柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

表題の通りで、たとえば11時ですは

il est onze heures.
c'est onze heures.

どちらが正しいのでしょうか。あるはどちらも正しいのでしょうか。どんな時にc'estと述べるべきか、あるいはil estと述べるのか判然としません。というか、区別がまったくつきません。

フランス語学習10か月の初学者です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ilは<彼>という単語として使いますが、英語の<it>の意味で使われ、時間、天候などを表す非人称構文の主語になります。

英語でitが使われる時はフランス語でもitを使うんだとお考えになるとわかりやすいと思います。一方、英語で<this>を使う場面では<c'est>を使うという考え方でよいと思いまます。
簡単な説明で申し訳ありませんが、これで今までよりはかなり明確に区別できるのではないかと思います。さらに詳しくは、文法書で非人称の<il>の項目で説明をご覧ください。

こんな感じです^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2014/08/02 20:51

いまの時間を言うときはil estだけど、「あれ何時だっけ?」の質問に応える場合はc'est。


Googleでc'est il est て入れたらいろいろ出てきますヨ。
http://ecole.kikounette.biz/approfondir/comparai …
とか
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご記載のURLは使えそうです。ありがとうございました。

お礼日時:2014/08/01 09:05

Il est onze heures.でしょうね。


英語で言えばil=>it、ce=>this/thatです。人称代名詞と指示代名詞の違いですね。日本語にすると微妙ですけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/08/01 09:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『~と思う』の表現法 【フランス語】

フランス語で「~と思う」という意味合いで
Je crois , Je pense , Je trouve
っていうのをよく耳にしますが、自分で使う場合、どう使い分けたらいいのでしょうか?

また日常会話において、文頭に置くのと、文末に添えるのはどちらが自然でしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。7/26のご質問ではお返事を有難うございました。

ご質問1:
<Je crois , Je pense , Je trouve
っていうのをよく耳にしますが、自分で使う場合、どう使い分けたらいいのでしょうか?>

croire・penserは、trouverとはややニュアンスは異なります。

1.croire:

(1)ニュアンス的には「そんな気がする」「そう信じたい」「たぶんそうだと思う」といった感じです。

例:
C’est lui, je crois.
「たぶん、彼だと思う」

(2)また、よく否定形で用いられ、「疑惑の否定」すなわち、強い肯定・確信を表す場合に使われます。

例:
Je ne crois pas.
「そう思わない」=「そんなことありえない」
Je ne crois pas qu’il a tort.
「彼が間違っていると思わない」=「彼は間違ってない」

2.penser:

(1)croireとの明確な線引きはありませんが、croireより確信の高い「思う」の意味で使われているように思います。

例:
Je crois que c'est vrai.
「たぶん本当だと思う」
確信度は50%といったところでしょうか。

Je pense que c'est vrai.
「本当だと思う」
確信度は70%ぐらいでしょう。

(2)従って、否定形で強い肯定を強調する用法では、やはりpenseの方が確信が強くなります。

例:
Je ne crois pas. 「信じないわ」
<Je ne pense pas.「思いもしないね」「想定外だね」

3.trouver:

この語が3つの中で一番確信が強い語です。

もともとtrouver「見つける」「発見する」という意味ですから、「~を思う」と判断するまでに、その理由や根拠をある程度吟味してその判断に辿り着いた場合に使われます。従って、それなりの確信を持って判断する場合に用います。

例:
Je trouve qu'il est intelligent.
「彼は頭いいと思うね」
Je trouve qu'il a raison.
「彼は正しいよ」


ご質問2:
<また日常会話において、文頭に置くのと、文末に添えるのはどちらが自然でしょうか?>

状況によりけりで、自由に使えます。

(1)文頭に持ってくると、副詞的な働きも加味して、文のニュアンスを予め示唆できます。

例:
Je crois que,~
「たぶん、~でしょう」
Je trouve que,~
「恐らくほぼ、~だ」

つまり、これから述べる内容の確信度を予め示唆できるというわけです。

(2)文末だと、「100%事実じゃないから念のため」という念押しのニュアンスになるでしょう。

例:
Il es Ichiro, je crois.
「彼、イチローよ。たぶん、、、」
Il es Ichiro, je tvouve.
「彼、イチローよ。絶対そうよ、、、」


ご質問3:
<相手)イチローと松井、どっちが野球優れてるの?
私)うーん、イチローだと思います。>

主観で決められるといいと思います。ご質問の例ですと、以下のように答えると次のようなニュアンスになるでしょう。

例:
Je crois.
「たぶんイチローは松居より少し上」=「そうあってほしい」
Je pense.
「イチローは松居より上」=「そう信じている」
Je trouve.
「客観的にもイチローは松居より上だと思う」=「客観的にそうだ」

ご質問文では、「うーん、イチローだと思います。」と「うーん」と熟考している感嘆詞が入っているので、熟考の結果の判断ですから、確信の強いJe trouve.でいいと思います。


以上ご参考までに。

こんにちは。7/26のご質問ではお返事を有難うございました。

ご質問1:
<Je crois , Je pense , Je trouve
っていうのをよく耳にしますが、自分で使う場合、どう使い分けたらいいのでしょうか?>

croire・penserは、trouverとはややニュアンスは異なります。

1.croire:

(1)ニュアンス的には「そんな気がする」「そう信じたい」「たぶんそうだと思う」といった感じです。

例:
C’est lui, je crois.
「たぶん、彼だと思う」

(2)また、よく否定形で用いられ、「疑惑の否定」すな...続きを読む

Qフランス語中級作文の良い参考書はありませんか?

仏作文の中上級の参考書および問題集を探しています。
できれば、日本語との構造・考え方の違いに配慮のあるものを希望しています。

わたしは、フランス語学習歴は5年ほどです。
ただし基礎は独習でした。
読解は院試に合格する程度に困らないのですが、
作文は初歩の問題集を済ませたくらいで、まだあまり自由ではありません。

関口存男『独作文教程』のフランス語版のようなものがあればとおもいます。
よろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

私が#1で紹介した本は、ドリル演習方式ではなく、作文の仕方を非常に詳しく解説しています。

でも、逆の立場(私はフランス語が先ですが)で、私がドイツ語の中級の作文のトレーニングをするんだったら、フランス語の時みたいに、文法を詳しく解説した作文の参考書は使わないと思います。

私でしたら、英語やフランス語からドイツ語にアクセスし、既習の外国語を駆使して 日本語を介在させない方向に持って行きます。

Q(フランス語) dont と duquel の使い分け

いま、大学でフランス語の関係代名詞を勉強しているのですが、dont と duquel の使い分けのしかたがどうしてもわかりません。どういうときにdontを用い、またどういうときにduquelを使うのか、どなたかわかる方がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

明確な回答では無くて恐縮なのですが、一般のフランス人にとっても、dontとduquelの使い分けは困難な事らしいです。
以下のフランスの文学、文法等に関してのQ&Aサイトで、dontやduquel等の関係代名詞の使い分けについて、フランス人同士(その他の外国の方も参加されていますが...)で質問回答をされていますので、良かったらご参考下さい。
かなり詳しく説明してあるのですが、結局のところ、そのサイトで質問していたフランス人の男の子にとっても複雑で、完全に理解するのは困難な事のようです。
http://www.etudes-litteraires.com/forum/sujet-986.html

参考URL:http://www.etudes-litteraires.com/forum/sujet-986.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報