あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

私は昭和29年12月生まれです。年金支給日は61歳からですが、去年の12月に61歳になりましたが、いつから年金が支給されますか、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

今年の2月からです。

去年の12月、今年の1月分が支給されます。
    • good
    • 1

受給するのが「特別支給の老齢厚生年金」だとしてお答えします。


65歳以降に支給される「本来の老齢基礎年金」の受給資格期間(保険料納付済期間+免除済期間=25年)を満たしており、かつ、厚生年金保険被保険者期間が1年以上ある‥‥というのが前提で、かつ、「特別支給の老齢厚生年金」の請求を行なうことが条件です。

この「特別支給の老齢厚生年金」は65歳直前までしか受け取れない、というものです。
65歳以降の「本来の老齢厚生年金(および老齢基礎年金)」とはまったくの別物ですから、その点についてはくれぐれもご注意下さい。
本来の老齢厚生年金(および老齢基礎年金)は、65歳に達するときにあらためて請求が必要です。

特別支給の老齢厚生年金は、報酬比例部分と定額部分とから成っています。
前者は65歳以降の「本来の老齢厚生年金」に相当する部分、後者は「老齢基礎年金」に相当する部分です。

「昭和24年4月2日生まれ以降の男性」および「昭和29年4月2日生まれ以降の女性」は、報酬比例部分しか受給できません。
また、報酬比例部分の支給開始年齢が、生年月日に応じて、順次、1年ずつ遅くなってゆきます。

報酬比例部分の支給開始が61歳となるのは、「昭和28年4月2日から昭和30年4月1日までに生まれた男性」および昭和「33年4月2日から昭和35年4月1日までに生まれた女性」です。
したがって、前者の男性だと考えてよろしいでしょうか。

厚生年金保険法や国民年金法に基づき、年金の支給は、権利の発生した翌月分から始まります。
1954年(昭和29年)12月生まれの男性が61歳に達する(権利の発生)のは、お書きになられているとおり2015年(平成27年)12月ですから、すなわち、2016年(平成28年)1月分から支給を受けられるということになります。

実際の支給は、前々月分と前月分とを各偶数月の15日に支払う、という形をとります。
但し、初回支給に限っては、偶数月以外の15日に支払うことができるほか、それと併せた端数月分も支払うことができるとしています。
初回支払は請求からおおよそ40日ないし50日後になされるルールなので、それを踏まえて考えてみても、
2月15日(1月分を支給)の支給はまず無理で、おそらくは3月15日(1月分・2月分を支給)または4月15日(1月分と2月分・3月分を支給)が初回支払となると思います。
初回支払の直前に、実際の支払日時・支払額が郵送の通知書などで通知されてくるはずですので、そちらをお待ち下さい。

なお、6月15日(4月分・5月分を支給)の支払分から、新年度の額となります。
「年金」という以上、年度単位で額が決まるのですが、マクロスライドと言って、物価や賃金の変動に応じて毎年度増減があります(増減額については、毎年1月末に発表されます)。
平成28年度は平成27年度と同額に据え置かれましたので、あらかじめご承知おき下さい。

平成28年度 ‥‥ http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000110893.html
平成27年度 ‥‥ http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000072678.html
    • good
    • 3

再雇用で、在職老齢年金が一部でも支給されるなら、第一回目の支給は手続き後2~3ヶ月後となります。


いつになるかは、年金証書が届いた後、通知が届きますのでそちらを見てください。
その後は偶数月に前月、前前月分の2ヶ月分が振り込まれます。
    • good
    • 0

>手続きはしましたが、その際にいつから支給されるのか


>聞くのを忘れましたので、質問しました。

年金は偶数月の15日が支給日です。
受給権が発生する翌月分からとなります。
具体的には、12月に61歳となったので、
1月1ヶ月分が2月15日に振込まれること
になります。

下記が参考になります。
http://www.office-onoduka.com/nenkinblog/2008/10 …

いかがでしょう?
    • good
    • 1

回答したつもりでしたが...


重複していたらご容赦ください。

下記に書かれていますので、ご確認ください。
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/tetsuduki …
ポイントを引用します。
1.請求書の事前送付
支給開始年齢(男性61歳、女性60歳)に達し、
特別支給の老齢厚生年金を受け取る権利が
発生する方に対し、
●支給開始年齢に到達する3か月前に、
基礎年金番号、氏名、生年月日、性別、住所
および年金加入記録をあらかじめ印字した
「年金請求書(事前送付用)」及び
年金の請求手続きのご案内を機構から
★ご本人あてに送付します。

昨年9月ごろ
来ているはずです。

2.請求書の提出について
受付は支給開始年齢(男性61歳、女性60歳)
になってからです。
戸籍・住民票などは、受給権発生日以降に
交付されたもので、かつ、年金請求書の提出日
において6か月以内に交付されたものをご用意
ください。
支給開始年齢になる前に提出された場合は
受付できませんのでご注意ください。
※特別支給の老齢厚生年金は「繰下げ制度」
はありません。受給権発生日以降に速やかに
請求してください。

61歳からの年金支給は報酬比例部分の
『特別支給』にあたります。
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenk …
●まずは昨年9月ごろ送られてきた、
年金請求書を探してください。
●なければ、年金事務所に問い合わせて
支給手続きをしてください。

お仕事を継続されていて、厚生年金保険に
加入されていたとしても、支給制限と
なるのは、給料、年金合わせて月28万
を超える場合からです。
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinen …

いかがでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明有難うございました。手続きはしましたが、その際にいつから支給されるのか聞くのを忘れましたので、質問しました。

お礼日時:2016/02/01 11:47

年金は、年金を受ける資格ができたとき自動的に支給が始まるもので


はありません。
ご自身で年金を受けるための手続き(年金請求)を行う必要がありま
す。
詳しくは、下のURLをクリックして参考にすると良いでしょう。

「日本年金機構」
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/tetsuduki/ …

「全国の相談・手続き窓口/日本年金機構」
http://www.nenkin.go.jp/section/soudan/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございました。手続きはしましたが、その時にいつから支給されるのか、聞き忘れましたので質問しました。

お礼日時:2016/02/01 11:42

年齢が年金支給対象になったのなら年金事務所へ出向いて(持参書類などは要確認)手続き完了後の次の年金支給月からの受給開始です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。手続きは終わってますので。支給される月はいつからか手続きをした時に聞き忘れましたので、質問しました。

お礼日時:2016/02/01 11:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年金の最初の受け取り「月」は?

60歳です。
昨年初めて年金(厚生年金の分)を貰いました。
***********************************************
誕生月は、8月です。

1回目 10月 1万(分かりやすいように書きました)
    12月 2万
      ↓
   以後来年の8月までは、この2万のまま。
**********************************************
誕生月が8月なので、私の考えていたのは、

1回目 10月 3万(8月・9月分)
2回目 12月 2万(10月・11月分)

   以後来年の8月までは、この2万のまま。  
***************************************************

質問は、
(1)「年金の支給月」と月日の関係は、どうなっているのかということです。

社会保険庁から、「あなたは今後受け取る金額と日付けはこうなっています」といったような通知はありません。

(2)皆さんは、通知はありましたか?     

以上2点、教えていただけると有難いです。

60歳です。
昨年初めて年金(厚生年金の分)を貰いました。
***********************************************
誕生月は、8月です。

1回目 10月 1万(分かりやすいように書きました)
    12月 2万
      ↓
   以後来年の8月までは、この2万のまま。
**********************************************
誕生月が8月なので、私の考えていたのは、

1回目 10月 3万(8月・9月分)
2回目 12月 2万(10月・11月分)

   以後来年の8月までは、この2万のまま。  
**...続きを読む

Aベストアンサー

質問者の方の誕生日が8月1日でない限り年金の支給開始月は
9月からです。年金は支給該当月(今回は誕生月)の翌月からスタートし支給消滅月まで支給があります。よって質問者の方の支給は
10月に9月分(1ヶ月分)、12月に10月分と11月分(2ヶ月分)の支給になります。
年金は必ず4月に改定が入りますので2回目の支給(今回の12月支給分)以降金額に変更がなければ今年の6月まで振込通知書は送られてきません。6月には1年間の金額に変更があれば改定通知書がきます。
また改定の有無にかかわらず6月のは振込通知書が送られてきます。
年金は特別な事情がない限り偶数月の15日振込み(15日が金融機関が休みであれば前日もしくは前々日)となっていますので毎回金額と日付が送られてくることはありません。

Q64歳、いつ退職すれば一番失業保険の受給額が多くなりますか?

母に質問されたのですが調べてもよくわからなかったため、質問させてください。

母は、現在64歳。来年8月に65歳になります。
母が勤めている会社は、60歳定年制のため職務変更はあるものの、延長制度がありその後は働けるうちはいつまででもいれるような会社なのですが、そろそろ退職を考えているとのこと。

65歳になると失業保険は一括での一時給付(?)になるとのこで、64歳中に辞めて給付を受けるべきか、65歳になってから受けるべきか、もしくは給付を受けている期間に65歳になったらどうなるのかなど、
給付額のみを考えた場合、どの時期に辞めるのが一番よいか教えていただければ幸いです。

せこい話で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 No1の方に補足です。
 雇用保険の受給額だけで言うと、65歳未満で退職した方が有利ですが、報酬比例部分の老齢年金を受給中の場合は話がちょっとややこしくなります。というのも、65歳未満で雇用保険の受給手続きを行うと、その期間は年金の支給が止まるためです。
 これをクリアする?方法としては、「65歳になる直前に退職する」「65歳になってから職安で雇用保険の受給手続きを行う」と、雇用保険は64歳時点の日数で受給、なおかつ年金もカットされないそうです。(社会保◯事務所の方に聞きました)
 あくまで65歳になる「直前」ていうのがポイントです。(雇用保険は退職してから1年しか権利を使えませんので、あまり早くに退職されないようご注意を)

Q年金何月からもらえるのですか

年金についての基本的なことをお聞きします。
よろしくお願いいたします。

昭和30年11月1日生まれです。
公務員です。
共済組合に所属しています。

62歳から年金がもらえるようですが
62歳の自分の誕生日からもらえるのか
62歳になる4月からもらえるのか
または、いつからもらえるのか教えてください。

妻がパート勤めです。
年収103円以下収入です。

私が死亡したときに
その後の年金ついても
妻のところにおよそいくらぐらい(何割ぐらい)年金として届くのでしょうか

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 62歳から年金がもらえるようですが62歳の自分の誕生日からもらえるのか62歳になる4月からもらえるのかまたは、いつからもらえるのか教えてください。

誕生日の前日の翌月分から支給になります。
11月1日生まれであれば11月分からですね。12月に11月分が支給されることになるかもしれませんが,通常は少し遅れます。
しかしこの年金は公務員を退職するまでは原則として支給が停止されます。(ただし給料が少ない場合には支給されます。)

> 私が死亡した後何か月後からもらえるのか。
> 私が受け取っていた年金額の何割程度もらえるのか

死亡の翌月からですね。(もちろんちゃんと申請すれば,です。)
金額は,2/3になると思っていれば,それほどは違いません。

Q44年の特例で定年後満額の厚生年金はもらえるのですが、再雇用しようと思

44年の特例で定年後満額の厚生年金はもらえるのですが、再雇用しようと思っています。
再雇用すると月160,000円でボーナス年間600,000円で、年間2,520,000となります。

再就職すると失業保険から月20,000円ぐらいもらえると聞きました。
厚生年金は年間2,088,000円の見込額です。月174,000です。
再就職すると厚生年金がひかれると聞きます。
年間給与所得2,520,000円月210,000のとき。
再雇用した場合、厚生年金額はだいたいどのくらい支給されるのでしようか?
再雇用した場合のおよその収入を知りたいのでよろしくお願いします。
再雇用を1年でやめた場合44年の特例はそのまま継続されるのでしようか。
再雇用の参考にしたいのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

フルタイムやそれに近い勤務形態の非常勤で再雇用された場合、
厚生年金に加入する義務があります。
なお、厚生年金に加入している間は、44年の特例は受けられません。
厚生年金は普通の人と同じ、報酬比例部分だけの支給になります。
あとでさかのぼって特例分の差額が支給されることもありません。
在職老齢年金で年金月額と直近1年間に受けた賞与の1ヶ月分と給与の
総合計が28万円を超えれば支給がカットされたりします。

厚生年金に入らなくて済む程度の勤務時間や勤務日数で働かないと
44年の特例は受けられないことにご注意ください。

Q厚生年金、受給開始で最初の受取は誕生日の何日後?

厚生年金の報酬比例部分は段階的に65歳支給になる事が決まってます。

所でこの年金ですが仮に満61歳から貰える人が、61歳の誕生日が過ぎて、
1回目の年金が口座に振り込まれるのは、最短で誕生日の何日後でしょうか?

勿論、其れまでに必要な手続きを全て遅滞なく行ったとして・・・

直近の支給日(隔月の支給の様ですが)に間に合いますか?

年金にお詳しい社労士の方とかに解説頂ければ嬉しいです。

Aベストアンサー

No4です。

>受給権?は誕生月の翌月からだそうですね。
正確には受給権が得られるのは受給年齢に達する誕生日の前日です。法では誕生日の前日に年齢が増えるので、本当は誕生日というより年齢が達した日が正確です。
そして年金は受給権を得た月の翌月分から支給になるのです。例外的に誕生日が1日ですとその前月の末日に受給権が得られますから、誕生日のある月の分から支給になるという場合もあります。
それが、処理などの遅れで実際に手に入れることができるのは3か月くらい後になるのです。

「飛ばされる」というのはまずないと思いますが、現実にそういうことがあるかどうかは知りません。

Q65才からの年金支給の平均月額は

65才からの年金支給の平均月額は
平均でどのくらいなんでしょうか。厚生年金35年加入、男性定年後無職。年々減額されているとか聞きましたが。
10年先は、今よりもぐんと下がると思うので、今のうちからセカンド資金を準備しておかないと思いまして。

Aベストアンサー

「厚生年金35年加入」ですが、本当にこればかりは人それぞれに違いますので「年金機構」旧社会保険事務所で査定して見て下さい。今、申請するといくら支給されるのか、65歳になって国民年金と合算したものがいくら支給されるのか、全部出て来ます。私は63歳ですが60歳から「厚生年金」を受給致しています。これだけ仕事が無い、という時代に「減額でもいいから年金を」と思って藁を掴む思いで申請しました。厚生年金は「報酬比例部分」「定額部分」と二つに区分されています。60歳から申請すると、この「報酬比例部分」のみが支給され、64歳から「定額部分」が上乗せされ支給されますが、私は64歳まで待てないから「一部繰上げ」の申請をして今は全額支給されています。通常の年金額(64歳まで待った金額)と比較しても年間4万円しか違いませんでしたので、今の方法を選びました。65歳から「国民年金」が加算されます。その金額も全部算出してもらっています。年金だけは絶対、年金機構から申請の方法など教えてくれないので、自分で出向いて担当者に聞いて判断するしかありません。お役に立ったでしょうか?

Q年金支給額ってズバリいくらですか?

もうすぐうちの親が定年を迎え、年金生活が始まります。
そこで疑問に思ったのですが、年金って平均でいくら貰えるのでしょうか?
5万か10万か15万か20万か、さっぱり見当がつきません。

こういう質問をすると、「人によるよ」とか、「もし私の知り合いの金額を
教えても人それぞれだから参考にならないよ」とか、「親に聞けば?」とかの
回答が予測されますが、そういった無意味な回答は多分消去されると
思いますのでご注意下さい。

年金支給額を決定させる要素は、勤務年数・加入年数・支給開始年齢・配偶者の
有無・労働期間中の年収等複雑にたくさんあるという事は承知しております。
あくまで、「だいたいの金額」だけ知りたいんです。

皆さんの知り合いの例でも構いませんので、だいたいの金額でも
教えてください。
(質問内容に対する不満のある方は書き込みはご遠慮下さい。)

Aベストアンサー

こんばんは♪
私は現在年金受給者です。
まだ段階支給ですので満額ではないですが 2ヶ月に一回の支給で28万円程度です。
1年数ヵ月後は確か36万円くらいですね。
なので月額に直すとそれぞれ14万円と18万円ということになります。
これは高卒で厚生年金期間が約22年間国民年金期間が19年間の条件です。
友人達は定年まで厚生年金で はっきりとは教えてもらえませんでしたが 言葉の端々から推測するに月額にすると25万円と35万円くらいでしょう。
参考になりましたら良いのですが。。。

Q65歳以上失業保険と厚生年金同時にもらえますか

失業保険がもらえるのでしょうか?
減竿65歳ですでに年金をもらいながらパートで働いています4月の契約更新で更新が出来ないと言われました。
65歳までは失業保険をもらうと年金が停止されるとの事ですが65歳以上でも同じでしょうか?
そして半年ほど前から失業保険料が給与より引かれていません、厚生年金は引かれています。

Aベストアンサー

・65才以上で退職された場合は、失業給付は受給できませんが
 高年齢求職者給付金が一時金として支給されます
 その場合、老齢厚生年金は通常通り支給されます
・高年齢求職者給付金の支給については、下記を参照して下さい
http://tt110.net/13koyou2/P2-kourei-kyuusyoku.htm

Q60歳定年後も働き65歳まで厚生年金をかけたら?

厚生年金を中学卒業とともに就職し45年かけまして60歳定年となりますが 再雇用
で65歳まで働きひきつづき厚生年金をかけたら65才時に いかほど増額しますか?

  事例でいいので教えてください。

Aベストアンサー

NO2のかたが書いておられます、長期特例について補足します。

44年以上厚生年金加入、かつ退職(被保険者ではなくなる・・パート嘱託なども含む)されてる方は、長期特例に該当し、通常例えば昭和26年生まれならば60からは厚生年金の報酬比例部分のみですが65歳からしかもらえない定額部分の支給がうけられます。
簡単にいえば、65歳からの金額が早めに受けられます。

1、ですので、年金事務所に行き、退職した場合の金額を確認しましょう。
一定の条件にあう配偶者がおられる場合加給年金もつくことがあります。

2、かたや、継続雇用の場合、長期特例の扱いは受けられず、在職老齢年金となり、報酬とのかねあいで年金額が減らされる場合もあります。

結論として1,2の点を確認されることが重要となります。
また、同時に増える年金額も確認されたらいいでしょう、
年金額は報酬によりますので人の事例はあてはまりません。

Q厚生年金の支給日について

厚生年金の支給月が偶数月というのは知っていますが、偶数月の何日に口座に振り込まれるのか・・・。教えていただけませんか?

Aベストアンサー

補足です。
初めて年金を受け取ることになった場合には、初回支払日が偶数月の15日ではないことがあります。
そのときは、いままでの分が数ヶ月まとまって、支払日の属する月の前月分まで(たとえば、6月に支払われるとすると、5月分まで数ヶ月分)支払われます。
これも、法令でそういう決まりになっています。
初回の場合、偶数月に支払われると思ったのに支払われなかった、などという場合があるのですが、このような事情によります。
あとからちゃんと支払われますから、心配しないでも大丈夫ですよ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング