12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

【吉田松陰先生のお言葉】吉田松陰は「1番大事なのは世の為、人の為に自分が動くこと」と説いた。

しかし、今の時代は自分が動くことより人を動かせる人間の方が出世し偉くなっています。

吉田松陰先生の教えはもう今の時代には通用しないということでしょうか。

A 回答 (6件)

「出世し偉く」なる人が、自己中心的な利己のためであれば


その社会への貢献は少なく、一時的に得をしても、その集団
全体が淘汰される事により、長期的には持続しない。
より社会生命的な自覚(助け合いとしての自律的社会行動)を
有する社会体制が発生すれば、そちらが発展する。
(それが人類ではないかも知れないが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん回答ありがとうございます

お礼日時:2016/08/14 11:32

~~~~~~~~~~~



構成[編集]
第一巻 総論上
儒教思想に基づき、養生の目的と意義を述べる[2]。

https://ja.wikipedia.org/wiki/養生訓

~~~~~~~~~~~~

なにはともあれ
養生したくもなる。
    • good
    • 0

教えてgooとかokwaveとかに参加してから


夢見が悪くなっているし、やけに言霊信仰になるし、
デメリットしかない。


吉田松陰は陽明学らしい。

私はどちらかといえば朱子学だろうか?
    • good
    • 0

通用しないどころか、人を動かせる人間の元祖でしょう。


吉田松陰が具体的に人の為に何をなしたかというと、教育者であり、思想家であり、そう「1番大事なのは世の為、人の為に自分が動くこと」だと説いた。そして、自分から動く人間を数多く輩出し、人を動かせる人間の元祖が吉田松陰ということ。
    • good
    • 0

親思う心にまさる親心


吉田松陰の辞世の句ですが、これなどはエターナルなものだと信じてます。
http://kotowaza-allguide.com/o/oyaoumoukokoro.html
    • good
    • 0

一人の力は知れています。


社会的な地位が高くなれば、多くの人を動かせるようになり
世の為、人の為に動く力がより大きくなります
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング