我が家は個人事業をしています。申告の方法ですが、青・白どちらの申告を選択すべきか、迷っています。色々調べましたが、青色申告の特典等は出ていますが、実際どのくらいの収入からが、境界線なのか良くわかりません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

税務上、個人事業か法人かによって税負担が違いますから、所得によってどちらが有利かと云う境界はありますが、青色申告か白色申告かの選択に、収入による境界線は有りません。



青色申告では、色々な特典があり税金面では有利ですが、記帳などに手間がかかります。

これらの特典は、収入金額には関係なく青色か白色かで適用されるかどうかなのです。

一般的には青色申告が有利です。
青色申告の場合、実際に帳簿を調べて出ないと更正は出来ないのに対して、白色申告の場合は、業種の平均所得よりも少ないと、調査もしないで更正される場合も有ります。

青色申告と白色申告の違いは、参考URLをご覧ください。

青色申告は、新規開業の場合は開業後3ケ月以内、新規開業以外は其の年の3月15日までに申請します。
年の途中では申請できません。

参考URL:http://www.jcnland.co.jp/aoiro21/qa/qa.htm,http: …
    • good
    • 0

ぼくが青色に変えたのは、不動産所得が出始め、帳簿付けが複雑になってからです。



記帳は税理士にまかせています。税理士への支払は¥84000なので、採算はとれています。青色の帳簿付けはちょっと大変ですからね。
    • good
    • 0

申告納税制度なので、納税者が帳簿や取引の記録に基づいて申告することが前提になります。


そこで、納税者が一定の帳簿を備えて一般の記帳制度による記帳により水準の高い記帳を行い、これに基づいて自主的に正しい申告をしようとする人に対しては、税務上、各種の特典を与えて優遇しています。このような申告をする人のことを青色申告者と呼び、他の通常の申告をする人(白色申告者)と区別しています。

適用対象事業者は、不動産所得、事業所得、山林所得を生ずべき業務を行っている者で、かつ一定の帳簿の記帳、備え付け及び保存を行っている者は青色申告を受ける資格がありますが、
税務署長宛に「青色申告承認申請書」を提出し税務署長の承認を受けた人に限られます。
最近は、青色申告が年々ふえているようです。

参考までに、青色申告会のurlを添付しておきます。

参考URL:http://www.tokyo-aoiro.or.jp/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q白色申告の収支内訳書で、前受金(負債)はどこに書けばよいのでしょうか

白色申告を予定しています。

去年の収入の中で、例えば、ある仕事で60万円の仕事を請けて仕事をし、実際に作業してみたら30万円で収まったので30万円は今年作業する仕事に持ち越しという形の場合、収支内訳書はどこの欄にどのように書いたらよいのでしょうか。
ちなみに、60万円の領収書は去年出しています。

詳しい人に聞くと、前受金(負債)で処理すればといわれたのですが、収支内訳書に前受金というのがありません。青色で貸借対照表?みたいなのですとあるのかもしれませんが、白色なので、どこに記載すればいいのかがわかりません。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

白色申告の場合には、収支内訳書に記載すべき事になり、これは青色申告で言えば損益計算書の部分のみで、貸借対照表の部分がありませんので、負債項目である前受金については貸借対照表に記載する項目ですから、白色申告の場合は記載する箇所がありませんので、何も記載する必要はない事となります。
もちろん、ご自分で帳簿を付けられている場合には、そちらには前受金として記録しておくべ事とはなりますが、

Q個人事業ですが青色申告のソフトを頂きましたが「やよいの青色申告06」と

個人事業ですが青色申告のソフトを頂きましたが「やよいの青色申告06」というバージョンでした。
初めての確定申告ですので、このソフトでも現状の確定申告に対応出来るのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「やよいの青色申告06」は、確定申告書作成機能については平成17年分のみに対応しており、平成17年分以外の年分の確定申告書を作成しようとしてもエラーメッセージが出て先に進めないはずです。

それに減価償却は平成17年ですからおそらく旧定額法、旧定率法しか対応していないと思います。

しかし、伝票入力(振替伝票、入金伝票、出金伝票)や帳簿入力(現金出納帳、預金出納帳)から仕訳日記帳、総勘定元帳、試算表、青色申告決算書までは支障なく運用できます。

従って、減価償却や確定申告書作成の機能を使わないで、記帳業務に限って運用する前提なら一応使用できることになります。
(減価償却は量が少なければ手計算ないし表計算ソフトで、確定申告書は国税庁HPの確定申告書作成コーナーでも作成できます。)

Q白色申告で収支内訳書の添付を忘れ税金が多いです

オークションで生計を立てているものですが、昨年の21年度申告ではじめて白色申告をしたのですが、恥ずかしながら収支内訳書というものを知らなかった為に、提出することが出来なかったために、経費が全く計上されず、売上=申告額となり、国民年金や住民税がたくさん来てしまい、昨年の夏くらいから今年にかけて支払いに右往左往しています。今から収支内訳書を提出すれば国民年金や住民税は安くなったり払いすぎた分は戻るでしょうか?出来るのであればやり方を詳しく教えてください。お願い致します。

Aベストアンサー

直ちに、税務署で「更正の請求」という手続きを取って経費を申告して下さい。そうすれば、確定申告のやり直しと同等の成果が得られます。納め過ぎた所得税が戻ります。「更正の請求」書の用紙は税務署にあります。

更正の請求の手続きが終わったら、「更正の請求」書を控えを持って市町村役場の税務課へ行き、税務署で「更正の請求」をしました、と口頭で申告して下さい。住民税も安くなります。
なお国民年金保険料は安くなりません(所得金額に関係なく、定額の保険料だから)。

最後に、「更正の請求」のには受付期限があります。平成21年分の所得の場合は、平成23年3月14日が受付期限です。

2月16日から、平成22年分の所得の確定申告の受け付けが始まり、税務署は混みます。そうすると、「更正の請求」書の書き方を親切に教えてくれなくなるでしょう。今日中に税務署へ出掛ける方がいいですよ。

Q事業実績のない個人事業所の青色申告について

SOHOというにも恥ずかしいくらいの小規模な個人事業を今年3月に立ち上げ、
税務署に青色申告を行う旨の申し込みをしました。

しかし、体調やその他の条件があまりよくなく、結局数点の備品を購入し、
レンタルサーバの利用契約をしただけで、商品の販売や役務の実施といった
事業は全く行いませんでした。よって収入はありません。
今のところ総支出が1万円ちょっとくらいです。

このような場合、青色申告をどう行えばいいでしょうか。
事業実績がないということを怪しがられたりするのでしょうか。
現状を説明する文書などを一緒に出せばいいのでしょうか。
(業務日誌のようなものは作っていません)

Aベストアンサー

確定申告の際、赤字申告すれば問題ありません。
現状を説明は、赤字申告書に書く欄があります。
赤字分は、過去3年分を黒字の年に赤字分を純利益から差し引く事が出来ます。
赤字申告書は、税務署に行くか、最寄りの商工会で貰えます。
記載の仕方も、係の方に聞くと教えてくれます。
体調を整えて、来年度は黒字を出せるように頑張りましょう。
ご参考まで

Q確定申告の収支内訳書について

今回、初めて確定申告を行います。

バイトのお給料と、フリーランスの収入があるので
白色申告で収支内訳書も用意します。

所得税の申告書をネット上で作成し、控除金額が出ました。

収支内訳書で出した経費分は、申告書Bのどこかに記載するのでしょうか?
記載しないと、経費を出した意味がないですよね?

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

収支内訳書の「売上 (収入) 金額 (1)」を確定申告書の「収入金額等 (ア)」欄へ転記、
収支内訳書の「所得金額 (21)」を確定申告書の「所得金額 (1)」欄へ転記、
です。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/pdf/h28/02.pdf
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/pdf/h28/07.pdf

経費は、収支内訳書の「売上 (収入) 金額 (1)」と「所得金額 (21)」との差ですから、そのまま確定申告書の「収入金額等 (ア)」と「所得金額 (1)」との差として転記されてしまっています。

Q個人事業主の白色申告、青色申告

現在個人事業主として白色申告、売り上げは800万円くらいです。

個人事業主の白色申告、青色申告のそれぞれのメリット、デメリットを極簡単に教えて貰えますか。

Aベストアンサー

一口に青色申告といっても、記帳の仕方によって2種類に分けられます。

(1) お小遣い帳よりは少し丁寧な程度・・・10万円が控除
(2) 正規の簿記による記帳で貸借対照表を添付し、期限内に申告・・・55万円の控除

来年に申告する分から (2) は65万円に引き上げられます。
ただ、正規の簿記は、商業系の学校を出てきた人でないと簡単ではありません。しかし、近年は申告用のパソコンソフトがたくさん出ています。65万円の控除があれば 約6万円税金が安くなるわけですから、ソフトに 1~2万円思い切っても 1年でもとを取れそうです。

そのほかにも青色申告にはさまざまな特典があります。詳しくは国税庁のタックスアンサーをご覧ください。ぜひ青色申告されることをお奨めします。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/2070.htm

Q白色申告について

白色申告について教えてください。

まず白色申告をする場合、税務署へは何を持っていけばいいのでしょうか?
今、頭にあるのは収支内訳書くらいなのですが、これに関してもどういったまとめ方が良いのか参考になるものがあれば教えてください。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

白色の場合は、確定申告書に「収支内訳書一般用(白色申告)」を添付して提出します。

収支内訳書には帳簿から集計して記入します。
様式は下記のページの5番目をご覧ください。
http://www.nta.go.jp/category/kakutei/youshiki/02.htm

書き方は、下記のページの17番をご覧ください。
http://www.nta.go.jp/category/kakutei/tebiki/h15/01.htm

こちらも参考してください。
http://www.sendai.nta.go.jp/taxsnd/syotoku/zieigyousya.html

http://www.tokyokaikei.com/primaryP/mailm/mailm_040217.html

Q個人事業者が本業以外に収益物件を購入して家賃収入を得る場合の確定申告の仕方(白色申告)

こんにちは。当方個人事業者で、毎年確定申告(白色)をしております。
昨年収益物件として小さなワンルームマンションを購入いたしまして、わずかですが毎月の家賃収入があります。本業の確定申告とこの副業のワンルームマンションの家賃収入を同じ申告用紙で行ってもよいものなのでしょうか。それとも国税庁のサイトから不動産収入専用の申告用紙がダウンロードできるようですので、本業の分と不動産収入の申告と二つ別の用紙で別事業としての申告を行うべきなのでしょうか。ご存知の方、どうかご享受いただけましたら幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

質問文を読むと、事業の遂行に伴ってワンルームマンションを購入したのではないようですから、ワンルームマンションを貸して得られる家賃収入は不動産所得になります。事業所得ではありません。従って確定申告では、事業所得の収支内訳書と不動産所得の収支内訳書とが必要になります。むろん、必要経費についても、事業所得の分と不動産所得の分とに分けなくてはなりません。

Q確定申告の収支内訳書の意味について

今回、初めて確定申告をします。
フリーランスで仕事をしているので、白色申告で収支内訳書が必要です。

ネット上の国税庁の作成コーナーで作成しているのですが、
収支内訳書の最初にある収入金額内の科目、「売上(収入)金額」は源泉徴収金額を差し引いた金額の事ですか?差し引く前ですか?

またフリーランスで始める前にパートとして得た金額は、科目 「その他の収入」に入力するのでしょうか。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>フリーランスで仕事をしているので…

源泉徴収されているって、具体的にどんなお仕事ですか。

個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収されなければならないわけではありません。
源泉徴収されるのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にあなたの職種が載っているかどうかどうかお確かめください。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2011/pdf/07.pdf

個人に対する支払いはすべて源泉徴収しなければならないと誤解している人・企業が多々あります。ご注意ください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm

>差し引く前ですか…

はい。

前払いさせられた所得税は「確定申告書 B」
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/pdf/h28/02.pdf
の (44) 欄です。

>パートとして得た金額は、科目 「その他の収入」に入力するの…

事業の収入ではないので記載しません。
給与は「確定申告書 B」の (カ) と (6 ) 欄です。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>フリーランスで仕事をしているので…

源泉徴収されているって、具体的にどんなお仕事ですか。

個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収されなければならないわけではありません。
源泉徴収されるのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にあなたの職種が載っているかどうかどうかお確かめください。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2011/pdf/07.pdf

個人に対する支払いはすべて源泉徴収しなければならないと誤解している人・企業が多々あります。ご注意くだ...続きを読む

Qこの売り上げの場合は白色申告?青色申告?

3ヶ月前からある出張の業務をやっておりますが、まだ税務署に事業開始の申請はしておりません。
近日中に事業開始の申請はするのですが、その際白色申告にするか青色申告にするか悩んでいます。

現在の業務の形態としては

・週に2日の業務
・月の売り上げは20~25万円
・帳簿は、ノートにその日の簡単な仕事内容、売り上げを記入している程度
・専用の銀行口座は持っていない

このような感じです。
この場合は白色申告のほうがよいのでしょうか?
会計や税金関係は全くの初心者のため、悩んでおります。
私の売り上げ内容での青色と白色のメリット、デメリットなども教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

>近日中に事業開始の申請はするのですが
>3ヶ月前からある


(1) 原則
 新たに青色申告の申請をする人は、その年の3月15日までに「青色申告承認申請書」を納税地の所轄税務署長に提出してください。
(2) 新規開業した場合(その年の1月16日以後に新規に業務を開始した場合)
 業務を開始した日から2か月以内に「青色申告承認申請書」を納税地の所轄税務署長に提出してください。


事業を開始して既に3か月経過してますので白色ですね。

簿記の知識がなければ白色が良いでしょう。


人気Q&Aランキング