大学に入ると、第二外国語でドイツ語やフランス語、スペイン語など新しい語学を学ぶので、「英語は全然ダメだったけど、今度こそ」と20年ほど前に誓いましたが、挫折しました。定冠詞の活用とか男性・中性・女性名詞だとかで挫折された方も多いと思います(時々小説の風景描写に「机の前に貼られたフランス語の動詞活用表」といったものにも当たりますが)。そう考えると、英語は他のヨーロッパの人には、スラング程度にしか見ていないのでしょうか?お教え下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

 数少ない外国人の友人(カナダ・ハンガリー・中国)は、そろって英語を話します。

他の方も答えておりましたが、基本的に言語に対する考え方が日本人とは違うようです。コミニケーションの方法であると捉え、結構間違った使い方でも平気なようです。ただ、国際共通語と考えていることは確かなようです。
 現在では、ちょっとしたインテリは第2言語として英語、そしてスペイン語を余力があればラテン語をやるって言ってました。
 また、カナダに留学していた時、フランス系の移民の二世とか三世の人たちは、話せるくせに英語では答えんような人が多かったですが、その人たちも仕事中は英語を使ってました。
 まあ、欧米に行って全く英語の使えんとこの方が少ないですから、出来るに超したことはなく、彼らも必要に迫られて(文法的には)怪しげな英語を使ってんじゃないでしょうか。
 ちなみに大学に入った時、あまりに訛りがきつい帰国子女の人とは、英語でコミニケーションをとってました。
    • good
    • 0

やはり外国語であり、ちゃんと学ばないと理解できないというのは、日本人と同じです。

ただ、語源が同じ、文化が近い、等の理由から、単語の意味を類推しやすいという点で、ヨーロッパ圏の人は有利です。新しい外国語を学ぶ時には、多くのことを覚えないといけないので、そのようなちょっとの差が、意外と成果に響くのだと思います。

あと、「ドイツ人は英語が苦手」という話がいくつか出てますが、これは、日本人と同じく、英語特有の発音が苦手だということのようです。そのため、読めるけど会話はだめ、という人が多いようです。
    • good
    • 0

英語は国際語として認知されています。

非英語圏の企業であっても国際展開する場合には社内公用語を英語に統一するケースは珍しくありません。国際学会の多くは英語で開催されていますし、国際見本市などの場合、開催国の言語の他に英語の案内やパンフレットが用意されるのが普通です。
冷戦時代には英語を一種の「敵国語」として嫌っていたロシアや東欧諸国の人たちも、あっというまに英語を話すようになりました。オリンピックの何かのインタビューでは、あのトルシエ監督も英語で答えていましたね。(なんだ、フランス語しかできないわけじゃないんだ・・・)

そんなわけですので、非英語圏のヨーロッパの人にとっても英語ができる方が偉くなれるチャンスが大きいので、英語ができることは尊敬の対象になります。
    • good
    • 0

学生の頃、ヨーロッパ圏に10人くらいのペンフレンドがいたのですが全て英語で文通をしていました。


(フランス・ドイツ・デンマーク・フィンランド・チェコなど)
どのペンフレンドも「英語を学校で習うし、あまり難しいとは思わない。」と言っていた(書いてあった)のが印象に残っています。
どうも文法が似ているから・・・というのが理由だったようです。しかし文法はみんな間違いだらけで、「言いたいことが伝わればいい。」という感じでした。
日本とは教え方が違うみたいです。
「語学」としてというよりも「コミュニケーションを取るための言語の一つ」という認識を持っているように思いました。

またドイツ系の会社に勤めていたのですが、世界各国に支社があるため書類はほとんど英文でしたし、電話なども全て英語でした。
ヨーロッパ圏でもビジネス上は英語が主流なのではないかと思います。

旅行でドイツ・オーストリアに行った時は英語が通じない人もかなりいましたけど・・・
    • good
    • 0

 その昔、英語圏の人が「ドイツ人の英語の使い方は、日本人と似たような間違え方をする。

だから我々がドイツ人と日本人の会話を聞いていると、同じところで同じように間違えていて、しかもそれが通じていておかしい」と言ってました。
 だから、いかなヨーロッパ人と言えども、英語に対する感覚は日本人と同じなんじゃないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

興味深いエピソードありがとうございます。ですけど、ドイツ語文法は英語に似ていますよね。興味深いけど、今ひとつ理解できない私をお許し下さい。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

英語の歴史から見てみましょう。


英語の原形となる古代英語は4世紀頃にブリテン島に移住したアングロサクソン人とケルト人(共にゲルマン民族)が持ち込んだ言葉と地元の言葉が融合したものです。1066年のフランスによるイギリス侵略がキッカケで、古代英語からドイツ語の特徴が抜けて、現代英語の基礎ができました。16世紀頃には、ほぼ現代英語の基本が確立したという来歴を持っています。
つまり、英語を根本までたどっていくとラテン語にたどり着くわけですネ。
けれども、英語については非常に曖昧なことばといえます。ヨーロッパ言語はラテン語が基本となるものが多く、非常に数学的です。格変化や性変化などは厳密に決まっています。英語だけが、代名詞の性別にその名残をとどめているだけで、他は省略されてしまいました。
ですから、ヨーロッパ言語を母国語としている人から見ると、英語というのは主語の性が変わっても動詞や冠詞が変化しない奇妙な言葉と見えるでしょうネ。
基本的にヨーロッパ大陸の人はイギリスをヨーロッパの一部とは見なさないのです。したがって、英語は非ヨーロッパ言語であると認識されます。第二次大戦の影響で英語が広く普及することとなりました。特に米軍の駐留が多かったドイツ・オーストリアなどは英語普及率が高いですネ。けれども、ヨーロッパ全体でみると、ドイツ語やフランス語の方が圧倒的に広く通用します。
陸続きのヨーロッパでは母国語以外に近隣大国の言葉を話すことができるのは当たり前ですが、非ヨーロッパ言語である英語は、仕事上有利であるというだけの言葉でしかないのですネ。
kawakawaでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。いつもお世話になっています。学生時代、古代ローマ史専攻の同級生が「ドメイン」の語源(だと思っています)「ドミヌス」だかなんだかの格変化を一所懸命つぶやいているのを思い出します。ラテン語は名詞単数複数あわせて12種類の活用があるとか。イギリスをヨーロッパとは言わないという話もよく聞きます。でも、ラテン語を祖先とする点では英語もヨーロッパ諸言語と同じですよね。なぜあんなに「骨抜き」(自分はできませんが)になったのでしょうか。近世ヨーロッパでもラテン語は使われていたと思いますが、イギリスでは当時どうだったのでしょうか?

お礼日時:-0001/11/30 00:00

各国、英語は外国語なので、しゃべれない人もいます。


ただ、重要な言語であるという認識は年々高まっているので、数年前より、特に東ヨーロッパでは、喋れる人が多くなっていると思います。
英語、ドイツ語、イタリア語か、スペイン語までは、重要な言語という意識はあるみたいです。後、ラテン語を習う学校が多いようなので、ラテン系の言語は、日本人が習うより、楽なようですよ。

確かにドイツ語圏の人で、英語喋れない人は多いですね。
(正確には、喋る気がないのでは?と思うのですが)
ドイツ語も、かなりメジャーな言語なので英語喋れなくても不便ないんでしょうね^^
    • good
    • 0

みんな学校で習うそうです。

そこは我々と同じです。
ヨーロッパでは3~4ヶ国語を使えないと、生活に事欠くほど色んな言語が入り乱れている、と聞いていたのですが、
実際殆どのヨーロッパ人とは英語でコミュニケーションが可能です。代表的な言語の一つです。
でも、ドイツやスイス人で英語の話せない人もいました。
道を聞くと、顔の前で手を振って「英語、分かりません」とジェスチャーされたのにはまいりました。
我々と同じリアクションでした。

一部のフランス人はイギリスとの対立の歴史から、
英語を絶対に喋らない人もいます。古いですね。
でも、そういった人も、必要があれば英語を喋れるそうです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q 英語圏の学術論文検索エンジン

 英語圏の学術論文検索エンジン
を、もし御存知でしたら教えて戴
けませんか?日本でいうところの
”GeNii ”のようなものです。

Aベストアンサー

こんにちは。

日本語のサイトで、英語の学術論文の検索サイトがあります。

http://sites.google.com/site/digitizedbooksearch/

日本語のサイトで海外の学術論文を横断的に検索できるものはほとんどないので、おすすめです。また、PDFファイルなどのデータを中心的に検索しているようなので、探すだけでなく中身も閲覧できることがあります。
著作権が切れた古い本なども見つかったりしますよ。
海外の修士・博士論文の検索もできます。

あと、英語のものならこんなのもありました。
http://www.theacademiclibrary.com/default.asp

参考URL:http://sites.google.com/site/digitizedbooksearch/

Qフランス語の定冠詞は英語の定冠詞と違って指示性が弱いというのは本当ですか?

フランス語の定冠詞は英語の定冠詞と違って指示性が弱いというのは本当ですか?つまり、le より ce のほうが「指示」の場合は好まれる程度が英語のそれより強い?

Aベストアンサー

総称的用法がよく使われるのでそのような印象を与えるのかもしれません。

Le cheval est un animal utile. = Horses are useful animals.
J'aime le vin. = I like wine.

定冠詞のもう一つの用法は「認知されているもの」に付くことです。これは英語でもフランス語でも使われます。

指示は英語では this/that フランス語では ce (**-ci/la) がよく使われます。指示するためには定冠詞は通常アクセントがなく弱すぎます。ドイツ語では定冠詞を強く読むことで指示の機能をもたせることができます。ただ遠近感はないので状況に応じて「この・あの・その this/that」を訳し分けます。

とにかく#1さんも言われるようにフランス語は圧倒的に定冠詞の使用頻度が高いのでそのような印象を持ちます。

ついでに#1さんの言う「中学の英語で定冠詞を指示代名詞のように用いることです。つまり、thisとthatの中間的な意味として日本語では「その」を使うような場合にtheを当てている」については残念ながらそのように考えている講師・教師は少なからず存在します(少なくとも教科書にはそんなことは書いていません)。

総称的用法がよく使われるのでそのような印象を与えるのかもしれません。

Le cheval est un animal utile. = Horses are useful animals.
J'aime le vin. = I like wine.

定冠詞のもう一つの用法は「認知されているもの」に付くことです。これは英語でもフランス語でも使われます。

指示は英語では this/that フランス語では ce (**-ci/la) がよく使われます。指示するためには定冠詞は通常アクセントがなく弱すぎます。ドイツ語では定冠詞を強く読むことで指示の機能をもたせることができます。ただ遠...続きを読む

Q英語圏ドイツ語圏の古典数学論文の検索方法教えて!

英語圏で論文のタイトルを入力しましたが出てきませんでした。
いろいろキーワードを変えて行いましたが初歩的な事項でとどまります。
対象は数論で関連することはたくさん出てきます。ターゲットはアイゼンシュタイン全集です。
国会図書館でも調べましたが、調べ方が悪いのでしょうか?
京大図書館で閲覧はできますが、持ち出すことができません。
最近の論文ならいくらでもインターネットから印刷できると思います。
どうかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

とても有用なご質問で、回答が集まることを期待しています。
それにも関わらず、コメントを先ず書きます。
a.『古典数学論文』と書いておられ、一方で、『最近の論文』と書いておられます。どちらですか。
b.京大図書館で閲覧と有りますが、それなら、図書館特権で安いコピーが出来ますね。国会図書館にあったとしても、持ち出しは出来ませんよ。

本題です。
1.少し範囲を広げましょう。論文のみでなく、著書も必要になりますね。

1.2.www.google.de や www,google.fr でかなりの文献が出て来ます。

1.3.アメリカのことは知りませんが、ヨーロッパでは、ネットが発達した結果古本屋さんが減りました。古本屋さんを回って、掘り出し物を見つける楽しみがなくなったとぼやく人もいます。逆に日本から古本の存在や、所蔵の本の価格を知ることも容易になりました。
アイゼンシュタインでも、ガロアでも、アーベルでも、ヒルベルトでも、フォンノイマンでも探してご覧なさい。
http://www.zvab.com/index.do ドイツの例
http://www.powellschicago.com/ アメリカの例

2.最近の論文であれば、誰々さんの研究はアメリカの雑誌/電子版に発表という記事が多く見られます。これらの雑誌はインターネットで見られます。有料のこともありますが。

2.1.雑誌/サイトの中には審査なしの有名な物がありますね。
arXiv(アーカイヴ、archiveと同じ発音)は、主に物理学、数学などの論文が登録されているプレプリントサーバ。2008年12月現在51万報以上の論文が保存され、毎月4,000- 5,000報の論文が追加されている。1999年にarXiv.orgと改名。現在はコーネル大学図書館が運営元となっています。日本のミラーサーバは京都大学の基礎物理学研究所(旧湯川記念館)に置かれています。私もペレルマンの論文をダウンロードしてみました。(読み始めましたが、落ちこぼれました。)

2.2.数学とは別の分野ですが、最近ではこんなものもダウンロードしました。Neurobiology of Aging Available online 1 February 2012
Acute moderate exercise enhances compensatory brain activation in older
adults (例として書いただけです。)

直接の答えでなく、申し訳ありませんが、このような関連知識を持ち寄って、お互い便利に使えたらよいなと考えています。

galoaabel さんが探しておられる論文を、具体的に、原文表題、発行年度、文献コードなど分かるだけここに書いて、皆さんで探したらどうでしょう。

とても有用なご質問で、回答が集まることを期待しています。
それにも関わらず、コメントを先ず書きます。
a.『古典数学論文』と書いておられ、一方で、『最近の論文』と書いておられます。どちらですか。
b.京大図書館で閲覧と有りますが、それなら、図書館特権で安いコピーが出来ますね。国会図書館にあったとしても、持ち出しは出来ませんよ。

本題です。
1.少し範囲を広げましょう。論文のみでなく、著書も必要になりますね。

1.2.www.google.de や www,google.fr でかなりの文献が出て来ます。

...続きを読む

Q英語のスラングではなく、 スラングという単語は、英語で何と言いますか?

英語のスラングではなく、
スラングという単語は、英語で何と言いますか?

Aベストアンサー

slang?

Q英語圏サイトでの検索

もともと。カタカナ、数字などの英文の外来語はともかくクレヨンしんちゃん、ドラえもん、などはどう意訳すればいいですか?固有名詞はローマ字綴りでいいですが。

Aベストアンサー

ここが参考になりますよ。わたしも米題を調べるときは重宝します。

DVD Fantasium
米国盤DVDを日本語で検索できます。
http://www.fantasium.com/

参考URL:http://www.fantasium.com/

QHatersとかloser スラングかな

いまのスラング?のような感じで、最近よく見かけます
サイトの書き込みや自己紹介などの文で HATRE(HATERS)とか loserとかを頻繁に見かけます 意味がわからないのですが さっきみかけたのはtoo many loser(s). です。 どんな人の事をさしてるのですか?結構若くていまどきぽい感じのこが使っています。黒人の男の子に多くみかけます。場面的にあまりマイナスなイメージでつかわれている感じはしませんでした。
情報に乏しいですがなにかありましたら教えてください。

Aベストアンサー

「hater (s)」は「hate」に「er」がつき「嫌う人 (嫌ってばかりの人)」と考えるとイメージがわくのではないでしょうか。確かによくHip-Hopシーンで出てきたりしますね。特にラップの歌詞でよく耳にします。ネイティブアメリカンに一度聞いたことがありますが、「他人の成功や幸せなどをいつもよく思わず、それを台無しにしようと何でもする悪い人」というような意味合いがあるようです。

「loser」は「lose」に「er」がつき「負けてばかりの人」という意味合いです。日本語だと「負け犬」という言葉がしっくりいくのではないでしょうか。こちらはスラングというわけでもなく、白人・黒人・年齢など関係なく使われていますよ。他人に「You are a loser.」と言うと失礼な侮辱になりますが、自分に「I'm a loser.」と使う場合は謙遜を含んだ自分への侮辱になります。

少しでも参考になれば幸いです。

Q英語圏のメールマガジンサイト

日本では、まぐまぐが一番大きな(有名な)メールマガジンサイトだと思います。英語圏で一番大きな(有名な)メールマガジンサイトはどこでしょうか。英語圏ならどこの国の情報でもいいです。(ついでに中国や韓国も分かる方がいれば嬉しいです。) ちなみにGoogleやYahooなどで検索をかけましたが、それぞれの検索結果が少し違いました。

Aベストアンサー

検索エンジンの検索ワードのフィールドに「mail magazine」とか入れたのでしょうか? あんまり いっぱい引っかかり過ぎて分からなくなったのだと思います。自分の興味のある分野の単語を入れて絞り込み検索をやってみたら どうでしょうか? または メールマガジンとは違いますが、「mailing list」とか単語を変えればヒントが見つかるかも。以前は ニュースグループというのも盛んだったのですが、最近は 問題が多いらしく完全に下火になっていますね。

Q【日本語?英語?】「ポケットモンスターは男性器を意味するスラング」 ポケットモンスターが男性器を意

【日本語?英語?】「ポケットモンスターは男性器を意味するスラング」

ポケットモンスターが男性器を意味するスラングなのは日本語のスラングですか?英語のスラングですか?

なぜポケットモンスターが男性器を意味するんですか?

Aベストアンサー

下記の4番にあるように、英語のスラングです。

http://www.urbandictionary.com/define.php?term=Pocket+Monsters

なぜポケットモンスターが男性器を意味するんですか?

ポケットの中に潜む巨大な怪物に喩えたものでしょう。

Q「英語圏」「非英語圏」ってどういう国のことを指すんでしょうか

「英語圏」「非英語圏」という表現がよく使われていますが、この2つの明確な境界線ってあるのでしょうか。
英語圏/非英語圏の定義、できれば例(日本は英語圏だけどタイは非英語圏)みたいなものを教えていただけないでしょうか。基準は国ごとでお願いします。各国の細かい言語情報を求めているとキリがないと思いますので。
あと、世界の英語圏地域/非英語圏地域のマップなどあれば、URL/本のタイトルなどを教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

英語圏とは英語を国語とする国々及びその国の主要言語(複数の言語の中で)が英語となっている国、地域のことです。日本は非英語圏です。非英語圏の国としては中国、アラブ諸国、日本、フランス、スペイン、ポルトガル、イタリア、ソ連、東欧諸国、スペイン語やポルトガル語を国語とする中南米諸国などがあります。線引きに絶対的な基準はないと思います。英語圏、非英語圏を使う人の目的、思惑、業界の習慣等で若干のづれがあるでしょう。貿易業界などで英語圏といえば、その国の言語を使用しなくても英語で商売が可能な地域を指すでしょう。言語学者は厳しく区分けするかも知れません。

参考資料としては手軽な「世界の国一覧」世界の動き社 ¥480(価格は2000年版の場合)190ヶ国の面積、人口、主要言語、ほかが簡潔にまとめられています。

Qスラング英語!どなたか日本語訳をお願いします(><)

ビジネス授業の課題で、以下の文章をきちんとした文章に変えなくてはなりません。

Hey, Sam! Look, I need you to pound on Lisa so we can drop this budget thingy in her lap.

イディオムやスラングに疎い私には、この文章が残念ながらさっぱりです。
いくら辞書やWeb上で探しても、どうしても最初のpoundがどういう意味合いで使われてるのかがわかりません。

どなたか分かる人、どうか日本語訳をお願いいたしますm(__)m

Aベストアンサー

ねえサム、リサに圧力かけてよ、そうすればこの予算やらなんやらを彼女に全部任せちゃえるから。。。


人気Q&Aランキング