【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

一級建築士の資格の試験ってどのよう問題がでるんですか??

現在高1で何もわかってません。
超簡潔に教えて下さい。
(例)計算問題が7割 知識問題3が割

みたいな感じでお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

試験用の参考書、著名なところで2、3冊買ってすべての問題を理解していれば、構造計算できなくても、試験パスはできるとは聞いてます。



その為には、まず基準法や建設業法、消防法など関連する法規をすべて覚え、それをベースに、各構造の特徴や施工法、構造計算法を理解し、設計に必要な建築計画のノウハウをしっかりマスターしていなければならない。

実務となると、積算や簿記なども必要ですし、まぁ、世の中のことはすべて把握しておくくらいで無いと、計画すらまともに進められないから、資料集めだけでも相当な費用が必要になる。

計画立たないと設計もできないから、そして設計の試験は、学科に合格しないと受けられません。これは時間がかなりシビアなので、作図速度を身に着けないとパスできない。試験は、夏の一番暑い時期にクーラーの設備も無い場所で行われてますから、そのあたりのコンディション調整もしていないと大変な目にあう事ある。一度、学科に合格してれば、以降3回受けられる制度もありますけど、地元の建築士会や建設組合との変わりも既にできていたりして、意外と高いハードルだったりもある。建築科のある学校で試験のケースが全国的に多そうですけど、学校と違うので油断禁物だわ。

その参考書ですけど、過去や昨年度の試験問題がそのまま掲載されていて、予測問題があるものがお勧め。2級と異なる点は建築材料が加わっている部分だけらしいです。

あと受験には実務が、必要なので、学校卒業しても直ぐには受験できません。必要な実務年数は法規内に記載があるけど学校毎に異なります。実務年数が短い学校で学ぶ事や、早く実務年数を稼がせてもらえる関連会社に勤める事も重要です。

個人的にはサポートしてくれる人がいないと先が開かない業界です。国家資格があれば早くに独り立ちを望む人も多くいる傾向ですが、狭い地域でやってると潰しもきき難いので、学校も会社も選ぶ必要ありっす。トラブル起こすと損害も少なくないですからね。

まぁ偏差値高ければ、大学受験よりは、試験自体は超簡単なのかもm(笑;)m
    • good
    • 0

本屋に行って試験関係の本見れば?


百聞は一見にしかずってならったでしょ。
又は検索、けんさく。
    • good
    • 0

建築計画


建築法規
建築構造
建築施工
環境・設備
等の筆記問題+
製図の試験があります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1級施工管理と2級建築士

1級建築施工管理と2級建築士
どちらが取るのに難しいと思われますか?
感覚的でかまわないので、大体で教えていただければ助かります。

Aベストアンサー

#2です。
なんだ既に1級建築施工管理技師資格をお持ちなら2級建築士ではなく1級建築士を目指して下さい。
今年から1級建築士の学科は1科目増えて5教科、製図試験では、構造及び設備に関する問題が増えます。
当然の事ながら試験時間も1時間増えています。
試験教科は、「計画」「構造」「法規」「施工」「環境設備」です。
「施工」に関しては、1級建築施工管理技師ですので特別に勉強しなくても大丈夫でしょう。
残りの教科は、それなりの努力が必要です。

二次試験の「製図」に関しては、日頃からの練習がかかせません。
試験用のA2判の製図板とT定規、勾配定規等を買ってきて手書きの練習が必要です。
勾配定規にはつまみが付いていて下手な三角定規より使い勝手が良いです。
施工図くらいは引っぱった経験もあるでしょう。
後は、専門書の売っている本屋さんへ行って各種問題集を買ってきて、勉強時間を作って勉強する事が大事となります。
仕事が忙しくてうんぬんは、理由になりませんよ。

建築士試験に関する関係URL
(財)建築技術教育普及センター
http://www.jaeic.or.jp/
上記のサイトは、試験の実施機関です。
受験申込及び資格制度などの大事な情報が書いていますので目を通すようにしましょう。

私が受験したころは、パソコンの無い時代でしたので、製図には苦労しませんでした。
今の時代、図面はパソコンが主流ですので、試験対策には昔以上の練習が必要です。
では、頑張って1級建築士を目指して下さい。
ご参考まで

#2です。
なんだ既に1級建築施工管理技師資格をお持ちなら2級建築士ではなく1級建築士を目指して下さい。
今年から1級建築士の学科は1科目増えて5教科、製図試験では、構造及び設備に関する問題が増えます。
当然の事ながら試験時間も1時間増えています。
試験教科は、「計画」「構造」「法規」「施工」「環境設備」です。
「施工」に関しては、1級建築施工管理技師ですので特別に勉強しなくても大丈夫でしょう。
残りの教科は、それなりの努力が必要です。

二次試験の「製図」に関しては、日...続きを読む


人気Q&Aランキング