歯根治療後、歯根部の痛みが取れません。歯科医師が治療中も「痛みますか」と2度聞いたことが今は心配です。治療後、違和感はなかったのですが、1日2日と経過し痛みがまし、妻からは口臭がひどいと言われました。治療中、荒療治するなと思ったのですが、今後悔しています。治療の失敗でしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>歯根治療後、歯根部の痛みが取れません


完全に終わった状態ってこと?それともまだ治療中(期間)のどちらでしょうか。ここが大事なこと、後者であれば、痛みはあります。まだ治療中だからです。この時は痛みをただ我慢しているのは愚かなこと。緩和ケアを考えましょう。苦肉の策というやつです。自分なりに工夫しました。しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答有難うございます。緩和ケアに力を入れてみます。痛みのあることを歯科医に相談したところ、歯根につめる薬を変更することが出来るそうです。もう一度、信頼してお願いしようと決心しました。有難うございます。今後共、よろしくお願い致します。

お礼日時:2015/07/27 10:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歯根治療→悪化→抜歯?

こんにちは。
10年以上前に治療し、左奥一つ手前の銀歯を被せてあった歯の歯根が化膿してしまい、現在銀歯を取り外し歯根治療中です。
一ヶ月以上治療していますが一向に良くならず、膿が出続けている為、詳しく見てもらったところ、治療中の歯根に穴が開いている為、一週間様子を見て、このまま膿が止まらず良くならなければ、抜歯する必要があると言われました。
対処法としては、手前の歯根だけ抜きブリッジにするか、一本抜いてブリッジにするかインプラントにするかと提案されました。
既に2年ほど前に右奥の一つ手前の歯を同様に抜歯し、インプラントを入れています。
その上で質問なのですが、歯根治療で歯根に穴が開いてしまうと本当に抜歯するしかないのでしょうか?
一度抜歯をしてインプラントをしている為、できれば抜歯はせずに、歯根治療で治したいと思っています。
回答の方よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

根に穴が開いてしまう原因としては二つあります。
一つは医療事故。曲がっている根を強引に治療して歯科医師があけてしまった場合。
もう一つは側枝(そくし)。歯の神経は必ずしも一つとは限りません。
幾つかに枝分かれしている場合も少なからずあります。
その中の一本が悪くなって治療した場合、他の部分が悪化しても、そちらの方に器具を挿入する事が困難になり、場合によっては治療不能となることもあります。

治療として抜歯だけでなく、歯根切除手術などもあります。でも状態によっては抜歯せざるを得ない事もあります。
抜歯の希望が無ければ、セカンドオピニオンで確認するしかないでしょう。
その際、インプラントをしていない。出来るだけ抜歯せずに直そうとしている歯医者を周囲の人の意見から探す事が大切です。

Q歯根治療して被せた歯に痛みがあります

上前歯の歯根治療をして、健康保険の範囲で白い被せものをしました。歯根治療には1週間おきに2ヶ月ほど通いました。
治療の通院中も痛みがあり、痛みが残っている状態で仮歯を入れ、その1週間後に被せて、それから10日程になりますがまだ痛みがあります。痛みは、歯を磨いたり硬いものを食べたりすると痛みます。これは普通でしょうか?そのうち痛くなくなるのでしょうか?

Aベストアンサー

前の回答者さんの過去質問の回答は常識的な勉強になります。

病的に骨は溶けても、ある程度は戻るという事にはなっています。戻りにくくしている炎症性の軟組織があればその存在を外科的に除去するなり歯内療法的にその縮小をはかるというのが治療方針です。でなければ抜歯という実に日進月歩していないが臨床医療の素顔です。つまり持続的な排膿が続くような付き合いきれない症状があれば抜歯ですがそうでないものを抜歯していたらみんな抜歯になります。つまりすぐに骨が溶けたりするのではなく時間をかけてとっくに骨がなくなっていた部位がある時に感染を悪化させて自覚症状が出たのです。溶けている歯ばかりで症状がない人の方が多いし、他の無症状の歯の方が溶けているかもしれません。そういう溶けているのに無症状の他の歯のレントゲンを無視したらヤラセの説明になります。
つまり前の回答者さんは寝た子を起こされたのであり質問者さんは押し売り治療にあったのです。その商品が肉体ですからひきずるわけです。抜歯は捨てるという作戦になります。
保険点数を上げたい専門家と治療すれば元より悪くなる事はないと決めている宗教的医療によって馬鹿を見るです。健康な部分の抜歯をしてインプラントという大詐欺の誘惑があるのに感染済みっ子掃除のトラブルなんか付き合いきれないでしょう。骨が溶けてますね抜きましょうです。溶けてるというほど歯槽骨が減少する事はないしレントゲンの写り方でどうにでも解説できます。溶けてなくても溶けてますというのは簡単です。目の下にクマが出来てたらそこは凹んでますと写真を見せるだけです。トリックでありそもそもが情報不足の推測論当てずっぽうです。画像診断などで断言したらいけないのです。
点数の高いブリッジにするには抜かないといけないのです。ブリッジの点数が低ければ抜歯はチョーーー激減します。
骨は一部溶けていてもいいのです、感染が悪化しないのならば。行為の名前に治療の文字が付いても、現実は、つつけば悪化しますよ、素人でも分かる事です。

前の回答者さんの過去質問の回答は常識的な勉強になります。

病的に骨は溶けても、ある程度は戻るという事にはなっています。戻りにくくしている炎症性の軟組織があればその存在を外科的に除去するなり歯内療法的にその縮小をはかるというのが治療方針です。でなければ抜歯という実に日進月歩していないが臨床医療の素顔です。つまり持続的な排膿が続くような付き合いきれない症状があれば抜歯ですがそうでないものを抜歯していたらみんな抜歯になります。つまりすぐに骨が溶けたりするのではなく時間をかけて...続きを読む

Q歯根治療と抗生物質

はじめて質問させていただきます。よろしくお願いいたします。
現在上顎右犬歯の歯根治療中です。歯根の治療には時間がかかる場合があると説明されました。治療は上顎右3-5のブリッジをうち、5番内部で虫歯が発生していることから、5番の虫歯治療をした後、ブリッジを新しいものと代えるというものです。レントゲン撮影の結果時に3番にも小さな膿袋が認識されましたが、3番について
治療開始時Drからの説明では、
・土台がかなり深く、歯が割れる可能性がある事
・レントゲンで膿は認識できるが、ごく小さい事
から治療をしないで様子をみましょうということになり、私も同意しました。

ある日番の土台も仮歯と一緒に抜けてきました。その結果5番の歯根治療は終了した後3番の歯根治療が継続しています。現在3回目ですが、診察を受ける度に膿や出血がわずかながら見られ、歯根治療が終わりません。
しかし当初「見逃してもよさそうなほど」だったはずのものが、実は「なかなかやっかいな炎症で、直りづらいもの」という説明のギャップに困惑しています。Drの説明では「個人差なので、歯根治療にどの程度の期間がかかるか不明である」ということです。
そこで私が「抗生物質などで炎症を止められないのだろうか?」と質問したところ、Drの回答は
(1)緊急性が無い場合の全身投与になる抗生物質の使用は厚生労働省が認められない。
(2)ガーゼなどに薬を浸透させ、歯根部分に埋めて改善を期待する現在の治療方法以外に方法は無いという説明です。
そこで質問させていただきたいのですが、
質問1:抗生物質の使用はできないのでしょうか?政令またはガイドラインなどがあればお教えいただけないでしょうか?
質問2:Drから受けた、現在の治療方法以外に、異なる治療方法は無いのでしょうか?

以上2点についてご返答をいただけましたら大変助かります。よろしくお願いいたします。

はじめて質問させていただきます。よろしくお願いいたします。
現在上顎右犬歯の歯根治療中です。歯根の治療には時間がかかる場合があると説明されました。治療は上顎右3-5のブリッジをうち、5番内部で虫歯が発生していることから、5番の虫歯治療をした後、ブリッジを新しいものと代えるというものです。レントゲン撮影の結果時に3番にも小さな膿袋が認識されましたが、3番について
治療開始時Drからの説明では、
・土台がかなり深く、歯が割れる可能性がある事
・レントゲンで膿は認識できるが、ごく小さい事...続きを読む

Aベストアンサー

昔の治療痕より雑菌が入り、歯茎に膿袋ができて治療したことがあるものです。
(1)はそんなことはありません。
私は最初は抗生剤と消炎剤で抑えてから詰め物を外すなどの歯科治療をしましょうと言われ、処方されました。
ただし、私の場合は膿みが大きくなっていた事もあってか、痛みが急激に強くなり、結局は詰め物を外し、歯茎に穴をあけて膿みの出口を作る治療になりました。
そのあと一週間おきに通院したのですが、薬をしみ込ませたガーゼをつめ、それに膿みを吸わせて消毒するということを4回ほど続け、完全に出なくなってから塞ぎました。
なので(2)でも問題はないかと思います。
質問1→そんなことはありません。歯科にかぎらず、「漫然と使用しない事」などとのガイドラインはどの薬にもありますが、まったく的外れな処方でなければ、医師が必要と感じるなら使用できます。

質問2→これに関しては歯科の専門家でないのでわかりませんが、中に膿みを残しておいてはいけないという観点からは、今の方法は間違いではないと思います。

ただ、歯医者を変える事は問題ないと思います。

Q抗がん剤治療後の歯科治療

抗がん剤治療が終わって一ヶ月経ったところで昔治療した歯が痛み出しました。
主治医に聞いてからと思ったのですが次の診察日まで日数があります。
治療を受けたいが、我慢した方が良いか、と迷っています。
どうぞアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

抜歯しなければ抗生剤や痛み止めも処方されないので,虫歯治療は問題ないと思います。麻酔も局所なので大丈夫だと思います。
何クール治療されたのでしょうか?もう終わったのですね?
ご心配ならば,担当医に電話で聞ける範囲のないようです。
頑張ったね!

Q歯根治療を行った歯

こんにちは。
15年以上前前歯の歯根治療を行いました。
そのころ歯医者に通い詰めだったため具体的にいつ行ったか覚えておりません。
そして今その歯根治療を行った前歯をフロスで磨くと膿の匂いがします。痛みはありません。
その前歯は少し黒ずんでおります。(黒ずみは以前からです)
根のない歯だから弱っているのだと思います。
ただ出来れば抜歯は避けたいのですが、何か対処法はあるのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

それはおそらく歯根のう胞という膿みの袋が出来てしまっていると思います。
わたしも同じようにのう胞が出来て治療した経験があります。
歯根治療(根管治療)は歯科医の技術によるところが多く、15年というとかなりもったほうだと思います。
神経を抜いてしまった歯は寿命が短くなるようです。
歯根治療をしたという事ですが、インプラントやブリッジをしていなくて自分の歯があるという事は根はまだあるはずです。
この場合、歯茎のところを一旦切って膿みを出し、リーマと呼ばれる器具で再度根管治療をする事になりますが、のう胞が出来た歯根は再発しやすいです。
(以前入れた補填剤をきれいに取り除き、再度完全に密閉するのが難しい為、根管治療のやり直しはむずかしいのです。)

大抵の歯医者さんは大学病院を紹介し、歯根端切除の手術を勧めると思います.
歯根端切除手術とはのう胞の原因となっている歯の根っこをすこし切ってしまう手術です。
のう胞の原因となる歯根端を切除するので膿みは再発しないと言う理屈になりますが、
再発してしまう場合も少なくないようです.
(それは歯根端切除手術のさい、血だらけになった歯根端の部分の密閉がやはり難しく、その際の血はやがて異物となるからです。)

抜歯をしない方法としては
・再発する恐れがあるが、根管治療のやりなおしをしてもらう。(歯科によってはやり直しても無理と断られる場合もあるので根管治療を得意とする歯科を探すしかなさそうです。)

もしくは
・歯根端切除手術を行う。
(これもまた再発する恐れがあるので得意とする歯科がみつかればよいのですが。)

となると思います。
歯根端切除を一旦すると歯根の一部がなくなるので
歯根端切除のやり直しはほとんど出来ない。
(というより、どこもやりたがらない。)
再発した場合は大学病院などでは
「手術したけどだめだった。抜歯しかありません。ブリッジかインプラントをしましょう。」と言われます。

神経を抜かないのが一番なのですが、
神経が無い歯は生き長らえさせるのが難しいのです。

それはおそらく歯根のう胞という膿みの袋が出来てしまっていると思います。
わたしも同じようにのう胞が出来て治療した経験があります。
歯根治療(根管治療)は歯科医の技術によるところが多く、15年というとかなりもったほうだと思います。
神経を抜いてしまった歯は寿命が短くなるようです。
歯根治療をしたという事ですが、インプラントやブリッジをしていなくて自分の歯があるという事は根はまだあるはずです。
この場合、歯茎のところを一旦切って膿みを出し、リーマと呼ばれる器具で再度根管治療を...続きを読む

Q先日から再歯根治療をして痛みが全くひず6日目です。いつになれば楽になるのか、今日も行き薬の刺激で痛く

先日から再歯根治療をして痛みが全くひず6日目です。いつになれば楽になるのか、今日も行き薬の刺激で痛くなるので、全部薬をとりました。
また薬を入れたら痛みますか?
6日間きつかったです。知識のある方教えて下さい‼お願いします

Aベストアンサー

神経が興奮状態にあると痛み止めきかないんですよね。。。根治療はわるさが進行して酷いものだと、治療後も生水をかけて清掃する治療が数ヶ月続くこともあります。主治医の先生に治療計画と、今井ものは素直に「痛い」と、言い続けるしかないと思います。外科が下手な先生だと、大学病院の歯科を紹介してくれたりして、少しはマシになるかもしれないですね。

Q歯根の治療とその経過について

奥歯のインレー周辺に隙間がありました(神経などは除去している歯です)。歯科にいくと「歯が欠けている」とのことでした。レントゲンをとると歯根の周りの歯茎が薄くぼやけていたので「○○菌がいるのでしっかりと治療してクラウンをかぶせましょう」ということでした。その「○○菌(忘れてしまいました)」は、たいして悪いやつではないが、治療した方がいいだろうということでした。2度目の治療で「根の深い所まで穴をあけた」ということだったのですが、その治療の2日後に激しい鈍痛があり、仮の蓋を開けると「膿がたまっています」ということでした。この膿のたまった理由を聞かされていません。歯の治療で、このようなことを初めて経験しました。これは「○○菌」によるものなのか、歯根の先端まで穴をあける時になにかあったからなのか、また、他の理由なのか分かる方がいらっしゃいましたら宜しくお願いします。

Aベストアンサー

大きく分けて二つの可能性があります。
一つは、既に根が化膿して、そのガスがインレーの隙間を通って抜けていた場合。この場合、治療を始めると密閉されるので、ガスの抜け道がなくなって痛みが出ます。少量のガスや膿では匂いも無く、最初の治療で見つけられない場合も少なくありません。
もう一つは、乱暴な治療で根の外側の組織を傷つけてしまった場合。
治療中にこれで痛みが出たときに、膿んでいると言い訳する歯医者はかなり多いようです。

今回の場合レントゲンの説明から、前者である可能性が高いでしょう。
通常、痛みが出るかもしれない時は隙間のある仮封をするのですが、ガスの臭いや排膿の兆候が見られない場合は、ごく僅かと判断して密閉してしまうケースが少なくありません。(勿論密閉する方がいいのですが)

細菌名については、検査で細菌を特定した訳ではないでしょうから、化膿菌(腐敗菌)の一種の名を上げただけだと思います。

Q歯科治療後の歯科医との見解の相違について悩み

平成23年11月中頃、ブリッジによる歯の治療を終えたのですが、1ヶ月半経過した今でも、一番奥の歯が、噛んだ時は勿論、圧迫感があり、熱いものを飲んでも、冷たいものを飲んでも、しみます。
担当の歯科医は、「神経を取らずに治療したから、そのうち、痛みは治まる」と言われましたが、私は、歯科医といえども、人間のやることだから、ミスは付き物で、何か、担当歯科医が、見落としているところがあるのではないか?  キチンと金属が、かぶせられていないのではないか、と疑っています。
こうした場合、どこに相談すれば良いでしょうか? 別の歯科医院で診察してもらうのが、良いでしょうか? 

Aベストアンサー

ミスではないのです無知なのです。

隙間があるから沁みるのではありません。中途半端な削り方をしたから沁みるのです。
「そのうちとまる」のは確かですがこれには良い結果と悪い結果があります。その事を大学で習っているはずなのですが、忘れているんです。

なぜ沁みるのか
これには二通りがあります。一つはもちろん削り過ぎ。もう一つは削らな過ぎです。矛盾していると思いますか?
歯は表面の白い部分がエナメル質、その下に象牙質画あるのはご存知ですね。
歯には2ヶ所沁みる場所があります。一つはエナメル質と象牙質の境界部分、もう一つが神経(歯髄)近くです。
多くの歯医者は神経近くまで削ると沁みる事をしているので、用心し過ぎてエナメル質がなくなると怖くなります。その結果「削らな過ぎ」になり、沁みるようになるのです。もちろん削りすぎても沁みますので結果は同じです。

我慢するとどうなるのか
1)好い結果の場合・・神経だって痛みたくないので、内側から歯を作り表面との距離を保とうとします。これを二次象牙質と言います。この機能がうまく働けば、歯は健康的に治ります。
但しこれが起こるかどうか、どのくらいかかるかは個人差が大きいので治療後に経過観察をしなければなりません。
それでうまくいかなければ予後不良と言います。これは失敗とは違うのです。医学において予後不良の概念を持たない医者こそがヤブ医者なんです。「そのうち治る」はその最たるものです。

2)悪い結果(予後不良)
二次象牙質生成が起きない場合の他に、刺激が強すぎて炎症を起こしてしまう場合があります。
沁みているだけなら知覚過敏です。特徴は冷たいものをどければ、痛みがすぐ止まることです。
炎症を起こし始めると痛みが消えにくくなってきます。この状態を歯髄充血と言います

更に進むと痛みが出た後暫く残るようになり、更に進んで何もしないのに痛み始めます。これが歯髄炎という病気です。
この初期までは薬で止まれば元に戻る可能性もありますが、ダメなら激痛になります。
こうなると麻酔も効きません。最悪の状態では医者もお手上げです。
ほとんどの患者さんはこの状態では医者のはしごをします。
するとあるときフッと痛みが消えます。患者さんはその歯医者を神と言いますが残念です。
実は神経が断末魔の叫びを上げている状態が急性歯髄炎で、神経が死んで痛みが消えただけです。歯医者はクジ運が良かっただけなんです。
通常はここで痛みがないまま終わります。

「我慢すれば治る」という歯医者は運が良ければ二次象牙質形成を待っている、運が悪ければ神経が死んで痛みがなくなる。どっちにしても痛みが消えればOKだから「我慢しろ」と言っているのです。

ところが感染すると、今度はズキズキという痛み、暖かいもので痛み、冷たいもので痛みが消えるようになります。こうなったら根の治療をしなければなりません。


★どうしたらいいのか(これはあくまでも我が家での場合です。実際には患者さんとの話し合いでどうするか決めます)
僅かな水でも痛みとか、空気を吸っただけで痛むなら再治療がいいでしょうね。始めのうちなら薬で強制的に欠陥を細くし、血流を回復させて様子を見る事もできますが、1ヵ月半だとギリギリの状態ですね。
ぬるい状態で大丈夫ならもう少し様子を見ましょう。2ヶ月目で軽減しなければ再治療です。

二次象牙質もいいのですが、神経の管が細くなりすぎて、もし次回虫歯が出来た場合に治療不可能になるというリスクがある事も考えましょう。
冠をかぶせてもその下には歯が露出しています。磨かなければすぐに再虫歯になりますからね。

再治療では神経を保護する処置をしてもう一度様子を見るか、神経を取るかのいずれかになります。

たぶん、その歯医者は何度言っても様子を見るしか言わないでしょうね。
差から他の歯医者を探したほうがいいかもしれませんね。

ミスではないのです無知なのです。

隙間があるから沁みるのではありません。中途半端な削り方をしたから沁みるのです。
「そのうちとまる」のは確かですがこれには良い結果と悪い結果があります。その事を大学で習っているはずなのですが、忘れているんです。

なぜ沁みるのか
これには二通りがあります。一つはもちろん削り過ぎ。もう一つは削らな過ぎです。矛盾していると思いますか?
歯は表面の白い部分がエナメル質、その下に象牙質画あるのはご存知ですね。
歯には2ヶ所沁みる場所があります。一つはエナ...続きを読む

Q根幹治療中の歯に穿孔があり膿と出血がある場合

以前、根の治療について質問させてもらったのですが
再度おねがいします。
飴を噛んでから歯茎の痛みとフィステルが出たため
根幹治療を開始しました。
当初は歯根割れかと思っていたのですが
歯の根別れ辺りと歯根より少し上に原因は不明ですが
穿孔があることがわかりました。
先生からは穿孔があり再発の恐れがあるので根幹治療の
回数を通常より多くするとの治療説明がありました。
また昨日、根幹治療をしてもらったのですが
本日、痛みはないが歯茎にフィステルができたため
さわっていたら破れ白い膿と血がでてきました。
そこで質問なのですが
・穿孔があっても根幹治療をしっかりしていれば問題ないのでしょうか?
・根幹治療中に白い膿や血が出ることはよくないことでしょうか?
次回は一週間後なのですが早く行ったほうがよいでしょうか?
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

通常の歯内療法でも治癒率は七割程度という評価が一般的です。
(様々な研究があるのですが、多勢をとるとこんなところ)

ですので、穿孔があるとさらに治癒率は落ちるでしょうね。

先生の診断が第一で治療をまず継続すべきですが抜歯を視野に入れて
の心積もりも必要かと思います

Q根管治療(歯根膿胞)の今後の治療 みなさんはどうしますか?

こんばんは。大学生の男です。
先月から歯科に通院しており、歯根膿胞の治療をしています。
現在の治療方法は歯に穴を開けて、針?のようなものを入れてかき出したり、電気を通して殺菌・消毒をしたりという治療を続けています。
先生の話では、膿はかなり大きいので完治するには時間がかかると言われました。このまま今の治療を続けるか変更するか考えてきてほしいととのことです。

別の方法としては、1つは外科的治療法です。歯茎を切ってそこから膿袋を取り出すというものです。これは施術しても完治する可能性は50%と言われました。しかも痛みや痺れが出るかもしれないとも言われました。2つ目は抜歯です。これをするとたぶんブリッジをすることになるんだと思います。

膿の状態は、臭いはなくなり、量も少しずつではあるが少なくなってきているということです。
先生には時間がかかると言われていますが、良くなってきているのであれば、私としてはリスクの少ない治療をしたいと思っています。
なので現状維持といった感じで治療を進めたいと思っています。
私の考えはもう決まっているようなものなのですが、皆様ならどうするのか聞いてみたいです。

1.一番初めに記述した今の治療を気長に続けるか?
2.外科的手術をするか?
3.抜歯をするか?

回答よろしくお願いします。

こんばんは。大学生の男です。
先月から歯科に通院しており、歯根膿胞の治療をしています。
現在の治療方法は歯に穴を開けて、針?のようなものを入れてかき出したり、電気を通して殺菌・消毒をしたりという治療を続けています。
先生の話では、膿はかなり大きいので完治するには時間がかかると言われました。このまま今の治療を続けるか変更するか考えてきてほしいととのことです。

別の方法としては、1つは外科的治療法です。歯茎を切ってそこから膿袋を取り出すというものです。これは施術しても完治す...続きを読む

Aベストアンサー

私の場合の優先順位としてお読み下さい。

根治:永くかかる可能性があり、細菌が周辺祖組織に長く残るので、再発も無いとは言えません。
それに、嚢胞を形成しているのなら、更に再発の確率も高くなりますが、レントゲンで明確に判別できる例は少なく、治療後に消失する場合もあるので、私はまず根治を勧めています。

手術(多分歯根端切除術?):これは50%までというより「50%以上」と考えた方がいいでしょう。
麻痺が起きるのはその位置にもよるので、その歯の成功率を考えるべきですが、手術の好きな先生と避けようとする先生が居るので、成功率を伝える時にその影響も含んでいると考えてください。
周辺の骨も一部取るので、周辺組織の癌流最近は少ないですが、骨の再生に時間がかかり、その間の感染の危険はあります。
完全に嚢胞と判別できれば、手術が最良の方法ですが、実際には判別するのは難しいので、私の場合は根治の治療効果を見て考えます。

抜歯:選択肢の中に入っているなら、歯を温存する方法も無いではないということを意味しているので、根治や手術の予後を見て、予後不良となってからでも遅くは無いでしょう。歯を抜いてしまったらソレまでなので、最後の手段と考えています。

私の場合の優先順位としてお読み下さい。

根治:永くかかる可能性があり、細菌が周辺祖組織に長く残るので、再発も無いとは言えません。
それに、嚢胞を形成しているのなら、更に再発の確率も高くなりますが、レントゲンで明確に判別できる例は少なく、治療後に消失する場合もあるので、私はまず根治を勧めています。

手術(多分歯根端切除術?):これは50%までというより「50%以上」と考えた方がいいでしょう。
麻痺が起きるのはその位置にもよるので、その歯の成功率を考えるべきですが、手術の好き...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報