最新閲覧日:

X線による被曝!っとよく聞くのですが、それってどういう意味ですか?何が原因なのですか?また、人体にどんな影響がでるんですか?なんだか分かりにくい質問になってしまいましたが、誰か答えて頂ければありがたいです!(>。<)

A 回答 (3件)

X線による被曝とは、例えば胸や胃のレントゲン写真を撮るときに、X線に曝されることです。



詳細は下記のページをご覧ください。

「X線検査に伴う被曝の心配は? 」http://www.takedahp.or.jp/com/health/61.html
    • good
    • 0

放射線というものは非常に大きなエネルギーをもった粒子が高速で飛んでいるとイメージしてもらえばよいでしょう。


そして、その粒子は人間を形作っている細胞の中をほとんどが素通りしていくのです。しかし、一部は確率の問題として細胞のどこかに衝突します。そして、その衝突した場所が遺伝子であると、その遺伝子の一部が破壊されたり変形したりして、異常なものになってしまうのですネ。
その異常の代表が癌なのです。
被ばくという言葉は、放射線をあびるという意味です。
医療機関のX線装置から照射されるX線を必要以上にあびてしまった場合、被ばく事故となります。それを防ぐために鉛の遮蔽板が入った被ばく防止用の着衣などがあるのですヨ。
こんなところで、ご理解いただけますでしょうか?
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

以前も同じような質問があったので・・・・・。


X線=レントゲン
確かに放射線を浴びるわけですから体にいいとは言えません。
といっても日常の生活を送っていても微量の放射線を浴びています。

ちなみに病院の人がレントゲンを撮る時に別室に移るのは、人体に害を及ぼす放射量を越えないようにする為です。
(患者が撮る度に一緒にいたら浴びまくっちゃいますもんね)

詳しくは参考までに下記のサイトで・・・。(ここの下の方に、質問に対する回答になる記事がありますので)

参考URL:http://www.shinwa.or.jp/rmis%20x%20ray.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ