AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

月額5万円の役員報酬を支払っている人がいるのですが、この人は源泉徴収税額表の甲に該当する
人であれば、毎月徴収する源泉税は0円でよいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

役員給与(報酬含)について、『金額に関係なく源泉は発生』する場合とは、以下の通り。


この質問で、必要だと思いますが、 甲とは、何のことですか? 扶養控除等のことですか?
因みに、一般的には、控除がなくても源泉徴収しなければならない場合があります。


国税のサイトより引用

⑴ No.1901 同族会社の役員で確定申告の必要な人
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1901.htm
 
  同族会社の役員が受け取る役員給与は、給与所得になります。
 給与所得者は、1か所から給与等の支払を受けており、給与等の収入金額が2,000万円以下で、その給与について源泉徴収や年末調整を受けている場合には、給与所得及び退職所得以外の所得金額の合計額が20万円以下であれば、原則として確定申告は必要ありません。
 しかし、『同族会社の役員が、その同族会社から給与のほかに貸付金の利子や不動産の賃貸料などを受け取っている場合には、これらの所得金額が20万円以下であっても確定申告が必要になります。また、その役員と特殊な関係にある人の場合も同様です。』
 同族会社の役員とは、法人税法に規定する同族会社である法人の役員のことです。役員と特殊な関係にある人とは、例えば、この役員の親族又は親族であった人などです。
 なお、会社からの給与等の収入金額が年間2,000万円を超える人については年末調整を行いませんから、ほかの所得がない場合でも確定申告が必要です。

(所法121、190、所令262の2)

⑵ 1か所から給与の支払を受けている人で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2016/01/04 00:09

言葉の説明


⑴ 「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出した会社が、主たる給与の支払先となり、その会社の源泉徴収税額は「甲」欄が適用
⑵ 2か所以上から給与を貰っていて、別の会社で「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出している方

ここは、いろいろな方がご覧になられるので、匿名になっています。
また、回答者の中には、素人もたくさんおります。
理由は、誰が答えても良いからで、善意の行為によって運営されてはいますが、中には間違った記載も残念ながらあります。
そこで、具体的な計算方法は、書類を持参する等して、税務署にご確認することをお勧めします。

作成の根拠
[平成27年4月1日現在法令等]
「給与所得の源泉徴収票」は、給与等を支払ったすべての者について作成し交付することとされていますが、税務署に提出するものは、限られているから。(所法226、所規93、所規別表第6(1))
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hotei/7411.htm

仮に、これが、それぞれの控除額を差し引いた後の最終の平均金額であるならば、これに、5.105%を変えた額が源泉徴収額になると思いますが、一般的な計算方法は、以下に具体例で示されています。
https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/ …
このどれをどのように適用することが、ご質問の例に該当するのかは、ご質問者様が、このURLを参考に、再度、ご検討下さい。

尚、先の#2のことも含めて、年末調整をしていない法人役員で、「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出した者で、その年中に退職した者や、災害により被害を受けたため給与所得に対する所得税及び復興特別所得税の源泉徴収の猶予を受けた者については、その年中の給与等の支払金額が、法人の役員については、50万円を超えるものの場合にも、税務署に対して「給与所得の源泉徴収票」の提出が求められています。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hotei/7411.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2016/01/04 00:09

はい。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。平社員であれ、パートであれ、役員であれ考え方は同じということですね?

お礼日時:2015/12/27 11:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q役員報酬の源泉所得税について

経理初心者です。
教えてください。

株式会社で青色申告予定です。

役員報酬が月5万円(一人)の場合は
年間103万円以下ですので、
源泉所得税は納めなくてよいのでしょうか?

5万円から年金と健康保険を引いた額が
そのまま給与となるのでしょうか?

また、納付税額が無い場合でも所得税徴収高計算書は税務署に
送らなくてはいけないのですよね?

Aベストアンサー

毎月の源泉徴収については、年間いくらというのは関係なく、月額表に従って求めるべき事となりますので、会社に扶養控除等申告書を提出していれば、月額87,000円未満であれば、源泉徴収税額は0円となりますので、月5万円であれば、源泉徴収税額は0円となります。

扶養控除等申告書の提出がない場合には、月額表の乙欄により源泉徴収すべき事となりますので、5万円であっても6%の源泉徴収をすべき事となりますので、3千円を源泉徴収しなければならない事となります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2511.htm
http://www.nta.go.jp/category/pamph/gensen/4117/01.htm

ですから、扶養控除等申告書を提出していれば、給料から、天引きされる社会保険料があれば、それを差し引いた後の金額が手取り額となります。

>また、納付税額が無い場合でも所得税徴収高計算書は税務署に
>送らなくてはいけないのですよね?

その通りです、法人であれば源泉徴収義務者とはなりますし、給与を支払っているのであれば、税額の有無に関係なく報告すべきものですから、提出すべき事となります。

毎月の源泉徴収については、年間いくらというのは関係なく、月額表に従って求めるべき事となりますので、会社に扶養控除等申告書を提出していれば、月額87,000円未満であれば、源泉徴収税額は0円となりますので、月5万円であれば、源泉徴収税額は0円となります。

扶養控除等申告書の提出がない場合には、月額表の乙欄により源泉徴収すべき事となりますので、5万円であっても6%の源泉徴収をすべき事となりますので、3千円を源泉徴収しなければならない事となります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/25...続きを読む

Q役員報酬の源泉所得税について

初めてのことで分からないことがいっぱいです。教えてください。

今度、役員報酬を支払いますが源泉徴収はどのようにしたらよいのでしょうか?
扶養控除等申告書の提出はないので源泉徴収税額表の乙欄から?とも思ったのですが、役員報酬の場合、別の税額表があるのでしょうか?
また、4月から12月分として支払う場合、月額表から出すのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

4月分から12月分と分かっていたのでしたら、
9分の1づつを毎月「役員報酬」で計上してから、
税金との差引支給額を「未払費用」に振替えておくべきだったと思います。
月額表は通常の給料及び手当と同じで、
扶養控除等申告書の提出が無ければ、乙欄適用になりますね。
今回、月々の処理をしていたとしての一括支払いになりますが、
源泉徴収票には総支給額と徴収額を記載して発行し、
ご本人にお渡しになれば、あとはご自身で確定申告をされます。
市町村へは支払報告をします。

Q給与月額5万円の源泉徴収

お世話になります。
ままごとのような有限会社をしています。
従業員2名(内1名は代表取締役)です。月額5万円づつの給与をもらっていますが、5万×12ヶ月=60万円ですから、月々源泉しても、確定申告(年調含む)を行えば所得税は無税ということになりますので源泉徴収税の納付しておりません。
今日税務署から、今年の1月から以降一切源泉の納付がないので報告書を出せという手紙が来たのですが、そうなると今までの事務処理が本当にあっていたのかと不安になっています。給与月額5万円場合の源泉徴収義務はあるのでしょうか?また、あればその算定額はいくらなのでしょうか?
一応かつかつながらまじめに経営して、収めるべきものは収めていこうと思ってますので、「自信なし」回答は勘弁してください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

主人が自営業なので簡単な経理をやっている者です。

おっしゃる通り月額87,000円未満は源泉徴収税が発生しません。しかし、0円の報告を税務署にしなければなりません。
税務署はそのことを言っているのではないでしょうか?

納期の特例の承認を受けていない場合は給料を支払った月の翌月の10日まで
納期の特例の承認を受けている場合は7月と翌年の1月。
に提出する事になっています。

うちの場合は国庫金の納付書(給与所得・退職所得の所得税徴収高計算書 3枚複写)に0円で記入し年に2回税務署に提出しています。

税理士さんにお世話になっていないのであれば
青色申告会などに入って方が色々な事を教えてもらえますよ。

自信なしにしたら、失礼かと思い「あり」にしましたがもっと失礼だったこも・・・・


人気Q&Aランキング