと監督署も取り合ってもらえるかは難しいと思います。

Qこういう公的機関あるいは機能がありましたら教えて下さい。

私は現在、給与不払いに対し民事訴訟を起こそうと計画している者です。
しかし訴訟手続き費用はともかく、弁護士費用が着手金、成功報酬と馬鹿にならない金額です。給与不払いの状態なので、この費用を融資してもらえる公的機関あるいは地方自治体などの機能がありましたら、ご存知の方教えて下さい。
なるべくなら、訴訟を経験されたかたにお答えいただけるのがベターです。
各種ご意見もございましたら、ご回答を寄せてください。

Aベストアンサー

民事訴訟の費用の補助はいかなる公的機関も行いません。民事不介入の原則に反するからです。質問者様にとっては会社側が間違いなく悪いとわかっているでしょうが行政機関では裁判等で白黒つかない限り、どちらが悪いのかを判断することは出来ません。従って係争中の事案の片方に対する支援はあり得ません。

なお、給料不払いの問題に関しては労働基準監督署に行って相談されることをお勧めします。労基署は必要な調査を行った上で、会社側に対する指導(ことによると行政的処罰)を行います。労基署が関与するだけで会社側が軟化する可能性もあります。
ただし、処罰と実際の給与の支払いは別ですので、相手が「罰は受け入れるが、金がないから給与は払わない」という態度に出ると民事訴訟ということになります。

Q公的機関で職員が法律違反を犯している場合「裁判に持ち込みますよ」などの言葉で脅すのはOKなんですか?

市役所や保健所などで職員が法律に違反するような動きをした場合の対処方法について調査しています。
実際問題、起こっている出来事として、保健所が拾得して持ち込まれた犬猫のうち、猫だけを勝手な理由で引き取り拒否するところが増加しています。
法律上、動物愛護管理法第35条-3項に基づいて、所有者不明の犬猫の引き取りが義務付けられているのですが、猫だけ引き取り拒否しています。
引き取りについては義務なので、引き取らない=違反の可能性大ということになりますが、どうしても引き取らないのであれば訴訟などに持ち込む必要があります。
ですが、この訴訟について窓口などで「裁判おこしますよ」などと言うとすんなり引き取ってもらえることが多いようです。
これらについては"面倒なことを避ける・責任を持ちたくない・上司からの命令に逆らえない"←このような性質が公務員にはあり、裁判に発展などと言われると、上記3つの性質の関係上、すんなり業務を行ってくれることがあるようです。
そりゃ、裁判なんて言ったらメンドクサイのは言うまでないですし、負けたら責任問題に発展したりする可能性もあり得ます。
それに加えて、愛護法第35条-3項の引き取り義務については、引き取り拒否できる法的根拠が実在しないので、裁判で負ける可能性は極めて高いです。それらを恐れて引き取りをすんなり行ってしまうことがあるようですが、これは心理的に脅してしまうということになります。

ですが、暴行や脅迫(「家族を殺すぞとか」等と言ったり)、などをしているわけではありません。

このような方法は法律上としては問題ないんでしょうか?

※猫は引き取れないとかそのような回答は不要です。動物愛護管理法第35条3項では引き取りしなければならないなどと記載してあります。その一方で、引きとり拒否できる根拠がありません。従って、引き取りは義務であることは間違いないと言えます。
こちらの記事でも同様の内容があります。引き取り拒否できるとかいうのであれば下記の記事をご覧ください。
https://www.bengo4.com/other/1146/1288/b_339121/

市役所や保健所などで職員が法律に違反するような動きをした場合の対処方法について調査しています。
実際問題、起こっている出来事として、保健所が拾得して持ち込まれた犬猫のうち、猫だけを勝手な理由で引き取り拒否するところが増加しています。
法律上、動物愛護管理法第35条-3項に基づいて、所有者不明の犬猫の引き取りが義務付けられているのですが、猫だけ引き取り拒否しています。
引き取りについては義務なので、引き取らない=違反の可能性大ということになりますが、どうしても引き取らないのであれ...続きを読む

Aベストアンサー

状況や内容次第ですが・・。

大正時代に、実際には訴える意思が無いにも関わらず、法的手続きを示唆した場合、脅迫行為に該当するとした判例は存在します。
ただ、脅迫罪は「生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知」であり、相手が行政の場合、これらに対する「害悪の告知」に該当するかは疑問です。
従い、脅迫罪になる可能性は、完全に否定は出来ないものの、その可能性はかなり低いと考えられます。

また、実際に法的手続きすれば確実ですが、意思を証明すれば良いので、その準備でもを行えばOKです。
すなわち、脅迫罪への抵触は、高確率で回避可能と思われます。

Q教授を公的機関に訴えたい

ゼミで飲み会があるたびに教授に「君なんか採るんじゃ
なかった」「名前を思い出しただけで吐き気がする」と
言われます。まわりの先輩や友人たちはそれに釣られて
笑うばかり。冗談の域をはるかに通り越してつらいです。
なんらかの手段で教授の言動を問いたいのですが・・・。
学内にそれらしき機関はあるようですがどこまで
信用できるか疑わしいです。できれば外部に訴えたいの
ですが、その際に必要な証拠資料・費用・期間は
どれぐらいでしょうか。
それとも諦めて一人ゼミを去るしかないのでしょうか?

Aベストアンサー

私の同級生に同じような被害にあった人がいます。
「何で○○なんて選んじゃったんだ」とか言われたそうです。

友人は学内の機関に訴え出たようですが、ゼミの教授が学内で権力がある人だったらしく、
その教授の名前が入った詫び状(ワープロ書き)が1枚渡されただけで、それ以上取り合ってくれなかったそうです。
友人は「学校ぐるみで揉み消した!」と怒っていました。
友人はゼミを止めず、ちゃんと卒業したのですが、その件があってからその教授とは卒論などの必要最低限の会話しかしなかったそうです。

ダメもとで学内の機関に訴え、それでもダメなら外部に訴え出てはどうでしょうか?

ゼミを去るかどうかはそれから考えてみませんか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報