年末調整で寡婦控除に○をしなくても、事務員さんが、○をして、ずっと、提出してくれていました。寡婦には当てはまらないのですが、訂正せず、そのままに。新しい職に就くので、寡婦でない事を伝えようかと思うのですが、今までの寡婦控除に対し、何か連絡や追加徴税などされるのでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

長いですがよろしければご覧ください。



>…新しい職…今までの寡婦控除に対し、何か連絡や追加徴税などされるのでしょうか

「勤務先の経理担当者の方」次第でしょう。

たとえば、「前の勤務先で(不正に)寡婦控除を受けていた」こと黙っていれば、(担当者の方が)「どこかに連絡する」ということもありません。(というよりもできません。)

【仮に】、担当者の方に伝えたならば、「税務署」や「市町村」に連絡するかもしれません。

(参考)

『課税・徴収漏れに関する情報の提供|国税庁』
https://www.nta.go.jp/suggestion/johoteikyo/inpu …

---
ちなみに、担当者の方が、「税務署(あるいは市町村)」に連絡した場合は、【時効にかかっていなければ】、「税務署(あるいは市町村)」の判断で対応が行われます。

具体的にどのような対応になるかは、ケースバイケースですから「税務署(あるいは市町村)」でなければ分かりません。

なお、あくまでも「参考」ですが、「給与所得者」の(給与の支払者への)「申告間違い」や「不正な申告」については、以下の記事にありますように、原則として「(受給者から申告を受けた)給与の支払者」に確認が来ます。

(参考)

『扶養控除の否認|「生涯税理士」』(2007/07/28)
http://masasan.blog69.fc2.com/blog-entry-122.html
『扶養控除是正通知|Kato's Blog』(2009年10月14日)
http://office-kato.blogspot.jp/2009/10/blog-post …

*****
(備考)

言うまでもありませんが、担当者の方に黙っていても、「税務署や市町村」が【何らかのきっかけで】申告の誤り(や不正)を発見することはあります。
    • good
    • 0

いいえ。


貴方が過去の分について寡婦控除をはずす確定申告をしない限り、連絡も追徴課税もきません。
あとは、貴方の自己責任で判断してください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q寡婦控除って?

寡婦控除について教えてください。
寡婦控除は「死別または離婚後再婚していない」人だと聞きました。
(シングルマザーは不可ってことですよね?)
離婚後、出産した場合は寡婦に該当しすか?
また確定申告の時、税務署で「寡婦です」と言えばいいのですか?
何か証明が必要でしょうか?
私はパートなのですが、職場に訊ねたところ、
確定申告の時、扶養と寡婦の申請をするようにといわれました。
ちなみに、総所得125万円で源泉徴収表が出る場合、
寡婦控除ある場合とない場合では所得税、市民税はどのように変ってくるか
教えていただけませんか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

寡婦とは、夫と死別し又は離婚してから結婚をしていない人、あるいは夫の生死が明らかでない一定の人で、扶養親族がいる人又は扶養親族に当てはまらない生計を一にする子供がいる人です。(合計所得金額が500万以下の人は特定の寡婦)
http://www.taxanser.nta.go.jp/1170.HTM
よって離婚後出産した場合でも、子供が他の人の扶養親族とされていなければ、寡婦となります。

確定申告書を自分で作成するのであれば、ご自分で寡婦控除の欄に控除額を記載するだけです。
税務署の職員・相談員に作成してもらうのであれば、寡婦だと言ったほうがいいでしょう。
特に証明は必要ありません。税務署側が疑問に思えば、職権で戸籍等調べます。

総所得125万円とは給与の総支払い金額ですか?
それであれば所得税は、#1の方の回答のとおりです。
住民税もかかりません。

給与所得控除後の額+他の所得=125万であれば、
基礎控除38万+扶養控除38万+特定寡婦控除35万=111万円を引き、その他生保・損保控除・社会保険控除(国民健康保険・国民年金等)が14万円あれば所得税は0となります。
その他控除が14万円ない場合、(14万ーその他控除)×8%が所得税額となります。
住民税は所得税と違い、非課税限度額というのが決まっています。
寡婦の場合、合計所得金額125万円以内までは税法で住民税をかけることができません。よって住民税は0となります。

この質問には関係ありませんが、補足です。
QNo.392761で、私(#2)と#1・#3とで数字が違いましたが、#1・#3の方は納税額を求める計算で住民税が0になる所得金額を回答しています。
ですが、住民税は所得税と違い非課税限度額というのが税法等で定められています。
私がした回答は法律上の非課税限度額であり、この非課税限度額を上回った場合に初めて、納税計算を行います。非課税限度額以内であれば、控除額は関係なく住民税はかかりません。
なお、寡婦でない一般の人の場合の非課税限度額は、各市町村によって若干違います。(納税計算とは違う一定の算式による額を媒酌して各市町村が決定)そのため、前の回答は自信なしとしました。

寡婦とは、夫と死別し又は離婚してから結婚をしていない人、あるいは夫の生死が明らかでない一定の人で、扶養親族がいる人又は扶養親族に当てはまらない生計を一にする子供がいる人です。(合計所得金額が500万以下の人は特定の寡婦)
http://www.taxanser.nta.go.jp/1170.HTM
よって離婚後出産した場合でも、子供が他の人の扶養親族とされていなければ、寡婦となります。

確定申告書を自分で作成するのであれば、ご自分で寡婦控除の欄に控除額を記載するだけです。
税務署の職員・相談員に作成してもらうの...続きを読む

Q特別寡婦でいいのでしょうか

私は未婚で子供が1人います。未婚で産んでいるので寡婦には該当しないと自分では把握しています。
しかし、源泉徴収票の特別寡婦のところに*が付いていました。
会社にも未婚で扶養1人の話はしてありますし、自分も年末調整書類には寡婦にしるしをつけてはいません。
会社の担当者に「私、寡婦ではないんですが」と言うと、その方が書類を作っている会計事務所に電話をしてくれ、聞いた結果が「民法上の寡婦と税法上の寡婦は違うんだって。未婚だろうと離婚だろうと所得が低くて扶養がいれば特別寡婦になるんだって」と言うのです。
特別寡婦控除がなければ、私の19年度の所得だと1万円くらいですが所得税が発生します。
会社にも言ってあるし、会計事務所にも確認したし...でもホントにそれでいいのでしょうか?

Aベストアンサー

あなたのおっしゃるとおりで、寡婦は離別または死別のというのが前提です。未婚の母は寡婦になりません。

国税局のタックスアンサー
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1170.htm

その他参考記事
http://www.ohmynews.co.jp/News.aspx?news_id=000000005891


人気Q&Aランキング

おすすめ情報