ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

鼻中隔湾曲症(両方)手術後、3週間経ちました。最近凄い臭いの青い鼻汁が出てきて、数時間位で鼻の奥の方にたまっているような感じがします。 毎日2回していた鼻洗浄が先程やろうとしたら、右の鼻の穴からチューブを入れるといつもなら左から水が流れるに、水が抜けず痛くてできませんでした。
鏡とライトを使って右の鼻の穴を見たら、隙間が無くなる程赤く中が腫れています。
結構ヤバイ感じなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

補足拝見しました。

そういう状況なら医師の言うとおりだと思いますよ。
蓄膿症に突然なる事はないと思います。

多少、術後の回復が遅れてるくらいかと思います。

私は蓄膿症の手術を2回経験してるのですが、初めての時はやはり顔が腫れて不安になった事があります。

時間の経過とともに腫れは引いていくでしょう。大丈夫ですよ。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

蓄膿ではなく、傷についたかさぶたに細菌が入って重なっておこって鼻くそのでっかい栓みたいのができて臭くなってたみたいです。
麻酔をかけて全部取り除いてもらってすっかりよくなりました(^ ^)
術後のガーゼの詰めすぎが原因で、鼻中隔?が左側によってしまい、左側の鼻の中が3分の1位しか開いてないのですが、これも時間かかりそうです。
気長に治療していこうと思います。
有難うございました(*^_^*)

お礼日時:2014/11/29 08:18

鼻中隔彎曲症だけですか?蓄膿症や肥厚性鼻炎とかはないのですか?



鼻中隔彎曲症ですとそういう疾患になりやすいですね。

臭い鼻汁は臭鼻症といって蓄膿症の場合に多いですね。

ただ、元々それだけ腫れていたなら、そちらの手術もしたと思いますので術後の腫れだとは思いますが・・・

この回答への補足

回答有難うございます(^ ^)術前は、湾曲症の他にアレルギーもあった為、下甲介粘膜切除術も行いました。
蓄膿はなかったです。
湾曲症手術1時間後に出血したので、止血のオペをしたせいで、傷の治りが遅いらしいですが、昨日奥の傷を鏡で見たら、以前より、腫れが酷くなってまして…。
蓄膿になったこと今までなかったんですが、やっぱり蓄膿になっちゃったんですかね…(T ^ T)

補足日時:2014/11/03 11:52
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鼻中隔湾曲症の手術したけど、、

現在高校3年生で先月16日、18日に二回に分けて鼻中隔湾曲症の手術および副鼻腔炎の手術、 鼻甲介切除術による手術を受けました。 術後、鼻の中のガーゼを抜いて貰ったあとは両鼻に空気が突き抜けることに感動したのですが、すぐにかさぶたができまた鼻がつまる。 ですが、処置でかさぶたをとってもらったあとはかなり鼻が通っていました。 術後の10日間はまたかさぶたができたから鼻が詰まるのだろうと思っていたのですが、術後から1ヶ月たち、かさぶたがほとんどできていない今でも、特に鼻づまりがひどかった右側の鼻が少しつまっています。
7割がた正常に両鼻で呼吸してるかなという感じです。 私は小学校に入る前に鼻の骨を折って今回矯正してもらいました。 その他にアレルギー性鼻炎も持っているので、鼻の奥の方で炎症を起こして腫れているのでは?と不安です。
ですが、先生は経過良好です。といいます。
鼻の奥の壁も見えるし、いい感じですね。と言うのですが、なのに鼻が詰まるっておかしいですよね。 他の同じ手術を受けた方のレビューや日記を見てみると1ヶ月くらいには手術をして良かったと思えるほど鼻が通るみたいなんです。
なのに私はむしろちょっと詰まったような、、、、
せっかくお金を払って手術したのにこれでは納得がいきません。 それともこれから腫れがひくなんてことあるのでしょうか?
同じ手術の経験がある方、鼻づまりに詳しい方などのご意見を聞きたいです。
よろしくお願いします。

現在高校3年生で先月16日、18日に二回に分けて鼻中隔湾曲症の手術および副鼻腔炎の手術、 鼻甲介切除術による手術を受けました。 術後、鼻の中のガーゼを抜いて貰ったあとは両鼻に空気が突き抜けることに感動したのですが、すぐにかさぶたができまた鼻がつまる。 ですが、処置でかさぶたをとってもらったあとはかなり鼻が通っていました。 術後の10日間はまたかさぶたができたから鼻が詰まるのだろうと思っていたのですが、術後から1ヶ月たち、かさぶたがほとんどできていない今でも、特に鼻づまりがひどかった右...続きを読む

Aベストアンサー

私も30年近く前鼻中隔湾曲症と副鼻腔炎の手術をしました。術後、看護師さんから「1年くらいは鼻がぐずぐずしますよ」と言われました。全くその通りで、手術したメリットを十分には感じられませんでした。しかし年を経るにしたがって鼻の調子はよくなりました。

手術前は一度風邪をひくとしつこい鼻づまりがありましたが、今では適切な治療を受けるとすぐ直ります。質問者さんはまだ術後の通院をなさっているなら、しっかりと治療を受け、医師の指示を守れば、きっと手術して良かったと思えるようになりますよ。

Q鼻中隔湾曲症の手術をされた方

いつも左の鼻の呼吸の通りが悪いんです。
昔大学病院で「鼻中隔湾曲症っぽい」みたいなこと言われた覚えがあるのですが、また気になりはじめてきました。。
もし手術をする場合って、どういうことするのですか?
レーザー手術もあるようなことを聞きましたが
ご経験のある方、アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

先月、この手術をした30代半ばの者です。私は慢性のアレルギー性鼻炎と鼻中隔湾曲症と診断されました。術式としては、鼻の中のアレルギーに反応する神経の切除と鼻中隔の軟骨の矯正(一部除去)でした。手術は完全に内視鏡手術です。13日間の入院で、入院3日目に手術でした。入院当初の2日は健康診断、血液検査、CTスキャン、肺活量などの術前検査に充てられました。手術は昼からで、手術室に入室してから、病室に戻るまで4時間でした。全身麻酔での手術で、直前に筋肉注射(痛くない)をしました。麻酔が覚めてからの痛み、だるさは無かったでした。当然手術中のことは全く判りません。鼻の中にガーゼをかなり詰め込まれます。術後3日後に除去します。その間は完全に口呼吸になるのと、私の場合、嗅覚が無くなったので、食事や生活に味気なさがないというか、その辺はしんどいです。ガーゼをとった時の気持ちよさは、表現できないほど清々しいです。30年近く鼻の通りの悪い状態が普通だと思ったので、驚きました。現在の医療技術はかなり進歩してるなと思いました。やはり体力がある時に手術をしたほうが、治りも早いですし、手術への耐力もあるとの事。費用は23万4000円で、私の場合、会社の社会保険と医療保険(かんぽ)で完全に賄えます。他の医療保険を考慮するともっと戻ってきます。鼻中隔湾曲症は保険の手術保険の対象になったので助かりました。アレルギー性鼻炎だと手術保険はでないそうです。入院保険はでますが。医師の診断書には保険のことを考えると、鼻中隔湾曲症と書いてもらったほうが、保険をもらうためにはよいです。
現在、退院して3週間目ですが、快適すぎます。後遺症も全く無く、傷口も90%塞がってるそうです。毎日朝晩、鼻洗浄をするのと(結構気持よかったりする)1ヶ月は食後の薬があります。月に一度、半年間は術後経過ののための通院が必要です。私の場合、会社の理解があったので2週間の入院も認めてもらいましたが、なかなか職種によっては2週間の入院は難しいかもしれませんね。

先月、この手術をした30代半ばの者です。私は慢性のアレルギー性鼻炎と鼻中隔湾曲症と診断されました。術式としては、鼻の中のアレルギーに反応する神経の切除と鼻中隔の軟骨の矯正(一部除去)でした。手術は完全に内視鏡手術です。13日間の入院で、入院3日目に手術でした。入院当初の2日は健康診断、血液検査、CTスキャン、肺活量などの術前検査に充てられました。手術は昼からで、手術室に入室してから、病室に戻るまで4時間でした。全身麻酔での手術で、直前に筋肉注射(痛くない)をしました。麻酔が覚めてか...続きを読む

Q鼻中隔湾曲症の手術を受け退院したのですが・・・

今術後ちょうど一週間です。昨日退院しました。
しかしまったくといっていいほど症状が改善していません。
ほとんど鼻呼吸できない状態です。
左右一応通ってはおりますが、鼻の奥が重たい感じして
寝ながら鼻で息ができる状態にはほど遠いです。
主治医には完治すればよく通ると言われているのですが
今の所その兆しもまったく見えません。
手術する前よりも通りが悪く、なんのために一週間鼻にガーゼを詰めて
つらい思いして入院したのだろうと考えると悲しくなってきます。
術後一週間で期待するのがそもそも間違いなのでしょうか?
主治医には確かにしばらくつまるかもしれないが時間がたてばよくなると言われましたが・・・どうもその気になれないです。
ネットで色々調べ改善には個人差があって人によるということは知っております。
この先のことを考えると不安で仕方がないです・・・・
経験者の方是非お聞きしたいのですが
術後一週間程度の段階ではどのような感じだったでしょうか?
その後の経過なども踏まえて教えていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

今術後ちょうど一週間です。昨日退院しました。
しかしまったくといっていいほど症状が改善していません。
ほとんど鼻呼吸できない状態です。
左右一応通ってはおりますが、鼻の奥が重たい感じして
寝ながら鼻で息ができる状態にはほど遠いです。
主治医には完治すればよく通ると言われているのですが
今の所その兆しもまったく見えません。
手術する前よりも通りが悪く、なんのために一週間鼻にガーゼを詰めて
つらい思いして入院したのだろうと考えると悲しくなってきます。
術後一週間で期待するのが...続きを読む

Aベストアンサー

昔、同じ手術をしました。鼻に詰めていたガーゼを取った瞬間は、何やら、古墳発掘時に何百年も眠っていた古墳内のひんやりとした空気が外に出てきたような感覚でした。それ以来、早いもので12年。何でもっと早くこの手術を受けなかったのか、という気持ちも忘れるほど快適です。

私の場合、なぜ鼻中隔湾曲症の手術を受けたかというと、もともとアレルギー性鼻炎を持っており、ちょっとしたことで鼻炎を起こしてしまうのです。鼻炎が起きると当然鼻の中の粘膜が膨らみます。通常であればそれだけの話なのですが、鼻中隔湾曲症の場合、鼻中隔が曲がっている側の鼻が鼻炎によりふさがってしまうのです。そこで、鼻中隔が曲がっている側の鼻中隔を少し削ったのです。

ということは、手術を受けたからといって、鼻中隔がまっすぐになっただけで、鼻炎が治まったわけではありません。鼻炎自体は今でも頻繁に起こります。ただ、手術前と違って、鼻炎が起こっても鼻が詰まらなくなった、ということです。

ご質問の術後1週間程度の状況ですが、私の場合、ご質問者様のような「症状が改善されていない」ということはありませんでした。ひょっとしたら何か問題があったかもしれませんが、当時は大学の卒業試験や卒業手続、就職、初任地への引っ越し、入社直後の緊張など、退院後もあれこれ忙しく、鼻のことを気にしていたのは、煙草を吸うときくらいでした。術後1ヶ月ほどは地元(赴任地)の耳鼻科に行ってチェックしてもらうことになっていたのですが、2回目で医者から「もう来なくていいよ」といわれました。それをもって「完治」といっていいと思います。

ご質問者様は苦しい期間を乗り越えたばかりですから、「期待はずれ?」という感覚かもしれません。でも、ここは主治医を信じて、もうしばらく我慢してください。そのうち必ず「あれっ?いつの間にか呼吸を意識しなくなったな」、「手術したのはいつだったっけ?」という具合になります。

個人差があるのは確かです。大切なのは主治医を信じることです。もう少しですので、頑張ってください。余り参考にならなかったかもしれませんが、どうぞお大事に。

昔、同じ手術をしました。鼻に詰めていたガーゼを取った瞬間は、何やら、古墳発掘時に何百年も眠っていた古墳内のひんやりとした空気が外に出てきたような感覚でした。それ以来、早いもので12年。何でもっと早くこの手術を受けなかったのか、という気持ちも忘れるほど快適です。

私の場合、なぜ鼻中隔湾曲症の手術を受けたかというと、もともとアレルギー性鼻炎を持っており、ちょっとしたことで鼻炎を起こしてしまうのです。鼻炎が起きると当然鼻の中の粘膜が膨らみます。通常であればそれだけの話なのですが...続きを読む

Q鼻中隔湾曲症 手術がこわい

鼻中隔湾曲症がひどくて手術を考えています。
調子の良い時でどちらか片方がかろうじて通る位の鼻炎持ちです。会う人ごとにかぜですか?と聞かれるし、鼻から内視鏡も入らないし耳鼻科の細いやつでやっと右だけ通ります。

かかりつけの耳鼻科の先生は手術をしても人間の体は回復力があるから、と再発を示唆します。

手術時、その後の苦痛を考えると簡単に踏み切れません。

経験者のお話を聞きたいです。

Aベストアンサー

ANo: 1ですが、他の方も書かれてますが手術経験の感想をもう少し。自分の場合は仰向けで鼻と口以外に布を被せられ片手に血圧計、もう片方の手に点滴で開始です。痛みは全くなくズシンとした重い感覚だけで時々、先生と会話もしながらでした。手術より後の微熱や鼻の詰め物の苦しさと、しばらく続く鼻血が少々辛かったですね。もちろんロキソニンや他の痛み止めで十分抑えられます。朝一に病院(個人病院)に入り昼過ぎには帰宅しました。その日は家で安静にしてましたが息苦しさのなか、夕食もしっかり食べました。鼻血が治まれば開通です!鼻中隔矯正術は一度だけなんで是非受けて下さい。恐ければ一泊の全身麻酔で。自分は全く平気だったので局所麻酔で行いました。腕が良く症例数の多い先生なら任せて安心!一昔前の手術なら砕石工場か彫刻か?と思うようなエグいものだったようですが今は医療技術が進歩してるので大丈夫です。

Q保険金出してくれるでしょうか(鼻中隔湾曲症)

3年前より外資系の入院保険に入っています。
契約内容は1泊2日以上の入院で、日額5000円
手術に応じて5,10,15万円が
支払われます。

最近、鼻炎がひどくなったので病院にいってみると
鼻中隔湾曲症で1週間入院して
費用は10万円かかると言われました。

保険会社のコールセンターに聞いてみると
費用が出るかどうかの判断は術後の先生のカルテ次第
とのことでしたが、
一般的なケースとして保険金を頂くことは
できるのでしょうか?

あと、政府掌握の健保に加入してるのですが
3割負担以外に一部負担してくれる
というようなことはないでしょうか?

Aベストアンサー

入院給付金については日額×入院日数が支払われます。
手術給付金については、日額の10倍の5万円が支払われる会社が多いとは思いますが、各社細かな基準が違うので正確なところはなんともいえません。予定されている手術の術式名と加入している保険会社がわかれば大体の見当は付きますが・・・

健康保険からは、政府管掌健保ということであれば、大雑把に言うと一ヶ月に72300円(食事代・リネン代等を除く)を越える自己負担部分は、高額療養費の請求をすれば戻されます。ただし、あくまでも月単位ですので、月をまたいだ入院になった場合には対象にならなくなる場合もありますのでご注意ください。

Q「鼻中隔湾曲症」の術後について

主人が「鼻中隔湾曲症」で手術をしました。
あまりに左の鼻が詰まるので頭痛がするほどでした。
Dr.も「かなり曲がってるね」と言うので手術に踏み切りました。
鼻の粘膜を剥がし、曲がった部分の軟骨を除去、その部分は左右の鼻粘膜を
くっつけるというものでした。

ところが今日手術の後にOP室から出てきたNs.が持っていたシャーレを
偶然に見てびっくりしました。
それには除去した骨片が入っていたのですが大きな物だと1.5cm×2cm位あるんです。
その他にも小さな骨片が結構入ってました。
「除去する」とは聞いていましたが、あんなに取ってしまって大丈夫なのでしょうか?
補助になるものを入れなくていいのでしょうか?
ちなみに手術したのは耳鼻科です。
これ以上の事を求めるのならば、形成外科にでも行かねばなりませんか?
どなたか同じような手術をなさった方、専門家の方、アドバイス頂けませんか?

Aベストアンサー

elieさん、入院、手術の付き添い大変ですね、ご苦労様です。
手術経験のある方に聞きましたが、その方は、補強になるものは入って無い、とのことでした。
担当の先生に、今後は、鼻を強打しないように(殴られるとか、強くぶつけないよう)とは、注意されたそうです(だからと言って、必要以上にビックリされたり、不安に思ったりされないでくださいね。通常の生活の中で、日常的に鼻を殴られるとか、強打するとかは、無い・・・ですよね?)。
術後は腫れなどで鼻が大きく見えますが、そのうち外観は手術前とぜんぜん変わりなくなりました。
No.2の、mokonokoさんが回答されたように、退院後は、かなり長期に通院していました。でも、手術や通院は大変だったけれど、こんなにすっきりさっぱりするなら、思い切ってしてよかった、と言っていましたよ。
現在は、以前と変わらぬ生活をされています。
以上、一個人の経験ですので、やはり、不安や疑問は、担当の先生に直接お聞きになった方が、安心ですし、気持ちも落ち着きますよ。
お大事にしてください。

Q副鼻腔炎 後鼻漏で困っています。

副鼻腔炎 後鼻漏で困っています。今年2月頃から副鼻腔炎(蓄膿症)になり通院しています、病院で鼻奥の吸引、ネブライザー、飲み薬を処方してもらっていますが、なかなか改善されず良くなりません。

症状としましては、鼻と喉の間に粘度の高い鼻汁がへばりついた状態で、鼻をかんでも出ないし、逆に吸い込んでも出てこない、ティッシュペーパーを細い棒状にして鼻奥に挿入すると接着剤の様な鼻汁が付着しています。(関係あるかどうかわかりませんが、20年間の喫煙を辞めて1年くらいしてから発病しました)。特に夜遅くまで起きている時やストレスにより症状がひどくなります。自宅で常に鼻が不快な状態なので、鼻を吸う音や咳き込む音に嫁さんも”うるさい”、”眠れない”など迷惑をかけてしまいます。この辛さが分かってもらえないのが悲しいです。
病院(町医者)での初診は通院で3か月程で完治するとの事でしたが、4か月後のCTでもあまり改善しておらず(特に左側)、先生もどうしてだろう?とのことにて現在まで治療が続いています。通院に約8か月経ち、ネットで調べてもあまり良い方法が見当たらず困っています。どなたかこの症状を改善された方、医師の方、アドバイスお願い致します。手術で改善するならやりたいと考えています。

副鼻腔炎 後鼻漏で困っています。今年2月頃から副鼻腔炎(蓄膿症)になり通院しています、病院で鼻奥の吸引、ネブライザー、飲み薬を処方してもらっていますが、なかなか改善されず良くなりません。

症状としましては、鼻と喉の間に粘度の高い鼻汁がへばりついた状態で、鼻をかんでも出ないし、逆に吸い込んでも出てこない、ティッシュペーパーを細い棒状にして鼻奥に挿入すると接着剤の様な鼻汁が付着しています。(関係あるかどうかわかりませんが、20年間の喫煙を辞めて1年くらいしてから発病しました)。...続きを読む

Aベストアンサー

そのつらさわかります。
私は30年間アレルギー性鼻炎を患っていて、昨年の5月に突然副鼻腔炎にかかりました。
(私も喫煙期間が10年間ありましたが発症したのは辞めてから10年後です。)
レントゲンを撮られて右の副鼻腔が真っ白になっており最初は急性副鼻腔炎ということで同じように濃汁を柔らかく薬などを処方されましたが一向に改善せず慢性副鼻腔炎と診断されました。
その後3ヶ月通院しましたが濃汁は常に喉までたれてくるし、鼻をかむとあの独特の臭い、何よりも仕事で忙しいのに何度も通院するのは大変なので手術をお願いしました。
手術は副鼻腔の下の方に穴を開けて濃汁がたまらない(濃汁になる前に排出させる)にするものです。
私は鼻が少し曲がっていたので鼻中隔も一緒に取りました。
鼻の穴から手術ができるので昔のように唇をめくって切る様なことはないです。
ただ長い間ほおっておくと副鼻腔などに溜まった濃汁にカビが湧いて、そうなると口の下を切って手術することになるそうです。
術後はまったく症状はなくなりました。
私の場合は150ccくらいの濃汁がたまっていたそうです。
術後開けた穴が塞がることがあるので一ヶ月に一度は穴を広げるために通院が必要でした。
手術は体質改善ではなく物理的な改善法なので予防的な意味を考えても私は手術するべきだと思います。

そのつらさわかります。
私は30年間アレルギー性鼻炎を患っていて、昨年の5月に突然副鼻腔炎にかかりました。
(私も喫煙期間が10年間ありましたが発症したのは辞めてから10年後です。)
レントゲンを撮られて右の副鼻腔が真っ白になっており最初は急性副鼻腔炎ということで同じように濃汁を柔らかく薬などを処方されましたが一向に改善せず慢性副鼻腔炎と診断されました。
その後3ヶ月通院しましたが濃汁は常に喉までたれてくるし、鼻をかむとあの独特の臭い、何よりも仕事で忙しいのに何度も通院するの...続きを読む

Q副鼻腔炎 29歳女 耳鼻科で泣いてしまいました

閲覧ありがとうございます。 私は29歳の女です。
少しアドバイス頂けると幸いです。

先週の土曜日に風邪を引いた3人の姪っ子たちの面倒を見なければいけなくなり2時間ほどみました。
そしたら案の定、火曜日の朝から怠くなり夜に38.4度の熱が出ました。 この時点で病院に行かなかった事をとても後悔しています。
3人はインフルエンザではなくただの風邪だったし、自分もただの風邪だろうと思い市販の薬を火曜から昨日の夜まで飲みました。

37.3から37.5度の熱が最初の3日間ほど続きなおってきたと思いました。
しかし、金曜日くらいか痰が絡む咳がでるようになり一昨日の土曜日くらいから黄緑色?の痰がでるようになり、鼻くそ(汚い表現すみません)も青ばなっぽいのがでるようになり咳が酷いせいで喉がはれ上がりやっと昨日から声が出るようになりました。
自分で色々調べると急性副鼻腔炎だと思い今日朝一で受診しました。  

私は何よりも耳鼻科が怖くてたまりません。 小さい頃に熱を出した時中耳炎をして切開もしています。
3~4歳のころで、あまりの痛さと看護婦さんたちに体を抑えられた怖かった光景が頭に焼き付いていて、家で耳垢の掃除をする時も母に怒鳴られ押さえつけられながらされとにかく耳鼻は私にとっては恐怖でしかありません。

しかし、副鼻腔炎だったとして放っておくわけにもいかず、今日勇気を出して耳鼻科へ行きました。
先生は60代半ば?くらいで個人病院へ行きました。
インターネットで調べたのでは、ほとんどの方がまずレントゲンを撮ってから治療に入っているようだったのでレントゲンをとるものだと思っていたのですがレントゲンなしでした。

5人位患者を同じ部屋(カーテンなし)に入れて、前の方々の治療している様子もすぐ近くで見えるような感じの治療室です。
私は前の方が治療をしている時点でものすごく怖くなり震えていました。 15センチはありそうな細い管のようなものが鼻にずぼっと入っていたので・・・

そして、次はいよいよ自分の番で、前もって看護婦さんが私の症状をカルテに書き込んでいたので先生はそれを読むなり『何でもっと早く病院行かないんだ、おい!今の時期病院へ行くのが普通だろ!』とほかの患者さんも見ている前で怒鳴られ、検査が怖いのと先生に怒鳴られた事でパニックになり泣いてしまいました。
耳垢がたまっていると言われ、先生がピンセットを入れたのでびっくりして力が入りまた怒られ、レントゲンを撮らずに鼻の中をライトであてて、蓄膿だね と言われ、あの細長い管のようなものも鼻に入れられ少し吸引されました。

怖さで酷い顔をしていたのか、『痛くないだろ?何でそんな顔をするんだ!そんな顔するから鼻血も出てきただろ』とまた怒鳴られ、最後には喉に引っ付いていた痰を吸引器で取ろうと口から器具を入れた時、反射で軽くおえっとしてしまい、『もうあなたは治療できないから5日間の薬だすから今日は帰ってくれ』と言われてしまいました。
鼻に噴射上の薬も入れました。

自分が悪かったのは分かっていたので、治療を続けてくださいとお願いしましたが、今日は無理と言われ薬を貰いかえってきました。
しかし、恥ずかしさと恐怖とまた耳鼻科へ行かなければいけないのかと思うと家に帰ってきても涙がとまらずしばらく放心状態でした。

薬は、抗生物質のような薬と咳止め、鼻水鼻づまりの3種類です。

とても恥ずかしい思いをしたので5日薬を飲んだら、今度は総合病院の耳鼻科へ行こうと思っています。 しかしまたあの恐怖が頭をよぎってこの世の終わりくらいに悩んでいます。

今現在の症状は、咳こんだときに黄緑の痰が時々でる、鼻水は透明、頭痛や顔面痛はありませんが、咳のし過ぎで喉が腫れていて唾や食べ物が飲み込みにくいです。 熱はもうありません。

少し質問があるのですが、
(1) レントゲン診断をしなくても副鼻腔炎はわかるのでしょうか?
(2) 固まった耳垢は薬で柔らかくせずにいきなりピンセットでつまみだすですか?
何人かの体験談をインターネットで読みました。  そこにはまずレントゲンを撮り、副鼻腔炎だと診断され抗生物質で1週間ほど様子をみて、それからもう一度経過観察で来院と書かれていました。

(3)これは鼻からの吸引なしで薬だけ渡され様子を見ると言うことですか?


数人がレントゲンと薬だけで初診は何も痛くないですよ と書いてあったので・・・

今日ほど自分が嫌になった事は本当にないです。  気持ちがいっぱいいっぱいでパニックだったと言っても情けなくてどうしようもないです。

何かアドバイス頂けると幸いです。  宜しくお願いします。

閲覧ありがとうございます。 私は29歳の女です。
少しアドバイス頂けると幸いです。

先週の土曜日に風邪を引いた3人の姪っ子たちの面倒を見なければいけなくなり2時間ほどみました。
そしたら案の定、火曜日の朝から怠くなり夜に38.4度の熱が出ました。 この時点で病院に行かなかった事をとても後悔しています。
3人はインフルエンザではなくただの風邪だったし、自分もただの風邪だろうと思い市販の薬を火曜から昨日の夜まで飲みました。

37.3から37.5度の熱が最初の3日間ほど続きなおって...続きを読む

Aベストアンサー

医者を変えるべきだと思います。
このお医者さんは自分の失敗を認めたくないのでしょう。
また、カーテン無しなんて初めて聞きました…

絶対、病院を変えるべきです。
私は違う病院に5回いきましたが、
どこもカーテンがあり、一定のマナーを持って(患者として)扱ってくれました。

そこは良くないとこです。

私だったら、ここは良くなかった!と対応口コミ誰だかわからない程度に書き、
他の耳鼻科にいきます。

絶対他の耳鼻科は対応良いはずです。

もし、他の耳鼻科も対応が悪ければ、大きな病院の中にある耳鼻科にいきましょう。

以上、参考になるかわかりませんが…

Q「好酸球」ってなんですか

先日、孫が咳がひどいので診察に行ったところ、「好酸球」が少し多いと言われました。そもそも「好酸球」とはどんなものですか。少なくするにはどうすればよいのでしょう。

Aベストアンサー

まず好酸球とは、白血球の一種です。好酸性に染色されるため、この名前があります。
正常では、血液中の白血球のうち、数%が好酸球です。少し多いというのは、おおよそ5-10%前後なのでしょう。
血液中ばかりでなく、痰の中や鼻汁の中などにも認められることがあります。

臨床的な意味についてですが、アレルギー疾患や寄生虫疾患で上昇します。現在の日本では寄生虫疾患というのは極めて少なくなっていますから、ほとんどがアレルギー疾患の指標として用いられます。
好酸球の中にある顆粒から分泌されるある種の蛋白は、寄生虫に対する傷害作用や気管支の粘膜を傷害する作用があります。

気管支喘息などのアレルギー疾患の指標として、IgEという免疫グロブリンの値もよく用いられます。これは、肥満細胞という細胞の表面に結合していて外部からアレルゲン(アレルギーの原因になる物質)が侵入してくると、肥満細胞の中からいろいろな化学物質が出て、さらには骨髄で好酸球が産生され、それが気道に遊走してきます。これによって気管支の粘膜に炎症が起こります。
好酸球が上昇しているということは、現在の咳が以上のようなアレルギーの背景をもつことを疑う所見ということになります。

好酸球の値をどうやって少なくするかというご質問ですが、アレルギー疾患の場合は、好酸球の値は症状の程度とある程度の関連があるといわれています。したがって、原病の程度が軽くなれば好酸球の数も少なくなる傾向があります。

本来、好酸球が増えるのは寄生虫疾患に対する体の防御機能の一つであったと考えられていますが、寄生虫が少なくなった現在、体の免疫能が本来病気の原因になることのない花粉などの物質に対して過敏に反応して、結果的に好酸球が自分の体の一部を傷害してしまい、アレルギー疾患を引き起こしてしまっていると考えるのがわかりやすいと思います。

まず好酸球とは、白血球の一種です。好酸性に染色されるため、この名前があります。
正常では、血液中の白血球のうち、数%が好酸球です。少し多いというのは、おおよそ5-10%前後なのでしょう。
血液中ばかりでなく、痰の中や鼻汁の中などにも認められることがあります。

臨床的な意味についてですが、アレルギー疾患や寄生虫疾患で上昇します。現在の日本では寄生虫疾患というのは極めて少なくなっていますから、ほとんどがアレルギー疾患の指標として用いられます。
好酸球の中にある顆粒から分泌さ...続きを読む

Q全身麻酔による長期間の吐き気

5日程前に鼻の手術を行いました、注射による全身麻酔です。

手術初日は吐き気がとてもひどく、その日に2回度激しい嘔吐に見舞われ、
吐き気止めを飲んで収まりようやく眠りにつきました。

術後1日目~退院日(5日目)まで、やや重めのふらつきと吐き気が続いてます。
ベッドで起き上がって座ってるだけでも具合が悪くなり、横になってても症状が良くなりません。

ナウゼリン等の薬を飲むと短時間だけ具合が良くなりますが、すぐぶり返してしまいます。



ふらつき吐き気を担当医に聞いてみても、手術による出血の影響としか言われず、あまり納得出来ないでいます。

また、懸念してることがありまして
手術1週間前から別の病気で処方して頂いたくすり、ルーランを飲んでからふらつきが取れてません。
服用を中止してもふらつきが取れずじまいでしたが
薬の量そのものは少なく、その医者の方も副作用とは考えにくい、というこでそのまま入院という形になってしまいました。

これは麻酔による症状なのでしょうか、回復するものでしょうか?
どなかたよろしくお願いします

Aベストアンサー

 一般に全身麻酔に使用する薬剤で吐き気を及ぼす薬としては、麻薬および麻薬拮抗性鎮痛薬がまず考えられます。昔と違って今は、全身麻酔薬単独では痛みを抑える作用が少ない(全身麻酔薬は、意識は取るが、手術中の痛みはあまり、もしくは全く軽減させない。しかし、無意識の状態でも体が痛みを感じてしまうと、様々な有害な反応が起こってしまうため、痛みは取った方が良い)という事が判ってきましたので、多くの麻酔科医が全身麻酔薬と一緒に麻薬やそれに類似した薬剤を使用して、手術中の痛みを取っています。しかし、それら痛み止めの副作用として、吐き気は高率に発生します。もっとも、それらの鎮痛薬は長く効いてもせいぜい8時間程度しか効きませんので、手術翌日の午前中くらいまで吐き気が出る方は居られますが、使用を中止してから4日も5日も吐き気が続くという事は、まず考えられません。それ以外の麻酔の薬も、ほとんどの薬剤が正味一日も経つと、普通は体内から無くなってしまいます。全身麻酔の後の怠さも、一週間程度で良くなる場合が多いです。

 
 正直、手術後の吐き気やふらつきに関しては、麻酔で使用した薬剤、手術の内容、併用薬(抗生物質や止血薬など)、患者さんの性格や体質、その他様々な原因が考えられますので、一概には原因を申し上げられません。ですので、私にはこれからどうなるかも含めてアドバイスをすることはできかねますし、担当した医師や、他の病院の医師など直接診察をした医師にしか、的確なアドバイスを行う事はできないとおもいます。

 以上、取り急ぎご参考まで。

 一般に全身麻酔に使用する薬剤で吐き気を及ぼす薬としては、麻薬および麻薬拮抗性鎮痛薬がまず考えられます。昔と違って今は、全身麻酔薬単独では痛みを抑える作用が少ない(全身麻酔薬は、意識は取るが、手術中の痛みはあまり、もしくは全く軽減させない。しかし、無意識の状態でも体が痛みを感じてしまうと、様々な有害な反応が起こってしまうため、痛みは取った方が良い)という事が判ってきましたので、多くの麻酔科医が全身麻酔薬と一緒に麻薬やそれに類似した薬剤を使用して、手術中の痛みを取っています...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報