[PR]ネットとスマホ OCNでまとめておトク!

現在32歳で専業主婦をしています。

平成18.19年の国民年金を免除(納付猶予?)して貰っていて、追納のハガキが届きました。
すっかり忘れてしまっていて、合計33万円はなかなか払うのが厳しいです。
納付猶予だから支払わないといけないのは分かっているのですが…
因みに平成22年からは主人の会社の厚生年金に切り替わりました。

説明を読んでもよく分からなかったのですが、この2年間を払わないことによって、貰える年金全てが3分の1になってしまうのでしょうか?
それとも2年間だけ受取額が減るのでしょうか?
また、専業主婦だと独身時代の国民年金と結婚後の厚生年金が合計された金額になるのですか?
その場合免除期間はどうなるのでしょうか?

詳しい方いらっしゃいましたら、教えて下さい。
宜しくお願い致します。

質問者からの補足コメント

  • すみません、免除ではなく猶予でした!
    なので、年金額に反映されないですね。
    勘違いしておりました。
    重ねてお詫び致します。

    ご回答ありがとうございました。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/06/21 12:34

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

・猶予なので10年以内なら、保険料が払えますよ・・払えば年金に反映するし、払わないと反映しない・・それだけです


 2年分(24ヶ月)なので、国民年金は40年(480ヶ月)支払って満額受給ですから、支払わなかった場合
 24/480分だけ満額から少なくなると言うことです・・・満額から5%減り、満額の95%が支給されるということです
 参考:2016年老齢基礎年金:780100円(年額)を元にすると、780100×95%で764490円(-15610円)
   :減額した金額が支給されるということです
>専業主婦だと独身時代の国民年金と結婚後の厚生年金が合計された金額になるのですか?
 ・>独身時代の国民年金・・国民年金第1号被保険者(保険料支払あり)
 ・>結婚後の厚生年金 ・・国民年金第3号被保険者(保険料無料)・・第2号の方の配偶者の方のみなれます
                (貴方の保険料に関しては、第2号の方の払っている保険料と税金で充当されていると思って下さい)
 ・で、国民年金(老齢基礎年金)のみが年金として支給されます
 参考:ご主人は国民年金第2号被保険者になり、国民年金と厚生年金の二つに加入しています:保険料は厚生年金保険料として支払
    その為、将来は国民年金(老齢基礎年金)と厚生年金(老齢厚生年金)の二つが支給されます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく計算までして頂きありがとうございます!
数字で見るととても分かりやすかったです。

支払わないと違法という訳ではないのですね。
色々考えて追納するか決めようと思います。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2016/06/21 16:31

まず、免除なのか猶予なのかで年金金額の計算が変わってきます。


表記は正確にお願いします。案内にはちゃんと書いてあるんですよね?

>3分の1になってしまう

ということは免除なんでしょうか?

免除と猶予の一番の違いは、年金金額に反映されるかどうかです。
免除の場合は全額免除でも免除期間は1/3支払ったことになります。(税金が投入されるので)
(ちなみに平成21年3月分までの免除は全額免除で1/3支給ですが、平成21年4月分からは1/2が支給されます。)

さて、年金計算ですが、免除や猶予が適用されるのは国民年金の保険料で、支払った分は老齢基礎年金に反映されます。
計算は、国民年金は480月が満額なので480月のうちどのくらい保険料が支払われているかの割合で計算されます。
例えば、今回全額免除が24月あり、その他の期間は抜け期間がなかったとします。ご自身で厚生年金に加入されている期間(があれば)もご主人の扶養で3号被保険者になっている期間も老齢基礎年金の計算上はきちんと支払っていることになりますので

支給される年度の老齢基礎年金満額 × (456月(満額)+24月×1/3) / 480月

で計算されます。これでいくと464/480月になりますので、老齢基礎年金満額のおよそ97%が支給されることになります。

もし、免除期間分を追納すればこれが満額になるわけです。もちろん全期間でなくても構いません。払える月分を追納することで少しでも満額に近付けることができます。
納付猶予は追納しなければ計算には反映されませんので上記式で言うと456月で計算されます。

>納付猶予だから支払わないといけないのは分かっているのですが…
免除も納付猶予も絶対に後で支払わないといけない訳ではないんですよ。

>結婚後の厚生年金が合計された金額

№1さんも指摘されてますが、ご主人の扶養に入られていればご自身は国民年金の第3号被保険者になります。
決してご自分が厚生年金に入られている訳ではありませんのでご注意を。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

申し訳ありません、質問途中でハガキの見るところを間違えて、勘違いしておりました!
正しくは、納付猶予です。
なので、全く年金額に反映されないですね。

将来受け取る年金額が減るという事。
よく分かりました。
主人にも相談してみます。

分かりやすく説明頂きありがとうございました。

お礼日時:2016/06/21 12:40

>平成22年からは主人の会社の厚生年金に切り替わりました…



国民年金第3号被保険者になり、月々の支払いが無用になっただけであり、あなたまで厚生年金になったわけではありません。

>貰える年金全てが3分の1になってしまうのでしょうか…

誰からそんなことを聞きましたか。

>それとも2年間だけ受取額が減るのでしょうか…

2年間だけ受取額が減るのではなく、2年の未納分に相当する分が死ぬまで永久に減らされます。

>専業主婦だと独身時代の国民年金と結婚後の厚生年金が合計された金額になるのですか…

通算は当然ですが、結婚後も国民年金です。

>その場合免除期間はどうなるのでしょうか…

追納すればなくなります。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

通知ハガキに追納しなかった場合、年金額が3分の1(正確には6分の2)になると記載されています。
永久的にその期間の年金は3分の1扱いという事ですね。
ようやく分かりました。

結婚しても国民年金でしたか(^_^;)
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2016/06/21 12:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【年金の追納】について、詳しい方お願い致します。

去年結婚し、妻を持った者です。

勤続約10年、一般企業の会社員です。
妻は、現在は103万円の範囲内で私の扶養になっています。

妻は私と結婚する前、若年者納付猶予によって、年金を払っていない期間がありました。
年金事務所に行って調べてもらうと、今追納すれば75万円ほど必要だそうです。
そんなに余裕はありませんが、妻の将来を考えると、全額払っておいた方が良いと考えています。

調べてみると、年金の追納分も、年末調整でいくらか返ってくると分かりました。
年末調整は会社がやってくれているので、私は毎年会社に任せっきりで、詳しく分かりません。

そこで質問させて下さい。

【1】扶養している妻の年金の追納を私が払った場合、控除の対象になるのでしょうか?

【2】年金の追納の領収書などを会社に提出すれば、後は任せておけば良いのでしょうか?

分からない事だらけなので、詳しい方、是非おチカラをお貸し下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>【1】扶養している妻の年金の追納を私が払った場合、控除の対象になるのでしょうか?
本人で無くても実際に負担した者が控除できます。特に年金の場合は配偶者も連帯納付義務者ですからまったく問題はありません。

>【2】年金の追納の領収書などを会社に提出すれば、後は任せておけば良いのでしょうか?
年末調整の書類の社会保険料控除のところに記入して年金機構が発行する国民年金保険料控除証明書を添付して会社に提出します。
年末調整では控除せず、後から自分で確定申告で還付申告してもいいです。

Q妻の国民年金は、妻が確定申告?夫が年末調整で申告?

妻の国民年金支払い分については、妻本人が申告しても夫の年末調整で申告しても良いそうですが、夫と妻では所得が全然違いますよね。所得の少ない妻が確定申告した方が還付率が大きいのでしょうか?
どちらにしても妻は仕事を中途退職しましたので確定申告はしなければならないのですが。

Aベストアンサー

国民年金を始めとする社会保険料控除については、夫婦どちらでも控除していいという訳ではなく、それを実際に支払った人でしか控除できません。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1130.htm

ですから、ご主人が実際に支払われているのであれば、ご主人の年末調整で控除すべき事となり、奥様本人が支払われているのであれば、奥様の確定申告の際に控除すべき事となります。

実際に支払った方で控除するとの前提で、所得税は超過累進課税ですので、所得が高いほど税率が高くなりますので、国民年金等の所得控除がある場合は、一般的には所得が高い方が還付率自体は大きい可能性が高いとは思います。

それと、今年から改正により、国民年金については、控除証明書の添付が要件となりましたので、おそらく今月上旬ぐらいに証明書が送られてきますので、年末調整又は確定申告の際にはそれを提出すべき事となります。

Q社会保険料控除に妻の国民年金保険料を含めることは出来ますか?

表題のとおりです。

但し、今回含めようとしているのは過去に未払いだった私と妻の分を
今年支払いましたので、来年3月の確定申告にて、社会保険料控除へ
含めることが出来るかどうかです。

私の分は含めても問題ないと思いますが、妻の分はどうなのでしょうか?
ご存知の方お教えください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>過去に未払いだった私と妻の分を今年支払いましたので…

それは誰が払ったのですか。
そもそも、社保控除に限らずどんな所得控除も、実際に支払った人が控除を受ける権利を持っているだけです。
夫が妻の分も払ったのなら、夫の申告要素です。
妻が払ったなら、夫が申告することは原則としてできません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1130.htm

ただ、現金で払っている場合は、お札に名前が書いてあるわけではありませんから、「生計を一」にする家族が代わりに払ったと主張することもできます。
妻の預金から振り替えられているような場合は、夫にはまったく関係ありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q国民年金の追納を少しでもお得に行う方法を探しています。

国民年金の追納を少しでもお得に行う方法を探しています。

私は、学生時代に学制納付特例を受けており、
今年からなんとか追納をしようと思っています。

かなりまとまった金額になるため、少しでも得する方法を
探しているのですが、なかなか見つかりません。
どなたかよい方法をご存知ないでしょうか?

クレジットカードや、Edyによる支払いは無理ですよね。。

Aベストアンサー

 国民年金は全額所得控除(年末控除)の対象となります。つまり、あなたの支払っている税金が住民税10%(これはみな同じ)所得税5%だと、(年末)控除申請をすれば、(国民年金支払額の)15%分お金が返ってくるということです。

 ちなみに。お得な支払い方法は、あなたの所得税率が高い時、すなわち年収が高い年に国民年金を支払うことです。ちなみに。(年末)控除の申請は、法律上は、同一生計の親族もO.Kとなっているので、同居している親が支払ったとして、控除申請した方が得な場合があります。しかし、その場合親の税金が安くなるだけ(年末控除で帰ってくる)なので、自分の名義でお金が欲しい場合は、自分の(年末)控除で申請しないといけませんが。

 ちなみに。まとめて、2年分一度(1年)に払うよりも、1年分づつ払う方が得な場合もあります。あなたの所得税(の最高税率部分)が20%だとして、2年分払うと、所得税率が10%になってしまうが、1年分だと、所得税率が20%の場合とかです。
 正確に、これを(いくらまでなら、所得税率が変わらないかについて)計算しようと思えば、FP(ファイナンシャルプラナー)の3級の本とかを読んで、計算しないと分かりませんが。まあ、そういう話があるということです。
 
 ちなみに。払うのなら、入社1年目はダメです。入社2年目以降でないと。所得税は1年から12月まで計算するので。入社1年目だと、1月から3月までの給料がないからです。(これと同様の理由で、求職した年や、就職活動をした年も支払うべきではありません。払うなら、まるまる働いた年でないと)
 
 ちなみに。(給与の収入額が162.5万以下の人)で控除額は65万。本人控除が38万。これを合わせた額の103万がいわゆる、103万の壁と言われているものです。さて、あなたの所得税額はいくらでしょうか。ちなみに。年末控除で何も帰ってこない人が、この制度を受けようとしても無駄なので。同居して働いている親族に、この国民年金分を控除させることをお勧めします。

 国民年金は全額所得控除(年末控除)の対象となります。つまり、あなたの支払っている税金が住民税10%(これはみな同じ)所得税5%だと、(年末)控除申請をすれば、(国民年金支払額の)15%分お金が返ってくるということです。

 ちなみに。お得な支払い方法は、あなたの所得税率が高い時、すなわち年収が高い年に国民年金を支払うことです。ちなみに。(年末)控除の申請は、法律上は、同一生計の親族もO.Kとなっているので、同居している親が支払ったとして、控除申請した方が得な場合があります。し...続きを読む


人気Q&Aランキング