話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

自分の子どもと他人の子どもを比べ落ち込まない方法を心理学者が伝授

自分の子どもと他人の子どもを比べ落ち込まない方法を心理学者が伝授同じ年のあの子はできるのに、どうしてうちの子だけ……。子どもを持つ親なら、ついこんな気持ちになってしまったことがあるのではないだろうか。。「教えて!goo」にも、「1歳7カ月を迎える娘の身長」という質問が寄せられていた。相談者は1歳7カ月の女の子を持つ女性。9カ月検診の頃までは成長曲線の真ん中あたりにあったのに、現在は周りの子よりも小さくなってしまい、ついわが子と他の子を比較してしまい悩んでいるという。

この相談者のように、自分の子どもと周囲の子どもを比べ悩む親御さんは結構いるのではないか。どうしたら比較したり、落ち込んだりしないで済むのか、心理学者の内藤誼人先生に聞いた。

■自分と他人を比較しがちな民族


内藤先生によると、自分の子と他人の子を比べてしまうのはよくあることだという。

「ブリティッシュコロンビア大学の心理学者キャサリン・ホワイトがヨーロッパ系カナダ人とアジア系カナダ人について調べたところ、アジア系カナダ人の方が自分と他人を比較する傾向が強いことがわかりました。日本人はそもそも、自分と他人を比べやすい民族なのですね。特に、子どもは自分と一心同体に思えるところがあるので、余計に比べてしまうのでしょう。このように、自分と他人を比較してしまうことを、心理学では『社会的比較』といいます」(内藤先生)

わが子は、母親にとってまるで分身のように思えるもの。だからこそ、他人の子と比べてしまうということのようだ。だが、自分の子どもが他人の子どもより劣っているように思えて落ち込むのはあまりにも不毛である。これを防ぐにはどうしたらいいのか。

「比較対象を変えるといいでしょう。社会的比較のうち、自分より立場が上の人と比べることを『上方比較』、下の人と比べることを『下方比較』といいます。このうち、下方比較をした方が人間は幸せになれるんですね」(内藤先生)

立場が下であると感じる相手をあえて比較対象にするというのはどうも気が引けるが、それで自分が落ち込まずに済むのなら仕方ないかもしれない。ただ、自分が比較していることが相手に伝わってしまうと、人間関係に問題が生じるだろう。あくまで、心の中だけで比較することが大切だ。

■他人と比較することのメリットとは


そもそも、他人と自分を比較することをやめることはできないのだろうか。

「日本人のように、集団主義文化の人たちはどうしても比較しまうものなのです。いままで長い年月を経てできあがった文化を簡単に変えることはできないでしょう。しかし、自分と他人を比較することにもメリットはあります。自分が他人と比較して辛い思いをした分、相手の痛みもわかりますよね。その結果、他人に対する思いやりや共通の価値観が生まれてくるのです」(内藤先生)

どうやら、一概に他人との比較が悪いものだとは言えないようだ。自分の子どもと他人の子どもを比べて落ち込んでしまうことはよくあることだと割りきってしまう方が、明るく生活できるのかもしれない。


●専門家プロフィール:内藤 誼人
心理学者、立正大学客員教授、有限会社アンギルド代表取締役。慶應義塾大学社会学研究科博士課程修了。「解決したがる男共感がほしい女」(大和書房)、「自分の中からめんどくさい心に出ていってもらう本」(青春出版社)他、著書多数。

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

22

BAD

NICE

みんなの反応

81

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

更新情報をチェック