『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

簿記を勉強中の者です。
株式会社は株主や税務署の為に貸借対照表、損益計算書を作らなくてはいけないと思うのですが
個人商店の八百屋さんなども貸借対照表、損益計算書などの財務諸表の作成義務はあるのでしょうか?
ご回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

青色申告=財務諸表作成です。


政府は青色申告を推奨していますので、いろいろ特権があります。
例えば、親族の給与を経費に計上できるとか、社用車を買っても、減価償却費で年々一定額経費として計上し、最終的に1円まで経費として計上できるとか。
青色申告をしていないと、税務署に言われるがまま税金を納めなければなりませんが、申告していると審査請求ができます。当たり前ですよね。証拠書類(帳簿)がないのに審査請求なんかできないですよね。)以下URL参照してください。

http://www.tabisland.ne.jp/explain/kakutei2/kaku …
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2070.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

国税庁のHPをよく読んでみます。
青色申告の場合は、財務諸表作成義務があるという事ですね。ありがとうございました。

お礼日時:2012/03/12 20:23

個人商店も貸借対照表、損益計算書の作成義務があります。



商法では、「商人は、その営業のために使用する財産について、法務省令で定めるところにより、適時に、正確な商業帳簿(会計帳簿及び貸借対照表をいう。以下この条において同じ。)を作成しなければならない。」と規定されています。(商法19条2項)
ここで、「商人」とは、「自己の名をもって商行為をすることを業とする者をいい、店舗その他これに類似する設備によって物品を販売することを業とする者又は鉱業を営む者は、商行為を行うことを業としない者であっても、これを商人とみなす。」(商法4条)とされているので、 いわゆる個人商店は商人に該当します。

このように商法では損益計算書の作成は求められていませんが、会計帳簿と貸借対照表の作成が義務付けれらています。

一方、所得税法では、青色申告については損益計算書、白色申告については収支内訳書の作成が義務付けられています。
このうち青色申告の損益計算書は原則として複式簿記による帳簿記録から誘導的に作成されますが、白色申告の収支内訳書は必ずしも厳密な会計記録を必要とされません。これをあえて損益計算書と呼ばないで収支内訳書と呼ぶのはそのためではないでしょうか。
しかし、この収支内訳書も所得計算機能を有するという意味では損益計算書と何ら変わるところはなく、広い意味で損益計算書の範疇に入ると思います。

このように考えると、個人商店もその規制を受ける商法および税法によって貸借対照表と損益計算書の作成義務があるといえます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自営業でも商法によって
・会計帳簿
・貸借対照表
の作成を定められているのですか。

そして所得税法で
損益計算書
の作成を義務付けられているのですね

せっかくご回答いただきましたが
難しいので何度も読んで覚えます。

ありがとうございました。

お礼日時:2012/03/09 19:48

個人商店てことは法人ではないですよね?青色申告だけでいいとおもいます。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうです。私の質問内容は法人ではない人たちです。
という事は財務諸表の作成義務はないのですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/03/09 19:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q財務諸表の作成義務

財務諸表の作成は、何という法律の何条で、どのような会社にその作成が義務づけられているのでしょうか。

Aベストアンサー

証券取引法によれば、上場会社に

証券取引法第五条は、市場で株券や社債を売出す会社は、”政令で定める事項”を記載した届出書を内閣総理大臣に提出しなければならないと定めており、政令で定める事項の中に貸借対照表など財務諸表関連の会計情報が含まれております。つまり上場会社は、財務諸表を作成しなければならないということです。

Q第一章→第一節・・・その次は?

よく目次で
第一章○○○
 第一節△△△
 第二節□□□
第二章◇◇◇~
とありますよね?その第一節をさらに分けたい場合、第一何となるのでしょうか。
ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

たまたま手元に「公用文作成の手引き」という冊子があります。
役所で使用する文書規定の本です。

これによると、章、節、項までは皆さんのおっしゃる通り。

さらに、「項目を細別する見出し符号は以下による。」とあります。

第一章 第二章・・・
 第一節 第二節・・・
  第一項 第二項・・・
   第1 第2
    1 2 3
     (1) (2) (3)
      ア イ ウ
       (ア) (イ) (ウ)
        A B C
         (A) (B) (C)
          a b c
          (a) (b) (c)

注1:「第1」を省略して「1」からはじめても良い。
注2:「イ」「ロ」「ハ」「ニ」は用いない。


以上のように書いてありました。
しかし、何にせよ法律で決まっているわけでもないし、通常は
自分の好みで選択して、問題ないと思います。

Q日商簿記1級取得は相当難関ですか?

日商簿記1級は努力だけじゃ合格は難しいですか?2級まで1回でとったのですが、簿記の勉強が面白く1級取得も考えているのですが、2級までは暗記、1級はセンスと聞きました
確かに1発合格なんかは難しいかもと思いますが、1級は努力の範疇を超えた試験なんでしょうか?

たとえるなら数学や国語の偏差値65までは努力だけど、それ以上はセンスっていう感じと同じですか?

Aベストアンサー

日商簿記1級は取得できませんでしたが、同等レベルの全経簿記上級を取得した者です。

テクニックやセンスは重要ですが、努力で目指せるものだと思います。
ただ、3級や2級などの学習時間より多くの学習時間が必要な試験ではあると思いますね。

私は税理士試験の受験資格として取得しましたが、税理士試験は挫折しましたね。
その後税理士事務所で働きながら税理士試験を受けましたが、税理士試験こそ、センスや運も重要でしょう。

日商1級レベルは、税理士や公認会計士になる基礎力のようなものですが、資格者以外ではあまり役に立たないように思いますね。もちろん大企業などの経理・総務・財務などの担当役員などとして監査対応などをするのであれば、必要だと思いますがね。

税理士事務所などの求人で1級を求めることがありますが、私の前職の税理士事務所なんて3級や2級の人も担当を持ち、顧客に指導したりしていましたからね。
ですので、あなたが税理士などを目指したり、経理関係の職で上を目指すのであればよいですが、そうでなければ他の資格などへ力を入れた方が良いと思いますね。
簿記検定を取得したからといって、経理士のすべてを知るわけではなく、基礎にしかなりませんからね。実務と机上では大きな差がありますからね。

私は、簿記検定の他に税務会計検定を取得しました。あるサイトで登録したのですが、税理士事務所での実務経験・簿記検定・税務会計検定を記載しただけで、年俸1000万円以上の条件の求人へ応募を求められたこともありますね。

日商簿記1級は取得できませんでしたが、同等レベルの全経簿記上級を取得した者です。

テクニックやセンスは重要ですが、努力で目指せるものだと思います。
ただ、3級や2級などの学習時間より多くの学習時間が必要な試験ではあると思いますね。

私は税理士試験の受験資格として取得しましたが、税理士試験は挫折しましたね。
その後税理士事務所で働きながら税理士試験を受けましたが、税理士試験こそ、センスや運も重要でしょう。

日商1級レベルは、税理士や公認会計士になる基礎力のようなものですが、資格者...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較