人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

某国立大学機電系学科の4年生です。
前々からずっと疑問に感じていたことがあるので、質問させていただきたく思います。
それは、ネットや高校生の間で広く流布されている、機電系の学科は忙しい、というデマについてです。
正直、私からするとそういった意見は理解不能なのです。
理由としては、私の在籍する大学は世間的にはそれなりの大学で、就職実績も比較的良好であるようなのですが、そうであるにもかかわらず、私の在籍する学科の留年率は2割にも満たないことがあげられます。
確かに一部、部活に入り浸りで授業に出ない輩や引きこもり化した輩が留年しますが、せいぜいそれくらいです。
必死こいてやっている割にテストで全く点数が取れずに必修科目を何度も落とす輩がいないわけではないですが、完全に希少種です。

私は選択科目で出席を取らないものに関してはほとんど授業に出席せず、テスト前に指定された教科書を自習するだけで済ませていましたが、全くわからなかった、テストが解けなかった、ということは一度もありません。
必修科目でも出席を取る日以外は出席していませんでしたが、演習の授業の時に教科書を読んだり友人と相談したりしながら演習問題をやれば、問題ありませんでした。
毎週レポートがあるなどと言う輩がいますが、あんなものは提出2日前からやればだいたい間に合います。
実験中・実習中にこまめにメモを取ればあとはそれをまとめるだけの作業です。
授業で拘束される時間が長い時期もありますが、無駄な補習だらけだった高校時代とそう大差ないように感じました。
毎週課題がある、などと言って文句を垂れる輩がいますが、自称進学校の無駄に量だけ多い宿題に比べれば、大学の課題なんて可愛いものです。
自称進学校の無意味かつ質が低い大量の宿題と違って、大学の課題は課題をやる意味が感じられますし。

出身校が田舎の自称進学校なので、効率などを考えず、ただ人に言われるがままに理解もせずにひたすら課題をこなしてパターン暗記に徹してきただけの馬鹿や、理系なのに文系より数学できない、その癖理系であることがアイデンティティー、という輩がたくさん同級生にいます。
そういう輩はだいたい、お世辞にも頭がいいとは言い難い大学で高校数学・高校物理のやり直しから大学生活をスタートさせているのですが、1年生や2年生の頃は連日、SNSなどで必死で忙しいアピール、大学で難しいことやっていますアピールをしていました。(もっとも、今もしていますが)
ですが、はっきり言って私からすれば連中のやっていた内容は高校数学・物理を理解できていればすぐに理解できるであろう内容ばかりでした。
しかし、そんなレベルの講義や課題であっても、彼らにとっては難しくて難しくて仕方ないようでした。

少なくとも私は大学の授業が忙しいなどと思ったことがありませんでした。
毎日朝から夕方まで授業があり、そのうえ部活や予備校の授業があった高校時代の方が普通に忙しかった気がします。
講義内容は確かに難しいですが、ある程度基礎力が身についていれば無理なく理解できる内容だと感じていました。
バイトができない、サークル活動ができないなどといったデマも盛んに流布されているようですが、そんなことを言っている輩はどれだけ要領が悪いのか、と思ってしまいます。
私は週3で夕方~夜にバイトをしつつ音楽系の部活で活動していましたが、全く問題はありませんでした。
結局のところ、私や私の周囲の人々の行動から判断する限り「機電系が忙しい」などというデマが世間で盛んに流布されているのは、私の高校の同級生のような馬鹿どもが、SNSなどで大声で「忙しい」「厳しい」などと騒いでいるせいではないか、と思ってしまってしょうがありません。

私と同じようなことを感じておられる方、いらっしゃいますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

あなたは忙しい高校時代を送ったからそう感じるだけでしょう。



単に苦労自慢をしているようにしか聞こえないですね。

ま、私も社会人を経験してから大学に入ったので楽だと感じましたが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>あなたは忙しい高校時代を送ったからそう感じるだけでしょう。
一応、高校の同級生も私と同じように高校時代を過ごしたはずなんですが・・・
どうしてこんなに感じ方に差が出るのかが疑問なのです。

お礼日時:2014/05/19 00:35

「忙しい」は形容詞であり、形容詞は比較されるものがあって初めて成立するものです。


 おそらく自分を「忙しい」と言っている人は以下の2点と比較してのものと思われます。

 ・他の学部との比較
 ・高校時代との比較

 たとえば、自分がお酒を飲みたいと感じ、友人数人に連絡を取るとします。その返事に毎回OKな人、ほぼOKな人、ほとんどだめな人など様々です。その中でほとんどだめな人が機電であれば「機電は(他の学部に比べて)忙しい」となります。ただ、こうした状況はその人の他の要因に大きく左右される部分が多く、個人的な人に対する決定打にはなりませんが、1000人くらいの友人に連絡すれば統計的に差が出るかもしれません(といっても、一人間の友人であるのでかなり友人にも特性があるはずですが)。

 高校時代の比較というと「いや、受験勉強の高校時代のほうが忙しいはず」と思われるかもしれませんがそういう観点ではありません。大学受験時に「大学に入ったらいっぱい遊ぶぞ」という、受験勉強を乗り越えるモチベーションにしていう人も多く、そうなると過度な期待が発生し、「大学生は遊び放題」とあまたの中で出来上がります。そうしたイメージと比較して「忙しい」となっている場合があります。

 また日本人には、なにか忙しいという状態が善であるという発想がある気がします。「暇な状態」というのが悪であり、たとえ暇でも「忙しい」と言わないといけない感覚です。人に求められていれば(遊びだろうと仕事であろうと)忙しくなりますが、忙しいからといって有意義であるとは言えません。しかし暇であれば求められていない状態であることは明らかで、それを悪と感じるのです。
 外国人に比べて日本人、日本人の中でも女性に強くみられる傾向ですが「頑張っていることそれ自体がステキ」という発想もあります。同じ行為をする場合でも関係ないことを引き合いに出して「あれこれやっている=忙しい 自分が○○をやる自分はもっとステキ」という発想です。これが暇な人間がそれをしてもあまりステキにはならないのです。女性がヨガに行く理由は「ヨガに行く自分がステキ」であり、これに「仕事が忙しいのにヨガに行く自分はもっとステキ」になります。他の学部では忙しいというイメージがないので、枕詞になりにくいですがそうしたイメージがある機電では枕詞になりやすくよく見かけるというのはあるでしょう。
 SNSは特に自己を拡大・誇張させて見せる傾向があり(タレントがタレント同士の会合をアップしあうのは典型です)、「忙しい」をよく見かけるかもしれません。

 私自身は、そうした発言をする人は人数として少数である一方、発言自体の割合としては高くなってしましまう(発言しない人は、発言量0ですから)と考えています。そのため発言の中に「忙しい」がよくみられるようになりますが、それを皆がそう感じているわけでもありません。あなたのように「そこまで忙しいんかい」と思う機電の学生が大半であると思います。よく「荒れる成人式」がテレビに映ります。そりゃ、その番組に出る成人式は「荒れる率=100%」ですが、あれは日本の成人式の例外的ケースのはずです(もし多くが荒れていれば、全会場数と起こった会場数からなる率を出すはずです)。ただまともな成人式をいっぱい映しても面白くないので映らず、荒れる率=100%になります。
    • good
    • 1

何に苛立っているのかよくわかりませんが、基準をどこに置くかでしょう。


質問者の忙しかった高校時代を基準にすれば忙しくないだろうし、
大学の、より暇な学部学科を基準にすれば忙しいと言えるでしょう。
工学部の知人友人たちは、法学部の私よりは忙しそうでしたが、
運動部に所属する医学部の友人よりは暇そうでした。

忙しさへの耐性は人によりかなり差がありますし、
「忙しい自慢、大変自慢」は、社会人でも好きな人が少なくないです。

まあ、私の学生時代にはSNSなんてものはなかったので、
忙しい自慢も今ほど気軽には出来ませんでしたが。
同窓会やら合コンやらでして、似た立場の人に「そうでもない」と否定されたら、無能さのアピールになっちゃいますからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>何に苛立っているのかよくわかりませんが

実際のところは自分の能力・努力が足りないがゆえにしんどい思いをしているだけなのに、所属している学部学科のせいでしんどい思いをしているのだ、と主張して自分の非を認めようとしない輩が周囲に多いので、少し腹立たしかっただけです。

他の方の回答も見させていただきましたが、相対的に見れば忙しいだけ、というのが結論のようですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/05/06 00:31

最近は「機電系」という括りの学科もあるのですね。

20年ほど前私が学生の時代は、「電気系」という括りの学科がありまして(入学時には一括で募集、卒業時は所属した講座の学科を卒業したことになる)、私もその電気系に身を置いていました。ご質問文の「機電系」を「電気系」と読み替え私の学生時代当時の状況でお話しすることをお許しいただけるなら、「しんどい」は事実です。もっとも端的には、卒業に必要な単位数です。具体的な数字はもう忘れてしまいましたが、同じ大学の工学部の中では最も必要単位数が多く、再履修なしの場合4年生の前期の半分強のコマを受講すればやっと卒業に必要な単位が揃いました。また、実験のレポートも枚数は大目になる傾向があったようです。他の学科の連中の話によると、だいたい1回の実験でレポート用紙20枚前後のようですが、電気系ではだいたい40~50枚程度は書いていました(その当時は、ワープロなんてものが普及していなかったので、みんなレポート用紙に小さい字で手書きしていました)。それぐらいのボリュームのモノなので、提出日2日前に着手なんてとんでもなく、実験当日から書き始め、翌々日ぐらいには提出するのが当たり前でした(だって、あまり日を置くと忘れてしまいますから)。ですから、他の学科と比較して「しんどい」は事実なのです。

ちなみに私も週2でバイト、音楽系のサークルもやっていました。ですので「バイトができない、サークル活動ができない」はデマだと思います。ちなみに、ですが、現在のように情報発信のインフラが十分整備されていない20年前ですら、○○大学(私の出身大学)電気系学科はつらい、と、他大学の人々からも有名だったようです。「大学どこ?で、学科は?あー、〇〇大の電気か、すげーつらいらしいね」と複数の友人から言われた覚えがあります。

なので、ご質問への回答としては(同じ流れの学科群と仮定すると)「しんどいというのは、他の学科と比較すると事実」「バイトやサークルができないほどしんどいわけではない」です。なお、ご学友の取り組みや情報発信については、あくまで彼らなりのやり方なり感想なりなので、あなたも私も、それを批判する立場にはないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やはり、あくまでも相対評価でしかないですよね。
文系でも国立ならだいたいはそれなりに勉強してますし。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/05/06 00:26

ぼくの生涯の学友のうち,たった1人だけ「授業を聴いただけで理解できる」という人物(伝聞では幼少時から神童だったそうな)がいました。

ぼくはいまだに彼は染色体が何対か多かったとしか思えませんが,あなたはそういう天才なんでしょう。

あんまりクラスメイトを馬鹿呼ばわりしないほうがいいですね。発達障害のぶんを天才に回しているようにも読めます。

この回答への補足

「授業を聞いただけで理解できる」というわけではありません。
大学でも「この人、頭いいな」と感じた人は結構います。
ただ、あまりにもやり方が非効率な輩やあまりにも理解力に乏しい輩、そもそも努力が全くできない輩が高校の同級生に結構いるのです。
しかも、そういう輩に限って「俺は(私は)理系だ!」と理系面して偉そうにするので、「馬鹿」とも言ってやりたくなるのです。

補足日時:2014/05/05 00:05
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q工学部に入ったら後が大変??

質問させてもらいます。
私は工学部に進学予定なのですが、インターネットで色々と調べた結果、入った後が文系と比べてかなり辛そうです。私は工業科に進んでしまい、普通教科を独学で勉強するはめになってしまい、高校生活を楽しむ事が出来ていません。なので大学だけはサークルに入ったりして、楽しみたいと思っています。勿論勉強等は疎かにしない程度です。しかし、工学部に入ると勉強が忙しくて遊んでる暇が全くないと聞きました。そうなると私の青春時代は勉強しかしてませんでした、になってしまいます。

工学部に入りたい理由は、特には無いのですが、就職しやすい所と物をつくる点が私には向いている。といったところです。工学部のどの学科にするかはまだ決めていません。
遊びに大学に行く訳じゃありませんが、大学だけは勉強漬けになりたくありません。ある程度青春も欲しいです。

皆さんならどうしますか?皆さんの意見が聞きたいですので、宜しくお願いします。

なりたい職業・将来の夢を探すっていう意見は、NGでお願いします。なりたい職業・将来の夢が決まらないので質問しているので。

質問させてもらいます。
私は工学部に進学予定なのですが、インターネットで色々と調べた結果、入った後が文系と比べてかなり辛そうです。私は工業科に進んでしまい、普通教科を独学で勉強するはめになってしまい、高校生活を楽しむ事が出来ていません。なので大学だけはサークルに入ったりして、楽しみたいと思っています。勿論勉強等は疎かにしない程度です。しかし、工学部に入ると勉強が忙しくて遊んでる暇が全くないと聞きました。そうなると私の青春時代は勉強しかしてませんでした、になってしまいます。
...続きを読む

Aベストアンサー

工学部と文系学部を比べると、大学、学部、学科によっても違いますが、一般論として、工学部は、忙しいですね。
文系学部は学年が上がるにつれ、どんどん楽になっていくのに対して、工学部は逆にどんどん、大変になって忙しくなっていきますからね。
一年時はほとんど、文系と変わらないのですがね・・・
専門科目や実験が二年あたりから、入るようになり、それは大変です。
四年生なんかも、入る研究室によっては、かなり忙しいですからね。
特に外研(外の研究室で国立系の研究機関など)なんかに行くと、夏休みも社会人と同じくらいしかもらえないとこもよく聞きますね。
一日の拘束時間も社会人とほぼ、同じだし。
それに対し、文系の四年生なんて、ほとんど毎日が休みみたいなとこも多いし・・・すごい差ですよ。

おまけに、理系単科系私大TOPのTR大学なんかをはじめとして、一般的に留年率も相当高いらしいですし。

まあ、学問以外のことで、大学生活をエンジョイしたければ、間違いなく文系ですね。
卒業する為に学業に取られる最低限の時間が全く違います。
しかも、言い忘れましたが、理系(工学部)が就職が良いといっても、大企業に就職したければ院まで進学するのが常識ですからね。
特にレベルの低い大学は院卒でないと大企業は採用してくれません。
(レベルの高い大学だと理系職でない職種なら有名企業に学卒でもはいれますけど)
けれど、レベルの高い大学ほど院進学率が高いのですけど・・・
矛盾してますね。
まあ、レベルの高い大学の学生は大企業の研究職、技術職につきたい方が多いからだと思いますけどね。
確かTR大で50%くらいだったような・・・
とある超有名大学の理系ですと70%以上が院に進学するらしいですよ。
逆に最低レベルの大学では5%程度のとこもあるようです。
でも同レベルの偏差値の大学だったら、間違いなく理系の方が就職はしやすいと思います。
(特に中間レベルの大学で比べた時)
理系の学生の方が文系の学生より絶対数が少ないですからね。

まあ、入学してしまえば理系でも社会人に比べれば、楽だと思いますし、二年生になる頃には慣れると思いますよ。
慣れない人がけっこう辞めていくようですけど。

結論ですが、「遊びたい、大学の学問以外のことをやりたい」とあなたが強く感じているのなら、文系に進むべきでしょう。

工学部と文系学部を比べると、大学、学部、学科によっても違いますが、一般論として、工学部は、忙しいですね。
文系学部は学年が上がるにつれ、どんどん楽になっていくのに対して、工学部は逆にどんどん、大変になって忙しくなっていきますからね。
一年時はほとんど、文系と変わらないのですがね・・・
専門科目や実験が二年あたりから、入るようになり、それは大変です。
四年生なんかも、入る研究室によっては、かなり忙しいですからね。
特に外研(外の研究室で国立系の研究機関など)なんかに行くと、...続きを読む

Q早く就職と思うのですが、やはり工学部の学部卒就職は不利でしょうか?

 私は国立大学の工学部(化学系)に通う3年生です。進学校から入学し、もともとは、修士卒で就職して研究者になろうと考えていました。

 ただ、私の家は元々経済的に余裕があるほうではなく、特に最近は、兄弟の事情などもあって経済的に余裕がないようなのです。

 そこで、2年間の修士課程まで親に頼るのも厳しいかもしれないと考え、学部卒で就職することも考え始めています。ただ、理系で研究職に就くには院卒でなければ話にならない、というような話もよく聞きますし、実際自分の所属する学科のデータを見ても学部卒業者の9割がそのまま修士に進み、修士修了後に就職する人がそのうち7割です。

 やはり学部卒で就職すると修士卒の人とのあまりの待遇(給料・昇進など)の差に惨めな思いをするというようなこともあるのでしょうか。(学部卒の研究職の方がいらっしゃいましたらすみません)。自分としては、例え研究職から外れてもやりがいのある仕事ならばいいと思うのですが、理系卒で研究職から外れた場合の仕事というと事務職、営業職とかになるのでしょうか。あわよくば研究職に就ければと思っているのですが、その考えは甘いですか?

 また、就職活動と院試の勉強というのは(時間的、労力的に)並行してできるものでしょうか?正直自分の中で就職か院か、まだ迷いがあるのも事実です。就活情報サイトを見たり、人に聞いたりした印象だと、就活はそんなに生やさしいものではないという感じもしました。就職の面接で「家が経済的に苦しく、早く自立したいために修士に行くのを辞めて就職を志した」というような動機は通用するのでしょうか?

 以上、うまくまとまっていないですが、ぜひともアドバイスお願いします。

 私は国立大学の工学部(化学系)に通う3年生です。進学校から入学し、もともとは、修士卒で就職して研究者になろうと考えていました。

 ただ、私の家は元々経済的に余裕があるほうではなく、特に最近は、兄弟の事情などもあって経済的に余裕がないようなのです。

 そこで、2年間の修士課程まで親に頼るのも厳しいかもしれないと考え、学部卒で就職することも考え始めています。ただ、理系で研究職に就くには院卒でなければ話にならない、というような話もよく聞きますし、実際自分の所属する学科のデー...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは
国立大化学系修士卒です。研究職に就いています。
まず経済的なことについて。
奨学金制度を知っていますか?
日本育英会や、自治体、私的団体、企業などが奨学金を貸与してくれます。それぞれ条件は異なります(無利子有利子、月額等の差)。
修士となると月額は学部とは大きく異なったとおもいます。
大学院の研究と、例えばバイトの両立は難しいかもしれませんが、そうやって修士号を取得している人は、かなり多いと思います。
更に授業料免除等申請して通れば、学費は、かなりの減額になるのではないでしょうか。
次に、研究職について。
実際たしかに研究職に就くには修士の方が有利ではあると思います。が、企業にもよりますが大卒の研究職も結構います。修士卒は、良くも悪くも専門性が高まり、職選びの幅も狭まります。学部卒はある程度、選択肢は広がります。働きだしてからの差は、企業によると思いますし、差があるとすれば、給与くらいという会社も多いかもしれません。あとは本人の意識などでしょうか。「なにくそ」と思って頑張れるならいいのですが、引け目に感じてしまいそうなら、今努力する方がいいのでしょうか?
社会人になるまでの、例えば実験の経験・知識は、同期入社の中で比較すれば、修士卒の方が豊富だと思います。が、同年齢で比較すれば、社会(会社)経験は、学部卒かと思います。どちらにしてもいずれ追いつくか、そのままかは自分次第。
就職活動の面接で「経済的理由で進学をあきらめた」と答えれば、かならず突っ込まれると思います。今の世の中、たくさん制度はあるのだから、それはなかなか理由にならない と。
次に、就職活動と院試ですが、あなたの大学の院試の傾向にもよると思いますが、並行はそう難しくはないと思います。が、精神的にいかがでしょう。就職活動は決まるまで終わりはありませんし、並行することは会社には内緒なのでしょうか。
どうしても修士(博士)号が欲しいのであれば、社会人枠もありますのでご参考までに。
要は、やろうとおもえばどんなシステムもあるということです。
先輩や、教授に一度相談されると良いと思います。特に教授たちは、いろいろな学生を見ていますから。

なんて偉そうなことばかりズラズラと書いてしまいましたが、その昔、悩んだ先輩として書かせていただきました。
まとまりのない文章で申し訳ありません。
あとで後悔することのないように頑張ってください。
今できることを精一杯!

こんばんは
国立大化学系修士卒です。研究職に就いています。
まず経済的なことについて。
奨学金制度を知っていますか?
日本育英会や、自治体、私的団体、企業などが奨学金を貸与してくれます。それぞれ条件は異なります(無利子有利子、月額等の差)。
修士となると月額は学部とは大きく異なったとおもいます。
大学院の研究と、例えばバイトの両立は難しいかもしれませんが、そうやって修士号を取得している人は、かなり多いと思います。
更に授業料免除等申請して通れば、学費は、かなりの減額になる...続きを読む

Q実験嫌いは技術者に向かない?

現在、理工系大学で電気工学を専攻しています。
まだ、卒論や研究の経験はなく
基礎実験(物理、化学、工学)程度しかやったことがないのですが
実験が非常につまらないと感じています。
実験機器等の使い方もよくわからないので、周りの学生はどんどん先に進んでいるのに
自分はおいていかれることもよくあるからです。
また、文章を書くのが得意ではないので、レポートを書くのもしんどいです。
ズバリお伺いしたいのですが、
実験が嫌いな人は技術者に向かないのでしょうか?
できれば、技術者の方や院生の方にご回答していただけると幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一年生くらいなら判らないかも知れません。
転学部等の進路変更を考えていないのならもうちょっと後で考えましょう。
電気専攻が化学や物理の実験して面白いかと言えば違うかも知れませんので。
学部の専門の実験は嫌いでも研究は好きということも希にあるかも知れないし。

ただ、普通は工学部ならそんな感じの実験作業をすることになると思います。
デスクワークは好きだが作業のようなことは全般的に苦痛であるなら、やはり作業のようなことは向いていないのではないかと思います。
電気でそういうことができるのかどうか知りませんが、なるべく理論系に逃げるんですね。
電気の研究って、実際どんな作業をしているのかピンと来ないんですがね。

> 実験機器等の使い方もよくわからないので

それは単なる勉強不足、予習不足。
あるいは、その実験に関連した常識が大幅に欠けているのかも知れません。
例えば、水銀や六価クロムを流しに捨ててはいけません、という常識を知らないアホは実在していましたので。
そうすると、そうしないような仕組みがあっても、何のためのことなのか理解できないかも知れません。
常識だから説明が抜け落ちることもあるかも知れませんし。

> また、文章を書くのが得意ではないので、レポートを書くのもしんどいです。

うーん。
あなたは大学卒業間近ではないんですよ。
すでにできあがっているわけではないんです。
苦手ですしんどいですではなくて、自分を伸ばすことを考えてください。
大卒ですら大概話にならないんですから。
理系に物書きが大勢居ることの方が考えられませんよ。

一年生くらいなら判らないかも知れません。
転学部等の進路変更を考えていないのならもうちょっと後で考えましょう。
電気専攻が化学や物理の実験して面白いかと言えば違うかも知れませんので。
学部の専門の実験は嫌いでも研究は好きということも希にあるかも知れないし。

ただ、普通は工学部ならそんな感じの実験作業をすることになると思います。
デスクワークは好きだが作業のようなことは全般的に苦痛であるなら、やはり作業のようなことは向いていないのではないかと思います。
電気でそういうこと...続きを読む

Q理系の留年

現在、私立大学工学部1年生です。先輩に聞いた話なのですが、3年生から4年生に上がるときに留年する人が5割くらいいるというのです。学科によっても多少違うのですが、高校では留年はほとんどなかったので驚いています。そこで、お聞きしたいのですが、私立、国立に限らず工学部というのはどこの大学でもこんなに留年するものなのでしょうか?

Aベストアンサー

どこの大学でもどの学部・学科でも卒業するための条件というものがあるはずです.
それと同時に,進級するための条件というのもあります.
その条件というのは,単位修得に関するものです.
ですから,その条件を満たさなければ当然,留年ということになりますよね.
(たぶん,入学時のガイダンスで説明があったと思いますが・・・)

留年者の割合は各大学の学部・学科によってまちまちですよ.
ただ,文系学部よりも理系学部の方が取得単位が多いので,留年者の割合が少し多いかもしれません.

その条件でラインをしっかりひいてしまえば,5割くらいの人が留年する学部・学科があるかもしれませんし,
あと1科目分の単位があれば進級できたのに・・・という学生さんを救ってしまう学部・学科もあります.

私が勤務していた大学(某私立大理工学部)は後者でしたので,3年生から4年生に進級するときに留年する学生は全体の1~2割くらいだったと記憶しています.

最近の学生さんは,聴講態度や,実験態度がよくないうえに,考えることをしなくなりましたから,単位修得が難しく,留年者も増えていると思いますよ.
ただ,あまり留年者が多いと,対外的に印象が悪くなるみたいですね.
昔は勉強しない学生が悪者でしたが,今では,教え方の悪い大学側が悪者ですからね.
時代は変わりました.
大学は教わる場ではなくて,自ら学ぶ場だったはずですが・・・

すいません.関係ないことを書いてしまいましたね.

とにかく,rnalaidさんも不安ならば,大学の教務課で進級・卒業条件を確認した方がいいですよ.
5割も留年する学部なら,たとえ,たったの1科目でも大目に見てくれることはなさそうですから...

どこの大学でもどの学部・学科でも卒業するための条件というものがあるはずです.
それと同時に,進級するための条件というのもあります.
その条件というのは,単位修得に関するものです.
ですから,その条件を満たさなければ当然,留年ということになりますよね.
(たぶん,入学時のガイダンスで説明があったと思いますが・・・)

留年者の割合は各大学の学部・学科によってまちまちですよ.
ただ,文系学部よりも理系学部の方が取得単位が多いので,留年者の割合が少し多いかもしれません.

その条...続きを読む

Q理系の大学院進学について

理系(主に理工)の大学院に進学する割合は80パー程、とかなり高いですが、
大学院卒と大学卒って何がちがうのですか?
僕の中では大学院卒はその後の道が、研究者、企業の研究者
しかないと思っているんですがちがうんですか??
だったら大学卒の方がいろいろな道をえらべていいと思うのですが。
(本当に好きで調べたい理系の分野がある方は別として。)
実際、ひとつの分野にそこまで興味を持っている学生は80パーもいないとおもうんですよね。。そういう人っていうのは
なぜ大学院に進むのでしょう??

つまりはなぜ大学院進学率がこんなにも高いか理由がしりたいんです。
僕には大学院がそれほどのメリットになるとは思えないんです。
なのに先生は大学院に行くことになるだろう、っていってました
だれか教えて下さい!!

Aベストアンサー

参考までに私の勤務している会社についてお話します。
一応、一部上場企業でCMもやってるし社名を聞けば誰でも知っている会社(メーカー)です。
メーカーなので技術系の採用が多く、その多くは大学院卒です。
しかし少数ながら理系で学部卒で入る方もいます。
で、実際のところ院卒の方が給与・昇進で有利かというとそんな事は全くありません。結局は個人の実力が全てです。
通常の昇進をしていけば学部卒の2年後と院卒(修士)の人(つまり基本的に同年齢)は全く同等の給与になります。(定期昇給を考えるとむしろ学部卒の方が多いのかも)
ちなみに主任クラスになるための昇進試験があるのですが、この試験が院卒だと8年目、学部卒だと10年目にやってきます。
で、問題の合格率はというと、圧倒的に学部卒の方がよいのです。
それはつまり(もちろん個々の実力で評価されるのですが)同じ試験(論文・面接です)を受けるのに学部卒の方が2年分キャリアが長いわけです。その結果、学部卒の方が合格しやすく、つまり昇進にも有利です。

他の会社の事は知りませんが、少なくともうちの会社では
・入社するには院卒の方が入りやすい。
・でも入社してしまえば学部卒の方が昇進に有利。
という感じです。

ついでに言うといくら院卒といっても(博士ならともかく)修士の2年で学んだ事なんか会社の業務からしたらちっぽけなものです。
結局は会社に入って一から勉強です。

参考までに私の勤務している会社についてお話します。
一応、一部上場企業でCMもやってるし社名を聞けば誰でも知っている会社(メーカー)です。
メーカーなので技術系の採用が多く、その多くは大学院卒です。
しかし少数ながら理系で学部卒で入る方もいます。
で、実際のところ院卒の方が給与・昇進で有利かというとそんな事は全くありません。結局は個人の実力が全てです。
通常の昇進をしていけば学部卒の2年後と院卒(修士)の人(つまり基本的に同年齢)は全く同等の給与になります。(定期昇給を考えるとむ...続きを読む

Q国家公務員の技官には出世が難しい?

国家公務員の建築系(技官)を選択した場合

出世が難しいと聞いたのですが

本当でしょうか?

Aベストアンサー

国家公務員、技官、出世(または昇進)といったキーワードでgoogleなどから検索すれば大量にそういう話は入手できると思います。

が、ここで簡単にいえば;基本的には技官は事務官(文系)より出世は難しいです。国家I種で入れば本省課長ポストまでは何とか辿り着けるといわれてますが、それ以上(官房審議官・本省部局長・技監・…)には就けないと思っていた方が良いでしょう。ただ本省の課長というのは、民間企業の課長とは比べ物にならない程、社会的には偉い立場ですので、課長になるということは、それで十分名誉な事だと思います。また、国交省などでは例外的に技官でも上までいけ易く、事務次官に就く方もいることにはいます。

一方、今後は入省年次で決める年功序列を辞めて、実力評価で昇進をきめようという流れもあり、人事評価制度が革新されれな、技官でも出世しやすくなるかもしれません(実際、昔に比べれば確実に技官と事務官の差は小さくなってきています)。

結局、技官は出世や給料ではなく、ただ純粋に「やりがい」を求めて、そういう選択をしているのが現状です。

Q大学院では学生は研究に興味を持っているものなのか?

私は今、工学系の大学院に通っていて、研究室で研究を行っている修士2年です。大学院には進学したのですが、もともと研究がしたくて進学したわけではなく、大学院のほうが就職の際の選択肢が拡がるということや、工学部だとほとんどの人が大学院に進学するということで私もその流れで進学しました。それが原因かどうかわからないのですが、自分の研究に対して全く意欲が沸かず、1年半前から今までずっと我慢の日々でした。また、就職先に関しても、自分の専攻とは全く関係のない、学部卒でも入れるような会社への就職が決まりました。当然、研究室の准教授からも「大学院に来てまで、なんで専攻と関係のないところに入るんだ!!」と怒られました。私自身、研究はあまり興味がなく、准教授はあまり好きじゃなかったため『うるさいなあ、自分の進路だから関係ないじゃん』と内心では思いつつ、すいませんと謝りました。(一応その准教授は他の学生からはかなり人気があります。)
最近私の研究室の周りの学生を見ていると、みんな遅くまで残って実験していたり土日も学校に来ているというのを聞くと、よくこんなにも頑張れるなあと思います。私なんて遅くまで残ってまで勉強しようとしても全く頭が働かず、土日は学校を見るだけで憂鬱な気分になるので、土日に出かけるときはなるべく学校に近づかないようにしています。ちなみに私の研究室は例えば修論のノルマが他の研究室よりも2倍以上書かされたり、すごい形相で怒られた挙げ句、高い頻度でやり直しをさせられるなど他の研究室と比べてもかなり忙しく准教授も厳しいため、他の研究室がうらやましくなります。他の研究室から見ても私の研究室はかなり厳しいみたいです。

話はだいぶそれましたが、大学院に進学した人は、自分の研究に興味を持っているから、遅くまで残ったり、土日休みも惜しまずに実験を行うことができるのでしょうか?そして私のような考えをもっている人は稀なケースなんでしょうか?

私は今、工学系の大学院に通っていて、研究室で研究を行っている修士2年です。大学院には進学したのですが、もともと研究がしたくて進学したわけではなく、大学院のほうが就職の際の選択肢が拡がるということや、工学部だとほとんどの人が大学院に進学するということで私もその流れで進学しました。それが原因かどうかわからないのですが、自分の研究に対して全く意欲が沸かず、1年半前から今までずっと我慢の日々でした。また、就職先に関しても、自分の専攻とは全く関係のない、学部卒でも入れるような会社へ...続きを読む

Aベストアンサー

 卒論などの研究を始める前から本当にそのテーマに興味を持っている人はおそらくほとんどいません。研究を進める中で、興味がわいてくるものです。その結果(又は結果を期待して)、夜遅くまで実験をするのではないでしょうか。そのような人たちにつられたり、先生の厳しい指導(雰囲気?)により、夜も土日も研究している人も実際には非常に多く、彼らは苦痛を感じていると思います。何故なら、本質的に興味を持つことができていない状態の人だからです。自分に自信があれば、他の人が夜遅くまでやることは特に気にならないでしょう。
 昔は、たとえ興味がなくても、それなりに興味を持つべく努力すれば卒論や修論をこなせる人だけしか大学院にはいませんでしたが、この10-20年では興味を持つことさえ知らずに(ただただ就職のために)大学院に入り、その結果、苦痛を感じ耐えられない人が急増しています。その結果、鬱になったり、不登校になる人も急増しています。これは日本の大学院生があまりにも増えたため当然のことですが、せっかく大学院に入ったのだから興味がもてなくてもそれなりに修了する力だけは持ってほしいですね。その努力は企業に入ってからも、仕事をやれる人として評価される源になるのではないでしょうか。挫折は簡単です。でも将来のことを考えると、今与えられたことに挑戦してください。たった二年間ですから。ニートにならないためにもね。

 卒論などの研究を始める前から本当にそのテーマに興味を持っている人はおそらくほとんどいません。研究を進める中で、興味がわいてくるものです。その結果(又は結果を期待して)、夜遅くまで実験をするのではないでしょうか。そのような人たちにつられたり、先生の厳しい指導(雰囲気?)により、夜も土日も研究している人も実際には非常に多く、彼らは苦痛を感じていると思います。何故なら、本質的に興味を持つことができていない状態の人だからです。自分に自信があれば、他の人が夜遅くまでやることは特に...続きを読む

Q機械工学科の就職について

早慶より少し下くらいの某私立大学で機械工学を専攻しているのですが、卒業後一体どんなところに就職してどんな仕事につくのかがイマイチわかっていません。
職種だけでなく、その職種についた場合毎日どんな作業をするのかを詳しく教えてくれたら嬉しいです。
あと大学院に進むことのメリットがありましたら、教えてください。

Aベストアンサー

 私の場合は電気系ですが、会社の中には機械系の人もいます。仕事の中身は、それほど違いません。専攻した専門よりも、「応用力」や「熱意」「信念」といった取り組み姿勢と、柔軟な応用力、協調性の方が重要なようです。

 会社の仕事は、大学での専攻などはあまり関係なく、基本的には個人ではなくチームで行うことが多いのではないでしょうか。チームのミッション、チームの中での個人の役割で、やるべきことが決まります。大学での専攻が考慮されることもあるでしょうし、そうでないこともあります。
 そもそも、大学で勉強したことが「即戦力」で役に立つことはまずなく、「専攻したことしか知りません」と言ったら会社では使いものになりません。大学では、「機械」を例題として、問題解決の演習をしてきた、という程度の話と考えた方がよいです。学部卒なら1回、修士卒なら2回、そういう例題を経験した、ということで。

 会社の仕事も様々ですし、必要な専門技術もいろいろだと思いますが、大学で学んだ「問題解決」の方法論を、その場その場で勉強し調べながら解決していく、というのが会社の仕事だと思います。「勉強」が、単に教科書や専門書だけではなく、先輩のノウハウだったり、会社のマニュアルだったり(でも、マニュアルには書いてないことの方が多い)、試行錯誤だったり、というところが大学とは違うと思いますが。大学での演習とは違って、正解がないこともよくあります。

 もちろん、学部卒より、修士卒の方が、入社時点での「即戦力」度は高いと見られます。上に書いたように、問題解決を2パターンで演習してきたので、問題解決能力が高くなっていると期待されるからです。
 しかし、修士に行く最大のメリットは、就職の有利さというよりは、あなた自身が会社という時間や課題の制約のない、自由な2年間を過ごせる、ということではないでしょうか。(学問、遊びの両面で)上に書いたように、会社に入ってからの勉強は、自分のやりたいことではなく、目の前で必要なこと、会社から要求されること、に制限されますので。

 会社の仕事の中身は、私自身がひとつ会社のひつつの部署の経験しかないので、それが一般的なのか特殊なのかすら分かりません。
 入社したいと思った会社(複数)を訪問して説明を受けたり、その会社に行った大学の先輩から本音を聞くなどして、仕事の中身、会社の雰囲気、その他(給与や厚生面など)を聞いて、比較した上で選ぶ、ということが必要と思います。他人の言いなりではなく、あくまで自分で選んでください。この会社なら、という「惚れ込み」が大切です。

 私の場合は電気系ですが、会社の中には機械系の人もいます。仕事の中身は、それほど違いません。専攻した専門よりも、「応用力」や「熱意」「信念」といった取り組み姿勢と、柔軟な応用力、協調性の方が重要なようです。

 会社の仕事は、大学での専攻などはあまり関係なく、基本的には個人ではなくチームで行うことが多いのではないでしょうか。チームのミッション、チームの中での個人の役割で、やるべきことが決まります。大学での専攻が考慮されることもあるでしょうし、そうでないこともあります。
 そも...続きを読む

Q専門外からの採用(機電系と情報系)

単純な興味からの質問です。

機電系技術者はかなり不足しがちにも関わらず、分野外からの採用はほぼないと思います。
しかしその反面、同じく技術者が不足しがちな情報系では、他分野や文系からもSEやプログラマの採用を行っていますよね。
どちらも相当に本人の適性がものをいう世界なような気がするのですが、この違いはどうして現れるのでしょうか。
情報系の方が短時間で仕込めるから?
情報系にはベンチャーが多くて、あまり専攻などは気にしない文化があるから?

もちろん情報を専門にしてきた人と、未経験者が就く仕事は内容的にはまったく別物だと思います。
でもそれをいうならば、機電系の仕事も、内実はピンキリでなのではないのでしょうか。

どう思われますか?

Aベストアンサー

機電系の技術者で不足しているのは高いスキルを持ったエンジニアです。

中堅以下の技術者は履けば捨てるほど余っています。これだけ大学や専門学校、職業訓練校があるのに不足しているわけがないのです。

メーカーに就職できない人は雇用の不安定な技術派遣会社にしか就職できず、ボーナスも退職金も無かったりします。

専門知識がない人間を育てるには余計に経費が掛かります、無駄以外の何物でもない。

情報処理は独学で習得ができる分野です。また過酷な労働環境が人不足の原因であり、学部学科を問わず募集をしないと集まらないのです。

大学や専門学校で教えていないような分野の技術者ならば全学部全学科から募集していますよ。たとえば配管を修理する企業などです。


人気Q&Aランキング