現在の会社で福利厚生積立と言う名目で毎月約4000円引かれています。
が、全く使われる気配も無く、別口座に積み立てられている形跡もありません。
使途不明金状態です。
返還請求ができるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

積み立ての根拠となる規約や誓約書などと実態によっては、返還請求の可能性があることでしょう。



社内互助会として、社内の慶弔関係に使われている可能性も否定できませんが、規則等を明確にしておらず、会社の独断で行っているとすれば、給与未払いとして争うことは可能でしょう。
ただし、小さい会社であるほど、会社にいられなくなる可能性はあると思います。

私の経営する会社では、税務や権利問題を回避するため、任意団体として会社とは別組織として互助会を設置し、互助会とその会員である従業員、そして会社との間での約束事に従って、給与天引きによる積み立てを行っています。そして、積み立ての目的と金額、使徒の制限と返還をしないことを明確にし、入会書類として誓約文も全従業員に書かせていますね。
    • good
    • 0

歓送迎会や社員旅行に掛かる費用の一部が積立金から出ていませんか?


総務に聞いてみましょう。

返還の是非は徴収の名目次第なので、質問内容だけでは何とも言えません。

この回答への補足

小さい会社で、歓送迎会や社員旅行、忘年会、新年会はありません。

補足日時:2015/01/06 17:55
    • good
    • 0

会社次第。


残念でっけど、まず返ってきまへんわ!
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qボーナスから勤怠控除という名目で引かれています

入社七ヶ月。
転職して初めてのボーナスがでました。
しかし勤怠控除という名目でボーナスの3分の1が引かれていました・・・

勤怠って遅刻や欠勤の項目ですよね?
入社以来、無遅刻無欠勤です。

なぜひかれたのかがわかりません。
この場合、会社の給料を扱ってる部署に直接聞けばいいのでしょうか?

Aベストアンサー

査定期間が1年であるならば、
12ヶ月×3分の1=4ヶ月。
試用期間などを踏まえると、
入社7ヶ月である質問者さんには、妥当な査定だと思います。

賞与の査定は上司が行なうことが多いので、
給与を取り扱う部署ではなく、査定をした上司に聞くのが良いと思います。

Q福利厚生倶楽部(リロクラブ)について。主人の会社がそれに入ってて毎月クーポンや優待などの情報誌が届き

福利厚生倶楽部(リロクラブ)について。主人の会社がそれに入ってて毎月クーポンや優待などの情報誌が届きます。それについてるランチのクーポンを利用したいのですが、私と友人3名で使いたいのですが、可能なんでしょうか?
クーポンには一枚で5名まで可能と書かれています。
会員IDを書く欄があり、そこに主人のIDを書きますが使用はできないのでしょうか?

Aベストアンサー

その会社と倶楽部、倶楽部と店の契約によります。
本人がいなければ不可もありますし、家族だったら可、クーポンに関しては他人に譲っても無償ならOKという場合もあります。

会員証を持ってこいとか、会員以外への譲渡不可との表記が情報誌等に書いてあるなら、当然、使用できません。
家族の使用OKとあるなら、逆に使用できます。

そうでないなら、私なら、店に問い合わせてみますね。
「訊かずに黙って使ってくれれば分からないのに~」と思われる可能性もありますけれど、自分一人ならともかく、友人と一緒に行くのでは、もしダメだった場合に不快な思いをしてしまいそうですから。

Q法定福利費と福利厚生費の違い

経理初心者です。
法定福利費と福利厚生費の違いを教えてください。
社会保険料はどちらでもいいのですか?

Aベストアンサー

どちらも従業員の為に会社が支出する福利費なのですが、そのうち、法令で会社が負担しなければならないと決められているものを会計処理する時の勘定科目が「法定福利費」、そうでないものを会計処理する時の勘定科目が「福利厚生費」です。

(1)法定福利費の例:
労働保険の保険料の徴収等に関する法律第三十条では会社が国に納める労働保険料のうち被保険者(従業員)が負担する部分を定め、残額は会社が負担しなければならないとしています。この会社負担の労働保険料をのうち「法定福利費」として計上します。健康保険料や厚生年金保険料も同様です。

(2)社員忘年会の費用や、社員旅行の費用は、法令で決まっている訳ではないが、会社が支出するときは「福利厚生費」で計上します。

Q個人事業の福利厚生費

個人事業で起業し、初めての経理でよくわからないことだらけです・・・もしよろしければ回答お願い致します。
現在、個人事業主(主人)と専従者(妻の私)の2人です。

福利厚生費は社員のための費用、食堂や社宅、事務所での備品や消耗品代などがあたると捉えていますが、
作業服を購入した場合、個人事業主の分は、福利厚生費にはなりませんよね?専従者の分は福利厚生になるのでしょうか?ならなければどの科目で処理するのが妥当でしょうか?

夫婦で個人事業をやっている場合、福利厚生の科目は出ることはない思っていたらいいでしょうか。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>福利厚生費は社員のための費用、食堂や社宅、事務所での備品や消耗品代などが…

事務所での備品や消耗品を福利厚生費というのは無理があるでしょう。
作業服などは、独立した科目「消耗品費」でよいと思います。

福利厚生費は、たとえば慰安旅行などを指すのですが、個人事業主の場合、家族の私的な旅行と線引きがむつかしい部分があります。
調査を受けたときにトラブラが起きないよう、この科目はなるべく使わないほうがよいと思います。

Q福利厚生費になりますか?

お世話になります。
会社で商品の納品がひと段落ついたということで、食事会をすることになりました。
これまで忘年会や花見など割り勘してきていましたが今回は会社が出そうとういうことになりました。
福利厚生費の条件で

・慰労会、二次会等の飲食も当初から開催が予定されていて、全員参加の場合は福利厚生費とすることができます。

とあったのですが常勤の従業員は全員参加で、開催は今月頭(第3四半期の頭)くらいに決めていました。
今回の場合は、「全員参加と当初から開催が予定されていて」というのがひっかかるのですが福利厚生費で計上できますか。
それとも交際費になるのでしょうか?
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

福利厚生費として計上可能です。一部の人のみの参加による会は交際です。全員参加が予定されているなら都合等で参加できない人がいても福利厚生費でOKです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報