外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

アルミ缶の底は凹面になっていますが、この部分を磨いて凹面鏡を作ってみたいのですが、紙やすりではあまりきれいになりませんでした、何か良い方法はありますか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

工業的には#1さんがおっしゃるとおり、


バフでも目の細かい番手で仕上げるのが一般的です。

私が中学生のころ(30数年前)に『ピカール』という
液状の研磨剤と柔らかい布で真鍮を鏡面に仕上げたことがあります
(かなり根気が必要な作業でしたが・・・)。
『ピカール』がホームセンターで入手可能かどうかは不明ですが
同じような製品でためす価値はあるかもしれません。


『ピカール』自体は存在するようです。
http://www.pikal.co.jp/archives/330


御参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

電動ドリルにつけてやってみます。どうもありがとうございます。

お礼日時:2014/07/07 14:49

紙やすりは前処理。


最後は、鏡面仕上げ用の研磨剤をバフにつけて磨きます。
重曹でも代用可能です、漆器を磨く、消し炭でも可能かも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お勧めの方法も使わせていただきます。どうもありがとうございました。

お礼日時:2014/07/09 15:58

難しいことはありません。

金属磨き(ピカール)を布につけて、こするだけです。
http://members.jcom.home.ne.jp/kobysh/experiment …

コンパウンド、アクリル研磨剤、でも同じです。(歯磨き粉、クレンザーは粒子が荒すぎると思います。)
    • good
    • 0

 アルミは御存知のとおり極めて酸化されやすく、空気中で直ちに酸化されて酸化アルミニウム(Al₂O₃)の皮膜ができるため、鏡にするのはとても難しいです。


 表面の酸化アルミニウムはルビーやサファイヤと同じで極めて硬いので、サンドペーパーできちんと順番を追って削ります。#400くらいからはじめて、#600,#1000,#1500,#2000と進めるのが良いでしょう。その後、布にコンパウンド--カー用品店で荒,中,細,極細とセットになったものを買ってくると手軽です。
 繰り返しますが期待の鏡面には程遠いです。

 アルミ缶ではなくスチール缶のほうが良いですよ。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

スチール缶で試してみます。ご教示ありがとうございました。

お礼日時:2014/07/07 14:45

化粧用のパフで何もつけないで根気よく磨けばいいです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

試してみたいと思います。どうもありがとうございます。

お礼日時:2014/07/07 14:47

プラモデルなどの塗装面を研磨するのに使うコンパウンドは


かなり粒子も細かく、傷をつけることもないでしょう。

台所で使う金属磨き(液状のクレンザー)もいいかもしれません。

いずれも布に少量つけて磨くだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やってみます。どうもありがとうございます。

お礼日時:2014/07/07 14:48

おはようございます。



歯磨きに使う(練り歯磨き粉?)ものがいいですよ!
値段も安く、ふつう手元にあります。
布にたっぷりつけてこすります。

私は車のライトのくすみをこれで磨きます。
磨き専用にホワイトライオンが安くてお勧めです。
    • good
    • 0

バフという、磨き上げる装置が必要です。

ホームセンターなどで購入できるかもしれませんが、結構な値段がするはずで、そこまでするのはやめておいた方がいいかもしれません。紙やすりなど荒すぎてとても無理です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういうものですか。ご教示ありがとうございます。

お礼日時:2014/07/07 14:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q金属磨き「ピカール」の良さとは?

雑誌やネットを見てるとコンパウンドを使うときに「ピカールで磨く」と断言しているのをよく見かけます。
世に数多コンパウンドがあるのに「ピカール」を名指しするのはやはり理由が有ると思うのですが,ピカールの良さとは何なんでしょうか?
ちなみに通常のコンパウンドでいう「目」だとどのくらいなんでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

金属磨き「ピカール」の良さとは
安い、どこにでも売っている、一応化学錆落とし。
という理由だけです。ハナサカなんとかとか、
専門家が使うような錆落としもないことはないのですが、
プロ用は皮膚に激しいですし、後処理とかを言い出すと、
とても紹介できないだけのことが、
すなわち「ピカール」という理由なのでは。
小学生にこれで自分の自転車を掃除しとけ、といっても何の不安もないですからね。
味の素は化学調味料と同じ定義?みたいなもので、
関係者にとっては、はなはだ失礼な話なのかもしれません。
そういう理由で、コンパウンドは、万一落ちなかったときのダメ押し
というか、促進材なので、1000番以上ではないですかね。
他にいいものがあれば、それでもいいんですよ。悪いはずがないというか。
50年以上の実績なんじゃないですかね。
後は全て、泡沫候補って感じですね。
しかし化粧品にもありますが、名前だけかっこつけて、
高くてかつ、とんでもない悪質なものもあります。
それなりにというのも大事な要素です、気をつけてください。


人気Q&Aランキング