出産前後の痔にはご注意!

家庭教師を派遣している会社で働いています。家庭教師の方に給与報酬の他に
別件での依頼をした為、謝礼としてクオカード¥5,000を渡した場合の
源泉税はどうなりますでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「給与報酬の他」の「謝礼」なら、支給元が会社であれば、「交際費」などで処理して終わりで構いません。

    • good
    • 0

>家庭教師の方に給与報酬の…



給与報酬って、給与ですか報酬ですか。

>別件での依頼をした為…

別件とは具体的に何ですか。
業務に関係ない私的なことですか。

>クオカード¥5,000を渡した…

業務上の依頼であり、もともと支払っているのが「給与」なら、現物給与といって給与本体と同じ扱いです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2508.htm

>源泉税はどうなりますでしょうか…

「給与」なら、年末調整で支払金額に含めないといけません。

「報酬」なら、個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収されなければならないわけではありません。
源泉徴収されるのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にその職種が載っているかどうかどうかお確かめください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/g …

「技芸、スポーツ、知識等の教授・指導料」に該当するなら、源泉徴収義務があることになりますので、現金支払いの場合と全く同じに扱わないといけません。

業務に関係ない私的なことなら、源泉徴収などという言葉は無縁です。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクオカードの課税処理について

会社でインセンティブとして、アルバイト社員に500円程度のクオカードを
配った場合、購入時の消費税は課税処理でも大丈夫なのでしょうか?
また、500円と小額ですが給与課税対象となるのでしょうか?

Aベストアンサー

>接待交際費もしくは福利厚生費として計上した場合は、購入時に課税処理を…

消費税の課税要件が、仕訳科目に左右されることはありません。
商品券、プリペイドカードなどの物品切手等の譲渡である以上、どんな仕訳科目であっても非課税は非課税です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6201.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q商品券で報酬を払った場合の処理は?

身近な友人にバイトをお願いしています。
このバイト料金を支払うと、友人は所得が103万を超えます。
私としても、源泉徴収などの手続きは省きたいところです。

そこで商品券で報酬を支払うのはどうか?と考えているのですが、
以下の事をご存知の方、アドバイスを頂けますでしょうか。

 1) 商品券は必要経費とできますか?
   その場合の項目はなんでしょうか?(報酬?)
 2) 商品券をもらう側としては所得になりますか?
 3) 源泉徴収の対象となりますか?

以下、参考URLを見る限り現金と大差ないようですが…
参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2673480.html
ご存知の方がいらっしゃいましたらお願いします。

Aベストアンサー

>1) 商品券は必要経費とできますか…

・商品券を買ったとき
【有価証券/現金】
・もしその商品券がもらい物のたらい回しなら
【有価証券/事業主借】

・給与の代わりに払ったとき
【給与・賃金/有価証券】
として経費になります。

>2) 商品券をもらう側としては所得になりますか…

現金や銀行振込と同じです。

>3) 源泉徴収の対象となりますか…

現金や銀行振込と同じです。

Q図書カードなどの贈与

社内で業務改善コンテストを行い、優秀者には図書カードを付与することになりました。
賞金として現金を渡した場合は、源泉対象となりますが、図書カードやギフトカード等の金券の
場合は給与課税されるのでしょうか?
また、これに関してのい通達などがあれば教えてください。

Aベストアンサー

>図書カードやギフトカード等の金券の場合は給与課税…

現物給与として課税対象です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2508.htm#a-2

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q支給した商品券の源泉徴収

社内で安全衛生標語を募集し、優秀作品に賞品として商品券を出しました。
これは給与として課税されるのでしょうか。
労務士からは給与として課税するように、親会社の経理部からは小額であることから厚生福利費として課税しないでいいと意見が分かれています。
また、対象者には、業務委託契約を結んだ下請け業者の社員(当センターにて勤務)も含み、これは厚生複利として処理する場合、社員同様に処理しても構わないということになっております。
課税するとしたら、この外注さんに支給した分について、所得税の納付書(および年末の支払調書)はどのように書けばよいのでしょうか。
聞く人によって返答がまちまちで、どうすればいいのか迷ってしまいます。できましたら、上司に見せるために根拠となる資料などのあるサイトなどもお教えいただけると助かります。ご回答、よろしくお願いします。

以下、支給の詳細です
・募集対象者  全社員・業務委託契約を結んだ外注社員
・選考方法   応募作品全体から、優秀作品を選定
・支給金額   3~5千円(総額1万6千円)の商品券

Aベストアンサー

業務に関連した提案などであれば給与として源泉税の対象となり。業務に関連しない場合は本人の一時除特となります。

又、下請け会社の社員に対するものは、雇用関係がありませんから源泉税の問題はなく、受け取った本人の一時所得となります。

一時所得については、本人が申告をする必要が有りますが、給与所得者の場合、給与以外の所得が年金20万円以下であれば申告の必要が有りません。
ただし、医療費控除などで確定申告をする場合は、給与以外の20万円以下の所得も全て申告する必要が有ります。

又、一時所得には50万円の控除が有ります。

Q謝礼金の処理について教えてください

お客様への商品やサービスの向上のため
お客様数人に足を運んでもらい座談会形式で意見を伺うことにしました。
その際、謝礼金を数千円お渡しする予定です。

このこと自体に問題ないか(給与所得になるからダメという人もいました)、あるいは何か注意する点はありますか。
また勘定科目や税金について、適切な処理の仕方を教えてください。

交際費として計上し、消費税非課税、源泉徴収なし でしょうか。
または、交際費以外の科目(原価の雑費など)で計上できますでしょうか。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には販売促進費、仕入税額控除可、源泉徴収なしです。
ただし、そのためには、以下の条件を満たしていることが必要です。
(1)謝礼を渡すことが事前に明示されている。
(2)その金額が座談会参加の対価であることが明示されている。
(3)その金額が対価として妥当である。
措置法通達61の4(1)-8

これが満たされていれば、相手が情報提供の正当な対価として要求する金銭を支払うだけなので、交際費にはなりません。この条件を満たしていない場合、相手がもらうつもりでなかった金銭を渡す=プレゼントなので、交際費になります。
これは、私自身が経験し、国税局に直接事前確認をとり、その後継続的に行って税務署に認められている経理処理です。

参考URL:http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kobetsu/hojin/sochiho/750214/08/08_61_4a.htm

QQUOカードの消費税処理

券面金額500円のQUOカードを購入し、アンケート回答者への粗品と
する事を予定しています。この場合のQUOカード購入代金の消費税の
扱いに関してお教えください。
 ※券面金額500円のQUOカードの販売価格は530円です。
  (3000円以上だと、券面価格どおりの販売価格になります)


プリペイドカードで自家使用分でありませんから、購入時の消費税
処理は非課税取引になると思います。

質問
500円のプリペイドカードが、530円で売られている場合、差額の30円
含めて非課税取引でしょうか。
それとも、30円分は課税取引になるのでしょうか。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。
>自家消費するQUOカードで、購入時に消費税の原
>則に従って530円は非課税処理を行った場合、QUO
>カードを使用した時点で、課税処理が行えますが、
>この課税処理は、500円でしょうか530円でしょう
>か。
原則的に言えば、クオカード購入時は消費税の非課税とし、使用時に消費税の課税とするべきでしょう。
しかしそんなことをしていたら管理も大変ですし現実的には「どうせ自分のところで近いうちに使用するもので、かつ金額的にも問題にならないなら」購入時の課税処理とできます。
税務署もそこまで突っ込んできません。

決算日に税金対策と言って1000万分のクオカードを購入するなどの非現実的な場合は別でしょうが…。

Q講師の源泉徴収について

教えてください!今度スキー教室を行うことになり、講師を頼むことになりました。一人の講師に対して1万円を支払う予定ですが、この場合、謝金の10%の所得税を控除しなくてはなりませんよね?もし、現金ではなく商品券1万円分を講師に渡した場合、税はどうなるのでしょう?

Aベストアンサー

支払う側が、会社などで源泉徴収義務者であれば、源泉徴収をする必要があります。

商品券で渡す場合でも換金性がありますから、原則として源泉徴収の対象となります。

1万円の商品券を渡す場合は、税引後が1万円ですから、支払総額は11111円となり、下記のようになります。

支払手数料 11111 /現金 10000(商品券購入)
          預り金 1111(源泉税) 

Q謝礼をあげると税金はどうなるか?

http://research.yahoo.co.jp/
みたいにモニターに答えた人に謝礼をする場合
こちらは税金の処理などする必要があるのでしょうか?
仮にやったらやっただけ謝礼を払うとします。
●年間合計**円超えると払った先へ税金を**しろとか
●謝礼という言葉を**に変えると意味合いが違うので払わなくていい

Aベストアンサー

謝礼や報酬については、源泉徴収をする必要があるものもありますが、アンケートでモニターに謝礼を支払った場合は、源泉徴収の対象となっていません。
従って、税務上の処理は特に必要有りません。

又、源泉徴収の必要があるものでも、規定の金額以下の場合は源泉徴収の必要が無いと規定されています。

ただ、受け取った方は、モニターの謝礼も含めて、雑所得が年間20万円を超えたら確定申告の必要が有ります。

Q五万円以下の報酬に対する源泉徴収

私はSOHOでインターネット関係の仕事をしています。それで、今回1回5万円の仕事をもらいました。
一括で月末に支払われるのですが、相手が「5万円以下の場合は源泉徴収しなくていいんだっけ?」といってきました。
私はわからないので、そういうと相手側のほうから「こちらで源泉徴収しときますから」といって差し引いて47500円の支払いという事になりました。これはどういうことですか。金額によってする・しないがあるものなんでしょうか。もしくは相手ではなく、とりあえず5万もらって、私のほうから源泉徴収するというのはできないですか。この方がお得のような気がするのですが・・・どうでしょうか?

Aベストアンサー

司法書士さんなどの場合には1万円、プロボクサーなら5万、保険外交員やホステスの場合などは一定の算式で計算した金額以下の場合には源泉徴収の必要がありません。しかし、SOHOでインターネット関係の仕事という事ですから「デザイン料」に関する源泉徴収でしょうか?。「デザイン料」の場合には金額によって源泉徴収をするしないという事はありません。

「5万円以下の場合は源泉徴収しなくていいんだっけ?」といってきたというのは、相手側の方の勘違いで、年間取引金額が5万円以下の場合には毎年1月末日に税務署に提出する「法定調書合計表」に「支払調書」を添付する必要がないというだけの事で、報酬を受取る側には関係のない事です。

で、47,500円というのは5万円+消費税-5千円で47,500円ですね。ですから、支払者側の計算は間違っていません。正しい取引です。

源泉徴収をしてもらわずに自分で納めるという事はできません。あくまでも源泉徴収義務は支払者側にあるのです。
 でも、実際には全額を貰ってしまうケースもあるでしょう。この様な場合には源泉徴収分を支払者側に返却するか、或いは自分でその会社の名義で翌月10日までにその会社の所轄税務署宛で納付をする(もちろん、その会社に説明・了承を得て、尚且つ領収書を会社に返却する事は勿論です。)必要があります。税務署にこちらから代わりに納付するというのは納期限が間近とか既に過ぎてしまっている場合で、最後の手段ですね。
 もし、源泉徴収が行われていない場合に税務署の調査などでひっかかってしまった場合には、税務署は「支払額」を基準に考えるケースがあります。支払額(例えば銀行振込額)が52,500円だとすると0.9で除して総額を58,333円と割り出して5,333円の源泉所得税の未納があると判断されるケースもあるので注意が必要です。

司法書士さんなどの場合には1万円、プロボクサーなら5万、保険外交員やホステスの場合などは一定の算式で計算した金額以下の場合には源泉徴収の必要がありません。しかし、SOHOでインターネット関係の仕事という事ですから「デザイン料」に関する源泉徴収でしょうか?。「デザイン料」の場合には金額によって源泉徴収をするしないという事はありません。

「5万円以下の場合は源泉徴収しなくていいんだっけ?」といってきたというのは、相手側の方の勘違いで、年間取引金額が5万円以下の場合には毎年1...続きを読む

Qライセンス取得の経理処理について

市販ソフトと高額なCADソフトのライセンス取得について、経理処理が同じというのに疑問を感じたのでご相談します。

現在、市販のソフト及びCADソフトのライセンス料を支払手数料で処理されています。その根拠は、どちらもソフト代(物品)と見ているのではなくて、使用できる権利を買ったと考えておられるそうです。

しかし、CADソフトのライセンスは確かにものはなくインターネットで登録するだけのものなので、これから使用するのに掛かった登録手数料として、支払手数料でもいいと思います。
その反面、市販ソフトはパッケージの箱(CAD-ROM)が存在し、キット自体は数百円のものぐらいだと思いますが、それに数万のライセンス料(使用できる権利)が含まれていて、十数万の物品と見るべきかライセンスという権利手数料と見るべきか判断に悩んでいます。私は、事務消耗品費か雑費か少額資産あたりに該当するのではないかと思います。

みなさんは、どう経理処理されていますか?
また、基本的な考え方が記されているHPや税法が存在すれば、教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり、かつ、かたちがないものであるので、当然、無形固定資産として処理されます。

したがって、税務上は1つのライセンスあたりの単価が10万円までなら支払手数料でも消耗品費でも雑費でもかまいません。勘定科目はその会社の判断で行うのが基本です。支払手数料で処理されているのならそのやり方を変えてはいけません。

10万円を超えるものは無形固定資産のソフトウェアとして処理することになります。中小企業であれば、30万円未満であれば少額減価償却資産の特例を使うことができます。

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング