40歳の女子です。

将来の年金が心配なのですが、
社会保険として厚生年金を払い続けるのがいいか、
民間の生命保険会社で個人年金を払い老後に備えた方がいいか、
どちらがいいと思われますか?

このままの年金制度でいくと、たいしてもらえないような気がして、
老後が心配です。。。

どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

個人年金は、年金というからには死ぬまでもらえるものと勘違いしていません?



厚生年金や国民年金は『終身』もらえますが、個人年金は『10年』くらいが一般的です。個人年金を安心できる額で終身欲しいとなったら、今から(40歳から)だと莫大な掛け金になります。保険会社も長生きされたら損しちゃいますからね。

たとえ金額は不満でも、終身でもらえる厚生年金や国民年金は、終身というだけですごい安心感だと思いませんか。その上で自助努力としての個人年金でしょう。

国の年金制度と、私企業の営利目的も入る個人年金を二択で考えるのは危険です。
    • good
    • 1

会社にお勤めでしたら厚生年金は強制加入ですので、どちらかを選択することはできません。


おっしゃる通り公的年金は、今後どうなるかわかりませんので私は民間の生保で年金保険、終身保険、貯蓄系の医療保険に加入しています。

収入にある程度余裕があるのでしたら、民間の年金をお勧めします。 税金対策にもなりますので普通の定期預金などよりは、年間の払込保険料にもよりますが、税率分の運用(2万円までは全額、8万円の保険料に対してマックス4万円が対象となりますが)をしていることになります。

http://blog.livedoor.jp/labyrinth117/archives/10 …

国民年金の方は、現在、納付率が実質40%ほどということで、破綻は時間の問題かと思われます。

http://blog.livedoor.jp/labyrinth117/archives/10 …

国は年金制度が破綻する可能性を認識していながら、問題を先送りしているだけでしょう。
    • good
    • 2

厚生年金は義務なので払わなければいけないし


厚生年金労使折半ですので民間の個人年金よりお得ですよ。

何故個人年金なのですか4万の控除以外にあまり魅力を感じませんが。
しかも余裕で超えますし。
強いて言うなら、確定年金型もしくは、終身年金型にしても支払った金額
の元本割れはしないです。
公的年金はその部分で死んだら損ですからね。
個人年金の返戻率悪すぎますよ。

老後の備えとして保険を使うのはとてもいいことだと思います。
保険は危ないとかいう知識もない人間もいますが
よっぽど安全で効率的です。
積立型終身保険、低解約終身保険など民間でも返戻率の高いいい商品
ありますので、いろいろと検討なさってください。
    • good
    • 0

このままでは年金を掛けていても老後に大してもらえないからと言い理由で個人年金と比較するのは間違っています。

大してもらえないからという理由で年金を支払わない人が多いので更に悪循環となります。

言うまでもなく、厚生年金と個人年金では比較になりません。厚生年金は、老後の年金をもらうためだけに掛けているのではく、その他に障害基礎年金と遺族基礎年金の三つに自動的に掛けていることになります。
年金を掛けていなければ、例えば質問者様がうつ病や何かの病気にかかって働けなくなった場合に、年金を掛けていなければ障害年金を受給することが出来なくなります。
結婚して夫よりも早く亡くなった場合、あるいはシングルマザーで18歳未満の子供さんがいた場合に遺族年金を残してあげることも出来ません。

年金はこれら3種類に加入している訳で、この時点で個人年金とは全く違うものとなります。更に違うのは、年金制度は加入者の年金収入だけではなく消費税などの税金も投入されています。と言うことは、年金を支払っていれば税金を支払っていることも将来的に生きて来ることで、逆に年金を支払っていなければ税金も払いっぱなしで戻って来ることはないということです。如何に年金を掛けないことが勿体ないのかが分かって頂けると思います。

従って、利率の悪い個人年金よりも(入らないよりはマシ程度)、厚生年金をかけている方がずっと安心だということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧でわかりやすい回答をどうもありがとうございました!
大変よくわかりました!!
私の場合、厚生年金ではなく、国民年金を払っている身です。
将来もらえる金額は厚生年金と国民年金は違うとしても、
あと他の内容はすべて一緒なんでしょうか。

個人年金はあまり率がよくないんですね。。
よく勉強になりました。
どうもありがとうございます!

お礼日時:2014/06/12 21:19

FPです。



厚生年金か、個人年金か、
比較するものでは、ないですよ。

厚生年金は、義務なので、加入しなければなりません。
それに、老後だけでなく、障害年金も厚生年金に
契約していなければ、もらえません。

また、厚生年金は、国の福祉の根幹の制度なので、
なくなったりしません。
それに、質問者様が支払っている保険料と同額を
会社が支払っているのです。
つまり、半額支払って、倍額積み立てているようなものです。
個人年金とは、比較になりません。

また、現在の個人年金には、魅力がありません。
余りにも、利率が低すぎます。
それならば、貯蓄しておいて、将来、利率が上がったときに、
一括払いした方が良いぐらいです。
どうしても、今から支払いたいならば別ですが……
    • good
    • 0
この回答へのお礼

rokutaro36さま、
ご回答をどうもありがとうございます!とても勉強に
なりました.
個人年金は率が悪いんですね。。
ほけんの窓口で聞いたら、東京海上日動あんしん生命の個人年金が
とてもいいと勧められました。
貯蓄しておいて、利率があがった時に一括払いをするというのは、
どういう事が詳しく知りたいなと思いました。

私は現在は国民年金を払っている身です。
将来もらえる額は厚生年金と比べたら国民年金は少ないですが、
額以外の内容自体は一緒なんでしょうか。。
どちらにせよ、国民の義務としてやはり年金はきちんと支払うべきですね。
勉強になりました、どうもありがとうございました!

お礼日時:2014/06/12 21:24

厚生年金は止められないでしょ^^;



私は厚生年金とは別に60歳から受け取れる個人年金を契約しました。
今の会社では60歳になったとたん未経験の職場へ異動になる人が多いため、65歳まで勤められる気がしないからです。

質問者様も60~65歳頃の見込から決めては如何でしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

yonesan様、とても貴重な意見をどうもありがとうございます。
今現在、国民年金なので、いつか社会保険が整っている正社員の
仕事を見つけたいなと思いました。

個人年金も、60-65歳くらいをめどにするといいんですね。
年金がもらえる年齢もどんどん上がっていますものね。。。
備えが必要ですね。
個人年金に加入するにあたって、60歳にいくらもらえる金額にするか設定額が、まだぼんやりとしか
わからないので、よく考えたいと思います。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2014/06/12 21:28

厚生年金・・・国民の義務


個人年金・・・任意
    • good
    • 1

「社会保険として厚生年金を払い続けるのがいいか、


民間の生命保険会社で個人年金を払い老後に備えた方がいいか、
どちらがいいと思われますか?」

ずばり「両方」でしょう。
確かに年金の金額は期待できませんし、支払時期もどんどん遅くなります。
でも、制度崩壊とはならないと思います。
なので、もらえるものはもらって、足りない分を個人年金で補うのが賢いやり方・・・というか、たぶんどの家庭もそうしていると思いますよ。
たとえば、切り詰めて生活するとして、月に年金で10万保険で10万とかね。

絶対は無いけど、それを言えば生命保険会社だって潰れないとは言えませんからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kadakunさま
どうもありがとうございます。
なるほどですね!

どの家庭も準備なさっているんですかね、焦ります。。。

どこの保険会社さんがいいかも悩みます。
この度はどうもありがとうございました。
大変参考になりました!

お礼日時:2014/06/12 14:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q厚生年金保険と国民年金保険  アルバイトです。

現在20代でアルバイトです。父の扶養にはいっており、国民年金保険料は毎月納めています。
最近、厚生年金保険に入ると言われたのですが、その場合私になんのメリットがあるのでしょうか?今までと何がかわるのでしょうか?よくわからないので言葉不足ですが、教えてください。

Aベストアンサー

社会保険に加入することになるという意味であり、年金は国民年金から厚生年金になり、健康保険は自分の健康保険になります。
厚生年金の加入は同時に国民年金にも加入してることになり、平たく言うと国民年金に加えて厚生年金独自の保障も受けられるようになります。

端的に言いますと、社会保険になることは働く人のための保障が充実しているという点です。

1.年金の差
 国民年金にプラスして加入するものなので当然すべての受取が多くなります。
障害、遺族、老齢の3つについて年金は支給されますが、これらが国民年金だけではなく厚生年金からももらえるようになるわけです。特に障害年金は国民年金で認定される障害よりも軽くてももらえるのが特長です。
つまり国民年金では働けない程度の障害でももらえないことがあるのですが、厚生年金の場合には働くのが難しい程度で障害年金をもらえます。

遺族について言うと国民年金は子供がいる場合のみですが、配偶者に対してももらえるようになります。
(独身のうちは関係ないですけどね)
老齢は単純に国民年金のほかに独自にもらえます。

2.健康保険
 国民健康保険なりご両親の健康保険では、単純に病院にかかったときに7割を負担してくれるだけでした。
それに加えて、万一病気等で働けなくなると、給与の6割程度の金額となる傷病手当金というものが最大1.5年もらえます。(それでも良くならない場合の為に先の厚生年金の障害年金があります)
あと、女性ですと出産手当金と言って出産期間に働けないことに対するやはり給与の6割相当の給付があります。

以上がこれまでの保険や年金との大きな違いです。

社会保険に加入することになるという意味であり、年金は国民年金から厚生年金になり、健康保険は自分の健康保険になります。
厚生年金の加入は同時に国民年金にも加入してることになり、平たく言うと国民年金に加えて厚生年金独自の保障も受けられるようになります。

端的に言いますと、社会保険になることは働く人のための保障が充実しているという点です。

1.年金の差
 国民年金にプラスして加入するものなので当然すべての受取が多くなります。
障害、遺族、老齢の3つについて年金は支給されます...続きを読む

Q国民年金保険→厚生年金保険の切替

3月に大学を卒業し、4月より正社員として働いています。

学生時代は、国民年金に入っており、1年分を前納で口座振替にしてしていました。
入社時に年金手帳を会社に提出し、切替はしてくれるものと思い、そのままにしていたのですが、
今日、今年度分(2006年4月~07年3月)の国民年金の口座振替のお知らせ(はがき)が届きました。
このままだと、5月に1年分の国民年金が引き落とされ、会社の給料からは厚生年金が天引きされるという2重払いになるのでしょうか?

何か手続きが必要だったのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。

会社へ就職したときには、年金手帳を預かった事業主が社会保険事務所へ加入手続きをしますので、ご本人が手続きされる必要はありません。
おそらく厚生年金の切替手続き前に国民年金の案内が送付されただけだと思います。

もし厚生年金に加入した後で、前納や口座振替などで国民年金保険料を納めてしまったとしても、あとから還付してもらえます。
一度会社の方に厚生年金の手続きが済んでいるかどうかを確認してみて下さい。

下記のURLの#18にも記載されていますのでご参照下さい。

参考URL:http://www.city.kishiwada.osaka.jp/hp/faq/08.html#18

Q健康保険・厚生年金保険の被保険者報酬月額算定基礎届について

1月から給与が5等級以上変更(下がった)があり、1~3月までの給与を被保険者報酬月額算定基礎届に記入し最寄りの社会保険事務所に提出しました。

しばらくして社会保険事務所から被保険者標準報酬改定通知書が届き、
改訂年月がH21.4月になっていたのですが、毎月の保険料納入告知額通知書4月分が届いたんですが、金額がまだ変更になっていませんでした。

改訂年月が4月なので、4月分から新たな保険料の金額になるんですよね?

もう一つ、1月から給与の変更があったわけですから1月から保険料が変更ってことにはならないのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 改訂年月が4月なので、4月分から新たな保険料の金額になるんですよね?
ご見識の通りです。
通常は、5月に納付する4月分から保険料は変更になります。
しかし、実際には変更されていなかったと言う事は、事務手続きのズレではないかと思われます。ソロソロ、5月分の納付書が届くと思いますが、そこで直っていなかったら社会保険事務所へ問い合わせた方が良いです。何ヶ月分も遡及して差額請求されたら会社も大変ですよね。

> もう一つ、1月から給与の変更があったわけですから1月から
> 保険料が変更ってことにはならないのでしょうか?
既に「改定年月H21.4」の改定通知書が届いておりますから、其れは無いと思います。

Qパートの社会保険(厚生年金など)雇用保険について質問です。

パートが社会保険と雇用保険に加入するには決まりがあるみたいですが、定義が分かりません。
しかも社会と雇用でやや違いがあるみたいで雇用のほうが緩いみたいで余計にわかりません・・・
社会保険は正社員の・・・
(1)三分の二出社?
(2)四分の三出社?
労働基準法上の(週40時間の)・・・
(3)週30時間以上勤務?
わかりません・・・

ちなみに雇用保険は週20時間以上?でしたっけ???

Aベストアンサー

社会保険
 ・週に正社員の3/4以上の労働時間
 ・月に正社員の3/4以上の出勤日数
雇用保険
 ・週に20時間以上の契約時間(20時間以上30時間未満:短時間被保険者、30時間以上:一般被保険者)
 ・1年以上の雇用が見込まれる場合
だと、思いましたが

Q健康保険料と厚生年金保険料

4月から県職(非常勤、嘱託員、週29時間)勤務で給与明細をもらいました。明細をみると雇用保険料はひかれていましたが、健康保険料、厚生年金保険料は0円でした。また、住民税も0円でした。これまで(国立大学勤務)はひかれていたように思うのですが、これからは自分で手続きが必要なのか教えていただけますでしょうか。
募集要項には社会保険について”雇用保険法、健康保険法及び厚生年金保険法の被保険者”とありました。保険証は来週届く予定で、年金手帳は提出しました。
保険証は届くのに、保険料が0円にびっくりし、これまで頓着せずにきたせいか、言葉の意味もよく理解できていない状態で、検索してみたものの、わかりません。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>…募集要項には社会保険について”雇用保険法、健康保険法及び厚生年金保険法の被保険者”とありました。
>…保険証は来週届く予定で、年金手帳は提出しました。

ということであれば、特に問題ありません。
「健康保険料」と「厚生年金保険料」は、翌月(今回は5月)に天引きされるのが一般的です。

『厚生年金保険の保険料』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=1971
>>4.保険料の納め方
>>…翌月の末日までに納めることになっています。(例えば、4月分保険料の納付期限は5月末日となります。…

『退職した従業員の保険料の徴収』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=2000
『[PDF]入退社時の社会保険料の控除ミスに注意!』
http://www.zaimupartners.jp/letter/letter2007.pdf

---
(備考)

「雇用保険」について

「雇用保険」の保険料は、「計算方法」「徴収の時期」ともに違っています。

『従業員負担の雇用保険料の計算方法は?』(2008年1月18日)
http://www.sr-kyuyo.com/koujyo/koyouhokenryo/hokenryo_keisan.html
『労働保険とはこのような制度です』
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/howtoroudouhoken/index.html

*******
「住民税」について

「住民税」は、「前年の所得」をもとに、【居住している市町村が】5月頃までに決定します。

そして、1月末までに「給与支払報告書」の提出があった事業主(給与の支払者)に「特別徴収(給与からの引き去り)」のための通知を行うのが「原則」です。
「特別徴収」の対象とならない住民に対しては、自宅に直接通知します。(普通徴収)

『住民税とは?住民税の基本を知ろう』
http://allabout.co.jp/gm/gc/14737/
『[PDF]\事業主のみなさん/個人住民税は特別徴収で納めましょう(H24年パンフレット)9.43MB』
http://www.zenzeikyo.jp/ippan/koho/kobetu_koho/tokubetuchousyu/pdf/tokubetu_panf_all.pdf
※[退職・求職者の徴収方法]については[その他の手続き(7頁)]を参照

ということで、sakana-k1005さんの「住民税の特別徴収」は、原則、来年の6月からになりますので、「(6月から徴収が始まる)平成25【年度】住民税」の特別徴収を希望する場合は、勤務先にご相談ください。

(飯田市の案内)『Q.会社に中途入社したが市県民税を給与から納めたい』
http://www.city.iida.lg.jp/iidasypher/www/faq/detail.jsp?id=1500

*******
(参考情報)

『社会保険』
http://kotobank.jp/word/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E4%BF%9D%E9%99%BA?dic=daijisen
---
『職域保険(被用者保険)』
http://kotobank.jp/word/%E8%81%B7%E5%9F%9F%E4%BF%9D%E9%99%BA
『~年金が「2階建て」といわれる理由~』
http://nenkin.news-site.net/kiso/kiso03.html
『第1号被保険者』(と関連リンク)
http://www.nenkin.go.jp/n/www/yougo/detail.jsp?id=152
『国民年金と厚生年金の比較(違い)』
http://www.kokumin-nenkin.com/knowledge/kouseinenkin-hikaku.html
『日本年金機構>全国の相談・手続窓口』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/section/index.jsp
---
『あなたも入るかもしれない?協会けんぽって何』
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20081001/1019299/
『健康保険(協会けんぽ)の事務と手続等』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=1964
『けんぽれん>よくある質問』
http://www.kenporen.com/faq/index.shtml
---
『源泉徴収とは?支払者が所得税を納付』(更新日:2009年04月30日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/12014/
『所得税の「基礎控除」とは』(更新日:2010年09月06日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/252921/
『国税庁>簡易な質問や相談の窓口』
http://www.nta.go.jp/iken/mail.htm
※2/16~3/15は非常に混雑します。

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は【必ず】各窓口に確認の上お願い致します

>…募集要項には社会保険について”雇用保険法、健康保険法及び厚生年金保険法の被保険者”とありました。
>…保険証は来週届く予定で、年金手帳は提出しました。

ということであれば、特に問題ありません。
「健康保険料」と「厚生年金保険料」は、翌月(今回は5月)に天引きされるのが一般的です。

『厚生年金保険の保険料』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=1971
>>4.保険料の納め方
>>…翌月の末日までに納めることになっています。(例えば、4月分保険料の納付期限は5月末日となります...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報