latter は米では、ladder のように発音するとのことです。ということは、latter と ladder は同音異義語ということなのでしょうか?
また、latter を ladder と読むなら、どうして、発音記号をそのように書かないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

Oxford Dictionary of Pronunciation が latter も ladder も


AM [lædər]
と記述して、一部で話題になりました。
音声学者の間でも「けしからん」、という声が多数でしたが、それはいわゆる「アメリカ英語」の latter の /t/ と ladder /d/ は、音声記号で書けば [ɾ] であって、[d] というよりも日本語のラ行音の音だからです。

それはともかく、

>latter と ladder は同音異義語ということなのでしょうか?

というご質問には、「同音で発音するアメリカ人が多い」というのが答えになります。
全てのアメリカ人がそういう発音をするわけではないのは、当然ご存じとは思いますが。



>どうして、発音記号をそのように書かないのでしょうか?

latter には [lætə] [lætɚ] [læɾɚ] 等の発音があります。
もし、latter をこう書くのであれば、butter, batter, cutter, shutter 等、他の語にも影響が及びます。
小さな紙の辞書で、そこまで書くのは自殺行為です。
さらに言えば、どういうときに t を [ɾ] と読むかも教えなければならない。
それに、アメリカで latter を [lætə] と発音しても、何の問題もなく通じますしね。

ついでに言えば、/au/ も [æʊ] と発音するアメリカ人が少なくありません。
law には [lɑː] という発音もあります。


というわけで、最近の辞書は「音素表記」として、/lætə(r)/ と書くことが増えました。
house には [haʊs] [hæʊs] などの発音がありますが、/haus/ とします。
law にも [lɔː] [lɑː] などの発音がありますが、/lɔː/ とします。
[ ] ではなく、/ / で囲むのがみそです。
実際にはいろんな発音がありますけど、というサインだと思っておいて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございました。
「同音で発音するアメリカ人が多い」とのことですね。しかし、そのように発音してしまうと、かなり多くの単語が「同音異義語」として追加されてしまいっます。もちろん、文脈で意味はわかるでしょうが、英語を外国語として勉強している人にはこまるんでしょうね。

お礼日時:2015/12/07 21:32

あくまで似ているというだけのことであり、両者の発音はまるで異なっています。

無声音子音である〔t〕と有声音子音の〔d〕とでは、咽喉を通過する呼気の総量において明らかな差異が生じます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。t と d の違いはわかります。しかし、アメリカ人がとくに速く話す時、latter は、 ladder になります。international が innernational になったりするのと同じです。

お礼日時:2015/12/06 17:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q発音記号

洋書で、cumulus という単語が出ていて、その発音を (KYOOM-yuh-lus) と書いてあります。このような書き方を説明したページがあれば教えてください。これは体系的になっているものなのでしょうか? 例えば、cube なら、(KYOOB)と書くわけでしょうか? また、この書き方は発音記号による説明よりも長所があるのでしょうか?

Aベストアンサー

1。このような書き方を説明したページがあれば教えてください。

    すでに回答がある通りです。

2。  例えば、cube なら、(KYOOB)と書くわけでしょうか? 

    はい、おっしゃる通り cube は、下記では [kyoob] となっています。ついでですが cumulus は [kyoo-myuh-luhs]になっています。
http://dictionary.reference.com/browse/cube?s=t

3。   また、この書き方は発音記号による説明よりも長所があるのでしょうか?

    一般的な長短よりも、英語母語の人には 発音記号のような新しい記号を覚えなくても、すでに知っている発音を「思い出させ」れば十分なので、英英辞典では昔から重宝されています。

Q同音異義語と多義語の練習問題

タイトル通りです。
大学入試レベルで
かなり難問といわれるような
英語の同音異義語と多義語の練習問題を
できるかぎり数多く
こなしてみたいと思っています。

この分野にかなり専門的な
ホームページ、もしくは、
参考書、問題集などが
ありましたら、ぜひぜひ教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは

Dictionary.comで「同音異議語(homonyms)」で調べましたら、こんなサイトがありました。↓

☆Self-Study Homonym Quiz
http://a4esl.org/q/h/homonyms.html

>大学入試レベルでかなり難問といわれるような…
>専門的な…問題集…

…というのとは少しずれてるかもしれませんが…(^^;)、少しでも参考になりましたら幸いです。

参考URL:http://a4esl.org/q/h/homonyms.html

Qアクセントや発音問題のポイント

高校入試にでてくる

1. 次の各組の中で最も強く発音する場所が他と違うものを1つ選び、記号で答えなさい。
  ex) ア:de-li-cious イ: so-lu-tion ウ:ex-cit-ing エ:be-long

2. 次の各組の語の下線部の発音が、他と異なるものを一つ選び、記号で答えなさい。
ex) ア:word イ:bird ウ:park エ:learn オ:work

こういった問題を解く際にポイントなどがあれば、教えていただきたいです…

2については、カタカナを下に書いて判断しているのですが、わかりやすい問題もあればex)のように、カタカナであらわすとすべてアーになってしまって、判断に迷ってしまいます><

Aベストアンサー

#1さんのおっしゃるような形で、復習ができれば、理想的ではありますが、現実に、そうしようがないから、こう質問しているんですよね?

2 について、カタカナでは区別のつかない「アー」をどうしたら区別できるのか、ですが、例えば、そういう音を区別するそのために「発音記号」というものがあります。

知っていれば、こういう質問にはならないと思うので、学校や塾でまったく教わってないのかもしれません。ひょっとしたら、話の中に出てきたくらいのことがあったり、辞書をひいたことがあれば、見出しの次にあるあれですが、あれは何かと思ってたら、そういうことのために使うものだったのか、と、今、思っているかもしれません。

後で書く、勉強のしかたで挙げる本にも出てきますが、これを読んでいるときは、PCの前にいるのでしょうから、検索サイトで「英語 発音」「英語 発音記号」などで検索すれば、説明があったり、音を聞けるサイトが沢山見つかるでしょう。

それを見て、え~、英語にプラスして、こんなん覚えるの~、と思うかもしれませんが、「発音記号」は、覚えるためのものではありません。結果的には、全部覚えてしまった方が、高校の勉強を考えると得ですが、最初から全部覚える必要はありません。

基本はローマ字を読むように読むもの、ローマ字とはちょっと違うところ、例えば、ヤ行はyでなくjで書いてありますが、それは、綴りからも解るので、最初から、そういうところに、こだわる必要はなく、最初、気を付けないといけないのは、質問の、同じアーでも違うところ、そこをちゃんと違うように書いてあるので、そういうところをまず気掛け、できれば、覚えるようにします。

でも、覚えないといけないんでしょ?と言われれば、その通りですが、元々、発音記号は、音の違いを表すために、作った人(人たち?)が、自分で解りやすいように、作っている、英語の字や綴りが、長い歴史の中で、たまたまこうなっている、のと比べると、自分で解りやすく覚えやすく作ったものだから、見ればどう読むかの手がかりがある。

例えば、同じ「ア」でも、口を大きく開ける「ア」は、aを縦に引き伸ばしたように、口を開けない「ア」はaを縦につぶしたように(なので、eをひっくり返した形に見える)書いてある。鋭く「アッ」という感じで発音するものは、直線的で尖ったAの横棒をとったように(それで、vをひっくり返した形に見える)書いてある、

2種類ずつある「オ」「エ」も、普通の「o」「e」に比べ、口を大きめに開けるものは、口の開け具合を横から見たような絵のように書いてある。

そういうふうに思って、この手のサイトを見れば。そういうふうに見えてくる、そうなれば、ほとんど覚えたも同然です。

で、どうやって、勉強するかですが、そういうサイトの説明や発音を見てやるのは、いい手で効果的ですが、実は、それと並行して、受験対策も忘れてはいけない、というより、受験対策用に、上手にまとめたコンパクトでどこへでも持っていける本は、電車でもトイレでも読める、全体を漏れなくすべて説明するというより、特に、気づきにくいところ、ミスしやすいところ中心に説明してあるので、基本が少し解ってきた後は、こっちの方が、勉強しやすいというメリットもあります。まずは…

(1) 大きな本屋さんの、中学学参コーナーに行って、

(a) 中1英語の参考書で、最初か最後の方に、基本の綴りや発音の関係について、かなりページを使って、説明してあるものがあるので、目を通して、解りやすい、役に立つと感じたら、買ってくる(確か、文英堂の「これでわかる」がそうだったはず、他にもいいのがありそう)。ただ、これは、サイト見てもう解っちゃった、とか、見つけたサイトのプリントアウトの方が解りやすそうなら、必ず必要という訳ではありません。

(b) 高校入試用の各科別の直前まとめの参考書(小さめ・薄めで、1冊あたりは、5百円くらいと結構安いもの)で、発音・アクセントだけまとめてあるものがあるので、よさそうなものを見つけて買ってくる。ついでに、文法などでも、よさそうなものがあれば、一緒に探して買うといい。

(c) できれば、高校用・大学入試用の学参で、(b)の仲間を探してみる、
 勿論、高校入試向きには、まだ要らないこともたくさん出てきますが、高校に入ればすぐに役立つので、無駄にはなりませんし、
 実は、こっちのグループには、(b)に書いてあることと同じことを説明している部分が(b)より解りやすい、というものが、時々、ある、うまく見つけられたら、同じ部分を並べて読むと効果が高い。
 高校入試の単語数では、似たようなグループの単語が少なく、(b)では、一つ一つ覚えなさい、と書いてあるものも、大学入試用だと、まとまりとして、こういう場合の規則として載っているときがある、全部が高校入試で役に立つ訳ではないが、規則として理解しておくと覚えやすいこともある。
 なので、よさそうなものがあれば、(b)とセットで買う。
ここまで、全部、3~4冊買ったとして、せいぜい2千円か高くて3千円くらい、お年玉でも買えるかもしれませんし、親にねだっても何とかなる率が高そうな金額ですね。

(2) そのお金もなくて、学参が買えない場合、または、買った上でも、
 図書館へ行って、適当な、学参としてはないかもしれませんが、大人の人が、一念発起して、学校で習ったことを覚えてない状態から、英会話などを勉強するときに使うような本は、何かあるはずなので、探してみる、見つけられないときは、司書さんに聞いてみる、
 こういう本には、参考書よりも、ずっと解りやすく書いてあるものもあるので、いい本に出会えたら、すごくラッキーです。ただ、英語の場合は、この人の場合はうまくいったんだろうけど、一般的にはどうよ、とか、受験勉強の最中には無理だろ、というような勉強法の本が、特にプロになった人が自分の勉強法を紹介する本では、あったりするので(高校に入ってからなら参考になることはあるでしょうが)、教え方のプロが、素人さん向けに初歩の話を丁寧にしている本を探すのがコツです。

 この方法は、数学・理科・社会などでは、英語よりも有効な勉強法で、そういう、素人の大人の人向けの本は、学生さんなら覚えている可能性が高いことも、忘れてしまっている前提で書いてあったりするので、教科書・参考書より、解りやすいことが多い、さすがに問題を解くところまで踏み込んだ本はめったにありませんが^^
 素人の大人の人向きだけじゃなく、小学生で、中学・高校で習うようなことに興味がある子のために、あらすじを紹介した本や、高校になれば、中学生のために、高校や大学でやることを、というタイプの本もあり、こういうタイプの本を読むと、勉強してきたことは、こういうことだったのかぁ、というのが解ったり納得できたりします。

#1さんのおっしゃるような形で、復習ができれば、理想的ではありますが、現実に、そうしようがないから、こう質問しているんですよね?

2 について、カタカナでは区別のつかない「アー」をどうしたら区別できるのか、ですが、例えば、そういう音を区別するそのために「発音記号」というものがあります。

知っていれば、こういう質問にはならないと思うので、学校や塾でまったく教わってないのかもしれません。ひょっとしたら、話の中に出てきたくらいのことがあったり、辞書をひいたことがあれば、見出しの次に...続きを読む

Q同音異義語について

sea と see は同音異義語ですが、スィーという発音の言葉はこの2つしかないということですね。同音異義語で、3つ、あるいはそれ以上同じ発音をする単語があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

3つ
too, two, to
do, doe, dough
cite, site, sight
I, eye, aye
wale, whale, wail
vain, vane, vein
main, Maine, mane
air, Ayr, heir
pair, pare, pear
ate, ait, eight
way, weigh, whey
heal, heel, he'll
weal, we'll, wheel
meat, meet, mete
eave, eve, Eve
sine, sign, syne
tire, tire, Tyre
doe, dough, do (do, re, miのdo)
loon, lune, Lune
hi, hie, high

アルファベッドを入れてよいなら
be, bee, B
tea, tee, T
why, Wye, Y
ewe, you, U
sea, see, C

4つ
right, rite, write, wright
by, bi, buy, bye

Q不完全LU分解前処理つき双共役勾配法についておしえてください。

連立方程式を解くために不完全LU分解前処理つき双共役勾配法
について勉強しています。

前処理の際に、行列Aを不完全LU分解しその逆行列(LU)^(-1)というのを使用します。LU分解まではできたのですが、この逆行列は普通にLU分解+直接法という形でもとめるのでしょうか。だとしたら、直接法をつかっていてあまり高速化が期待できない様な気がしました。

不完全コレスキー分解つき共役勾配法(ICCG)のときは、不完全コレスキー分解後、間接的にAの逆行列をもとめて使用する方法がありましたのでなにかいい方法があるのかと思い質問しました。

はじめてのプログラミングで見当違いなことをいっているかもしれませんがよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

あと、p.115の
6.2代入計算
の方が参考になるかもしれません。

Q同音異義語問題の解答を教えて下さい(高校受験)

(1)Everyone(    ) that the earth is round.
The (    )on your face is used for smelling.

(2)It rained the(    ) day.
In the game of golf ,one has to get a ball into a (    )in the ground.

(3)He bought a (    )of shoes at that store.
I enjoyed eating a delicious(    ).

(4)Ten years have (    )since she died.
In the(    ) ,houses were built of stone.

Aベストアンサー

 訳さなくていいですか? そうだとして、とりあえず。

>(1)Everyone(knows) that the earth is round.
>The (nose)on your face is used for smelling.

>(2)It rained the(whole) day.
>In the game of golf ,one has to get a ball into a (hole)in the ground.

>(3)He bought a (pair)of shoes at that store.
>I enjoyed eating a delicious(pear).

>(4)Ten years have (passed)since she died.
>In the(past),houses were built of stone.

 この(4)だけ注意が必要かもしれません。passedと表記してもdではなくtの発音になります。

 個人的意見を添えておきます。こんな問題、解けなくても気にする必要はありません。こんなクイズ解いても、実力にはなりはしません。会話であっても文脈から勘違いのしようがないものばかりです。
 気にせず、どんどん読んで、聞いて、書いて、話す練習をすればよいです。

 訳さなくていいですか? そうだとして、とりあえず。

>(1)Everyone(knows) that the earth is round.
>The (nose)on your face is used for smelling.

>(2)It rained the(whole) day.
>In the game of golf ,one has to get a ball into a (hole)in the ground.

>(3)He bought a (pair)of shoes at that store.
>I enjoyed eating a delicious(pear).

>(4)Ten years have (passed)since she died.
>In the(past),houses were built of stone.

 この(4)だけ注意が必要かもしれません。p...続きを読む

QLU分解

LU分解するプログラムで求められる行列はなぜはじめの掛け算を行う前の行列に対して小さな誤差が生じるのでしょうか?(ちなみに値は整数です)
LU分解自体誤差が出るものなのでしょうか?

おしえてください

Aベストアンサー

LU分解に限らず、Javaにも限らない、
コンピュータによる数値計算の一般的な問題として、
浮動小数点演算では精度の問題があります。
数学的には「1÷3×3」は「1」ですけど、
小数点演算では「1÷3」の時点で、0.3333333となって、これを3倍にしても0.9999999であり、1にはなりません。
(実際には、PC内部では10進数ではなく2進数ですが、上記の10進数での説明と問題の本質は同じです。)

「有理数演算ライブラリ」でも作って、浮動小数点数ではなく有理数で演算を行うようにすれば、
LU分解などについてはPC上でまったくの誤差なしに演算が可能です。

QJohn kept the car in the garage.の構造的同音異義について

この文は二通りの解釈ができて、それぞれの意味は以下でよろしいでしょうか?
(1)ジョンはガレージの中にあるその車を所有していた
(2)ジョンはガレージにその車を止めていた

また、
(1)のin the garageはVPの中に入っているPP
(2)のin the garageはSのすぐ下にあるPP
ですか?SCが関係しているらしいのですがよくわかりません。どういう樹形図になるのかも教えてくだされば助かります。

Aベストアンサー

(1)「ガレージの中にある車」なのだから、in the garageはNPの中にあってcarを修飾している。
(2)「ガレージに止めている」のだから、in the garageはVPの中にあってkeepを修飾している。

in the garageのPPがついている場所が違うだけであとの構造は同じです。

QSolaris9で複数のLUを認識させる方法

現在NetraT1(solaris9)に外付けRAIDをつけようかと思っています。RAIDはADTXのArrayMaStorPシリーズです。
ADTXのサイトを見ると、Solarisでは1TB以上のLUは認識しないらしく、2つのLUを作りました。しかし、Formatコマンドでラベルをつけようとしたら、LUをひとつしか認識していませんでした。
ADTXに問い合わせたところ、OSかHBAの問題であろうという回答でした。docs.sun.comでHBAで検索したのですが、該当するものが多く、必要な情報にたどり着けません。
どなたか、Solarisで複数のLUを認識させる方法を、ご存知の方、いらっしゃいますでしょうか?

Aベストアンサー

Solarisは標準でLUN0しか認識しないので、
/kernel/drv/sd.conf
を修正する必要があります。

===========================
name="sd" class="scsi"
target=X lun=Y;
===========================
X : SCSIターゲットID(今見えているディスクと同一)
Y : 認識させたいLUN ID

QI found the boy studying in the libruary.の文の構造的同音異義について

【質問】
1、何通りに解釈可能ですか?
2、それぞれの日本語訳を教えてください。

お願いします。

Aベストアンサー

1.2通り。
2.(1)図書館で勉強している男の子を見つけた。
  (2)図書館で勉強している時、男の子を見つけた。
ですね^^


人気Q&Aランキング