今日の12時半頃に歯医者で歯に詰め物(金属片)を付ける際に、歯科衛生士の女性が誤って金属片を舌のかなり喉寄りに落としてしまい、僕も飲み込まないように堪えてたつもりだったのですが飲み込んでしまいました。

肺に金属片が入っていると大変だということで治療を直ちに中断し、近くの内科へ行きレントゲンを撮るように指示を受けたので、内科で胸部のレントゲンを撮りました。金属片は1cm × 0.5cm程の大きさでしたが、幸いにも肺には入ってなくて大丈夫ですが、喉や胃のレントゲンは撮ってないので、胃まで落下したのか、喉に残っているかはわからないと言われました。しばらくは排泄物をよくチェックするように言われました。最後にもし喉に引っかかる感じがあるならば耳鼻科にかかってもらった方が良いですが、多分大丈夫でしょう!と言われ内科を後にしました。金属片がどこにあるかわからないので不安でしたが、急な来訪で内科の診療終了時間を過ぎていたのもあり、胃や喉のレントゲンを撮ってくださいとは言えませんでした。

内科受診後再び歯医者に戻り、その旨を伝え、内科でかかった料金の還元と、お詫びの気持ちを込めて歯医者での治療費もタダにしてくれました。医療ミスとは言えども、僕も万が一金属片が口内を転がっても飲み込まないように治療前に忠告されてたにも関わらず、誤飲したことに多少の罪悪感があったので、ミスを犯した歯科衛生士が謝りに来た際に、こちらこそ申し訳ありませんでした!と謝罪しました。

さて質問なのですが、2つあります。

1つ目。今回のように異物が口内に入った時に飲み込まないようにする方法はありますか?

2つ目。歯医者の対応・内科の対応・僕が歯医者にした対応は正しかったでしょうか?

以上の2点です。皆様の回答をお待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

①処置前に口内に入ったとき、万が一誤飲しそうになったらどうすればいいか、確認した方がいいと思います。


②歯医者はその場でできる精一杯の誠意は見せてくれたと思います。内科の先生も、見つけられませんでしたがそう診断されたのであれば問題ないと思います。内科の先生もてに終えないのなら、救急病院へ紹介すると思います。質問者様も全く悪くないと思います。誤飲しなければ、内科の診察やレントゲンの支払いは発生しなかったわけですし。歯医者に傷病を追わされたので、喧嘩で殴られたのと同じような扱いです。
わたしだったら健康保険も使用せず、医療費全額歯医者に負担させます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

回答ありがとうございます。

①そうですよね。僕も事前忠告を受けた際に、なるべく飲み込まないようにするにはどうしたら良いのかを歯科衛生士に聞いておくべきだったと後悔してました。今回の件を教訓に、これからはわからないことや不安なことがあれば、指示を仰ごうと思います。
②確かに歯医者はトラブルを起こした当事者はもちろん、院長や同刻に手の空いていた他の歯科衛生士の方々が頭を下げて詫びてくれましたし、治療費も負担してくれたので誠意は受け取れました。ただ自分の対応に間違いがなかったか不安だったのですが、あなたの御意見を聴き、安心しました。

体調も特に変わりなく好調なので良かったです。ただ当事者の歯科衛生士さんが酷く落胆されてなければ良いのですが・・・。

お礼日時:2016/01/12 21:10

1:異物を飲み込まない防止策は残念ながらありません。


 歯科医師・歯科助手の技量にもよりますが唾をためすぎると飲み込む回数が
増えるので吸引をまめに行うことが重要です。
2:投稿者様の医者への対応は正しかったと思いますが体調不調が出てくるなら
即刻病院へ行って再検査してもらうことが重要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

回答ありがとうございます。

1。やっぱりそうなんですね。物が口内に入ったら飲み込もうとするのが自然な体の動きですもんね。今回は落とし所が悪かった不運なアクシデントでした。

2。自分の対応が間違いではなかったようで安心しました。体調は平常通りなんで大丈夫そうですが、もし異変があれば再度レントゲンを撮ってもらうなり、医者の処置を仰ごうと思います。

お礼日時:2016/01/12 20:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歯科医療過誤

神経の治療をした歯の根幹内に治療器具のリ-マが折れ、残されました。

これは、転院後にわかったことですが、治療をうけた当該医院に電話して事実を伝えたところ、謝罪もなく、数日後弁護士から、
「高度な研鑽を行い日本の治療水準に基ずく治療を行った結果、不幸にもリ-マ破切がありました。 しかし破切を防ぐことは不可能であり医療は不可能を強いるものではないので、損害賠償は無いものとします。当方への接触はお断りします」といったような内容が届きました。

当該弁護士に電話しましたところ、「日本は法治国家なので不満があるなら弁護士を立てて訴えるしかない」と言われました。

損害賠償云々よりも、体内に治療器具の破片を残したまま、謝罪もされず、たとえ弁護士をたてたところで、その費用に見合うだけの賠償は得られず、経済的にも、時間的にも、精神的にも失うものが多すぎます。

保険所、歯科医師会に相談しても歯科医が弁護士を立てている以上、何も出来ないとのことです。

誠意のない、歯医者をえらんでしまったことを反省するしか、ないのでしょうか。

Aベストアンサー

詳しくはわかりませんが、リーマーが破折するのはよくはないですが数件はありますが、大抵の歯医者はそのまま詰めてしまいますね。

軟組織にあるわけでもなく、滅菌した器具を使用しているので、感染の可能性もないという理由だと思います。

双方の意見はわかりますが、訴えても無理でしょう。

ちなみに保険で破折リーマーの除去は150点=1500円です。

損害賠償は無理でも大学病院などで、除去する費用はでるのではないでしょうか?

Q審美歯科と歯医者。

こんにちは。
私は前歯の歯並びが悪いので近いうちに
治そうと思っているのですが、
歯医者で歯を削って人口のかぶせ物をするのと
審美歯科で同じ事をするのとでは、
どちらでやった方がきれいに出来上がるのか
教えて下さい。
芸能人の方は審美の方が多いと聞きましたが
やっぱりそう言う事は審美の方へ行くべき
なのでしょうか?
宜しくお願いします。。。

Aベストアンサー

ほとんどの歯科医院でも審美歯科でやるような事はやれるし、また綺麗にするのも歯科では当たり前の事と思います。芸能人が~というのもそうでない方もたくさんいますよ。
高く費用を取っているので診療室や待合室のイメージをゴージャスにしていたり、個室にしたりしているので、それが良いと思う人はその費用も負担すればいいのです。

高くないと心配な人も多いのですが、そのような病院の差し歯などを作る人と、町の歯科医院の物を作る人が同じ場合があります。納入価格はそれほど幅がないので審美歯科とうたっている病院はかなり利益を乗せている事になります。

歯並びを直す目的だけで健康な歯を削ってしまうのは、早く直せますが、虫歯になるリスクが大きいです。またうまく形が作れない場合も多いです。

そのような場合は矯正歯科に行かれたらと思います。
時間はかかりますが、10年後、20年後~を考えれば我慢できるはずです。
一度診断を受けてみると良いと思います。

Q交通事故と医療過誤の競合

交通事故と医療過誤の競合について

交通事故により右顔面部を受傷し、その整復手術の際に医療過誤により左顔面部も受傷しました。

交通事故による受傷部の治療は先に終了し、
後遺障害として、
「局部に頑固な神経症状を残すもの」の12級13号
「男子の外貌に醜状を残すもの」 の14級10号
併合12級
と認定され示談済みです。

そして医療過誤による受傷部の治療も終了し、病院に対し後遺障害の申請を行いました。
それに対し病院からは、「交通事故で受傷した醜状と併せて『男子の外貌に著しく醜状を残すもの』の12級14号に該当するが、同一部位の慰謝料が既に交通事故で支払われているので、重複して慰謝料を支払うことは出来ない。」と言われています。
しかし、交通事故の慰謝料には医療過誤の後遺障害は含まれておらず、医療過誤により外貌の醜状が14級から12級になっていますので、私は以下の何れに該当するのではないかと思っています。

(1) 交通事故による顔面部の醜状は14級であり、医療過誤後の顔面部の醜状は12級であったので、12級の慰謝料から14級の慰謝料を差し引いた額が医療過誤の慰謝料となる。

(2) 交通事故による「局部に頑固な神経症状を残すもの」の12級13号と
医療事故後の「男子の外貌に著しく醜状を残すもの」の12級14号とで
併合11級となり、
11級の慰謝料から交通事故の慰謝料として既に受け取っている12級の慰謝料を差し引いた額が慰謝料となる。

(3) 交通事故とは別に、医療事故の後遺障害に対しても12級の慰謝料が支払われる。


医療事故による慰謝料としてはどれに該当するのか、また、上記以外の場合はどのような慰謝料になるのかご回答よろしくお願い致します。

交通事故と医療過誤の競合について

交通事故により右顔面部を受傷し、その整復手術の際に医療過誤により左顔面部も受傷しました。

交通事故による受傷部の治療は先に終了し、
後遺障害として、
「局部に頑固な神経症状を残すもの」の12級13号
「男子の外貌に醜状を残すもの」 の14級10号
併合12級
と認定され示談済みです。

そして医療過誤による受傷部の治療も終了し、病院に対し後遺障害の申請を行いました。
それに対し病院からは、「交通事故で受傷した醜状と併せて『男子の外貌に著しく醜状を...続きを読む

Aベストアンサー

交通事故と医療過誤の競合事例として回答します。(医療過誤が認定されるためには、様々な要件があるため、ここでは医療過誤の責任が確定されたという前提での回答という意味です。)
こういうケースを「異時共同不法行為」といいます。
本来は、交通事故による損害と医療過誤による損害を区別することなく、どちらか片方の不法行為者に請求しても良いし、両方同時に請求しても良いことになっています。(不真性連帯債務といいます。)
訴訟を提起する場合は、双方の当事者を被告として提訴します。
後は、支払額が決まれば被告間で調整すればよいのです。
また、不真性連帯債務の考え方で、交通事故の加害者に全額請求をします。
最高裁判例でも、こういう共同不法行為の時は、全額片方の当事者に請求して良いと判示しています。
この場合も、後日加害者間で調整すればいいのです。

質問があったケースでは、交通事故は示談が終了したということですが、医療過誤が認定されない場合は、これで終了です。

交通事故と医療過誤を含む損害をAとします。
交通事故で示談をした損害をBとします。
交通事故は先に終了したというのであれば、A-Bが、残りの損害となります。

交通事故で14級の醜状障害と12級の神経障害が認定されたと言うことですが、12級の顔面醜状障害が認定されるか否か、ここでの判断は困難です。
医療過誤で12級の醜状障害が認定されたと仮定して回答を勧めます。

醜状障害と神経障害は、別系列の後遺障害ですので、併合して評価しなければなりません。
つまり、質問者さんの身体に残存した後遺障害は、最終的に併合11級が残存することになります。

12級と11級の差は、後遺障害慰謝料だけでなく、逸失利益にも反映されます。
労働能力喪失率が14%から20%に上がることになります。
喪失期間も若干ですが長期間認定されることと思います。

本来は、慰謝料差額だけでなく、逸失利益まで考慮した差額賠償が必要になります。
現実的な手法として、交通事故の示談の無効を訴えた方が良いのか、直接医療過誤だけを請求した方が良いのか、その判断は微妙です。
このため、交通事故の示談書等をそろえて、無料法律相談の弁護士で良いと思いますので、事前に相談することをおすすめします。

交通事故と医療過誤の競合事例として回答します。(医療過誤が認定されるためには、様々な要件があるため、ここでは医療過誤の責任が確定されたという前提での回答という意味です。)
こういうケースを「異時共同不法行為」といいます。
本来は、交通事故による損害と医療過誤による損害を区別することなく、どちらか片方の不法行為者に請求しても良いし、両方同時に請求しても良いことになっています。(不真性連帯債務といいます。)
訴訟を提起する場合は、双方の当事者を被告として提訴します。
後は、支...続きを読む

Q歯医者になろう、または歯医者で働こうと思った理由は?

実際、歯医者の方、または歯医者で働いている助手のような女性の方に聞きたいのですが、歯医者で働こうと思った理由ってどういうものなのでしょうか。
真面目な理由でも、軽い理由でもよいので知りたいです。教えていただけないでしょうか。

東野圭吾さんの小説「殺人の門」の中に、主人公の父親が出てきて、歯医者なのですが、歯医者になった理由は、
1.そもそも医者だと景気に左右されない
2.医者の中でも歯医者だと人の死を見ずにすむ
というようなことが書いてあります。まあ、これは小説の中のことですが、あ、私もそう、とか、全然そんなんじゃないです、とか、どちらでもよいので、よければ教えてください。

Aベストアンサー

とある歯学部生ですが、
私が歯学部を受験した理由は以下のとおりです。

私は大学受験の一次試験では、まだ18歳にして一生を決めることなんてできないと思い、日本の大学システムに不満を抱いていたので、理系という広いカテゴリーで受験できる所を見つけ、そこを受験しましたが、そこは落ちてしまいました。二次試験では同じ所を受験する程実力が無かったので、どこかの学部を選ぶしかなくなりました。

そこで、次に行きたいと思っていたのが歯学部です。

その理由は、
私は中学1,2年生の時に歯列矯正治療を受けていまして、その時に通っていた歯科医の先生が、とっても素晴らしかったからです。
おそらく40代の方だと思いますが、いつもやや小さい声でお話しされ、決して明るくはつらつとした…という感じではないのですが、毎回その日の治療内容を、まだ子供だった私にきちんと説明して下さるんです。優しく、丁寧に。麻酔注射をする時も、私が少しでも痛そうな表情をすると、すぐ手を止めて「痛かった!?ごめんね」と声をかけて下さって。また、ブラケット(矯正中の患者が笑った時に黒く見える原因となる、歯に接着した金属のこと)を金属製かプラスチック製かどちらにするかを私に選ばせてくれた時にはビックリしたくらいです。(値段も全く違うし、外れやすさも大きく違います)。
私はそれまで、病院の先生というのは冷徹なムードをかもし出してて、なおさら子供の意思は関係ないかのごとくに処置・治療を進める先生ばかりだと思っていたので、私にはとっても嬉しかったんです。
最後には信頼しきってて、治療中に口を開けたまま寝ちゃったことだってあります(今思うと、ごめんなさいっ(><)って反省してますけど)。
だから、こんな風に患者さんときちんとコンタクトをとれるいい先生になりたいな・・・って思うようになったんです。

他にも、自分が手芸が好きで、手先が器用というか細かい作業が得意だったからという理由もあります。

将来的なことで考えたことは、やはりremonpakiraさんがおっしゃるとおり、景気に左右されないとは限りませんが、少なくとも一般社会の中で、比較的上級のお給料はもらえる場合が多いです。ただし、実際にそれを使う暇があるかとか、高いお給料に見合うだけの時間と労力を必要とされることもあるだとか、そういうことを言い出せばキリはないんでしょうけど、それも大学病院で働くか、外病院か開業医かなどによっても大きく変わります。
(しかしこのあたりの話になると、実際に働いていらっしゃるremonpakiraさんとかの方が詳しいでしょうけど。)

もう一つ、高校生ながらに考えたことは、
歯科医の仕事は医者と違って帰宅時間が早く、安定しているということです。(これも今思うと、大学病院ではあまり無いことかもしれませんし、開業医でも診療時間によっては毎晩遅いこともあるのですが)、これは、女性である私には大きな魅力でした。将来結婚もして子供もできることを考えると、毎晩遅くまで働くことが多いと、子供を託児所に預けたりしなければなりません。夫のためにも家事炊事もしないといけません。子供を預けることを良くないとは決して言いませんが、私は自分の子を自分で育てたいなと思っていたので。

nanatyanさんが、どういった経緯でそういう疑問を抱いたのかはわかりませんが、私が受験期に考えたことはそういったことです。
参考になりましたでしょうか?

とある歯学部生ですが、
私が歯学部を受験した理由は以下のとおりです。

私は大学受験の一次試験では、まだ18歳にして一生を決めることなんてできないと思い、日本の大学システムに不満を抱いていたので、理系という広いカテゴリーで受験できる所を見つけ、そこを受験しましたが、そこは落ちてしまいました。二次試験では同じ所を受験する程実力が無かったので、どこかの学部を選ぶしかなくなりました。

そこで、次に行きたいと思っていたのが歯学部です。

その理由は、
私は中学1,2年生の時に歯...続きを読む

Q獣医の医療過誤-被害者の側に立って下さる獣医師さんの情報を教えて

 飼っていた愛犬が急死しました。かかりつけの獣医師の医療過誤が強く疑われるため、既に裁判所による証拠保全(カルテ等)を行いました。
 次のステップとしては、それらのカルテ等の資料を基に、獣医の医療過誤の証明をしなければなりませんが、言うまでもなく、素人ばかりで考えていても埒が明きません。
 現在の日本の獣医療界は非常に閉鎖的であると考えられますが、そんな中でも私たちのような医療過誤の被害者の側に立って下さる獣医師さんはきっと存在すると思います。
 そのような獣医師さんの情報を教えてください。 

Aベストアンサー

こんにちは。獣医です。

直接の回答にはなりませんが、こうした訴訟に強い弁護士さんを捜されるのがなにより大切だと思います。動物の医療過誤や人間の医療過誤の経験の豊富な弁護士さんであれば、ノウハウをご存じなのでは。

どのような状況なのか分かりませんが、亡くなった際の状況、検査値、投薬・処置内容、亡くなったあとの病理検査所見は大切だと思います。

私はこうしたことに関しては専門家ではないので分かりませんが、恐らく、明らかな過誤の証拠を掴むことが大切だと思います。個々の医療方針に関しては主治医たる獣医師が決定することになっていますから、医療方針自体の善し悪しを云々することは、明らかな誤りがない限り難しいのではないかと想像します。

すみません、あまりご参考にならないでしょうが・・。

Q歯医者さんや歯科衛生士さんの服の洗濯

規模の小さい歯医者さんや歯科衛生士さんの白衣や制服って業者が洗濯しているのですか?
治療をしてもらっているときに歯医者さんや歯科衛生士さんの服が顔にあたってて、ちょっと疑問に思いました。
歯を削っているときになど唾液がけっこう飛び散っていますよね・・隣の人と交互に治療されていたのですが、なんとなく雑菌がたくさん付着しているようで気分的によくないと思いました。どうなんでしょう?

Aベストアンサー

基本的には業者に委託するように義務付けられていますが。
しかし、経費がかかるためほとんどのことろが各自もしくは、病院にて洗っていました。私は10箇所くらいの歯科医院で勤めましたが。。。
結構周りの人は2・3日に一度着替えるくらいで、そのままの格好で出勤したり、、、だったので中には病院や自宅などで犬猫を飼ってる人はいつも、動物の毛だらけでした・・・。なので、よほど徹底した歯科医院でないと結構現状はすさんでます・・・。

Q医療過誤訴訟の裁判官の人数について

医療過誤訴訟は、難解な判断をすることが多い難しいものだと聞きます。
また、病院とその損保会社、原告側の医療過誤弁護士、そして裁判官も、病院よりになることが多いと聞きます。
このような裁判では、地方裁判所では、裁判官は1人になるのでしょうか。
3人の裁判官をおいた合議事件として扱わないと正しい判断がし難いように思うのです。
医療過誤訴訟において、1人の裁判官になる場合と、3人の裁判官になる場合の裁判所の判断の基準を教えてください。

Aベストアンサー

基本的には受理した裁判所において決める、ということしか決められていません。


統計という意味では、ここのページにこんな記述がありました。

http://www3.ocn.ne.jp/~mmic/hori.htm

「検証の対象とされた719件の医療過誤訴訟のうち、裁判官3名の合議で審理されたものは606件で、単独の裁判官によって審理されたものは113件でした。およそ7件につき1件が単独事件として審理されていることになりますので、合議事件が大半ではあるものの、単独事件も相当数にのぼることが明らかとなりました」

2005年ころの状況のようですが。

Q歯医者のレーザー治療について

現在、歯が少し痛むので歯医者に行こうと考えています。
私は昔、歯医者での治療で麻酔を使ってもらったことがあるのですが、先生は「麻酔が効いているから大丈夫」というのですが、かなり痛くて目に涙がいっぱいたまってしまいました。

歯医者で麻酔を使って歯の治療をされた方、もしくは専門の方にお伺いしたいと思います。
麻酔は医者の技術的な問題で必ずしも効くとは限らないのでしょうか?
または体質等によって、効かないということもあるのでしょうか?
そして、麻酔をして歯の治療を行う場合、どの程度歯に感覚が残るのでしょうか?たとえば、歯に何かあたるぐらいとか、何をされてるのか全然分からないほど感覚がなくなるとか、少しは痛みをかんじる、とか。

そして、今回、歯医者に行くに当たって、「レーザー治療」というものを知り、無痛で治療できるらしいのですがその場合、治療代もやはり高いのでしょうか?歯医者によって値段も違うこともあるかと思いますが、レーザー治療で歯を治したことのある方、または専門のかたにお答えをお願いします。

Aベストアンサー

現在治療中で、レーザー治療というものを初めてつかいました。
なぜなのか自費治療ということで、その歯科医では一回につき
一律千円とっています。

まったく痛くないかといえば、ちょっと位はチクッとくることが
あります。特に患部が奥深いとそんな感じです。

麻酔をすると、しばらくは口の中に違和感が残るので、
それとのトレードオフだと自分は思っています。

Q医療過誤・死亡者数は?

米国では、医療過誤による死亡者数が約5万人~10万人と聞いております。交通事故死亡者数よりずっと多いそうです。
(1)日本では医療過誤による死亡者数はどれくらいになるか?ご存知の方いらっしゃいましたら、教えて下さい。
(2)このような統計は取られているのでしょうか?
(3)調べる方法はあるのでしょうか?
        以上

Aベストアンサー

残念ながら、現在の日本では正確な統計は取られておりません。
ただ、「医療事故調査会」<患者の立場から医療ミスの鑑定をしている医師グループ> では、アメリカのデータを元に日本の医療事故死亡者数を推計しています。
これによると、その数は2万600~4万6000人程度であろうとされていますが、あくまでも推測であることをご承知置き下さい。

日本の医師法では医療事故死の場合の警察への届出が義務付けられておりません。
昨今話題となっている医師法21条にある「警察への届け出義務」などにしても、「急患として搬送されてきたり往診先で診察を依頼された患者さんが既に死亡されていた場合に、死体検索書(死亡診断書とは異なります)を作成し、そこに犯罪の可能性が見出せる場合については警察へ知らせなさい」ということであって、入院中の患者さんが死亡した場合には特に届け出の義務はないのです。
したがって、まずはこうした点の改正から行っていかない限り実態の把握は不可能です。

蛇足ですが、1つの事故死が発生すれば、その背景には同様の事故で負傷しながらも生存している人が29人おり、更に、あわや同様の事故に巻き込まれそうになったという人が300人いるとする「ハインリッヒの法則」というものがあります。
つまり、医療事故死が1件報告されたということは「1:30:300の法則」に照らし合わせてみれば、死亡事故になっていてもおかしくなかった医療ミスが300件あったということになりますね。
医療従事者の細心の注意を喚起したいものです。

以上、ご参考までに。

残念ながら、現在の日本では正確な統計は取られておりません。
ただ、「医療事故調査会」<患者の立場から医療ミスの鑑定をしている医師グループ> では、アメリカのデータを元に日本の医療事故死亡者数を推計しています。
これによると、その数は2万600~4万6000人程度であろうとされていますが、あくまでも推測であることをご承知置き下さい。

日本の医師法では医療事故死の場合の警察への届出が義務付けられておりません。
昨今話題となっている医師法21条にある「警察への届け出義務」などに...続きを読む

Qレーザー治療の歯医者さんを教えて下さい

レーザーを使った歯医者さんがあると聞きましたが、名古屋市か尾張地方でやっている所があったら、教えてもらえますか?

Aベストアンサー

以下の参考URLが参考になりますでしょうか?
「歯科医院検索」
ここで「愛知県」を選択して「レーザー治療」と入れて検索すると5件Hitします。

ご参考まで。

参考URL:http://www.quint-j.co.jp/dentistry/index.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報