旅人が教える「旅に出たくなる映画」

遺産分割の協議となり親の近くに住んでいる孫が、親の銀行、印鑑のありかを全て知っています。
分劃協議となり弁護士を立てたところ急に「死因遺贈契約」が登場してきました。
親からも聞いていませんし、死後孫と話した際もその様なものはないと言っていました。
孫は弁護士に相談し急に弁護士の方から死因遺贈契約が提出され明らかに偽造されたものと予測されます。
自署はありません、実印捺印です。実子は私のみで他の兄弟は死んでいます。他兄弟の孫ががめつく全てを
自分のものにしようとしています。どうすれば良いのでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • 因みに「死因贈与契約」は全て甥にいく内容であり実子の私は何も贈与されない内容です。

      補足日時:2017/09/14 09:14

A 回答 (3件)

https://legalus.jp/inheritance/howto_write_will/ …

そもそも、死因遺贈契約なるものがよくわかりませんが、遺書ならば、自署であることが必要だし、代理人が書く場合であっても直筆の署名が必要です。
法的に適切なものならば少なくとも、あなたが偽造だとする根拠は客観的に見てただしとも正しくないともとれますからわかりません。そもそも偽造だとかいう論点ではなくて、その契約が法的に無効だと言う観点で争えるかどうかでしょう。その少なくとも、貴方に協議に参加する権利があるなら、弁護士を自分で立てて、反論の余地があるかをコンサルしなくては先方が何を言ってようがどうにもできません。
遺産分与は、身内でも揉めるのなんてよくある話なのだなら、その分野に強い代理人をさっさと探したらどうでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私は既に弁護士に委託しており、その弁護士より相手方に連絡したところ相手も弁護士に委託しこの様な書類が急に出てきたので不安で質問してみました。相手も弁護士が介入しているので法的に認められる様手当てしていると考えています。
弁護士が相手の方が良かった様です。私の弁護士と相談し対応して行きます。
ありがとうございました。

お礼日時:2017/09/14 17:51

>死因遺贈契約は誤りで「死因贈与契約」です…



死後に贈与することが「死因贈与」でありこれを短縮して「遺贈」といっているだけですから、本質的な誤りではありません。

それでその“贈与先”は誰なんですか。
甥なのなら、先の回答どおり「贈与 (遺贈も贈与)」でなく相続です。

民法では旅立ちの 5年前、税法では 3年前の贈与は相続と見なすことになってもいます。

>私が相続権の50%を希望した…

その「死因贈与契約」が偽造されたものであるとあなたが証明できれば、あなたは正々堂々 50%を主張できます。
証明できなければ、遺留分だけの 25% で引き下がるよりほかないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

相手の弁護士が多分介入し作成した死因贈与契約で実印捺印され自署がないだけです。
偽造を私が証明するのは困難だと思います。(裁判に持って言った場合でも裁判官の判断になるのではと思っています。)
泣き寝入りの遺留分25%のみの請求しかできないということですね。やむを得ません。

お礼日時:2017/09/14 09:52

>急に「死因遺贈契約」が登場してきました…



誰に遺贈すると書いてあったのですか。

>実子は私のみで他の兄弟は死んでいます。他兄弟の孫ががめつく全てを自分のものにしようと…

“遺贈先”があなたの甥・姪であれば、「遺贈」ではなく法の定めるとおりの「相続」ですね。

遺贈というのは、法定相続人以外に遺産を贈与することですから、そもそも「死因遺贈契約」自体の無効を訴えれば良いでしょう。

遺贈先が赤の他人であり、あなたにはビタ一文残らないような内容になっているのなら、あなたは少なくとも法定相続割合の 1/2 は請求でき、これを「遺留分減殺請求権」といいます。

「遺留分減殺請求権」で検索してみてください。

(某司法書士さんの例)・・・関係者ではありません。
http://minami-s.jp/page010.html

>明らかに偽造されたものと予測されます…

偽造かどうかの判断は、あなた自身で専門家に依頼してもらわないと、簡単なご質問文だけで他人が軽々な回答はできません。

>自署はありません、実印捺印です…

「自筆証書遺言」を除いて、自署自筆は必ずしも要件ではありません。
ワープロ印刷でも書類の書式としては有効です。
その内容まで有効かどうかは前述。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

助かりました

早速のご回答ありがとうございました。死因遺贈契約は誤りで「死因贈与契約」です。
相続は実子の私と甥(既に死亡の兄の子供)のみです。
相続の協議をした際に兄死亡後も同居していたため全てが甥の手元にあるます。最初に話をした際は遺書も何もないと言っていたのですが、私が相続権の50%を希望した後に相手の弁護士より提出されてきました。

お礼日時:2017/09/14 09:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q両親が亡くなり、子供4人いますが 長男が親の土地の名義変更したいと 判子をついて欲しいと、他の兄弟も

両親が亡くなり、子供4人いますが
長男が親の土地の名義変更したいと
判子をついて欲しいと、他の兄弟もお金をもらえますか

Aベストアンサー

土地の相場金額を調べて4等分して、長男がそれぞれにお金を払う代わりに土地を相続すればいいかと。ただ名義変更するだけなら他の兄弟は貰えません。長男が死んでも長男の配偶者と子供に財産は行くので貰えません。

ようは他の兄弟に相続放棄しろって言われてるのでは?

Q相続について質問です。 嫁の両親から生前相続の話を受けています。 両親の会社は大きくはありませんが、

相続について質問です。

嫁の両親から生前相続の話を受けています。
両親の会社は大きくはありませんが、両親二人でマンションなどの経営を行い、家賃収入を得ている形です。両親の想いとしては、嫁を代表取締役にして会社をつがしたいようです。

そこで、この間相続の話になり、あたな(自分)の仕事では嫁に会社をつがすことは出来ないと言われました。理由としては、新たなマンションを建てる計画をしていて、銀行より融資を受けるようで、併せて相続の件も伝え、相関図(相続図で旦那職業、役職、年収記載)を見せたようです。すると、その仕事だと微妙ですねと銀行員より言われた為、仕事を変えてくれと言われました。ただ、融資に関してはダメとは言われていないみたいです。長く働けないとかそんなことを言われたようです。多分、嫁についだとき返済への不安や仕事面での信用問題なのかはわかりません。

ちなみに自分の仕事はパチンコ屋で役職者です。年収は600万程度。割と大きめの会社です。

こういうことってあるのでしょうか?

ちなみに仕事にはやりがいも感じ、出来れば辞めたくありません。ただ、業界的に偏見があるのは充分理解しています。でも、しっかりと年収も稼いでいるし、銀行からそんなこと言われる程、ダメだとは思えません。

わかる方いましたら教えて下さい。

相続について質問です。

嫁の両親から生前相続の話を受けています。
両親の会社は大きくはありませんが、両親二人でマンションなどの経営を行い、家賃収入を得ている形です。両親の想いとしては、嫁を代表取締役にして会社をつがしたいようです。

そこで、この間相続の話になり、あたな(自分)の仕事では嫁に会社をつがすことは出来ないと言われました。理由としては、新たなマンションを建てる計画をしていて、銀行より融資を受けるようで、併せて相続の件も伝え、相関図(相続図で旦那職業、役職、年収記載)...続きを読む

Aベストアンサー

なぜあなたはもっと突っ込んで確認されないのでしょうか?
いくら奥様の実家の問題と言えども、実家の問題で転職まで迫られることというのは、本来よほどのことですよ。

代表取締役ということから有限会社や株式会社の組織で経営されているのですよね。
融資でまず審査されるのは、法人です。
次に審査されるのは、通常求められる連帯保証人についてですが、多くの場合、代表者が保証するものです。
もしかしたら、奥様だけでは連帯保証人として不足する可能性があり、あなたも連帯保証人にされようとしているのではないですかね?

だって、法人の代表者の夫というだけであって、その職業や収入などはあまり審査などに含まれないと思います。当然、暴力団関係者などであれば、審査に影響すると思います。
パチンコ屋ということですが、私も偏見かもしれませんが、田舎ですと暴力団の縄張り問題があり、特にパチンコ屋さんですと暴力団へお金を渡していると聞いたことがあります。あなたがやくざなどではなくても、やくざと関わり合いがあるかもしれない職種。会社勤務という点から疑われているのかもしれません。

あなたが会社の役員として、銀行からの借入金を会社で踏み倒したりしている場合には、あなたの個人名も銀行等のリストに掲げられ、影響する可能性も否定できません。

本当に単なる会社員であれば、何が心配なのかがわかりません。
本当に問題なのであれば、一時的を含め、離婚を求められてもおかしくない場合もあると思います。

しっかりと確認されることです。
特に奥様が法人の代表となり、その法人で大きな買い物を融資でするとなれば、当然その責任は奥様となり、事業に問題が出れば、奥様個人での返済が求められ、あなたがtご夫婦や家族の問題になることでしょう。
奥様や奥様のご両親は、以前から不動産経営をしていて状況が理解できていたとしても、あなたがかかわっていないものであればあなたが心配すべきことではないですかね?
奥様ご自身で起業するのであれば、奥様個人でできることから始めるのでリスクはないかもしれませんが、事業を引き継ぐともなればリスクもあるものです。いくらご両親から引き継ぐと言えども、どのようなリスクが含まれている事業を引き継ぐのかも把握すべきことだと思います。相続対策の一環で親が子の為を想っての行動であっても、親がどこまでリスクを把握しているのかも疑問が残りますね。

何もリスクを考えずにその事業が失敗ともなれば、ご夫婦やご家族の破たんにもつながります。ご夫婦で相談し、義理のご両親ともよく話し合われることです。

なぜあなたはもっと突っ込んで確認されないのでしょうか?
いくら奥様の実家の問題と言えども、実家の問題で転職まで迫られることというのは、本来よほどのことですよ。

代表取締役ということから有限会社や株式会社の組織で経営されているのですよね。
融資でまず審査されるのは、法人です。
次に審査されるのは、通常求められる連帯保証人についてですが、多くの場合、代表者が保証するものです。
もしかしたら、奥様だけでは連帯保証人として不足する可能性があり、あなたも連帯保証人にされようとしているの...続きを読む

Qアパートの立ち退きになる場合、補助金出して貰えますか?いくら出して貰えますか?

アパートの立ち退きになる場合、補助金出して貰えますか?いくら出して貰えますか?

Aベストアンサー

立ち退きとは、大家さんの都合により出てほしいということでしょうか?
もしそうであれば、最低限引っ越し費用+引っ越し先入居のための諸経費(上限はあると思いますが)程度は出していただくことは可能だと思いますね。

あなたに問題がある立ち退きの場合、当該月の家賃相当額をおまけしてもらえる程度では??

Q相続放棄について

父親に借金があります。多額の借金で、死ぬまでには完済は出来ません。
ですので、死亡時に相続放棄をする予定です。
万が一、その後母がパートや遺族年金などで残った貯金を残し他界した場合、その(おそらく僅かな)貯金に関しても、放棄しなければならないのでしょうか?それとも相続税がかからない3000万?以内であれば、子供に分け与えることは可能でしょうか?

Aベストアンサー

お父さんの相続時に対象になるのはお父さんの相続財産についてだけで,同様に,お母さんの相続時に対象となるのはお母さんの相続財産についてだけです。お父さんの相続について相続放棄をしたからといって,お母さんの相続についても相続放棄をしなければならないということにはなりません。

ただちょっと気になるのは,お父さんの相続の時のことです。借金を免れるには,遺産には手をつけずに,お父さんの死後3ヶ月以内に家庭裁判所で相続放棄の申述を行う必要がありますが,お母さんを含めた全員がそうしなければならないわけです。すると放棄をした人は相続人ではなくなるのですが,たとえばお母さんが住んでいる家がお父さん所有だった場合には,そこに住む権利も失うということです。賃貸だった場合も同様です。そういった点は大丈夫なんでしょうか? またよくわからずに手続きをしてしまったことにより,それが法定単純承認になり,放棄ができなくなることがあります。気をつけてください。

Q義理の父が1月に急に他界しました かなり財産→預貯金や株を残しました 遺書や生前分与はありませんでし

義理の父が1月に急に他界しました
かなり財産→預貯金や株を残しました
遺書や生前分与はありませんでした
義母
主人
義弟
の3人で財産を相続します
しかし親孝行の主人は
母に全部相続させたいみたいです
私は貰えるものは主人がもらったらいいと思ってます
ちなみに義弟も主人の意見に賛成です
私は
どうしたらいいのか悶々としてます

Aベストアンサー

旦那さんに任せたほうがいいと思います。

Q実家から相続(予定)のお金を 夫、義理の母に知られたくない 夫には借金があります。母は 亡くなった父

実家から相続(予定)のお金を
夫、義理の母に知られたくない


夫には借金があります。母は
亡くなった父から20年ほど生前贈与を受けてたので かなり持っていると思うのですが なかなかお金を出そうとしません。今 私がお金をだしても
焼石に水。
この相続するお金を 老後の自分の為 子供の為に取って置きたいのですが。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

夫の借金の連帯保証人になってないなら、妻が夫の借金を支払う必要はありません。

しかし夫婦なので「お前、実家の相続でいくらか貰ったんだろ。ちょっと都合つけて借金返してくれ」と言われたら、それを断る事ができるかどうか。
断るためには「実家から相続したお金などない」と言い切るのが良いのですが、ウソもそのうちバレるだろうから、どうしたものかという悩みでしょう。

現金を相続したら、自分しか知らない口座に入金していまえば、夫でも手は出せません。
私なら楽天銀行へでも預けてしまいます。通帳もない印鑑もないので、IDとか暗証番号などがわからないと、どうにもなりません。
下手に近くの金融機関で口座を作ると、通帳があるので「金もってるじゃないか」とバレる可能性大です。

Q故人の祖母の土地家屋に叔母が住んでいます。

こんにちは。

故人の祖母の土地家屋に叔母が住んでいます。
土地家屋の名義は故人の祖母のままになっています。

もし叔母が死去した場合、祖母の土地家屋は叔母の長女が相続することになっています。



(1)その際、遺産分割協議書や相続登記というものをつくるようですが、この時関係する相続人は何等親までなのでしょうか?


(2)叔母が死去する前に土地家屋の名義を叔母に変更した場合は、相続登記などを作るときに関係する相続人は何等親までなのでしょうか?


お手数ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>叔母が死去した場合、祖母の土地家屋は叔母の長女が相続することに…

って、祖母の遺言書でもあったのですか。
それとも祖母の子供、すなわち叔母の兄弟全員が合意しているということですか。

>土地家屋の名義は故人の祖母のままに…

名義書換を怠っていたとしても、通常は祖父が 1/2、残り 1/2 を祖母の子供全員で等分です。
祖父は祖母より先に旅立っているのなら、祖母の子供のみです。

現在、叔母が住んでいるからといって、叔母 1人のものになっているわけではありませんよ。
父方叔母か母方叔母かお書きでありませんが、叔母の兄または姉であるあなたの父かは母は何も文句を言わないのですか。

それともあなたの父または母は既に旅立っているのですか。
もしそうだとしたら、あなたが祖母の法定相続人の1人になっていますよ。

>この時関係する相続人は何等親までなのでしょうか…

何親等かなんてあまり関係ありません。

祖母の子供全員健在なのならその子供たちだけ。
すなわち 1親等。

祖母の子供のうち既に旅立っている者がいるなら、その子供 (祖母の孫) が代襲相続となるので 2親等。
子供 (孫の親) が健在な孫は、同じ 2親等でも相続人ではありません。

祖母の子供のうち既に旅立っている者がいて、さらにその子供 (孫) も旅立っているのなら今度はさらにその子供 (曾孫) で 3親等。

曾孫も旅立っているのなら玄孫で 4親等・・・以下直系卑属の代襲相続はどこまでも繰り下がります。

>叔母が死去する前に土地家屋の名義を叔母に変更…

それには祖母の子供 (あなたの父か母ら) 全員の判子が必要です。

祖母の子供のうち既に旅立っている者がいるなら・・・以下同文につき省略。

相続に関しては某司法書士さんのサイトがわかりやすいです。
(関係者ではありません)
http://minami-s.jp/page008.html

>叔母が死去した場合、祖母の土地家屋は叔母の長女が相続することに…

って、祖母の遺言書でもあったのですか。
それとも祖母の子供、すなわち叔母の兄弟全員が合意しているということですか。

>土地家屋の名義は故人の祖母のままに…

名義書換を怠っていたとしても、通常は祖父が 1/2、残り 1/2 を祖母の子供全員で等分です。
祖父は祖母より先に旅立っているのなら、祖母の子供のみです。

現在、叔母が住んでいるからといって、叔母 1人のものになっているわけではありませんよ。
父方叔母か母方叔母かお書...続きを読む

Qこんばんは。 母が亡くなって10年になります。預金などは長男が持っていて名義は長男になっています。

こんばんは。
母が亡くなって10年になります。預金などは長男が持っていて名義は長男になっています。
法定相続分通りわけることになっていたのですが私は代わりに不動産などももらっていません。実家も長男が住んでいます。今まで言いにくくて口にできなかったのですが、10年を超えた今でも請求できますか?また、今さらお金でもらうことはできますか?すでに長男名義になってます。
お詳しい方、お目にとまりましたらご回答お願いいたします。

Aベストアンサー

何度もすみません。
また、名義が長男さんになってるという事は
a.生前贈与
b.亡くなってから貴方は名義を変える際に判をしている

のどちらかになります。
aパターンの場合亡くなる1年より前に名義変更しているのならそもそも遺留分請求はできません。

bパターンの場合でもその際に遺留分請求をしてない段階でもう話が出来ません。

無料相談など行ってみてもいいですが9割5分請求は不可能です。

Q土地の相続にかかわる制限

こんな例の場合どうなるか、わかる範囲で教えてください。

祖父が亡くなったあと、祖母が亡くなり、子(私にとって親)が相続するという
典型的なパターンだったのですが、祖母が亡くなったときに子同士の遺産分割協議が
まとまらず、相続税の申告期限もすぎても税金を納められないくらいまとまりませんでした。
一旦相続税は納めるべく、その後さかのぼって遺産分割と納税は済みました。
しかし子のうち私の親は、その時に土地を相続したのではないらしく、別協議で土地を
得たようなのです(本人に聞いてもはぐらかされてハッキリしない)
今はその土地でアパート経営をしていますが、ここで質問です。
子(私の親)が相続以外の方法で取得した土地を、配偶者(これも私の親)が相続する時
なにか制限がありますか?たとえば取得してから何年以上たってないと相続できないとか。
私の考えは、その土地は子(私の親)のものとして不動産登記されてますので、その人のもの。
その人が亡くなれば法定相続人(配偶者・子(私と兄弟))が通常通り相続することになると
思うのですが、なにか制限があるようなことを配偶者(私の親)が心配しているので、
私も法律に詳しくないので教えてください。
文章わかりづらくてすいません。

こんな例の場合どうなるか、わかる範囲で教えてください。

祖父が亡くなったあと、祖母が亡くなり、子(私にとって親)が相続するという
典型的なパターンだったのですが、祖母が亡くなったときに子同士の遺産分割協議が
まとまらず、相続税の申告期限もすぎても税金を納められないくらいまとまりませんでした。
一旦相続税は納めるべく、その後さかのぼって遺産分割と納税は済みました。
しかし子のうち私の親は、その時に土地を相続したのではないらしく、別協議で土地を
得たようなのです(本人に聞い...続きを読む

Aベストアンサー

>私の親は、その時に土地を相続したのではないらしく、別協議で土地を得た…

具体的にどういうことですか。
それをはっきりさせないことには話を進められません。

例えば、いったん伯父が相続し登記なども済ませ、時間をおいて売買または贈与のいずれかで父のものになったのですか。

>配偶者(これも私の親)が相続する時なにか制限が…

だから、父のものになった経緯が法律に照らし合わせて特に問題ない行為であったのなら、制限はありません。

>なにか制限があるようなことを配偶者(私の親)が心配…

母は、父の兄弟などから見れば、先祖代々の財産が血筋の違う者 (母) に取られることにいい顔をしないのではないかと懸念しているのではありませんか。

天皇の継承順とは違うのですから、そのような制限はありません。

ただ、父のものになったとき、最初に祖母から相続した人との間でそのような申し合わせがあったのなら、この限りではありません。

Q相続

弟夫婦が家を建てる際、父親が土地代として2100万円だしその上に弟名義の家が建っています。
土地の一部は弟の嫁の名義、建物の一部が親も名義になっています。2世帯住宅で同居です。
父親は土地代を出したはずだが、生前なぜ!一部弟の嫁の名義になっているのか?登記の時、弟が勝手の変えたようです。
先日親がなくなり相続の話で、弟の言い分は路線価で900万だら相続は900万だと言い張ります。
預金が約3000万あり、900万+3000万=3900万を3人兄弟で均等にする、1人あたり1300万だと言います。土地と現金400万をとると言ってます。
私の言い分は2100万+3000万=5100万で1人1700万円で弟に貰い過ぎている400万を補てんするように言いますが納得しないようです。どちらの言い分が正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

預金3、000万円
弟が生前に貰っていた現金2,100万円
合計5,100万円
相続人3人で平等に分けると一人1,700万円

弟は既に2,100万円を貰ってるので、400万円を出す。
他の二名は現金3,000万円に、この400万円を足した3,400万円を二人で1,700万円づつ相続する。

上記が正と思います。つまりご質問者の考え方です。

「路線価で900万だら相続は900万」という弟さんの言い分は正しいように見えますが、間違い。
理由
遺産分割の話をしてるのに、故人の所有物ではない不動産の評価額を出しても無意味。

「土地の一部は弟の嫁の名義、建物の一部が親も名義になっています。2世帯住宅で同居です。
父親は土地代を出したはずだが、生前なぜ!一部弟の嫁の名義になっているのか?登記の時、弟が勝手の変えたようです。」
と述べられていて、経緯はわかりますが、要は「生前に弟が父から2,100万円先取りしてる」ということです。

ここまで話が整理できて、そのうえで「2,100万円で購入した土地と建物」の一部が相続財産になっているので、話が複雑化します。
2,100万円のうち「父の名義になってる部分」は差し引いて、弟さんなり、その奥さんなりが生前に贈与を受けていたとして計算することになります。
所有権割合によって、2,100万円を按分する方法が良いのかなと思います。
この辺りは、専門家に相談し、かつ相続人が納得できる方法を選ぶしかないようです。

預金3、000万円
弟が生前に貰っていた現金2,100万円
合計5,100万円
相続人3人で平等に分けると一人1,700万円

弟は既に2,100万円を貰ってるので、400万円を出す。
他の二名は現金3,000万円に、この400万円を足した3,400万円を二人で1,700万円づつ相続する。

上記が正と思います。つまりご質問者の考え方です。

「路線価で900万だら相続は900万」という弟さんの言い分は正しいように見えますが、間違い。
理由
遺産分割の話をしてるのに、故人の所有物ではない不...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報