友人に12万程貸しています。貸してから1年半以上過ぎました。
電話しても出ない。Cメールなら返信してくる。他の携帯で電話すると出る。
○日まで待ってと言われ待っていたが振り込まれておらず。その旨を伝えると、
振り込んだと逆キレ。実家や職場に取りに行くというとまた○日までには返すからと言う。
こんな事が何度も何度もありました。


計算式と、結果いくらにして返してもらえるのかを教えてほしいです。
宜しくお願いします。絶対に取り返したいのです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

先ず、貸すときに借用書などの証文を取っていますか。

取っていなければ、現在の貸付金額といつ返すかの返済日をキッチリ書いた証文に署名捺印して貰いましょう。
それから金利ですが、今まで金利の約束はしていなかったのですね。
それなら、今回の約束の返済日までは今まで通り無利息とし、もしこの約束の返済日までに返済が無かった時には、以後年利18%程度の金利を支払うよう約束されたら良いでしょう。

年利18%というのは国が定めた金利制限法の上限金利で、1万円につき年1800円、12万円なら年21,600円、1ヶ月1800円、1日59円程度です。
計算式は、元金×18%×日数/365です。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

取っていません。>借用書などの証文

それが…向こうは3万しか借りていないと言い張っているんです。

計算式、ご丁寧にありがとうございました!

お礼日時:2014/07/19 16:49

そんな大金(?)をよく、借用書なしに貸したね。

そのほうが唖然とする。なにか断れぬ理由でもあったのかな。普通なら、2、3万円程度だな。返すつもりはないだろうな。裁判を起こすしかないよ。

この回答への補足

その時相手は家もない様な状態だったので貸してしまいました…。

借用書は当時恥ずかしながら存在すら知りませんでした。

裁判も視野に入れていると言っても金が入ったら返すの一点張りなんです。

多分、内容証明や裁判がそこまで大事な事に気付いていないか、

どうせ脅しだろうと思っているかのどちらかかと思います。

補足日時:2014/07/19 16:46
    • good
    • 3

貸す時に決めて 利息引いて貸せば良かったですが 



記録が残らないと 借りてないよ逃げられる

配達証明(内容証明)を送り 記録を残す

貸した月日 額 利息(納得する額で出して見たら如何) 

返済期日 期限 遅延したら 実家に催促する旨 

この回答への補足

内容証明の件も言っているのですが、

お金がないと一年半以上言い続けています。

遊びまわっているのもしっていますし。

実家に催促も言っているのですが、

お金が入ったら返すの一点張りです。今まで返した事ないのに。

補足日時:2014/07/19 16:42
    • good
    • 3

なんら金利の明示がない場合は、一般人同士の取引では民法の規定で年利5%が適用されます。



【民法404条】利息を生ずべき債権につき別段の意思表示なきときはその利率は年5分とす

債務不履行の場合の損害については、取り決めがない場合は法定金利の5%が適用されます。

【民法419条1項】金銭の給付を目的とする債務の不履行については、その損害賠償の額は、法定利率によって定める。ただし、約定利率が法定利率を超えるときは、約定利率による。

金利については以上ですが、取り立てについてはきちんと文書で示すべきだと思います。
それとそのまま放置が続くのであれば法的措置に移行すべきでしょう。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

そうだったんですね!

このまま進展がない様でしたら内容証明から始めてみます!

回答ありがとうございます!

お礼日時:2014/07/19 16:54

出資法という考えもありますが


利息制限法で考えると、12万円の場合は
年18%まで利息が取れます。

この利息は、最初に利息の約束をしていないくても
年18%までなら、後からでも利息を請求することが
できます。

12万円を1年後に返してもらうと、利息をつけて
12万円 プラス 21,600円 で141,600円
1年で21,600円の利息が付く・・・と考える
半年で 10,800円 一月で 1,800円
の利子が取れる。

12万円の18% → 12万円×0.18=21,600円
1年で21,600円が利息
1月の利息 → 21,600円÷12=1,800円

ですから貸している期間が1年半の場合は

12万円 + (1,800×18) =12万円+32,400円=152,400円
※18というのは、1年半は18ヶ月なので
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても分かりやすい計算式をありがとうございます!

お礼日時:2014/07/19 16:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人で貸すお金の金利について

友人にまとまったお金を貸してほしいと頼まれています。
利子に関しては、ちゃんと返済期限までに返してくれれば必要ないと思っていますが
友人のほうから「迷惑をかけるのだから、法定金利で計算してほしい」といわれています。

そこでよく分からないので調べて、法定金利とは以下の利率だと分かりました。
元本が10万円未満 → 20%
元本が10万円~100万円未満 → 18%
元本が100万円以上は15%

ところで、この法定金利とは年率ですよね?
たとえば、元本が15万のときは、年間で2万7000円の利息となると思います。
つまり、月々に換算すると2250円。

ここで質問です。
たとえば、元本の15万円を1年間で返済してもらうとして、
 1万2500円(元本/12)+2250円(一ヶ月分の利子)=1万4750円
を毎月払ってもらうのは、法定金利を超えないと理解しています。
しかし、15万円を半年で返済してもらう場合、
 2万5000円(元本/6)+4500円(二ヶ月分の利子)=2万9500円
を払ってもらうのは法定金利を超えないのでしょうか?
つまり、半年間しか貸していないので1年分の利率18%まで利息としてとれるのか
半年なので半分の9%までしか取れないのかが分かりません。

また、逆に15万円を15ヶ月で返してもらう場合
1年目は18%でいいとして、2年目となる3ヶ月分については
もともとの元金で利率計算していいのか、あるいはその時点の元本の残金
(15万かして毎月1万返済の場合、1年たった時点で残金3万円)を元本として
利率は計算しなおさないといけないのでしょうか?

ややこしい書き方ですが、教えていただければと思います。

友人にまとまったお金を貸してほしいと頼まれています。
利子に関しては、ちゃんと返済期限までに返してくれれば必要ないと思っていますが
友人のほうから「迷惑をかけるのだから、法定金利で計算してほしい」といわれています。

そこでよく分からないので調べて、法定金利とは以下の利率だと分かりました。
元本が10万円未満 → 20%
元本が10万円~100万円未満 → 18%
元本が100万円以上は15%

ところで、この法定金利とは年率ですよね?
たとえば、元本が15万のときは、年間で2万7000円の利息となると思います...続きを読む

Aベストアンサー

利息の計算(元本15万円・年利18%{月利1.5%})。

月1万円返済(元利均等)の場合、

1カ月目(元金150.000円×月利1.5%=利息2.250円)
返済1万円(10.000円-利息2.250円=元金返済7.750円)

2カ月目(元金150.000円-元金返済7.750円=元金残142.250円
×月利1.5%=2.133円)
返済1万円(10.000円ー利息2.133円=元金返済7.867円)

3カ月目(元金142.250円-元金返済7.867円=元金残134.383円
×月利1.5%=2.015円)
返済1万円(10.000円-利息2.015円=元金返済7.985円)

という感じで、返済額から利息を引いた元金残に月利1.5%をかけ
たものが、その月の利息でいいと思います。

ちょっと話はそれますが、15万程度のお金を年利18%で借りるのは
サラ金で十分借りられるはずです(友達のことはしりませんが…)。

それをわざわざ、ご質問者に貸してと言っているのは、すでにサラ金
に限度額まで借りていたり、数社から借りている多重債務の可能性
もあるかもです。

友達を疑うのもよくないけれど信じすぎるのも危険です。貸したお金
はあげるつもりで、貸してあげたらよいと思います。

余計なことを書いて、ごめんなさい。

利息の計算(元本15万円・年利18%{月利1.5%})。

月1万円返済(元利均等)の場合、

1カ月目(元金150.000円×月利1.5%=利息2.250円)
返済1万円(10.000円-利息2.250円=元金返済7.750円)

2カ月目(元金150.000円-元金返済7.750円=元金残142.250円
×月利1.5%=2.133円)
返済1万円(10.000円ー利息2.133円=元金返済7.867円)

3カ月目(元金142.250円-元金返済7.867円=元金残134.383円
×月利1.5%=2.015円)
返済1万円(10.000円-利息2.015円=元金返済7.985円)

という感じで、返済額から利息を引...続きを読む

Q個人間のお金の貸借の場合、法定金利は何%ですか?

個人間のお金の貸借の場合、法定金利は何%ですか?

知り合いに30万借りているのですが、金利は月2万です(年80%)
個人間の場合は出資法の制限が緩く年108%だから弁護士より違法じゃないと聞いていましたが、
最近、法律関係者より違法だと教えてもらいました。
どちらが正しいのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

金銭の貸借では、利息制限法が民法に優先します(民法の特別法)。

利息制限法では、元本が10万円未満は20%、10万円~100万円未満は18%、100万円以上は15%が上限と定められ、それを超える部分は無効とされています。
利息制限法は、個人・法人を問わず適用されます。

一方、出資法では個人の場合109.5%が上限ですが、これは刑事罰を適用するかどうかの上限金利であり、109.5%を超える金利をとれば、おまわりさんにつかまってしまいます。

要は、刑事と民事の違いで、個人間の金銭貸借では、109.5%以下であれば、刑事罰を受けることなく金銭貸借契約を成立させることができ、当事者間でその金利に争いがなければ、利息は受け取れます。

しかし、債務者が利息制限法を盾に争った場合、利息制限法の金利を超える部分は無効とされますから、利息制限法の金利を超える利息は受け取れませんし、すでに受け取っていれば返還に応じなければならなくなります。

Q友人にお金を貸しましたが逃げられてます

今年3月の上旬、友人に10数万円貸しましたが借用書や債務承認弁済契約書は書いておりません。

借りた本人も必ず返すとしきりに言っていましたが4ヶ月以上経った現在も一円も返済されていません。7月上旬に支払いに対する話をし指定口座に振り込むように念を押しましたがその期日を過ぎても支払われませんでした。この場合無利息で貸していますが利息は取れますか?

この時ボイスレコーダーにその時のやり取りを録音しましたが内緒で録音してたので証拠として使えるかわかりません。
数日後とうとう着信拒否をされメールも無視されました。友人が住んでいたアパートに行ってみたところ何日も帰っていないか出て行った感じでした。この場合、内容証明を送っても無駄ですか?

何度か警察にも相談しましたがだるい感じであんまり話を聞いてくれる感じではなかったです。
この場合警察は動いてくれないんでしょうか?

これと並行してコレクションしていたフィギュアを売ってもらおうと思い6~7点預けていました。こちらは売れた分は全額頂くという話でした。総額で言うと5~6万円くらいです。先日ネットのサイトを確認したところそのうちの3点売れていて3万円ほど相手の手元に入っていますがこちらも金銭の受け渡しが一切ありませんでした。完全に着服されました。

なんとしても相手を捕まえて全額返済とフィギュアを返していただきたいです。この事で体調も崩して仕事にも差し支えてます。

このままだと泣き寝入りになります。助けてくださいお願いします。

今年3月の上旬、友人に10数万円貸しましたが借用書や債務承認弁済契約書は書いておりません。

借りた本人も必ず返すとしきりに言っていましたが4ヶ月以上経った現在も一円も返済されていません。7月上旬に支払いに対する話をし指定口座に振り込むように念を押しましたがその期日を過ぎても支払われませんでした。この場合無利息で貸していますが利息は取れますか?

この時ボイスレコーダーにその時のやり取りを録音しましたが内緒で録音してたので証拠として使えるかわかりません。
数日後とうとう着信拒否...続きを読む

Aベストアンサー

 借金は返済期限までは借りた側に返す義務は無く、貸した側も請求権はありません。で、いつまでの約束で貸したの?返済期限が過ぎてないなら、一円も返って来ないのは当たり前。返済期限を設けずに貸したのであれば、しかるべき期限を貸し手が設けて返せと請求するのは有効。でも、いきなり「明日返せ」と言うのは無効。今日いきなり言われて一日で十数万円準備出来るとは限りません。数ヶ月の期間を設けるのは常識。なお、前々から返せと言っていたと貴方が口先で幾ら言っても無意味でしょう。

>内容証明を送っても無駄ですか?
 と言うのは上記の話を踏まえる事。期限を決めてないなら、いきなり払えと言っても無効。しかるべき期間を置いた後に払ってね!なら意味はあります。が、相手に届いたとしての話。その状態では、届くかどうかは、誰も解りませんね。無駄かどうかはやってみるしか解らない。無駄ではなく届いたとしても、金が返ってくるか?と言う意味では無駄かもしれないし。

>無利息で貸していますが利息は取れますか?
 そもそもの契約が無利息で返済期限を定めなかったなら、いつまで経っても利息は取れない。合意した返済期限があれば、その後の延滞利息は取れるけど、返済期限を定めた文書を交わしているのかな?上記、内容証明等で改めて定めた期限も効力はあるよ。(ちなみに、利息を定めずに貸したのなら取れるんだけれどね。)

>警察は動いてくれないんでしょうか?
 動きません。貴方の個人的な借金の取り立てに、国家権力を手先に使える訳ないでしょ。そんな事が出来るなら、警察はサラ金の延滞取り立てで大忙しです。貴方が勝手に個人の意志でした事なんだから、誰も助けたりしませんよ。警察は正義の味方かも知れないけれど、貴方の味方とは限りません。金を払うから助けてと言うのなら、弁護士へどうぞ。金を払えば、貴方の味方になってくれます。取り返せるかは別ですけれど(多分、見込みは無い)。

 フィギャアの件は詐欺にあたる可能性はあるけれど、証拠が何もないから、こっちも警察は動かないでしょう。あなたが立件出来るだけの証拠を揃えて訴えれば別ですけれどね。貴方が、口先だけで「渡した」とか「売れたはずだ」とか「代金を着服した」とか、幾ら言っても無駄。物証を揃えない限り動きません。警察が動くのは、刑事訴訟をやって相手を有罪に追い込めると推認される時だけです。貴方と同じような被害にあった人が大勢いるなら、可能性はあるよ。

 でも、誤解してると思うけれど、警察が動いても、貴方の損害を取り戻すような行為はしてくれません。立件して有罪に持ち込み刑事罰を決めた所でオシマイ。貴方の損害は、あくまで貴方が取り立てなければなりません。警察が動いて詐欺で有罪になれば、取り立てがしやすくなるけれど、それは必ずしも返って来るという事を意味しません。(むしろ返って来ない事が確実になったと思った方が良い。あいては犯罪者なんだからね。無いものは取り立てられない。)

>必ず返すとしきりに言っていました
 あのね、返すかどうか解らないけど貸してと言われたら、貴方は貸すの?。金が欲しくてどうしても貴方から引っ張りだしたい奴なんだから、「必ず返す」と言うのが当たり前。借金する奴は全員そう言うんだよ。そして、何があっても必ず返せるくらい計画的な奴なら、他人から十数万ぽっちの金を借りる必要は生じない。必ずその程度の貯えがあるからね。自転車操業だから借りるんだよ。つまり、最初っから、返ってくるかどうか解らない金なんだよ。貴方に貸してと言っただけで、信用ならない奴なんだよ。わかる?

>この事で体調も崩して仕事にも差し支えてます。
>このままだと泣き寝入りになります。
 もめ事にならないよう、キッチリ借用書から何から揃えても逃げられる時には逃げられる。それを、こんな幾らでも言い逃れ出来る形で、お金を渡したのは貴方。これが原因で貴方が体調を崩すかどうかなんて、本人以外には解らない。くれてやる事になっても構わないというような事をやっておいて、体調崩しましたなんて言っても自業自得。貴方は人助けのつもりだったのかもしれないけれど、結果はイカサマ野郎に甘い密を提供し、味を占めさせただけ。真っ当な人なら居なくなって欲しいと思うような奴を金銭援助しちゃったんだよ。いい加減にお金を扱うと、そんな事になって、嫌な思いをさせられて、泣き寝入りしかなくなるの。これが原因で貴方が借金取りに追われる状況になった様でもないし、フィギャアなんて無くても生活は出来る。いい勉強をさせてもらったと思って、諦めるんですな。

 ちなみに、金を貸して、自己破産で免責を取られると、法により有無を言わさず泣き寝入りさせられます。そう言う世の中だって事を学んだ方が良いです。貴方の例も相手が破産して免責取れば泣き寝入りしかありません。

 借金は返済期限までは借りた側に返す義務は無く、貸した側も請求権はありません。で、いつまでの約束で貸したの?返済期限が過ぎてないなら、一円も返って来ないのは当たり前。返済期限を設けずに貸したのであれば、しかるべき期限を貸し手が設けて返せと請求するのは有効。でも、いきなり「明日返せ」と言うのは無効。今日いきなり言われて一日で十数万円準備出来るとは限りません。数ヶ月の期間を設けるのは常識。なお、前々から返せと言っていたと貴方が口先で幾ら言っても無意味でしょう。

>内容証明を送っ...続きを読む

Q絶対貸したお金を回収できる方法

知人に50万ほどお金を貸しました。必ず返してほしいお金です。

しかしどうやって回収したら良いのかわかりません。相手は現在また無職。
借用書を書いてもらって待っていればいいのか、弁護士を通したら良いのか、調停などを起こした方がいいのか、これは民事?なので警察は取り合ってくれませんよね?

回収の方法が全くわからずにいます。

相手に現在支払い能力はありませんがどうにか働いて返してもらいたい、そういう状況です。

どなたか知恵をお貸し下さい。

Aベストアンサー

「調停」は”和解の場”ですが、借金に関して言えば、まあ相手は出廷拒否しなくとも「支払い意志がある」と言うでしょうね。

しかし、相手が、たとえそう答えたとしても「お金がない」といえばそれまでですし、調停では出廷するのに「過料10万円」を罰金で裁判所に払うようにして申立てる事はできても、あなたには一文も入りません。


これがかえって仇になるかと思いますし、「脅迫行為による請求は違法」ですので、将来いつでも法的手段をとれるように、相手の居住地と勤務先をチェックしつづけ、話し合いをし、その内容を日付と共にメモしておくくらいしか、今のところ方法はないのではないでしょうか。

現時点で、無職なのに一体どんな暮らしをしているのかが謎ですが、一人暮らしなら、仕送りだとしても、何かしら収入があるはずです。

その金額とお金の出所を明確にしてもらい、「払う」と意志表示しているようですので「民事解決することが確定」ですが、相手にいくら以上の収入があれば借金返済にあてられるのかの見込みをたてるよう、話し合ってから、きちんと期限を切って借用書を出してみてはいかがでしょうか?

それ以後は、相手の所在がわかっていれば、内容証明(裁判でも立派な証拠になるので書き方に注意)などで督促をし、さらに時効をのばすことも可能です。

正式な書き方は、弁護士でなくとも行政書士・司法書士に尋ねれば、法的にも完璧にできるでしょう。
書店でも書類の書き方程度なら、本が販売されています。

ただ、相手の収入源の証明を強要することはできないと思いますから、嘘かその場しのぎかはともかく、言い分としては「返済する気持ちがある」そうですから、常に「居所と勤務先を知らせて欲しい」むねを書面に追記してはいかがかと。

そしてここは、強引に返済をせまらず、淡々と個人的に話し合いをしていく方が、現状では得策だと思いますよ。

法的な拘束力が何もないだけでなく、返済できるかどうかも不明なままで法的手段をとっても、なんの意味もありませんから。

お金がないなら、当然、引っ越すこともできないとは思いますが・・・そのあたり、どうなっているのかすら謎ですね。

まずは、相手の「現在の収入状況」を、しっかり署名付きで証明してもらったらどうでしょうか?

「調停」は”和解の場”ですが、借金に関して言えば、まあ相手は出廷拒否しなくとも「支払い意志がある」と言うでしょうね。

しかし、相手が、たとえそう答えたとしても「お金がない」といえばそれまでですし、調停では出廷するのに「過料10万円」を罰金で裁判所に払うようにして申立てる事はできても、あなたには一文も入りません。


これがかえって仇になるかと思いますし、「脅迫行為による請求は違法」ですので、将来いつでも法的手段をとれるように、相手の居住地と勤務先をチェックしつづけ、話し合いをし...続きを読む

Q個人間貸し借りの場合の利息や延滞金など

1年以上前に当時の交際相手に40万円ほどお金を貸しました。
市販の書式(金銭借用証書・割賦返済)を用いて相手が自書した借用書もあり、分割で返済するとの約束でしたが、具体的な内容(月々の返済額や返済回数、最終的な返済期限など)についての取り決めはしていません。
借用書には最初の返済日が記載されているだけです。
普通に返済してもらえれば利息はいらないと思っていたので、利息についても特に記入はしてありませんし、延滞損害金についても同様です。(書式には色々書かれていますが利率等は空欄のままです)
連帯保証人はいません。

ところが一度も返済がないばかりか、再三メールをしてもたった一度だけ「返せない」と返事があっただけで以後は完全無視。
電話は常に留守電。自宅宛てに書留で郵便を送っても無視という状態です。

そのうちにメールアドレスは変更し、家も転居、そしてとうとう携帯も解約されてしまいました。
幸い郵便物は転送されていたので、内容証明を送りましたがそれも無視。
最初の返済の約束から1年以上が過ぎ、どうにも仕方ないので簡易裁判所に支払督促の申立をしたのですが、これにも相手は異議申し立てをするでもなく、そのまま確定してしまいました。

あとは強制執行…というところにきているのですが、現住所は手続きの際に判明したものの、相手の電話番号や勤務先等は分からないままです。
住居は賃貸で資産らしいものもありませんし、そもそも定職に就いているのかさえはっきりしません。

そのような状態で強制執行するのも費用倒れになる可能性の方が大きく、何とか話し合いで少しずつでも返済してもらいたいと思っています。
ただ他県在住の為、私自身が出向くことが難しい状況にあり、現在第三者を通じて、話し合いに応じるように進言してもらっている最中ですが、全くその気がなさそうに見受けられます。

それで改めて相手方に督促状を送った方がいいと勧められています。
その際に請求する金額として利息等も明示しておいたほうがいいと言われたのですが、その辺りの知識が皆無で、色々調べてもよく分かりません。

個人間の貸し借りで10万以上100万以下だと利息は年18%までという上限があるようですが、私の場合のように利息の定めがない場合でも18%で請求できるのでしょうか?

ちなみに支払督促の際には、元金と年5%の遅延損害金、そして申立にかかる費用を請求金額として記載し認められている形になっています。
支払督促の際に記載した遅延損害金5%というものは利息とは異なると思うのですが。

強制執行の際には恐らく、【元金+年5%の遅延損害金+手続き費用】が差し押さえの上限金額となると思うのですが、裁判所を通さずに個人的に話をする場合もこの金額に縛られてしまうのでしょうか。

今回私が相手方に対して督促状を送る場合に、返済を求める金額としてはどのように記載すればいいのでしょう?
どこまで認められるのでしょうか?

また、このような相手から回収するにはどのような手立てが有効でしょうか。
「無い袖は振れない」「借りたもん勝ち」で泣き寝入りしかないのでしょうか。

1年以上前に当時の交際相手に40万円ほどお金を貸しました。
市販の書式(金銭借用証書・割賦返済)を用いて相手が自書した借用書もあり、分割で返済するとの約束でしたが、具体的な内容(月々の返済額や返済回数、最終的な返済期限など)についての取り決めはしていません。
借用書には最初の返済日が記載されているだけです。
普通に返済してもらえれば利息はいらないと思っていたので、利息についても特に記入はしてありませんし、延滞損害金についても同様です。(書式には色々書かれていますが利率等は空欄...続きを読む

Aベストアンサー

> やはりそのような規定があるのでしょうか。
利息制限法
第四条  金銭を目的とする消費貸借上の債務の不履行による賠償額の予定は、その賠償額の元本に対する割合が第一条に規定する率の一・四六倍を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
という法令の規定があります。
この法律の第一条は、
利息制限法
第一条  金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
一  元本の額が十万円未満の場合 年二割
二  元本の額が十万円以上百万円未満の場合 年一割八分
となっていますので、「利息5%+遅延損害金5%ということ」にしても違法とはいえません。
しかし、何の制限も無しに法令内だからと自由に決めるのも問題が出てきますので、「一・四六倍」という規定を使って遅延損害金を算出するのが一番問題が出にくいとして採用しました。


> アドバイスいただいた差し押さえに関しては、あまり期待は出来ない感じです。
人間生きていれば、遺産が入ったり、結婚したり、子供が出来たりします。
今は返済の意思が無くても状況が変われば差し押さえが苦痛になるときが来る可能性が高いと予想できるので、2~5年程度ごとに差し押さえ等の手続きをすれば、そのうち向こうから「返済させてください」と頼みに来るのを狙うのがいいのではないかと思っています。

> やはりそのような規定があるのでしょうか。
利息制限法
第四条  金銭を目的とする消費貸借上の債務の不履行による賠償額の予定は、その賠償額の元本に対する割合が第一条に規定する率の一・四六倍を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
という法令の規定があります。
この法律の第一条は、
利息制限法
第一条  金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする...続きを読む

Q友人からの借金取り立ての方法を教えて下さい!

友人にお金を貸していますが、返済してくれません。
取り立てたいので、どうかご協力ください。

・私・・最近数年ぶりに地元に帰って来ました。
 友人に3年ほど前、20万円貸しました。

・友人・・私の中高からの友人。
 ずっと地元にいて、お金に困ったため私から借金。既婚者。妻以外身寄りなし。

話はこうです。
数年前、地元から離れて働く私に、友人からメールで借金の依頼があり、
当初は断ったものの、苦境から逃れるため、正社員として働くことを条件に貸しました。
友人は、ようやく就職し、2-3ヶ月後から分割で返済を約束しました。
(借金の直前まで友人は無職に近い状態でしたので、友人としてアドバイスした上で、当面の生活費ということで貸しました)

借用書はありませんが、当時のメールでのやり取りと、
銀行振り込みだったので、私の銀行通帳に記録が残っています。

ところが、彼は返済の時期になると突然連絡をしなくなりました。
私は地元から離れていましたので、メールや携帯でしか連絡の取りようがなく、
メール・電話してもなんら返答がないため、連絡が取れなくなりました。
その後メールも電話も変えたようで、連絡が取れなくなりました。
それでも年に一度ほど地元に帰っていましたので、そのたびに友人のアパートを訪問するも、
会えませんでした。

私も最近地元に帰り、再就職したのですが、友人には会えず(奥さんに会ったのみ)、
つい最近とうとう友人は引っ越してしまいました。

彼の奥さんは、その際、彼とは最近連絡がつかないと言っていましたが、
色々な伝手で、彼が地元にいること、奥さんとも一緒にいることは突き止めました。
彼と妻が住んでいる場所も何とか突き止めています。
ただ、彼の妻は働いていますが、彼が働いているかどうかは不明です。

そこで、ご相談です。

お金を貸した私にも責任があるのは承知の上ですが、なんとしても取り返したいと思っています。
なぜならば、借りた物を返すのは当然の話であるとともに、返せない場合の謝罪も何もなく、
友人としての付き合いも今後出来ないと感じているからです。

<質問>
・友人間の借金は10年間で時効と聞いていますが、メールの記録と通帳の記録だけで証拠になりますか?
・返さないということで上記の証拠を以て、警察に訴えることは可能でしょうか?
・彼の妻も私を欺いているわけですが、妻に彼に替わって返済を求めることは可能でしょうか?(法律的に)
・簡易裁判などの制度で彼の財産(例えば、スクーターやテレビなど換金できそうな物)の差し押さえは可能でしょうか?
・何か取り立ての良いアイデアはないでしょうか?
 →まずは借用書を書かせろ、100円でもいいから返してもらえ、内容証明郵便で・・など取り立ての知識でも構いません。

どうかよろしくお願いいたします。

友人にお金を貸していますが、返済してくれません。
取り立てたいので、どうかご協力ください。

・私・・最近数年ぶりに地元に帰って来ました。
 友人に3年ほど前、20万円貸しました。

・友人・・私の中高からの友人。
 ずっと地元にいて、お金に困ったため私から借金。既婚者。妻以外身寄りなし。

話はこうです。
数年前、地元から離れて働く私に、友人からメールで借金の依頼があり、
当初は断ったものの、苦境から逃れるため、正社員として働くことを条件に貸しました。
友人は、ようやく就職し、2-3ヶ月...続きを読む

Aベストアンサー

No10です。補足拝見しました。
支払い督促を出して相手が異議申し立てをすると
今回の場合はおそらく簡易裁判所での"通常訴訟"に移行します。
相手が近くにお住まいのようでしたら、
それほど苦労はありませんが、
遠方の場合だと
相手の住所地を管轄する裁判所での訴訟となりますので、
支払い督促に異議申し立てされると訴訟の手続きが大変になります。

手順としては、
奥様経由でもいいのですが、
できれば、内容証明等、あとで証拠の残る形で
おそらく返済の期日等の約束はないでしょうから、
相当な期間をもって催告する必要がありますので、
今回の場合1ヶ月程度先に返済期日を定め、
相手に正式に返済するよう求めます。
その際、これ以上無視するなら
法的手段を取ることもあわせて伝えます。

それで相手が何らかの行動を起こさない場合、
A 督促命令の申し立て
B 少額訴訟の提起
いずれかの手段をとります。

Aの場合は到達後14日以内に異議申し立てがなければ、
そのまま判決と同様の強い強制力を持ちますので、
相手の財産の差し押さえ等の手続きが可能です。
デメリットは前述の通りです。

Bの場合
1日で判決がでますし、
弁護士なしでそれほど費用もかからず、
(手数料は請求金額の1%程度ですので、
 今回だと2000円+諸費用の計1万円以下くらいで
 相手に裁判費用として請求できます)
手軽なのですが、
お金を貸したことが説明できるものや
請求を無視されたということを説明するために
先に出した内容証明の記録等の証拠が必要です。
この場合も相手が初めから通常訴訟を望んだり、
判決に納得しなければ
やっぱり通常訴訟に移行します。

最終的に通常訴訟に移行した場合ですが、
相手方が弁護士を立てるなどして
本格的に戦う姿勢を見せてこなければ、
(相手もお金なさそうですし、
 そこまではやらないと思われますが)
あなたも弁護士なしでも十分に戦えます。
少額訴訟と同様の証拠が必要です。

民事訴訟はできるだけ和解させることを前提に話が進みますので、
それほど身構えることもありません。
裁判官の話を良く聞いて、
わからないことを聞けば教えてくれますよ。

和解勧告で和解案が提示され、
それをどちらかが受け入れなかった場合は
最終的にやっと判決が出ます。
この場合でもお金を貸したことが証明できていれば、
基本的にはお金を返しなさいという判決になりますので、
返済しないようであれば。この判決を根拠に
その後は相手の給料・財産の差し押さえという手続きになります。

最後の通常訴訟まで続くことは稀ですが、
相手が対応してきた場合、
これだけの流れがあり、
かなり平日の昼間に時間をとられますので、
お勤めがある場合などは注意が必要です。

No10です。補足拝見しました。
支払い督促を出して相手が異議申し立てをすると
今回の場合はおそらく簡易裁判所での"通常訴訟"に移行します。
相手が近くにお住まいのようでしたら、
それほど苦労はありませんが、
遠方の場合だと
相手の住所地を管轄する裁判所での訴訟となりますので、
支払い督促に異議申し立てされると訴訟の手続きが大変になります。

手順としては、
奥様経由でもいいのですが、
できれば、内容証明等、あとで証拠の残る形で
おそらく返済の期日等の約束はないでしょうから、
相当な期間をも...続きを読む

Q被害届の出し方

先日も質問させていただいたのですが、
知り合って間もない人にお金を貸したまま返してもらっていない状態になっています。
そこで、警察に被害届が出せるものなのか、お聞きしたく質問させていただきました。
1借用書もない状態です。
2相手の身元が不明です。(携帯番号くらいしかわかりません)
3車のナンバーはチェックしてあります。
このような状態で被害届は出せるのでしょうか。
その場合どのようにすれば良いのでしょうか。
自分がいちばん悪いのは十分承知です。アドバイス宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 「債務不履行」に関する問題ですから、民事事件であり、刑事ではありませんので、警察をからめる被害届を出せる状況ではありません。
 「お金を返さない」というのは、今の日本では「犯罪」ではないからです。
 
 これが、「お金は貸したのではなく、詐欺によってお金を奪われたのだ」というようなことであれば、詐欺罪等により警察へ被害届の提出が可能です。

 なお、借用証の有無については罪状の立件には問題にはなりません。ただし、裁判において戦うための証拠としては重要となります。
 また、相手の身元が不明でも被害届を出すことの障害にはなりません。ただし、立件されても捜査が進まない原因にはなります。
 更に、相手の自動車ナンバーがわかれば所有者及び管理責任者が割れるので有力な情報ですが、盗難車などであれば意味が薄くなるでしょう。

 で、具体的には、どういう行動がベストであるか? という肝心の点ですが、・・・
 あくまでも民事事件(「債務不履行」つまり「貸し金を期限が来ても返してもらえないこと」)と考えるならば、回収が困難なケースに該当するため、法的措置の有効性が疑問になると思います。

 特に、「借用証が無い」ことが大きいです。
 もちろん、借用証が無くとも、金銭消費貸借契約の成立には厳密には支障はないので「相手の借金は有効」なのですが、裁判で争う場合にはそれを「証明するもの」がないと勝ち目が薄いのです。

 例外的に、証明するまでもなく、相手が債務の存在を認めた場合には、借用証の有無は問題にならなくなるでしょうが、こんどは「期限の利益がいつまでだったのかの証明」に窮することになります。
 具体的に言えば「いつまでにいくか返す」という取り決めがどうであったのかを証明できないという問題に直面すると言うことです。
 例えば、相手が、「確かにお金は借りたが、50年後に返す約束だったはずだ」と主張しても、それを覆す証拠が他に何もないのであれば、ただの水掛け論であり、明確に勝てるわけがありません。

 具体的にどのような経緯でこのようなことになったのかが不明ですので、申し上げられるのはこの辺が限度になります。
 ですが、被害金額が大きく深刻な問題を含んでいらっしゃる場合には、ここのアマチュア回答者よりも、多少費用がかかってでも弁護士さんに相談なさることを推奨します。

 「債務不履行」に関する問題ですから、民事事件であり、刑事ではありませんので、警察をからめる被害届を出せる状況ではありません。
 「お金を返さない」というのは、今の日本では「犯罪」ではないからです。
 
 これが、「お金は貸したのではなく、詐欺によってお金を奪われたのだ」というようなことであれば、詐欺罪等により警察へ被害届の提出が可能です。

 なお、借用証の有無については罪状の立件には問題にはなりません。ただし、裁判において戦うための証拠としては重要となります。
 また...続きを読む

Q友人とのお金の貸し借りでの金利等

はじめまして。

非常にお恥ずかしい話なのですが・・・

過去に(8年ほど前)に18歳の時に
友人に28万円を借り、現在まで返済していなく
近々、返済する事になったのですが
友人は
「消費者金融で借りたら金利もすごいからね~」
「8年間の迷惑料、色々含めてざっと計算したんだけど・・・」
「48万円位払ってくれ」と言ってきたのですが・・・

さすがに8年も連絡せずにいた、
僕も悪いと思っていたので、
その時は何も言わなかったのですが
ゆっくり時間を置いて考えてみると、
とてもじゃないけど「48万も!!」は払えないのですが、
「20万円」近くも上乗せして返さないといけないのですか?
僕は迷惑もかけた事だし、28万円の1割位は
上乗せして返そうとは思ったのですが
「48万円位」と言われると
さすがに困ってしまい・・・

知人に相談すると
「元金+1割(迷惑をかけた分)」と言う意見が多く、
「20万近くも払う必要は無い!」「訴えたら?」と
周りは口をそろえて、そう言うのですが・・・

友人にお金を返済する時に
金利、その他(迷惑料的な物)支払わないといけない金銭は
法律上では、どの位の金額を払わないといけないのですか?
もともとは友人だし、友人は家業を継いだり
しているだけに、相手のことを考えると
出来るだけ、穏便に終わらせたいのですが・・・


借りた時の状況

★ 僕は18歳で学生、友人は18歳で会社員

★ 当時は、金利の話は特に無い

★ 返済は、出世払いで良い

★ 借用書は手書きで、拇印を押している

返済までの友人の行動

★ 8年間で催促の連絡は今回で2回目 
 (本人からの催促は無く、友人の友達からのTEL)

長い文章ではございますが、
何卒、ご意見、ご指導下さいますよう御願い申し上げます。

はじめまして。

非常にお恥ずかしい話なのですが・・・

過去に(8年ほど前)に18歳の時に
友人に28万円を借り、現在まで返済していなく
近々、返済する事になったのですが
友人は
「消費者金融で借りたら金利もすごいからね~」
「8年間の迷惑料、色々含めてざっと計算したんだけど・・・」
「48万円位払ってくれ」と言ってきたのですが・・・

さすがに8年も連絡せずにいた、
僕も悪いと思っていたので、
その時は何も言わなかったのですが
ゆっくり時間を置いて考えてみると、
とて...続きを読む

Aベストアンサー

先の回答にもあるように、金利の定めがない場合は5%/年の金利とすることが民法で定められています。
したがってこれにもとづいて計算すると、借りている年数は8年ですから、

1.05の8乗=1.477倍となり、28万円×1.477=41.36万円が法的に相手の請求できる金額となります。

48万円よりは少ないですが、8年間の金利はこのくらいになるのです。(これでも消費者金融よりは遥かに安いです)
つまり相手の方はそれほど非常識な返済は要求していないということです。(もしかしたら自営業とのコトなのでこういう事を知っているのかもしれませんね)
一度には無理でも分割して返済するなどの誠意を見せたほうがよいでしょうね。


では。

Q友達にお金を貸して利息を取るのは違法?

日常的にではなく、友達にまとまったお金を貸したときに、利息をつけてもらう約束をするのは違法ですか?
返してもらうときに「お礼」としてもらうならいいのですか?
借用書に、明記するのは違法なのですか?
どこまでが違法になるのでしょうか?

Aベストアンサー

合意すればまったく問題ありません。
合意内容を借用書に明記するのは、後のトラブルを防ぐためにむしろ良いことでしょう。

ただし、利息制限法を超える金利(元本に応じて年15~20%)は無効となりますので、超えた分についてはご友人の任意となります。
なお、処罰対象となる金利は、個人間の場合でしたら年109.5%です。
少々常識はずれの利率ですので、あまり関係ないとは思いますが。

参考URL:http://www.houko.com/00/01/S29/100.HTM

Q150万円 年利5%の計算方法を教えて下さい。

ある方にお金を貸していたのですが、返済されず内容証明を作成するのですが、利息を含めた金額がいくらになるのか計算したのですが合っているか確認をしたいのでお願いします。

平成22年4月27日 150万円 年利5%で貸しました。
返済期日は、平成22年5月31日でしたが、平成23年7月24日に23万円を返済して頂いてからは返済がありません。(返済分は利息に充当したいと思っています)
平成24年12月20日現在の元本と利息はいくらでしょうか?

Aベストアンサー

 基本的に元金に年利を掛けたものを365で割って日歩を出して計算します。

 平成23年7月24日に一度返済があったとのことですが、ここで一度区切る必要があるため、23万円をすべてその後の利息に当てるという事はできません。
 利息を差し引いたものを、元金から減らす必要があります。

 まず150万円の年利5%は75,000円。
 借りた翌年の平成22年4月27日までは丸々この金利。

 その翌日分から支払いのあった平成23年7月24日までは日割り。
 75,000円を365で割ると、だいたい一日205円47銭となります。
 これを平成23年7月24日までの88日分かけて18,082円。繰上げにしてるのは、もともと205円47銭という日歩が端数切捨てにしてるから。

 合計93,082円が利息で、23万円から差し引いて、136,918円を元金から減らす必要があります。
 この時点で元金は136万3082円。以後、これを基準に利息をかけていきます。

 この元金の年利分が68,154円。
 丸一年、今年の7月24日までの利息がこれ。

 そこから本日平成23年12月20日まで日割り。
 68,154を365で割って、だいたい一日186円72銭。
 今日までの149日分をかけて、27,821円。
 合計95,975円が今日までの利息。

 元金1,363,082+利息95,975=総額145万9057円

 これが本日までの請求額ですね。

 基本的に元金に年利を掛けたものを365で割って日歩を出して計算します。

 平成23年7月24日に一度返済があったとのことですが、ここで一度区切る必要があるため、23万円をすべてその後の利息に当てるという事はできません。
 利息を差し引いたものを、元金から減らす必要があります。

 まず150万円の年利5%は75,000円。
 借りた翌年の平成22年4月27日までは丸々この金利。

 その翌日分から支払いのあった平成23年7月24日までは日割り。
 75,000円を365で割ると、だいたい一日205円47銭となります。
 ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報