質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

高校数学の参考書について


旧帝理系志望の高校2年です。
数学の基礎固めとして、青チャートをやるかチェック&リピートをやるかで迷っています。
今青チャートを持っていて、これまでは青チャートをやるつもりでいたのですが、学校の先生にチェック&リピートを勧められて、問題のレベルも同じようなので、どちらが良いのか教えていただきたいです。お願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

元塾講師です。



 まず、青チャートとチェック&リピートでは難易度こそ同じといえど、到達する目標先が違います。
 青チャートの目標は「東大・京大・東工大以外の入試なら必ず7割以上」です。入試で出題されるパターンを網羅しており、「収録されているパターンを全部覚え使いこなせればまず落ちることはない」と言えます。
 一方チェック&リピートは「これをしっかりやれば(あと+α才能で)東大・京大・東工大以外の合格が狙える」というものです。

 本の厚さを比べれば分かりますが、ヘタすると2倍以上のボリューム差があります。これには以下のカラクリがあります。
 大学入試の問題パターンが全部で1万通りだとします。また出題されやすい順番に並べ替えたとします。
 青チャートは、本番7割を取るために、1番から8000番までを収録しています。
 一方、チェック&リピートでは出題されやすい1番~4000番までを収録しているます。
 出題頻度順にすると、最初の100題と最後の3000題の出題数が同じになることもあり、それは「入試の得点においては最初の100題と最後の3000題を覚える作業は同じ価値」になります。つまり4001番~8000番までを覚えこんで合格率が「可能性があるから、必ず合格する」になるということです。

 以上から、確かにできるのであれば青チャートをお勧めしますが、そのボリューム数から途中で挫折する人が多く、結果「青チャートをやって挫折して合格率0%」になるより「チェック&リピートをマスターし、合格率65%」の方がいいと先生は考えているのでしょう。
 また私のおすすめは「最初にチェック&リピートをマスターし、その後青チャートをやる」というものです。そうすれば青チャートでの挫折もしにくいですし、時間が間に合わなかったとしてもチェック&リピートはマスターできています。また、同じパターンもあるので二度手間になることもありません。結果的に「チェック&リピートは1~4000番までの参考書、青チャートは4001番~8000番の参考書」のように使えます。
 さらに、旧帝大ということでおすすめするのは『1対1の演習』をやることです。旧帝大独特の思考回路などはこちらに凝縮されています。できれば青チャートは今年中か、2年次終了までにマスターし、3年次は『1対1~』をやることです。また3年次の1年間は理科などもやらないといけないわけで(センター社会も)、できれば数学は早めに完成しておきたいです。
ご参考までに



 ご参考までに
    • good
    • 1
この回答へのお礼

みなさんとても早急に回答していただきありがとうございました!akeshigsbさんは具体的な勉強法、受験の戦略まで教えて下さったので、ベストアンサーとしました。

お礼日時:2016/06/11 08:13

旧帝大もピンキリです。


最下位への勉強方法と最上位への勉強方法は、異なっていて当然ですが、あなたにとって不適切なアドバイスでも構わないのでしょうか。

数学なんて、演習してナンボでしょうから、基礎を「固める」のであれば、チェクリピでしょう。
しかし、固める以前に基礎ができてないのであれば、青黄白などをまずやる他ありません。
勿論、青チャートで演習していくというのであれば、それはそれでありでしょうが、問題数が多すぎるということは。
何周も演習するのであれば、問題数が多すぎると、回すのに時間がかかります。
余裕で解けてしまうようなら、多いこと自体が時間の無駄でしょうし。
旧帝大最下位を目指していて、青チャートレベルでどうにかなるのであれば、青チャートを振り回しても良いでしょうが、1対1だのやさ理だの新スタ演習だのと先に進んでいく必要があるのであれば、いつまでも青チャートと睨めっこしているわけにはいかないし、良い勉強法だとも思えません。
    • good
    • 0

青チャートと心中するつもりなら青チャートでいいと思います。

旧帝大とあるので地方なのでしょう。青チャートがちゃんと理解できれば手を広げずとも合格点には届くはずです。青チャートの存在意義はかなりの部分をあのボリューム感が占めると思います。例題だけやるという使い方だったら他に選択肢はある。私は「あんなのやってられない」派です。

チェック&リピートは問題数が少ない(青チャートの例題のみに相当)ので、変化を求めて次に何かに移る(上級シフトする)つもりならチェック&リピートのほうが挫折感がなくていいと思います。

東大京大志望ではないのでしょうが、#2さんの受験観はかなり古いので参考に留めるように。東大数学のほうが京大数学よりうんと易しいなどという神話、寓話の類は私が受験生だったころ(あなたの親の世代)にはすでに消え去っています。東大京大に限らず旧帝大の出題には品位があるので、力がついてきたらざっと目を通しておくといいでしょう。
    • good
    • 0

青チャートに何となくとっつきにくさを感じている、ということがもしもあるのであれば教師の勧めに乗っかってチェック&リピートをやったらいい。


「とりあえずチャート式」という発想自体が間違ってるわけではないが、だからといってチャート式が万能と言うわけではないよ。
    • good
    • 0

東大理Ⅱでしたけど、数学は一問も落とせませんでした、その頃は一次、二次がありましたが100%取ったと思います、どうせケアレスミスしてるんです。

だからあなたが数学で稼ぐ人なら莫大な問題を突破して下さい。
なお、京都大学の数学は全く違います、類題はほとんど出ません、最近容易になって来ましたが東工大の数学は狂っていて、一問やっと解いたら合格確定でした。あ、言い忘れた私の場合高校の数学は親父が買ってきた教師用教科書を中坊の時に高校三年分終え、化学は学部の最高の教科書を食べました、いつでもどこでも想い出せました。
    • good
    • 0

最終的にどちらにするかは、質問者さんが解けない問題或いは不正解だった問題に関する、


解答・解説編を参照することだと思います。質問者さんが納得できるよう説明されているかという点ですね。

レベルはほぼ同じですから、質問者さんが使いやすい方、見やすい、解きやすい、解説が自分に合っているか、で
判断すべきでしょう。

補足的意見としては、旧帝大理系であれば、赤チャートまで進めたいので、連携というか繋がりという点では、
青チャートがベターとは、考えます。

参考までに。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q旧帝大ってどんくらいすごいですか?

旧帝大ってどんくらいすごいですか?
私の祖母はめっちゃ旧帝大信者です
姉が私立大なのですが 実家帰るたび嫌味を言われていてかわいそうです
信者はうちの祖母の世代に限るんでしょうか?
皆さんは「旧帝卒」って聞くとどう感じますか?
教えて下さい

Aベストアンサー

国立大の話をすると、各県に教育学部と医学部が必ずあります。学校の先生とお医者さんは、各県に必ずいる大切な職業で、しかも高等な教育が必要だから、地元に養成機関を作ったんですね。また、ほとんどの県で、工学部か農学部、希に水産学部があります。これも地元の産業を担う人材を育てたい、ということですね。
旧帝大は、これら各県の枠では収まらない優秀な人材を集めて地元の産業の枠を超えた、国として産業や学問を発展させよう、という研究機関となります。北海道、東北、関東、中部、近畿、九州の各地方(なぜか中四国にはないんですよね)にあります。
特徴としては総合大学として、文学部、商学部、法学部、理学部、工学部が必ずあり、各分野の進歩を担う人材の育成を目的としています。
要は、「研究者」つまり「学者」を養成することが大きな目的です。

対して私立大の両雄、早稲田、慶応の例で書くと、これらは、社会に実際に役立つ人材を広く育成することが目的で、「実学」(実際の社会活動に役立つ学問)を教えることが主になります。
たとえば、建築の話ですると、
旧帝大は建築学の権威を育てたいと考え、私立大は優秀な建築家を育てたい、と考えているわけです。

ここでのポイントは、学者さんと技師さんとで、どちらを尊敬するか、ということですね。
昔は多くの人は中学にも行かずに職人や商売人になりました。職人は技師と同じ職場にいますし、経営者も商売人と直接関わる間柄になりますよね。技師さんや経営者さんは大学を出ていても身近な存在なんです。大学を出たばかりの設計技師さんよりも、現場で腕を磨いた頭領の方が優秀なことも多かったでしょう。
でも、身近に学者さんはいなかったでしょう。

で、回答になりますが、「旧帝大卒」と私が聞いた場合、研究者になるための一通りの作法を学んだ人だ、という認識を持ちます。実際に研究者になっていなくても、学んだ、つまりそういう考え方を習ったというところがキーになります。お茶の師匠になっていなくても、その作法を習った人は、茶道とは、というところを知っているだろう、というのと同じです。

これ、言い換えると、「私大卒」と私が聞いた場合、社会に実践的に役立ついろいろなことを知っている、身についている、と思います。

上下がある話ではなく、社会に貢献するやり方の違い、だという認識です。

国立大の話をすると、各県に教育学部と医学部が必ずあります。学校の先生とお医者さんは、各県に必ずいる大切な職業で、しかも高等な教育が必要だから、地元に養成機関を作ったんですね。また、ほとんどの県で、工学部か農学部、希に水産学部があります。これも地元の産業を担う人材を育てたい、ということですね。
旧帝大は、これら各県の枠では収まらない優秀な人材を集めて地元の産業の枠を超えた、国として産業や学問を発展させよう、という研究機関となります。北海道、東北、関東、中部、近畿、九州の各地...続きを読む

Q数3の青チャートと 一対一対応の演習は どう使えば良いのですか? 順番に青チャート終→一対一 なの

数3の青チャートと
一対一対応の演習は
どう使えば良いのですか?

順番に青チャート終→一対一
なのか
青チャートと一対一を同時に進めていくのか
どちらが短期間で効率が良いでしょうか?

ご回答よろしくお願い致します

Aベストアンサー

単元ごとに青を例題だけやってみてすんなり進めるようなら1対1にシフト、そのまま1対1を終えられたらそこで次(の単元)に進むか上に進む。1対1で難儀するか違和感があるなら青に戻る。というところでしょうか。

青は戻るべき基本(オペレーションマニュアルであり直球)、1対1はその半歩先だけを行く変化球です。青から見える退屈な受験数学に色を添えるものです。イロモノともいう。本家「大学への数学」はもっと毒味や刺激がありますが、汎用性を持たせたためにやたら薄味になりました。

Q青チャート終了後の、演習書をさがしてます!!

東大理II志望を志望の者ですが、数学の演習書を探しています。
もうすぐ青チャート3冊とも3周するんですが、
解法を一通り習得した後に使える、難しすぎないものを探しています。
最終的には数学を勝負科目にまで持っていきたいと思ってます。

ネットや本屋でいろいろと見て回って、とりあえず今の所は
「理系プラチカ(1A2B)」「1対1」「標準問題精講」のどれかを
考えているんですが、どれが一番合っているのかよく分かりませんでした。そこで、

・それぞれの本の特徴や違い(どの本か1つでも構いません)
・その本から得られるもの
・問題数やだいたいの使用期間
・難易度の比較
・短所
等、使ったことのある方や数学の参考書に詳しい方がいましたら、教えて下さい。あと、上の3冊以外のオススメの本や、その次に使える演習書も教えてもらえるとありがたいです!!

Aベストアンサー

私は「青チャート」で一通り解法を身に付けた後は「1対1」をやりました。
実際やってみてその選択肢は正しかったと思います。

比較: 青チャートが基本問題なら1対1は受験標準問題。青チャートを仕上げた人なら無理なく1対1に進むことができる。
特徴: 標準問題に狙いを絞った例題とそれに対応する演習題。
使い方: 演習題は必ずしもやる必要はない。例題をマスターすれば十分。(青チャートや難系もいちいちすべての問題を解く必要がないのといっしょ)
使用期間: 一日4~5問で約5か月
短所: けっこう敷居が高いが青チャートを仕上げているなら大丈夫。
得られるもの:少ない問題で標準問題の解法パターンをマスターできる。

私はこの後に河合塾の「やさしい理系数学」に手をつけようと考えましたが、これは「1対1」とほぼ同レベルなのでやる必要はありませんでした。
(ただし、評判はかなり良いし、実際に見てみてもかなり良く出来てる印象をもった。「1対1」の代わりにこれをやってもいいかもしれない)

「1対1」の次に使える参考書としては河合塾の「ハイレベル理系数学」がおすすめです。
はっきりいって、「1対1」を仕上げた後でも半分も解けませんが、別解が豊富で思考力を鍛えるのに最適です。
同レベルの問題集に「新数学演習」があります。

なぜか河合塾の問題集が多くなってしまいましたが、別に私は河合塾とは何の関係もありませんよ(笑)
通っていた予備校は駿台でしたしね。

私は「青チャート」で一通り解法を身に付けた後は「1対1」をやりました。
実際やってみてその選択肢は正しかったと思います。

比較: 青チャートが基本問題なら1対1は受験標準問題。青チャートを仕上げた人なら無理なく1対1に進むことができる。
特徴: 標準問題に狙いを絞った例題とそれに対応する演習題。
使い方: 演習題は必ずしもやる必要はない。例題をマスターすれば十分。(青チャートや難系もいちいちすべての問題を解く必要がないのといっしょ)
使用期間: 一日4~5問で約5か月
...続きを読む

Qなぜ物理は独学が不可能なんですか?

こちら(http://d.hatena.ne.jp/nimsel/20080703)のサイトに、
「医学部・東大・京大を志望する場合、0から二次レベルまでの物理の独学は不可能に近いです。」
との記述があります。

さらにこちら(http://ja.wikibooks.org/wiki/%E4%BA%AC%E5%A4%A7%E5%AF%BE%E7%AD%96)のページにも、
「独学はほぼ不可能だと思われる」
と書かれています。

しかしながら受験勉強法研究家として有名な(しかし自分はあまり参考にはしていませんが。)
和田秀樹氏は、本の中で、「橋本の物理をはじめからていねいに」という参考書について、
「下手な教師よりよっぽどわかりやすい。今まで物理が独学に不向きと言われていたのはこのような参考書がなかったから。」
というようなコメントをしています。

ということは、参考書で授業と同じような理解ができるのではないでしょうか?

私は恥ずかしながら、落ちこぼれからほぼ独学で旧帝大医学部に行こうと思っています。
高2から物理の授業が学校で始まる予定でしたが、丁度高2から家庭の事情により、高校には通っていませんので、ほぼ独学というわけです。
数学はちっぽけな個人塾に行ってるので、まあ完全独学というわけではないので、他の科目は努力次第で目処がたちそうなのですが、物理は方々で、「独学は無理。国立医学部となるとなおさら無理。」という声が色々なサイトで目に入り、「ああやっぱり(高レベルまで行くとなると)独学なんて無理なのかなぁ。」と落胆と失望を何回か繰り返しています。

(といっても、そんな気持ちからかやるべきことをやる前からそんなこと思ってます。自分ではあまり100%無理なんて思いはないのですが、外部情報から無理だと思わせられている。だから無理なのかなぁと心配になりやる気が出ない。自分に都合良く言わせてもらえばそんな状態でいます。
他の科目は勉強してますが、物理に関しては、「独学は無理」という言葉が頭に浮かび、生物にしたほうがいいかなぁなどと躊躇して勉強する気になれません。ただ生物より物理のが、現代医療はMRIとかあるし、大切なのでなるべく物理を学びたいのです。大学に入ってから苦労しそうだし。
それで実際の所はどうなんだろうと質問いたしました。)


そういうわけで、例として上に挙げたようなサイトで言われる、
「物理は独学は不可能」
という言葉の理由についてお聞きしたいです。

それと、旧帝大医学部レベルまで物理を独学で引き上げるのは、正直なところ無理なのかという点も意見を下さい。因みに自分は理解力はいいほうではありません。文系脳に近いです。
数学は人より時間をかけてできるようになった方だと思います。
時間は1年半ですね。最悪でも1浪(2年半)までで受かりたいです。

もし肯定的な意見をお持ちの方がいたら、勉強を進めていく上でアドバイスもいただけますでしょうか。

ちなみに「旧帝大」と付けるわけは、ある医学部の方が書いた本に、
「臨床か開業なら関係ないが、それと平行して研究、あるいは専門の研究医になるならやはり旧帝大系でないと厳しいというのが実情。」
と書いてあったからです。
医学の研究にも興味があるので、そちらの方に有利な旧帝大医に是非とも受かりたいのです。。

真剣に悩んでいます。
ご高見お願いいたします。

こちら(http://d.hatena.ne.jp/nimsel/20080703)のサイトに、
「医学部・東大・京大を志望する場合、0から二次レベルまでの物理の独学は不可能に近いです。」
との記述があります。

さらにこちら(http://ja.wikibooks.org/wiki/%E4%BA%AC%E5%A4%A7%E5%AF%BE%E7%AD%96)のページにも、
「独学はほぼ不可能だと思われる」
と書かれています。

しかしながら受験勉強法研究家として有名な(しかし自分はあまり参考にはしていませんが。)
和田秀樹氏は、本の中で、「橋本の物理をはじめからていねいに...続きを読む

Aベストアンサー

数学であれ、化学であれ、生物であれ、各科目には、「その科目の学び方」というものがあると思います。

物理の場合は、
「物理とは何を目指しているのか?」
「物理は、どうやって学んでいったらよいのか?」
といったところで、つまづく人が、他の科目よりも多いように思います。

物理には、数式が登場しますが、同時に、「数式の解釈」というものが付きまといます。

言い換えれば、「自然現象のイメージと数式が結びつく」ということになりましょうか。

これがうまくいかないと、公式を暗記しても、理解できないのだと思います。

そして、この部分に、物理独特の考え方がたくさん出てきて、独学を妨げているように思います。

予備校であれ、参考書であれ、「自然現象と数式とが結びつく」という点を詳しく説明してくれるものがあれば、独学が可能だと思います。

あくまでも個人的な意見なので、お役に立つかどうか分かりませんが、自分自身が物理を学んだときに感じた難しさを思い出して、書かせていただきました。

参考サイトは、考え方の部分を説明してくれています。

参考URL:http://tahara-phys.net,http://webkouza.com

数学であれ、化学であれ、生物であれ、各科目には、「その科目の学び方」というものがあると思います。

物理の場合は、
「物理とは何を目指しているのか?」
「物理は、どうやって学んでいったらよいのか?」
といったところで、つまづく人が、他の科目よりも多いように思います。

物理には、数式が登場しますが、同時に、「数式の解釈」というものが付きまといます。

言い換えれば、「自然現象のイメージと数式が結びつく」ということになりましょうか。

これがうまくいかないと、公式を暗記して...続きを読む

Q数学1A2Bの参考書。黄チャートの次は?

浪人の医学部受験生です。数学1A2Bについて質問させてください。
もともと数学が苦手でしたが、去年は黄チャートを2周して、
秋に細野本をやって、センター後にチョイスの1A2Bを解き終えました。
ですが、3Cの勉強不足もあり数学の点数で落ちてしまいました。

とある事情により、今月下旬から勉強を再開できることになったのですが、
次にやる問題集を青チャート・1対1対応・それ以外のどれにするか悩んでいます。
悩んでいるポイントですが、
黄チャートやったら青チャートは費用対効果が薄いのかどうか?
黄チャートやっただけでは1対1対応はレベルが高すぎるのかどうか?
他に良い本はないか?
の三点です。
実際に今週は1対1対応の数1をやっていますが1時間で2問くらいのスピードでして、解答を読んでいくのも大変です。
先輩方、良かったらアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

工学系なのでいまいち医学部はわかりませんが、青チャートを最初に買って、使えない解説にすぐ挫折した僕の意見では
どの程度の理解を目指すのかによりますが、一対一対応の演習を是非お勧めいたします。

僕は当初は数学が大の苦手でしたが、一対一対応をしっかりやって、(一時間に一問も進まない時もありました)問題について完全に理解したと思ったら、自分なりの要点を別紙のノートにメモっておいて、二週目するときの参考にしました。
(それ以外に塾のテキストを予習欠かさずにしていたのもありましたけど)
おかげで数学は東大入試問題クラスなら二完二半程度にはなっていたと思います。(理科が結構得意だったので問題なしでした)

秋口くらいになって自信がついてきたら月刊大学への数学に添削問題が付いていたと思うので(書店に売ってます)、それをやってみるのもいいかと思われます。
添削は非常に丁寧です。
Z会の添削も問題に関係ないこと質問しても答えてくださるのでお勧めいたしますが、やり過ぎて手が回らないと元も子もないので、完全にやったテキストをいくつか作ることをお勧めします。

センターは出版社覚えてませんが、薄っぺらいオレンジ本(大学への数学だったかもしれません)の2Bが特にお勧めです。
アレのおかげで成績が安定しなかった2B数学が92~100程度で安定するようになりました。医学部だとどの程度点数必要かはわかりませんが


余談;
数学が苦手でしたら、自分の間違いをメモってみるのはいかがでしょう?
結構あると思いますよ?このパターンになると移行ミスするとか、なぜかe^a*b=e^a・e^bになってるとかそういうくだらないことで落としているミスが(実際はケアレスミスに限らずメモ取るとよいと思います)。
意識さえしていれば点数多少は上がると思います。


予備校いってらっしゃるのでしたら予習だけはしっかりしましょう。
授業中はノートとることに集中するのではなく、授業中に復習するノリで予め自分がどこで躓いていたのか認識しておいて、それを先生が強調したしないに関わらず自分にとって重要なポイントとして赤ペンなどで強調しておきましょう。
ノートは友達の誰かがきれいに取っているはずなので、多少埋まってなくても後で見せてもらいましょうw
授業中は是非考えることに集中して下さい


ちなみに、コツコツ数学を大学に入ってもやり続けたかいあってか今では工学系では数学がある程度できる方だと自負しております。
がんばってください。(僕も九月に院試があるのですがw)

工学系なのでいまいち医学部はわかりませんが、青チャートを最初に買って、使えない解説にすぐ挫折した僕の意見では
どの程度の理解を目指すのかによりますが、一対一対応の演習を是非お勧めいたします。

僕は当初は数学が大の苦手でしたが、一対一対応をしっかりやって、(一時間に一問も進まない時もありました)問題について完全に理解したと思ったら、自分なりの要点を別紙のノートにメモっておいて、二週目するときの参考にしました。
(それ以外に塾のテキストを予習欠かさずにしていたのもありましたけど...続きを読む

Q一年で京大に合格するのはそんなに難しいのか。

タイトル通りの疑問を持っています。
よく知恵袋やこの質問コーナーでは京大を目指している高3生、浪人生(早い段階から目指している意識の高い人を除く)が一年で京大に合格できますか。とか京大に受かるための勉強をおしえて下さい。などといった質問をしているのを見かけます。

そして、その反応は可能性は0.01%だとか確実に無理ですなどと言った回答が寄せられています。

仮に浪人生としましょう。
超効率良い訳でもなく、もともと天才的な素質を持ってるわけでもないごく一般の人です。その人が一年間毎日15時間ほど勉強したとします。(もちろん基礎から)
その人の京大合格率はそれでもやはり0.01%以下というような数字になるのでしょうか。その可能性になるのはなぜですか?
そんなに勉強しているのなら合格も近いと思うのは私だけですか?
京大を目指しているのは意識の高く賢い人ばかりですが、全員が天才という訳ではありませんよね。努力で合格を勝ち取った人もいます。(その人たちは何年もの努力の結果としですが。)

なぜ一年では間に合わないのか。その主な原因は何ですか。おしえてください。

タイトル通りの疑問を持っています。
よく知恵袋やこの質問コーナーでは京大を目指している高3生、浪人生(早い段階から目指している意識の高い人を除く)が一年で京大に合格できますか。とか京大に受かるための勉強をおしえて下さい。などといった質問をしているのを見かけます。

そして、その反応は可能性は0.01%だとか確実に無理ですなどと言った回答が寄せられています。

仮に浪人生としましょう。
超効率良い訳でもなく、もともと天才的な素質を持ってるわけでもないごく一般の人です。その人が一年間...続きを読む

Aベストアンサー

お礼ありがとうございます。
まず、私は一日15時間勉強して、京大に合格出来ないと言う回答をした事が無いので、0.01%の回答をした人の真意はわかりません。
本人の資質や、やる気、勉強の仕方によっては、合格する可能性は充分あるでしょう。
では、何故無理だと回答する人がいるかと言うと、本人の体験などに基づいているのでは無いでしょうか?
逆に言えば、一日15時間の勉強で受かった人ならば、きちんとした回答が出来ると思います。
ただ、回答者にはそういう人がいないと言う事です。(実際に受かっても、本人の実力だと思っていて、誰でも出来るとは解釈していない可能性はあります)
やれば出来ると回答する事も、やっても無駄だと回答する事も、回答する相手によっては、同じ意味と言えなくは無いです。(相手の実力もわからないで議論しているだけなので、確証が無いのは同じです)
こういう質問をする以上は、京大の過去問については、すでに目をとおしているか、着手されていると思います。
そうであれば、相当困難なのは、誰でもわかると思いますよ。
それでも、問題を解けそうだと思えて、実際に正解を解答出来るのであれば、可能性はあると思います。
解けそうだと思って、正解を一切解答出来ないならば、論外だと思います。(何が正解かを理解出来ないのは、解けないと思うより、矯正するのが難しいからです)
この手の質問に関しては、そこまで考えないと良い回答は出来ないんですよ。
きちんと回答しようとする人は、きちんと補足を求めているはずです。
どうしたら、1年で間に合うかを回答する事は可能です。
ただ、質問者がそのように出来るかどうかはわからないと言う事ですよ。
たとえば、数学であれば、赤・青・黄をすべて解答出来る実力がつけば、合格できるでしょう。(数学の試験に関してだけですけどね)
ただ、1年でそれが出来るかどうかはわからないですよね?
他の科目にしてもそうです。
結果がこうなれば、合格出来ると言う事は言えますが、1年でそれが可能かどうかはわからないって事ですよ。
高校3年間の、入試で使う科目の内容を1年で理解する事は不可能ではありません。(普通の理解力があって、きちんと勉強した場合です)
そういう意味では、センター試験の足切りは突破できるはずです。
ただ、2次試験はそれでは不充分です。
それも1年でとなると、本人の資質がかなり関わってくると言う事ですよ。

お礼ありがとうございます。
まず、私は一日15時間勉強して、京大に合格出来ないと言う回答をした事が無いので、0.01%の回答をした人の真意はわかりません。
本人の資質や、やる気、勉強の仕方によっては、合格する可能性は充分あるでしょう。
では、何故無理だと回答する人がいるかと言うと、本人の体験などに基づいているのでは無いでしょうか?
逆に言えば、一日15時間の勉強で受かった人ならば、きちんとした回答が出来ると思います。
ただ、回答者にはそういう人がいないと言う事です。(実際に受かっ...続きを読む

Q青チャート?黄色チャート?

こんにちは
新高3になるものです。
広島大学を志望して受験勉強を始めました。
数学は黄色チャートを使って勉強しているのですが、学校の先生に青チャートのほうがいいと言われました。
でもネットで見ると、広島大学なら黄色チャートでも大丈夫という意見も見られたので質問しました。
このまま黄色のままで大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

元塾講師です。私自身は文系数学(昔のⅡBまで、複素数平面は範囲内でした)出身で、首都圏の国立大学(文系・2次で数学あり)に合格しました。指導経験としては、理系受験者に数学も教えいました。

 結論を書くと「黄色でも大丈夫」です。
 確かに青チャートを完璧にすれば、黄色を完璧にするより本番で高得点を期待できますが、その「青チャートを完璧にする」という行為はなかなか難しいものです。その達成が困難な参考書にトライして途中で挫折して結果的に学力が伸びない可能性が高いことが考えられます。また、チャート式は、色が違っても同じ問題が収録されている場合があり(同じ問題が複数の色で収録されている)、黄色と青の違いは(両チャートの簡単な問題をA、難問をC、その中間をBとすると)「黄色はAとB、青がBとCが収録」されているようなものです。青チャートで挫折する場合の多くは、基礎を理解しないまま青チャートを始めてBで躓くか、難しいCの理解に時間や手間がかかることです。広島大を目標とするのであれば、このCに対して時間を書けることは得策とは言えず、コストパフォーマンスが低いと言えます。東大の理系志望で数学で高得点を狙う人には必要ですが、そうでないならそこまでやる必要はなく、他の苦手科目などに時間を費やしましょう。
 また、重複している問題も多いので、「黄色が終わったら青をやる」というようなこともできます。そうすると(重複している問題があるので)青チャートでかかる時間を短くできます。またこうすることで、黄色チャートをやっている期間は難問に出くわすことなくある程度の数学の完成ができ、時間があれば青をやるということもできます。もちろん、いきなり青チャートをやってそれだけを完璧にした場合に比べて、時間や労力に多少の無駄が生じますが、保険料と考えれば安いものです。

 学校の先生は、「本番で黄色チャートで対応でいなかった問題が出た」時のクレームが面倒なのでそのように言ったのでしょう(もしくは、「高い目標をもたせた方が結果がよくなる」と考えているのかもしれませんが)。仮に黄色を完璧にして不合格したら先生に文句が言えますが、青を挫折して不合格になったとしても生徒は「先生の指導内容ではなく自分の勉強不足が不合格の原因」と結論付けます。できなかった自分の責任とするのです。つまり先生に責任がないことになります。学校の先生はこうしたクレームを非常に嫌うので、生徒のメリットよりも自分の責任逃れを最重視し、そのようにアドバイスすることも多いです。確かに青チャートを完璧にすればおそらく広島大では高得点(もしくは満点)が取れるでしょう。しかし、それを達成するのにコストがかかるばかりでなく達成そのものが低確率です。
ご参考までに

元塾講師です。私自身は文系数学(昔のⅡBまで、複素数平面は範囲内でした)出身で、首都圏の国立大学(文系・2次で数学あり)に合格しました。指導経験としては、理系受験者に数学も教えいました。

 結論を書くと「黄色でも大丈夫」です。
 確かに青チャートを完璧にすれば、黄色を完璧にするより本番で高得点を期待できますが、その「青チャートを完璧にする」という行為はなかなか難しいものです。その達成が困難な参考書にトライして途中で挫折して結果的に学力が伸びない可能性が高いことが考えられま...続きを読む

Q現役で旧帝大に受かるには何時間くらい勉強するんですか

既に社会人ですが、現役高校生が旧帝大や早稲田・慶応・一橋・国際基督などに入学するためには、1日どのくらいの勉強量が必要なんでしょうか?もちろんその高校生の能力や学校によっても違うとは思いますが。例えば高校3年になったら、1日10時間くらい勉強しないとはいれないとかです。よろしくお願いします

Aベストアンサー

高校生なので、一日10時間の勉強ってのは、物理的に無理です。どうしても、学校に行かねばなりませんし、生理上必要な活動がありますしね。

私の場合は現役時代は4時間、浪人の頃は8時間でした。効率良くやればいいだけですから。質問者様が仰る様に、個々人の能力ってのに左右されますけど、私は覚えが悪かったんで、やはりこの位の時間でした。休みなどならば、10時間近くまで行きましたけど、結構疲れます。ながら勉強で無い限り、10時間は無理だと思います。

受かった人の話とか聞くと、大体3時間~6時間位ですね。要領良く覚え、後は、アウトプット重視ってのが多いです。ガリ勉タイプの人間は居なかったですね。

Q大学受験数学、本質の理解か、解法パターンの暗記か?

皆さん宜しくお願い申し上げ致します!
教科書程度の学習が終わった段階の次のステップについてお尋ね致したいと思います。
今、旺文社から出ている、長岡氏の、旧本質の研究、総合的研究数学が、話題に成って居ります。数学の本質が理解出来れば、どんな入試数学にも、対応出来ると謳って居ります。総合的研究数学は確かに分厚い。しかし、精選された数少ない問題から、沢山の数学的本質が学べる構成と成って居り、最後の章末問題は殆ど全て東大からの問題構成と成って居ります。
一方、和田氏の唱える、解法パターン暗記の数学勉強方法も、古くから良く知られて居ります。
和田氏は、青チャートを勧めて居りますが、ネット上では、青チャートは挫折率が高く、もう一段下の、基本問題に的を絞った、黄色チャートの全ての問題の解法パターン暗記が良い、と謳って居ります。黄色チャート終了後は、1対1対応の数学の解法パターンの暗記に進みなさい。と、有ります。
果たして、数学の本質の理解か、数学の解法パターンの暗記なのか、どちらが正しいのでしょうか?
進学希望学部は医学部なので、大学に入れば、本格的に数学をする必要は有りません。
果たして、どちらが正しい大学受験数学勉強方法なのでしょうか?
是非是非宜しくお願い申し上げ致したいと思います!

皆さん宜しくお願い申し上げ致します!
教科書程度の学習が終わった段階の次のステップについてお尋ね致したいと思います。
今、旺文社から出ている、長岡氏の、旧本質の研究、総合的研究数学が、話題に成って居ります。数学の本質が理解出来れば、どんな入試数学にも、対応出来ると謳って居ります。総合的研究数学は確かに分厚い。しかし、精選された数少ない問題から、沢山の数学的本質が学べる構成と成って居り、最後の章末問題は殆ど全て東大からの問題構成と成って居ります。
一方、和田氏の唱える、解法パタ...続きを読む

Aベストアンサー

NO1さんに同意します。

公立進学校では、学校の夏休み演習をやるだけで
センター数学は満点取る子はたくさんいます。
一方、予備校には優秀な教師、優秀な教材を利用しつつ8割、9割しか取れない子は溢れています。この差は何でしょうか。


そういう状況を念頭に、2択にするのはおかしいと思います。
早い話、受かればいいのだからどういう手法でやるかは自由だと思います。
また和田さんの本はかなり偏りがあるので、割り切れないところはあると思います。
20年前はそういう話、勉強法の話は都市部の予備校や進学校の暗黙知でしたから
多くの人にとって新鮮でした。けれど今は映像もあり、色んなハイレベルな授業や勉強法が溢れています。推薦なども多くなりました。
そう考えると和田さんの手法は時代とマッチしていないと違和感を感じることも多いですね。
早い話が中学受験の手法をそのまま取り入れているわけで、
1つは偏差値主義で東大京大早慶の一般受験生を何より念頭に置いています。
それ以外の推薦や地方国立などの多くの受験生は考えられていません。
また大量の問題を解くことが前提です。
ですからイチイチ理解を軸にすると彼の求める分量はとてもこなせないんですよ。
「理解の大切さ」を教え込まれている生徒はアレルギーを起こすのは必至です。
しかしこの辺も「やってみないと分からない」ところで評論家よろしく他山で何をしてても、どっちにしろさほど理解には至らないわけです。

けれど時間は有限ですから、評論家やってると勉強時間がどんどんなくなる。
だからまずやる、続ける姿勢が大事です。
また理解を求めるのは大変です。
和田さんは偏りがありますが、ともかく解いていこうと言うことは受験ではたいへん有効と思います。
先に挙げた人たちも2次対策のことをああだこうだ言いますが基礎のセンターで8割台なんてことの方が圧倒的に多い。
そこがこのレベルならどっちにしろ勝負にならないだろう、と。

長岡 亮介さんの本はネット書評を見ているとほぼ話題に上がっていません。
内容もチャート式などの旧来な数学書に近いようです。
マニアックな本なんだろうなと推測されます。
好きな人が買えばいいよ、と言う気がしますね。
大学への数学とかもそうですが、数学好きが単に数学をやると言うのがこの手の本で、
進学校で数学が得意なんかって子がおススメです。
単に受験数学を必要としている子には???な本だと思いますよ。

NO1さんに同意します。

公立進学校では、学校の夏休み演習をやるだけで
センター数学は満点取る子はたくさんいます。
一方、予備校には優秀な教師、優秀な教材を利用しつつ8割、9割しか取れない子は溢れています。この差は何でしょうか。


そういう状況を念頭に、2択にするのはおかしいと思います。
早い話、受かればいいのだからどういう手法でやるかは自由だと思います。
また和田さんの本はかなり偏りがあるので、割り切れないところはあると思います。
20年前はそういう話、勉強法の話は都市部の予備校...続きを読む

Q早慶と旧帝大(東大京大を除く)はどっちが入るの難しい???

一般世間では早慶ブランドは絶大で、あたかも旧帝大(東大京大を除く)を凌ぐほどの評価を得ているような気がします。けれど、やはり国立はセンター、2次と2段階の試験を突破してきているわけですし、やはり勉強量は私立より多い気がします。それに比べて、私立は3科目か、多くて4科目。いくら早慶と言えどもこの3、4教科に的を絞って集中的に勉強すれば難関国公立よりは受かりやすい気がするのですが、どうなんでしょうか?もちろん東大京大が早慶を凌ぐのは周知ですが、阪大や名大、東北大、東工大、一橋などと早慶は現実どっちが難しいのでしょうか?

Aベストアンサー

旧帝大卒業の友人は早稲田や慶応の合格をけっての入学が大半でした。
また早稲田慶応に受かって東大京大以外の旧帝大に落ちた人もいます。
ただ教科が少ないから受かりやすいというのは安易です。各教科のレベルを相当上げなければならないため、ときに教科数が多い方が楽な場合もあります。
もっとも早稲田慶応は、高校からの内部進学や推薦入試やセンター利用の入試など一般入試以外にも入試の種類が数多くあります。
この入試の違いから、早慶は上位と下位の偏差値の差が大きく上位層は旧帝大よりも偏差値が高い一方下位はそうでもなく、旧帝大は上位と下位の差がさほど大きくないというのはあります。
この意味で入る分には下位で入るのも上位ではいるのも同じですから早慶が受かりやすいと考えます。

また定員も早慶は帝大に比べて格段に多いというのもポイントでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング