今日の12時半頃に歯医者で歯に詰め物(金属片)を付ける際に、歯科衛生士の女性が誤って金属片を舌のかなり喉寄りに落としてしまい、僕も飲み込まないように堪えてたつもりだったのですが飲み込んでしまいました。

肺に金属片が入っていると大変だということで治療を直ちに中断し、近くの内科へ行きレントゲンを撮るように指示を受けたので、内科で胸部のレントゲンを撮りました。金属片は1cm × 0.5cm程の大きさでしたが、幸いにも肺には入ってなくて大丈夫ですが、喉や胃のレントゲンは撮ってないので、胃まで落下したのか、喉に残っているかはわからないと言われました。しばらくは排泄物をよくチェックするように言われました。最後にもし喉に引っかかる感じがあるならば耳鼻科にかかってもらった方が良いですが、多分大丈夫でしょう!と言われ内科を後にしました。金属片がどこにあるかわからないので不安でしたが、急な来訪で内科の診療終了時間を過ぎていたのもあり、胃や喉のレントゲンを撮ってくださいとは言えませんでした。

内科受診後再び歯医者に戻り、その旨を伝え、内科でかかった料金の還元と、お詫びの気持ちを込めて歯医者での治療費もタダにしてくれました。医療ミスとは言えども、僕も万が一金属片が口内を転がっても飲み込まないように治療前に忠告されてたにも関わらず、誤飲したことに多少の罪悪感があったので、ミスを犯した歯科衛生士が謝りに来た際に、こちらこそ申し訳ありませんでした!と謝罪しました。

さて質問なのですが、2つあります。

1つ目。今回のように異物が口内に入った時に飲み込まないようにする方法はありますか?

2つ目。歯医者の対応・内科の対応・僕が歯医者にした対応は正しかったでしょうか?

以上の2点です。皆様の回答をお待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

①処置前に口内に入ったとき、万が一誤飲しそうになったらどうすればいいか、確認した方がいいと思います。


②歯医者はその場でできる精一杯の誠意は見せてくれたと思います。内科の先生も、見つけられませんでしたがそう診断されたのであれば問題ないと思います。内科の先生もてに終えないのなら、救急病院へ紹介すると思います。質問者様も全く悪くないと思います。誤飲しなければ、内科の診察やレントゲンの支払いは発生しなかったわけですし。歯医者に傷病を追わされたので、喧嘩で殴られたのと同じような扱いです。
わたしだったら健康保険も使用せず、医療費全額歯医者に負担させます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

回答ありがとうございます。

①そうですよね。僕も事前忠告を受けた際に、なるべく飲み込まないようにするにはどうしたら良いのかを歯科衛生士に聞いておくべきだったと後悔してました。今回の件を教訓に、これからはわからないことや不安なことがあれば、指示を仰ごうと思います。
②確かに歯医者はトラブルを起こした当事者はもちろん、院長や同刻に手の空いていた他の歯科衛生士の方々が頭を下げて詫びてくれましたし、治療費も負担してくれたので誠意は受け取れました。ただ自分の対応に間違いがなかったか不安だったのですが、あなたの御意見を聴き、安心しました。

体調も特に変わりなく好調なので良かったです。ただ当事者の歯科衛生士さんが酷く落胆されてなければ良いのですが・・・。

お礼日時:2016/01/12 21:10

1:異物を飲み込まない防止策は残念ながらありません。


 歯科医師・歯科助手の技量にもよりますが唾をためすぎると飲み込む回数が
増えるので吸引をまめに行うことが重要です。
2:投稿者様の医者への対応は正しかったと思いますが体調不調が出てくるなら
即刻病院へ行って再検査してもらうことが重要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

回答ありがとうございます。

1。やっぱりそうなんですね。物が口内に入ったら飲み込もうとするのが自然な体の動きですもんね。今回は落とし所が悪かった不運なアクシデントでした。

2。自分の対応が間違いではなかったようで安心しました。体調は平常通りなんで大丈夫そうですが、もし異変があれば再度レントゲンを撮ってもらうなり、医者の処置を仰ごうと思います。

お礼日時:2016/01/12 20:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q胸部レントゲンを立位で撮る理由は?

胸部レントゲンを撮影する際についての質問です。
(私は技師ではないので、技術面の細かな話は不要です)

胸部レントゲンを撮影する際には、立位にて、背腹方向に撮影することが基本であると本で読みました。
なぜ、立位での撮影が基本なのでしょうか?

臥位でも撮影は可能ですよね?実際、ポータブルでは臥位での撮影ですし・・・。
臥位(ポータブル)で撮影したものと、立位にて撮影したものは画像比較として使用できないことも把握しています。
でも、そもそも車椅子の方や高齢の方など、立位や座位よりも臥位のほうが撮影が楽なのではないかなと思って・・・

回答お願いします。

Aベストアンサー

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12100240457
>胸部撮影PAとAPの違いは
>胸部の撮影ではPAで撮りエックス管焦点とフィルムの距離を2m程度とるため、画像は鮮明でより心臓とフィルムの距離を無視できるほど距離と考えられますが、APで撮影する場合は立てない人や病棟でのポータブル装置での撮影になりますので、エックス線管とフィルムの距離は1m程度と短くなるため、心臓とフィルムの距離はより大きく画像に影響を与えますので心臓は大きく写り肺が狭くなります。

心陰影の拡大防止です。臥位のAPだとCTRが実際より10%過大評価の撮影になります。その分、肺野も狭くなり、死角も増えます。

Qなぜ私は歯医者運が悪いのでしょうか?

ほとほとトホホです。

行く歯医者行く歯医者、ヤブだったり感じ悪かったりします。
最近は、原因歯でなく隣の歯を治療され、10万円以上。
レントゲンすら取ってもらえず、素人が見ても分かることを見落とされたり。
池袋近辺にはたくさん歯医者があるのに.....
なぜなんでしょうか?

Aベストアンサー

大学病院にいかれたらどうでしょう?

Q歯医者の受付について

歯医者の受付をやりたいと思っているのですが、主にどんな仕事内容なのでしょうか?

Aベストアンサー

まあ一般的に受付と言っても本当に受付だけってことは少ないですけどね
受付業務とは、会計、患者さんの次回の予約をとる、初めて来た人に問診票渡して応対する、電話の応対、出入りの業者さんへの応対などなどでしょうかね

普通はその他の雑用もやります
掃除、洗濯、洗い物、材料のチェックや注文などなど

アシスタント的なことはやるとことやらないとことありますね

Qレントゲン画像で、下腹に大きな出血

かなり以前の事ですが、分かる方がいれば…と思い質問させていただきます。

当時は妊娠を希望し、卵管造影をした約1カ月後の出来事でした。

たしか、生理も遅れていたと思います。
寝ていると、朝方近くに突然激しい腹痛に襲われ、その後痛みも引かず吐き気も出てきて、休日だったので当番医に駆けつけました。

妊娠しているか分からない事を告げましたが、レントゲンを撮った後、ブドウ糖の点滴を約半日打たれ治りました。

点滴の後にお医者さんからの話がありました。
レントゲン画像を見て旦那に一言。「奥さんに暴力とかはしてないですよね?」優しい旦那なのでそんな事は一度もないので、「なんでですか?」と聞くと、「下腹に大きな出血の塊があるんです」と言われました。

今になって思えば、妊娠していた可能性があったのでは…と。
その病院は、今は潰れてしまってないので、確かめる事が出来ないままになっています。

レントゲン画像で、下腹に大きな出血というのはどういうものが考えられるのか、
分かる方がいれば、ぜひ回答でなくても可能性がある病気なとでも教えていただければと思います。

カテ違いでの再投稿ですが、
よろしくお願いします。

かなり以前の事ですが、分かる方がいれば…と思い質問させていただきます。

当時は妊娠を希望し、卵管造影をした約1カ月後の出来事でした。

たしか、生理も遅れていたと思います。
寝ていると、朝方近くに突然激しい腹痛に襲われ、その後痛みも引かず吐き気も出てきて、休日だったので当番医に駆けつけました。

妊娠しているか分からない事を告げましたが、レントゲンを撮った後、ブドウ糖の点滴を約半日打たれ治りました。

点滴の後にお医者さんからの話がありました。
レントゲン画像を見て旦那に...続きを読む

Aベストアンサー

レントゲンって普通の腹部X線写真でしょ?出血かどうかなんて判りませんよ?
CT、エコーならある程度わかりますが…

たぶん、卵管造影で使った油性造影剤がまだ腹腔内に残っていて、
それが血塊と誤診した原因ではないでしょうか。
見慣れていない医師だったのでしょう。(休日、夜間の当番医は専門外だったり、バイトの若手なこともあります。)

下腹部(骨盤腔)の出血は簡単に大量出血となり死ぬこともあります。
腹部X線写真ではまず見えません。それこそ塊になっていなければ。
たまにぼんやりと塊が見えることがあり、それは子宮筋腫だったり卵巣のう腫だったりします。
正常なら膀胱に溜まった尿とかはもう少しはっきり見えます。

Q片耳を失聴した人に対し医療関係者のサポートはある?

先天性のものや、事故や病気の後遺症などで後天的に片耳の聴力を失ったり大幅に低下してしまった人に対して、医療関係者からのサポートはあるでしょうか?
もう一方が健聴だとしても少なからず不自由があるのですが、これについての説明や助言、サポートなどを、似た境遇の方からではなく医師や作業療法士など、何らかのプロの方から受けることはあるのでしょうか?

私は生まれつき片耳を失聴しておりましたが、これによる不自由とそれを補うすべは私自身が体当たりで学んできました。
今と違いネットもなかったため、似た境遇の方と接する機会もめったにありませんでした。
医師から助言されたりそういう訓練をする人を紹介されることもありませんでした。
(医師から親への説明は、普通に育てなさいという非常にアバウトなものでした)
もし、的確な助言やサポートがあればもっと生きやすかったと思います。

この点は今ではどうなのでしょうか?
今でも似たようなものなのでしょうか?

Aベストアンサー

娘(小6)が先天性か後天性か不明な片耳失聴ですが、医療関係のサポートなどはないですよ。

というよりも、実際に生活していると気がつかないだけで、実は片方が聞こえない、という人は結構あちこちに存在しています。
うちの子もそうですし、娘の友達のお母さんもどうやらそうらしいですし、以前引っ越し先で知り合った
上の階に住んでいたママ友になった方も実はよくよく話してみたらそうだった、という感じで、普通に生活してる分には気がつかない事が結構多いのですが、実はそうだったって方が周りに割と見つかる事が多いです。

うちの場合は気がついたのが3歳くらいの時でしたが、
内耳が原因で手術や補聴器は効果がないタイプの難聴で、なんとなく振動は感じる程度だったのですが、今まで生活していてそれらを意識したことはほとんどないです。

もちろん本人としては、イヤホンが片方使えないとか、片側から呼ばれても聞こえが悪いことがあったり、という小さな不便はあるんだと思いますが・・・

不便に対するサポート、といっても質問者さんが体当たりで学んできた、という何が不便でどう対処してきたのか具体的な事例が書かれていないのでなんともいえませんが、助言、という点でいうと、生活で予想できるリスクとその対処法程度は医師などからアドバイスはもらったことがあります。

療法士さんとかのサポートはなく(訓練してもどうにもなることでもないので)、日常生活で不便と思ったことや気をつけないといけないことを、診察の際とかにお話しするって程度ですね、

3歳から半年に一回くらい定期健診をうけていて、今は一年から二年に一回、変化や異常がないかどうかなど、定期的な聴力検査をしに受診しているだけです。
片方が聞こえる人は大半が普通の生活をしていますし、聞こえないことで制限される職種もそんなに沢山あるわけではないので、社会の中にいるとほとんど気が疲れませんよね。

うちの子も自分で友達とかに話していますが、話さなければおそらく気がつかれないと思います。

あとは、医者側からどうサポートするか、というよりも、親や自分自身が日常生活で不便な事を具体的にあげていってアドバイスをうける、みたいなのが普通なんじゃないでしょうか。
うちの場合も、診察の時は医師から何もいわれなくても自分自身で疑問なことを親として質問してきましたし。

例えば片方が不便だと音の聞こえてくる方向が分かりにくいから、後ろから来ている車に気がつかないことがあるので気をつけるように、とか、授業で席替えなどがある場合、後ろのほうで聞こえにくかったり、聞こえないほうの耳側に教卓がある場合に不便と感じたら変えてもらうといい、とか、あとは健常なほうの耳だけは大事にしないといけないからおたふくの予防接種などを受けるといいとか、プールの授業についてはそんなに神経質にならなくてもよい、とかそういう程度のお話は最初に先生からされたり、学校へあがるタイミングで親の私から質問したり。

コンサートなどの大きな音がなるイベントへ連れて行ってやりたいとなれば、耳への影響とか、気をつける事を確認したりしましたし。先生のほうから何もいわなくても何かをその都度提示してもらえるわけではなかったですよ。

それくらい、普通の子と変わらず生活できているので。

娘(小6)が先天性か後天性か不明な片耳失聴ですが、医療関係のサポートなどはないですよ。

というよりも、実際に生活していると気がつかないだけで、実は片方が聞こえない、という人は結構あちこちに存在しています。
うちの子もそうですし、娘の友達のお母さんもどうやらそうらしいですし、以前引っ越し先で知り合った
上の階に住んでいたママ友になった方も実はよくよく話してみたらそうだった、という感じで、普通に生活してる分には気がつかない事が結構多いのですが、実はそうだったって方が周りに割と見つ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報